【企業分析】Appier Group株式会社の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業分析】Appier Group株式会社の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

Appier Group株式会社は、東京都港区に日本の本社を置く情報・通信業に属する企業です。

人工知能(AI)を活用したマーケティングソリューションを提供するSaaS(Software as a Service)企業で、2012年に台湾で創業し、AIの民主化や実用化をビジョンに掲げています。

今回は、そんなAppier Groupの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

Appier Groupへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っていますので、ぜひ最後までご覧ください。

対象
  • Appier Groupの仕事内容が気になる
  • Appier Groupの就職難易度を知りたい
  • Appier Groupの選考対策として何をすれば良いかわからない

 

また、サービス以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、Appier Groupの就職難易度は高いです。

以下の参照記事で詳しく解説している記事を参考にすると、高い難易度といえるでしょう。

Appier Groupの採用大学の実績は、インターネット上では確認できませんでしたが、採用難易度は高いことが予想されます。

学歴フィルターは存在するでしょう。

Appier Groupの企業文化は、顧客中心・革新性・卓越した実行力・成長性・持続可能性を重視することです。

これらの価値観に共感できる人材を歓迎しています。

顧客のニーズを第一に考え、創造的で実行力があり、持続可能な成長を目指す姿勢を持つ人が理想の人材です。

また、思いやりのあるチームスピリットを大切にし、勝利を目指して協力できる方も求めています。

自分の強みを的確にアピールし、Appier Groupが求める人物像に合致することを示すことで、採用への道は開かれるでしょう。

次の章から各内容や、その他就活に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

Appier Groupについて

Appier Groupとは

出典元:Appier Group

会社概要

Appier Groupは、人工知能(AI)を活用したマーケティングソリューションを提供するSaaS企業です。

2012年に台湾で設立され、AIの民主化を目指して活動しています。

Appierの製品は、企業が顧客の行動や好みを予測し、より良い意思決定を下すことをサポートするものです。

特にファーストパーティデータの統合技術に優れており、ルール型と推定型のユーザー統合を併用しています。

推定型ユーザー統合においては、Appierのカスタマーデータサイエンスプラットフォーム「AIXON(アイソン)」のAI機能が重要な役割を果たします。

東京、大阪、シンガポール、シドニー、ホーチミン、マニラ、香港、ムンバイ、デリー、ジャカルタ、ソウル、クアラルンプール、バンコクなど、アジア全域に14の拠点を持つ企業です。

現在、世界中の500を超えるブランド企業や代理店にサービスを提供し、アジア太平洋地域だけでなく、欧州や米国でも事業を展開しています。

Appier Groupは、AI技術を駆使して企業が顧客の全体像を把握し、ビジネス成果を向上させるためのソリューションを提供しているのです。

 

Appier Groupで働いている社員は?

Appier Groupで働いている社員像

平均勤続年数は?

Appier Groupの平均勤続年数については、2018年に設立された比較的新しい企業であるため、具体的なデータは明確ではありません。

しかし社員からの評価は非常に高く、長期にわたり働きやすい企業であると評価されています。

平均年収は?

Appier Groupの平均年収は約600万円でした。

全国平均の年収が458万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準です。

平均残業時間は?

Appier Groupの従業員の平均残業時間は、インターネット上で調べましたが、分かりませんでした。

情報・通信業で働く従業員の平均残業時間は161時間です。

平均ボーナス額は?

Appier Groupでは、達成率と配信金額に基づいて毎月ボーナスが変動する仕組みを採用しています。

このインセンティブ制度により、社員は成果に応じた報酬を受け取ることができ、高いモチベーションを維持することができるのです。

どんな文化なの?

Appier Groupの文化は、革新と顧客中心主義に基づいています。

Appierにとって、AI技術を駆使してマーケティングの効率化と最適化を追求し、顧客のニーズに応えることが最優先です。

CEO兼共同創業者のチハン・ユーは、「当社の理念は顧客中心主義であり、革新的なソリューションを提供することに全力を尽くしています」と述べています。Appierの専門チームは業界最先端のAI技術を駆使し、データの可視化と実用的な顧客インサイトの取得をリアルタイムで実現しています。

これにより、企業は迅速かつ効果的に意思決定を行い、競争力を維持・強化することができるでしょう。

Appier GroupはAI技術をさらに進化させ、企業がデジタル変革を超えてAI時代へと移行する手助けをしています。

AIの技術を活用し、広告・マーケティングの実績を継続的に向上させることで、企業の成功をサポートしているのです。

このように、Appier Groupの文化は、顧客の成功を第一に考え、革新を推進することにあります。

 

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

競争が激しいサービス業界の中での、Appier Groupの立ち位置をご紹介します。

売上高を参照し他社と比較してみても、Appier Groupはトップクラスの企業だとわかるでしょう。

圧倒的な技術力

Appier Groupの最大の強みは、圧倒的な技術力です。

世界トップクラスのAI技術を競うデータマイニングコンテストで、メンバーが参加したチームが7回優勝しています。

他の企業には見られない高い技術力の証です。

AI技術において、世界でもトップレベルの競争力を持っていることを示しています。

豊富なデータ蓄積

10年以上にわたって蓄積された豊富なデータを持っています。

AIの性能は、データの量と質に大きく依存します。

Appier Groupはセールスやマーケティングのデータを長年にわたって収集・分析しており、北東アジア、東南アジア、欧米といった世界中のエンドユーザーのデータを取り扱っているのです。

この膨大なデータの蓄積が、他社にはない強力なAIモデルの構築を可能にしています。

グローバルな展開力

日本での上場を果たし、さらに台湾、アメリカ、香港、シンガポールといった市場への進出を視野に入れていることからもわかるように、国際的なビジネス展開に強い意志を持っています。

このグローバルな視点が、国際市場での競争力を高めているのです。

 

これらの強みを活かして、Appier Groupは今後もさらなる成長と技術革新を続けることでしょう。

参考までに競合3社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値・難易度社風
Appier Group194.2億円600万円56風通しが良い社風
PKSHA Technology115.1億円685万円56個の多様性が輝く社風
コアコンセプト・テクノロジー121.1億円545万円56チャレンジできる風通しの良い社風
プレインパット85.6億円721万円56男女差別する文化のない社風

Appier Groupの新卒募集要項について

以下にAppier Groupの新卒募集要項についてまとめました。

各項目詳細
職種マーケティング・PR
セールス・事業開発
給与インターネット上の情報では分かりませんでした。
賞与達成率と配信金額に基づいて毎月ボーナスが変動する仕組みを採用しています。
このインセンティブ制度により、社員は成果に応じた報酬を受け取ることができます。
研修制度社内人材のスキル向上を目指して継続的に研修を実施します。
福利厚生競争力のある報酬、団体医療保険、従業員紹介賞与、標準的な制度よりも優れた年次有給休暇制度、柔軟性のあるリモートワークの選択肢、実地研修(OJT)、レクリエーションなど。

求める人材

Appier Groupが求める人材

Appier Groupでは、求める人材として下記を公表しています。

Appier Groupは、顧客中心の精神と革新的なAI技術を駆使して、広告・マーケティングの分野で持続的な成長を目指す企業です。

求める人材は、このビジョンを共有し、技術と顧客対応の両面で優れた能力を発揮できる人です。

顧客中心の精神を持つ人材

Appier Groupにとって、常に顧客のニーズに応えることが最優先です。

顧客の課題を深く理解し、的確な解決策を提供する能力が求められます。

具体的には、顧客との密なコミュニケーションを通じて信頼関係を築き、長期的なパートナーシップを育むことができる人材が重要です。

顧客からのフィードバックを積極的に取り入れ、サービスや製品の改善に繋げる姿勢が求められます。

技術革新に貢献できる人材

Appier Groupは、業界最先端のAI技術を提供することで知られています。

そのため、新しい技術を常に学び続け、それを実際のプロジェクトに応用できる能力が必要です。

具体的には、リアルタイムデータの可視化や生成AIの活用に精通し、複雑なデータセットから実用的なインサイトを引き出す能力が求められます。

また、独自の技術と拡張機能を駆使して、競争力のあるAIモデルを設計・実装できるエンジニアやデータサイエンティストが理想的です。

チームプレイヤーであること

Appier Groupは、専門性の高いチームとして、一体となって革新的なソリューションを提案しています。

そのため、チームワークを重視し、協力してプロジェクトを推進できる人材を求めています。

個々のスキルを活かしながらも、チーム全体の目標達成に向けて積極的に協力できる姿勢が重要です。

また、コミュニケーション能力に優れ、他のメンバーとの円滑な連携を図ることも求められます。

成果にコミットする姿勢

広告・マーケティングの実績向上を目指しています。

成果に対して高いコミットメントを持ち、自らの貢献を通じて企業の競争力を強化する意欲がある人材が必要です。

具体的には、プロジェクトの成功に向けて主体的に取り組み、結果を出すために必要な努力を惜しまない姿勢が求められるのです。

業績向上のための戦略を立案し、実行に移すことができる能力も重要です。

Appier Groupは、これらの要素を兼ね備えた人材を歓迎し、共にビジョンを実現していく仲間を求めています。

エントリーシートや面接中にこれらの意識を持っている人材かどうかが見られるので、ぜひ意識して選考に臨むといいでしょう。

新卒採用のフロー

Appier Groupの選考は、下記の通りの選考フローです。

Appier Groupは、まず話を聞きに行くところからスタートします。

選考対策として、入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかなどが重視されることが予想されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。

①新卒エントリー

話を聞きに行くまでのステップ

  1. 応募する
    興味のある募集を見つけたら、「話を聞きに行きたい」ボタンを押して応募しましょう。
  2. 会社からの返信を待つ
    応募から数日以内に返信が届きます。
  3. 話す日程を決める
    返信がきたら、メッセージ画面で面談日程を決めましょう。
  4. 話を聞きに行く
    面談では会社のメンバーと話せます。
    選考前の相互理解の場として活用できるでしょう。

 

②面談

Appier Groupのイメージを具体的に理解するための面談です。

選考参加を希望される方は自分史ワークシートに取り組み、Appier Groupとミスマッチがないのかを深堀りしましょう。

オンライン面談が可能です。

志望動機などのスタンダードな質問や、人柄をチェックする質問が予想されるでしょう。

質問事項は以下が予想されます。

質問
  • ガクチカ
  • 志望動機
  • 強み・弱み
  • Appier Groupに興味を持ったところ

このように基本的なことが聞かれるでしょう。

入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかが重視されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。

 

以下に参考になる記事を紹介します。

自分史の書き方は下記に記載した参照ページを確認してください。

 

③一次面接

面接では自己紹介や志望理由、情報・通信業界を選んだ理由などが聞かれることが予想されます。

自分の答えを見つけておきましょう。

 

必須要件

プレスリリース作成の経験が求められます。

また、Appier Groupの情報発信能力を高めることが期待されています。

エントリーシートに自分の強みを明記しましょう。

キャリアプランやエントリーシートに記載した事項と、その他についての回答が求められる事が予想されます。

 

以下のページもぜひ参考にしてください!

 

歓迎要件

コミュニケーション能力が高く、複雑な問題を理解し説明できる方が求められます。

メディアや新聞記者との関係構築ができ、質の高い文章を書ける実績があることが望まれるでしょう。

主要メディアやアナリストからの依頼に対応した経験、オンラインやソーシャルメディア、オフライン媒体への理解も重要です。

また、共通言語は英語です。

就活生はこれらの要件を満たすために、自身の経験やスキルを具体的にアピールすることが重要です。

特にプレスリリース作成やメディア対応の経験を強調し、英語力も示すことで、採用の可能性が高まるでしょう。

 

以下のページも確認してぜひ内定を勝ち取ってください。

④内定

面接を突破して内定が決まります。

採用大学

Appier Groupの採用大学の実績は、インターネット上では確認できませんでした。

しかし、採用難易度は高いことが予想されるでしょう。

学歴フィルターが存在する可能性は高いです。

しかし、エンジニアリングやマーケティング・PRなどの職種で求人募集を行っており、適切な選考対策を行えば採用されるチャンスは十分にあります。

自分の強みを的確にアピールし、Appier Groupが求める人物像に合致することを示すことで、採用への道は開かれるでしょう。

<大学>

インターネット上の情報では確認できませんでした。

 

採用大学のランクに関しては以下の記事を参考にしてください。

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、Appier Groupの就職偏差値・難易度を見てみましょう。

結論として、偏差値・難易度は高いです。

その理由として以下の3点が挙げられるでしょう。

理由
  • 採用人数が少ないから
  • 高度な専門知識と技術力が求められるから
  • 給与や福利厚生が良いから

就職難易度は高いですが、頻出質問である「ガクチカ」や「志望動機」など基本的な事項をしっかりと対策をしていれば、可能性はあるでしょう。

しっかりと対策を行い、内定を獲得してください!

 

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

まとめ

Appier Groupは、企業価値を高めるためにAIを活用した製品を提供している会社です。

クライアントの技術的課題を解決する役割を果たせる人材を求めています。

顧客のビジネス目標を達成するために必要な深い製品知識と、技術的なソリューションを提供するスキルも求められるでしょう。

特に開発からサービス運用、販売戦略までを理解し、顧客との効果的なコミュニケーションができる能力が重要です。

また、Appier Groupの魅力は、AIアルゴリズムや自社製品の知識を深める機会が豊富であることです。

知的好奇心が旺盛な方には最適な環境と言えるでしょう。

さらに、外資系の企業ならではの幅広い裁量権を持ち、GoogleやAdobe出身の社員と直接コミュニケーションを取ることで、ビジネススキルを磨くこともできます。自身のビジョンや適性に応じて、多様なキャリアパスを描ける環境です。

関連性の高いポジションへのキャリアチェンジも可能でしょう。

就職の難易度は高いものの、全員に平等にチャンスが与えられています。

選考に臨む際には、自身の経験やスキルを具体的にアピールすることが重要です。しっかりと対策を行い、選考に挑んでください。

ぜひこの記事を参考にして、自分の目標に向かって励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!