【企業分析】静岡ガスの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業分析】静岡ガスの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024/05/21更新

はじめに

静岡ガス株式会社は1910年に設立された静岡県を拠点とするエネルギー会社です。

100年以上にわたり地域のエネルギー供給を担い、安全で安定したサービスを提供し続けています。

同社の主な事業内容は多岐にわたり、地域のニーズに応えています。

今回はそんな静岡ガスの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

この記事では静岡ガス株式会社への就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

対象
  • 静岡ガスの仕事内容が気になる
  • 静岡ガスの就職難易度を知りたい
  • 静岡ガスの選考対策として何をすれば良いかわからない

また、ガス以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、静岡ガスの就職難易度は、高めだと考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している静岡の就職偏差値を参考にすると、静岡ガスは静岡の就職偏差ランキングでトップ層の位置にあります。

静岡ガスは地元に根付いた安定企業であり、幅広いエネルギーサービスを提供しています。

このため、地域社会への貢献度や安定した事業基盤を重視する求職者から人気が高いです。

また、エネルギー関連の専門知識や技術が求められるため、応募者のスキルや経験が重要視され、競争が激化すると予想されます。

次の章から各内容や、その他就活に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

静岡ガス株式会社について

静岡ガス株式会社建物

出典元:静岡ガス公式ホームページ

会社概要

静岡ガスは静岡県を中心に、都市ガスやLPガスなどのエネルギー関連事業を展開している企業です。

静岡ガスは都市ガス事業においては、静岡県内の住宅や事業所に都市ガスを供給し、快適で安全な暮らしを提供しています。

静岡ガスはガス機器の販売や設置、メンテナンスなども行っており、顧客の利便性を高めているのです。

また、省エネルギーや環境保全にも力を入れており、持続可能な社会の実現に向けた取り組みも行っています。

静岡ガスは地域密着型の企業として、地域社会への貢献も重視しています。

地域の経済や生活基盤の発展に貢献するとともに、地域イベントの支援や地域貢献活動などを積極的に行っているのも特徴です。

各事業別の売上規模

各事業別の売上規模円グラフ

売上高を見るとガス、LPG・その他エネルギー、その他の各部門ごとに売上があります。

2019~2023年までの間に、それぞれの部門の売上高がどのように変化したかを見てみましょう。

各部門の売上高表

出典元:IR BANK

売上高
  • ガス部門
    2019~2023年まで、売上高は増加傾向にあり、2019年の1,130億円から2023年の1,752億円まで増加しています。
  • LPG・その他エネルギー部門
    同様に、売上高は増加しています。
    2019年の176億円から2023年の266億円に増加しています。
  • その他部門
    この部門も売上高が増加しています。
    2019年の110億円から2023年の122億円に増加しています。

これらの部門ごとの売上高の変化から、静岡ガスの事業全体が成長していることがわかります。

また、営業利益も同様に部門ごとに変化しています。

各営業利益部門表

出典元:IR BANK

営業利益
  • ガス部門
    2019〜2023年まで、営業利益は増加傾向にあり、97.7億円から193億円に増加しています。
  • LPG・その他エネルギー部門
    2019〜2023年まで、営業利益は一貫して増加しており、6.04億円から13億円に増加しています。
  • その他部門
    この部門も営業利益が増加しています。
    2019年の6.54億円から2023年の10億円に増加しています。

このように、売上高や営業利益の増加により、静岡ガスは成長を続けています。

これは、市場での需要の増加や新規事業の展開など、さまざまな要因によるものと考えられます。

各事業セグメントの解説

静岡ガス株式会社の主な事業セグメントは以下の通りです。

事業部門活動内容
ガス都市ガスの供給を中心に展開。
主な用途:家庭用の給湯や暖房、調理など
LPG・その他エネルギーLPガスの供給。
主な用途:住宅や商業施設の給湯、調理、暖房、農業用途など


静岡ガスは、都市ガスと液化石油ガス(LPG)の供給を主要な事業として展開しています。

このガス事業は、家庭や商業施設などの顧客に対してエネルギーを提供し、給湯、調理、暖房、およびその他の用途に使用されています。

静岡ガスで働いている社員は?

平均勤続年数は?

静岡ガスの平均勤続年数は21. 9年です。

日本人の平均勤続年数は、産業や企業によって異なりますが、一般的には10~15年程度とされています。

静岡ガスの平均勤続年数が21.9年であることから、同社の社員は比較的長期にわたって働いていると推測可能です。

これは、静岡ガスが従業員のキャリア形成や定着を重視し、安定した雇用環境を提供していることを示唆しています。

平均年収は?

静岡ガスの平均年収は678万円です。

日本人の平均年収は、業種や地域などによって大きく異なりますが、全体的な平均は500~600万円程度とされています。

このことから、静岡ガスの社員は平均よりもやや高い給与を受け取っていると推測可能です。

平均残業時間は?

静岡ガスの平均残業時間は、平均で13時間程度です。

日本人の平均残業時間は、一般的には月20~30時間程度とされています。

このことから静岡ガスの社員は比較的労働時間が抑えられているといえます。

平均ボーナス額は?

静岡ガスの平均ボーナス額は、インターネット上の情報だけでは分かりませんでした。

しかし、静岡ガスの平均年収が678万円です。

一般的な企業の場合、平均年収の約15~20%程度がボーナスとして支給されることがあります。

ここで、平均ボーナスを推定するために、年収の15%~20%を計算してみると

ボーナスの計算式
  • 15%の場合: 678万円 × 0.15 = 約101.7万円
  • 20%の場合: 678万円 × 0.20 = 約135.6万円

となります。

したがって、静岡ガスの平均ボーナスは約101.7~135.6万円の間になると推定されます。

どんな文化なの?

静岡ガスは、企業理念として地域社会の発展に貢献することを掲げています。

そのために、製造供給の安定と安全確保、サービス向上に最善を尽くし、販売の増進や合理化の推進に努め、原価の低減を目指しています。

また、グループ総合力の拡大強化を図り、社会の広範な要請に応えることを目指しています。

また、会社精神目標として、「規律・親切・迅速」を掲げており、社員がルールを守り心配りを持ち、迅速な行動を心がけることが求められています。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

都市ガス年間販売量棒グラフ

エネルギー情報センターによる都市ガス会社の年間販売量のランキングでは、静岡ガスは4位に位置しています。

これによれば、静岡ガスは都市ガス業界において比較的大規模な会社であり、年間販売量が約12億立方メートルであることが示されています。

なお、上位の都市ガス会社としては、東京ガスや大阪ガスが挙げられており、これらの会社が業界のトップを占めています。

静岡ガスはその中で4位というポジションですが、一定の市場シェアを保持していることが伺えます。

このことから、静岡ガスは都市ガス業界において中規模ながらも一定の地位を築いており、静岡県を中心に地域におけるガス事業を展開していることがわかります。

静岡ガスの新卒募集要項について

以下に静岡ガスの新卒募集要項についてまとめました。

各項目           詳細
職種家庭用営業部門
業務用、産業用営業部門
導管ネットワーク部門
ガス製造部門
海外・LNG部門
電力・再生可能エネルギー部門
デジタルイノベーション部門
経営戦略、コーポレートサービス部門
給与大学院卒月給:247,000円

大学卒月給:235,000円

賞与年3回(3/6/12月)
研修制度ビジネススキルやヒューマンスキルの習得、マインドセット
福利厚生社会保険(健康保険・厚生年金保険・介護保険)、労働保険(労災保険・雇用保険)、育児休業制度、介護休業制度、財形貯蓄制度、住宅資金融資制度、事業所内保育施設、共済会、育英会、社宅 ほか

求める人材

求める人材

静岡ガスが求める人材像は、自ら考え判断し、行動できる能力を持っていることです。

この能力を発揮するためには、以下のような要素が重要です。

求める人材
  • 円滑なコミュニケーション能力
    他者と円滑にコミュニケーションを図る能力が求められます。
    情報を適切に伝えたり、他者の意見や要望を理解し受け入れたりすることが重要です。
  • 自己成長意欲
    自己成長意欲や向上心を持ち、常に自己を高める努力を惜しまないことが重要です。
    新しい知識やスキルを積極的に学び、自己啓発に努める姿勢が求められます。
  • 新たな目標への挑戦する意欲
    自らの能力や限界に挑戦し、新たな目標を設定してそれを達成することが重要です。
    積極的な姿勢で、自らの成長や会社の発展に貢献するための目標を持つことが求められます。
  • 自主性と柔軟性
    自ら考え行動するための自主性を持ち、状況に応じて柔軟に対応できることが重要です。
    変化に対して素早く適応し、自らの意思で行動する能力が求められます。

静岡ガスでの採用に向けては、これらの要素を持ち合わせ、日々の行動や経験を通じてそれらを発揮していくことが重要です。

これらの能力を自己成長のための基盤として築き、積極的に活用していくことで、静岡ガスでの採用に成功する可能性が高まります。

新卒採用のフロー

静岡ガスの選考は、下記の通りの選考フローとなっています。

面接では志望動機などのスタンダードな質問のほか、人柄をチェックする質問も多いのが特徴です。

選考対策として、入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかが重視されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。
静岡ガスの新卒採用フローは以下の通りです。

①新卒エントリー

静岡ガス公式サイトの新卒エントリーボタンやマイナビなどの求人媒体より必要事項を入力し登録を行います。

②会社説明会

静岡ガスのイメージを具体的に理解するための会社説明会です。

静岡ガスのビジョン、事業内容、企業文化、採用プロセスなどについて、詳細な説明をします。

会社説明会で質問されるかどうかは不明ですが、ガクチカ・志望動機・強みや弱み・静岡ガスに興味を持ったところなど、志望に関わる基本的なことは押さえておきましょう。

③エントリーシート提出

静岡ガスのMy Pageに登録し、Web上でエントリーシートを提出します。

④適性検査

静岡ガスの適性検査に関する具体的な情報は提供されていませんが、一般的に適性検査は応募者の能力や適性を評価するためのテストです。

適性検査は、認知能力、言語能力、論理思考能力、数学的能力などのさまざまな側面を評価する場合があります。

⑤一次面接

一次面接は応募者の基本的なスキルや経験、志向などを把握するための面接です。

一般的には、人事担当者や部門マネージャーなどが面接を行うことが多いです。

一次面接では、応募者の履歴書や職務経歴書に基づいて、過去の経験や職務の遂行能力、チームでの働き方などが評価されます。

⑥二次面接

二次面接は、一次面接を通過した応募者に対して、より深く掘り下げた面接が行われる場合があります。

この段階では、より具体的な業務内容や組織文化に関する質問が行われることが一般的です。

部門マネージャーや役員など、より高いポジションの担当者が面接を担当することもあります。

また、応募者が実際の業務にどのように適応し、組織に貢献できるかを評価するため、ケーススタディやグループディスカッションなどの演習が行われることもあります。

⑦内定

複数回の面接を突破して内定が決まります。

面接の回数や選考内容は、志望する部署によって異なります。

詳しくは静岡ガスの公式ホームページを確認しましょう。

また、面接対策については以下のページも確認して、ぜひ内定を勝ち取ってください。

採用大学

静岡ガスの採用大学の実績を以下に掲載しますが、最難関大学から標準的なレベルの大学まで幅広く採用されており、所謂学歴フィルターはないと考えます。

<大学>

愛知学院大学、宇都宮大学、大分大学、大阪市立大学、大阪府立大学、大妻女子大学、お茶の水女子大学、北里大学、京都女子大学、共立女子大学、慶應義塾大学、駒澤大学、静岡大学、静岡県立大学、芝浦工業大学、首都大学東京、昭和女子大学、成蹊大学、聖心女子大学、専修大学、創価大学、千葉大学、中央大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、名古屋大学、名古屋商科大学、奈良女子大学、西日本工業大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、法政大学、北海道大学、明治大学、明治学院大学


採用大学のリストを見ると、静岡ガスは幅広い大学から採用を行っていることがわかります。

一般的に、大手企業や人気のある企業は多くの応募者が集まる傾向があり、その結果、採用難易度が高くなることがあります。

ただし、採用難易度は単純に応募者数だけで決まるわけではなく、企業の選考基準やニーズ、選考プロセスなども影響します。

静岡ガスが幅広い大学から採用を行っていることから、一般的な採用難易度は高くないと考えられます。

ただし、選考プロセスや選考基準によっては、特定の大学の学生に対してより厳しい選考が行われる可能性もあります。

そのため、具体的な採用難易度を把握するには、企業の過去の採用データや選考プロセスを詳しく調査する必要があります。

採用大学のランクに関しては以下の記事を参考にしてください。

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、静岡ガスの就職偏差値・難易度を見てみましょう。

結論としては、偏差値・難易度は標準的といえるでしょう。

その理由として以下の3点が挙げられます。

理由
  • 採用フローとして特別なステップがない
  • 採用大学を見る範囲では学歴フィルターがあまりない
  • 給与や福利厚生が特筆して良いというわけではない

よって、頻出質問である「ガクチカ」や「志望動機」など、基本的な事項をしっかりと対策をしていれば、難しすぎることはないでしょう。

しっかりと対策を行い内定を獲得してください!

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

静岡ガスは、安定した経営基盤と成長性のある事業を有する魅力的な企業です。

幅広い大学から採用を行っており、学歴に関係なく、適性や能力を重視した採用が行われていると推測できます。

近年、エネルギー分野における脱炭素化への取り組みが活発化する中、静岡ガスも再生可能エネルギー事業や省エネ事業など、新たな事業領域への進出を積極的に推進しています。

しかし学歴を重視をする企業ではないので、全員に等しくチャンスがあります。

対策をしっかり行って選考に望んでください。

ぜひ、この記事を参考にして励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!