内定承諾したけど辞退したい。辞退してもいいの?どう伝えたらいいの?

おすすめ記事

内定承諾したけど辞退したい。辞退してもいいの?どう伝えたらいいの?

はじめに

たくさんの選考や面接を受けてやっと内定までこぎつけたけれども

「もしかしたら自分がやりたいこと違うかも」

「他にもいい会社を見つけてそっちに行きたい」

と違和感を感じている就活生も中には、いることでしょう。

 

もしくはこれから内定の承諾をしようと思っているけれど、何か理由があって後で気が変わったらどうしよう、どうなるんだろうと思っている就活生もいることでしょう。

 

本記事ではそんな「内定を承諾したけれど辞退したい、できる?」という悩みをもった就活生に向けて、可能なのか?法律的に問題はないのか?どう辞退したらいいのかなどを解説していきます。

 

内定の承諾をする上での判断の材料の一つにもなるのでぜひ参考にしてみてください。

1.内定承諾書とは?

まず内定承諾書とはなんのことなのでしょうか?

基本的に電話やメールで内定かどうかの連絡がきて「内定を受けます」と伝えた場合に郵送などで「内定承諾書」というものが送られてきます。

 

内定承諾書は簡単にいうと企業と就活生との「入社して働きます、受け入れます」という約束です。

通常多くの就活生は様々なたくさんの企業を受けています。特に優秀でどこの企業も欲しがるような就活生の場合は引っ張りだこなので企業側からすると内定をせっかくだしたのに他の企業に行かれてしまうと採用コスト(時間・お金など)が無駄になってしまいますし、新しく採用しようと思うと面倒です。

 

つまり企業としては内定承諾書を書かかせることの意味は他の企業に行かないように入社の意思を固め確実に入社してもらえるようにすることなのです。

 

そういう意味でいうと内定承諾書は企業と就活生の約束みたいなものなのです。

 

ではその内定承諾書には法的な拘束力はあるのでしょうか?

事項で解説します。

2.内定承諾書を書いた後でも辞退可能!

内定承諾書を一度書いてしまうと「辞退できない」と思っている就活生がいるようです。確かに内定承諾書にはサインをするし印鑑をおし、契約書のような感じなのでイメージとして辞退できないのかなと感じてしまうでしょう。

 

実はそれは誤りで結論をいうと内定承諾書を書いた後でも辞退は可能です.

 

企業は内定をだした就活生に対して、内定を取り消すことはできませんが、内定者には内定を取り消す権利が認められています。

内定承諾書はすごく堅苦しく書かれているケースが一般的なのですが法的な拘束力はありません。入社することは双方の確認があってできるものであって、一方がしたくないと言っているのに強制力を持たせて入社させることはできません。

 

もちろん内定を承諾した後に辞退するのは相手の企業にも多大な迷惑をかけることになりますのでしっかりと考えた上ですることがマナーであり、適切な対応です。

3.内定辞退を伝える際の流れとポイント

では実際に「内定を辞退しよう」と決意してから内定の辞退を人事に伝えるにはどのようにしたらいいのでしょうか。基本的には内定先の企業は「入ってくれると思って内定を出しているし、承諾している」というスタンスです。

なので内定辞退を伝える際にはなるべく問題がないように一定のルールやマナーを守って伝えるようにした方がいいです。

ではここから流れとポイントを解説していきます。

 

ポイント1.わかったら早めの連絡

 

まず内定の承諾を辞退しようと決めたなら、なるべく早めの連絡を入れるべきです。先ほども説明したように企業は内定の承諾をしている場合は「入社するもの」として就活生をカウントしています。もし仮に入社する人数が一人でも少なくなってしまえば、その後の営業に多大な影響が出てくるでしょうし、また新たに人を採用する活動をしなければなりません。なのでもし「内定を辞退」しようと決めたならば早めに人事の担当に話をするべきです。

 

ポイント2. 最低でも入社の1ヶ月くらい前

 

早く連絡しなければいけないと思っていても、最後まで悩んでいてどうしようと考えていることもあるでしょう。その場合最低でもどれくらいまでに内定の辞退の連絡をすればいいのでしょうか。

だいたい目安として1ヶ月くらい前までに連絡するようにしましょう。筆者の友人でも1週間前で内定を辞退することを決めて連絡をしていましたがそれは流石に迷惑だよねと思いました。

1ヶ月前くらいに連絡できれば先方企業も「一人がいない状態でどうするか」と計画が立てられるので助かります。

 

ポイント3.誠実に、嘘はつかない

 

感情的になってしまったり、やっつけで連絡をしてしまったりしてはいけません。就活生は内定を貰っている時点で、学生としては扱われなく社会人としての自覚を持ち、冷静に対応するべきです。就活生の中には内定の承諾辞退の理由を嘘で固めようとするかたもいますが、よくありません。企業の人事は何万人と就活生、社会人と接してきて嘘は簡単に見抜いてしまいます。するとお互い後味が悪いですし、嘘を付いていると思われればスムーズに内定を辞退することが難しくなってしまいます。

 

ポイント4. 最後までしっかりと考える

 

一度は内定を承諾したということは何か魅力があって承諾した企業ということでしょう。内定の辞退は簡単にできますが、それまでの時間や努力がないものになってしまいます。また内定承諾を辞退してしまうとその後「やっぱり撤回して、入社したい」と思っても会社はもう取り合ってくれません。また企業も内定者に期待して戦力の一人として考えています。採用コストもかかってきていますし、今後の企業の戦略にも関わってきてしまいます。

なので最後まで「本当に内定の辞退をしたいのか?しても後悔しないか?」を突き詰めて考えておくことが大切です。

 

対応方法.メールと電話で対応

 

では内定を辞退すると決めたらどのような手段で連絡をしたらいいのでしょうか。基本的にはメールでまずは連絡をしてそれから電話をするのがいいでしょう。

メールで先に連絡をすることは「自分の思考を整理することができる」「相手に内容を正確に伝えることができる」という目的があります。先に電話で連絡をしてしまうと相手も急の連絡で少し感情的になってしまうことがあったり、本来自分が伝えたいと思っていることが伝わらない可能性があります。

メールを送ったら1日程度を開けて電話をしましょう。メールだと伝わらない自分の温度感や真剣度を伝えることができますし、メールだけで済まそうとするのは大変失礼です。しっかりと声を聞いて自分の誠意を伝えることが大切です。

まとめ

内定承諾は辞退できるがしっかりと考えよう!

 

本記事では内定を承諾した後に辞退ができるのかに関して解説をしてきました。結論から言うと内定の承諾は辞退できます。

しかしそれまでに自分が使ってきた時間や努力を考えると簡単に辞退することは非常にもったいないです。先方の企業にも迷惑をかけてしまいますからね。

ただ本当に徹底的に考え抜いて「内定を辞退した方が自分の今後の人生にとっていい」と判断したようであればそうした方がいいです。

その時にもマナーやルールがあるのでそれにのって企業側も就活生の皆さんも納得感を持って進み、後味が悪くないようにすることが大切です。

 

キャリアアドバイザーならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー