就活が怖いと感じる。どうしたらいい?筆者の経験談から解説!

おすすめ記事

就活が怖いと感じる。どうしたらいい?筆者の経験談から解説!

はじめに

「就活を続けてきたけれど内定もでず、急に怖くなってしまって前に進めない」

「就活が怖くて、まだ始められていない」

そんな就活生も多いのではないでしょうか?

 

筆者も就活中の時には「就活怖いな、やりたくないな」と思ってしまった瞬間が何度かありました。しかし就活をしていかないといつまでたっても学生のままですし、後悔してしまうのは自分です。

 

本記事では就活が何かしらの理由で怖くなってしまった学生、これからそういう怖さを感じるかもしれない学生に向けて、なぜそうなってしまうのか、どういう対策を取ればいいのかという解決策等を解説していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

1.就活が怖いと感じてしまう原因は?

まずただ「就活が怖い」と漠然と感じているだけでは自分が何に対して不安を感じているのかがわからず、ただ無駄な時間を過ごしてしまうだけです。前に進みたいという気持ちがあるのであれば原因を理解して、それをどうやって解決していくのかを考えてみることが大切です。

就活を怖いと感じる理由はいくつかありますが下記に大きく5つの理由を箇条書きにしてみました。

 

1.内定がもらえないのではないかという怖さ

2.社会人になることが怖い

3.就活のスキルに自信がない

4.ブラック企業に入ってしまうのではないかという不安

5.将来に対する不安

 

それぞれに関して解説していきます。

 

1-1.内定がもらえないのではないかという怖さ

 

就活生にとってのゴールは自分のいきたい企業に入社して、活躍することですが、目先の目標としてはまずは内定をもらうことでしょう。ただ実際に就活を始めてみると思っていたように行かず苦戦してしまったり、大学の友人や就活の仲間が内定を早々もらっている状況で自分だけもらうことが出来ていないと「自分はこのまま一生もらうことが出来ないのではないか」という不安にかられてしまいます。すると「怖いな」と感じてしまい次に一歩踏み出すことが出来なくなって負のループに陥ってしまいます。

 

1-2.社会人になることが怖い

 

漠然と社会人になることが怖いと感じているケースもあります。特にこれまでインターンなどをやってきていない就活生などはまず「社会に出て働く」ということの意味やイメージが出来ていないことがあり、そう感じていることがあります。

 

1-3.就活のスキルに自信がない

 

就活のスキルがないとそう感じてしまう人もいますね。特に就活の場面で就活にスキルが必要だと感じてしまうのはグループディスカッションや面接ではないでしょうか?特にグループディスカッションなどは大学ではあまり馴染みのない上に早い展開で話が進んでいきます。すると「難しい」「自分には向いていない」という風に感じてしまいがちです。また面接の場面でもうまく答えられなかったり、なんども不採用通知を突きつけられてしまうと「自分はスキルがないんだな、もうダメかも」と感じてしまいます。

 

1-4.ブラック企業に入ってしまうのではないかという不安

 

よくニュースなどで取り上げられるブラック企業の存在。表の顔(面接や説明会)などはすごくよくても、実際に入社してみて働き始めると思っていた感じではなかったということもなくはないです。残業時間がすごかったり、モラハラやパワハラなど入社する前には見えない部分を想像してしまうと、自分が受けている、受かるであろう会社は大丈夫かな?という不安から就活が怖いという感情に繋がってしまいます。

 

1-5.将来に対する不安

 

個の時代となり会社員として働くだけが生き方ではなくなりつつあります。フリーランスや起業など生き方やキャリアは人それぞれです。また社会人として生きていこうと思ってもその後どうなるかはわかりませんし、初めて入る会社をどのように選択すれば将来に自分が思い描いたキャリアを歩めるのかなどを考えると際限のない不安が襲ってきます。

特に周りに相談できない状況にあると将来に対する不安によって就活が怖いと思ってしまい、できなくなってしまう、するともっとどうしようと悩むという負のループに陥ってしまうこともあります。

 

では下記では筆者が就活怖いなと感じたエピソードと克服の方法を記していきます。

2.就活が怖かったエピソード

筆者は就活生時代は地方大学生として就活を行なってしました。特に就活解禁直前まで就活は行なっていなかったですし、周りも動いていなかったので東京の学生にはとても遅れを取っていました。就活が解禁して、就活を地方で始めた時に「やっぱり東京で就活をしたい」と思い、上京就職をすることを決意しました。上京して就活をしてみると地方の就活の環境と全く違うことが肌を通して感じました。

やはり東京の学生の方が雰囲気があるし、ハキハキと話すし、就活のスキルが飛び抜けているような印象を受けました。それを目の当たりにし「あ、やばい」という風に思い、就活が怖くなりました。それから東京で就職したいとは思っていたものの、就活への怖さが勝ってしまい全く動けずに3週間くらい何もしない時期がありました。

「このままではだめだ」と感じ友人に相談したところ「就活のエージェント(就活のサポートをしてくれる人)に話を聞きに行くといいよ」とアドバイスを受けたので、そうしてみました。すると就活をことを1から教えてくれ、相談にも乗ってもらうことができ少しづく自信とスキルが上がっていきまいした。

そのかいもあり、就活が怖いという感情を克服することができ、内定を獲得することができました。

 

では次項では就活怖いという不安をどうやって解決していけばいいかという具体的な解決方法に関して解説していきたいと思います。

3.就活が怖いという悩みの解決方法とは?

就活が怖いと感じてしまっている方は下記に書き出していることをやってみるといいでしょう。では詳しく解説していきます。

 

1.怖い点を書き出してみる

2.友人、就活仲間に相談してみる

3.社会人に相談してみる

4.1日で内定がでるイベントに参加してみる

5.少し休んでみる

6.エージェントを活用してみる

 

3-1.怖い点を書き出してみる

 

まず大切なことは自分が就活の何に対して怖いと感じているのかを頭で理解するのではなく言葉として、文字として落とし込んで見ることが大切です。すると自分が困っていたり、不安なことが意外とちっぽけなことだったと実感することもあるでしょうし、思考が整理されてどうやって解決していこうかという気持ちになります。なのでまずは漠然と怖いと感じているだけではなく、上記で挙げた就活が怖いと感じる理由を参考にしながら問題点や課題を書き出してみるといいでしょう。

 

3-2.友人、就活仲間に相談してみる

 

一人で抱えてしまっていることもあまりよくありません。もし可能であれば就活をしている友人や就活中に出会った仲間に相談してみることも一つの就活が怖いと感じることへの対策になります。友人も実は同じような悩みを抱えていたり、不安を抱いていたりすることもあり、仲間と共有し合って励まし合うことはすごくいいことです。

 

3-3.社会人に相談してみる

 

社会人に相談してみるのはかなり有効な手段です。社会人も同じように就活を乗り越えてやってきていますし、精神的にもゆとりがあり、経験や知識もあります。就活の悩みから将来の悩みまで親身になって相談してくれるような人を見つけられると非常に心強いでしょう。

 

3-4.1日で内定がでるイベントに参加してみる

 

就活が怖いと感じてしまう方に少し強引ですがおすすめなのが1日で内定がでるイベントに頑張って参加してみることです。もちろん自己分析などの基本的な準備が必要ですが、ほとんどの企業が志望理由などを求めてきません。しかも最短でその場で「内定」と言われることもあるので内定がなく、今後どうしていこうかと思っている人には内定を早期に獲得して自信をつけるチャンスとして捉えてみるといいですね。

 

3-5.少し休んでみる

 

どうしても「就活が怖いな」と感じてしまっている人は思い切って休んでみるのもいい手です。どうしても就活のことばかりを考えてしまったり、就活を続けながらその気持ちを抱えていると表情や態度から面接官などに伝わり、あまりいい印象を持ってもらうことができません。なので逆にしっかりと休みを取ってみてリフレッシュするものいいです。

 

3-6.エージェントを活用してみる

 

就活の市場にはエージェントという方がいます。エージェントとは就活生と企業をマッチングさせてくれる役割を持った人たちです。就活生は無料で基本的に就活に関するエージェントに相談することができたり、面接の練習をさせてもらえたり、自分にあった企業を紹介してもらったりすることができます。いわば就活のプロなので就活に関する悩みならどんなことでも対応してくれます。

まとめ

就活は誰でも怖い、でも乗り越えよう!

 

正直な話をすると誰でも就活は怖いと感じています。「第一志望の会社に入れるかな?」「内定が出ずにどうしよう」など抱える悩みは様々です。

なので自分だけが感じていることではなく、みんな同じように感じていて、乗り越えようとしていると思うことが大切です。

その上で今回紹介した就活が怖いと思う理由を参考にしながら自分がなぜ怖いと感じているのかを理解し、それをどう乗り越えていったらいいのかを考えることが大切になってきます。

就活で内定をもらうことがゴールではなく、入社後にどう活躍するのかがゴールなのでそれほど気負わずにやっていきましょう。

ではみなさんが納得のいく就活ができることを願っております。

 

キャリアアドバイザーならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー