ISTP(巨匠)の特徴と性格に合う仕事は?【おすすめできない仕事も紹介】

ISTP(巨匠)の特徴と性格に合う仕事は?【おすすめできない仕事も紹介】

2024年1月17日更新

はじめに

世の中には数多くの職種や業界が存在します。就職活動においては、まずは自分にはどのような職種や業界、あるいは企業が向いているのか判断してからでないとはじまらないといってよいでしょう。

それには、「自分がどんな性格なのかを把握し、特徴を持つの知ること」が非常に大切です

また、はじめから目標の職業が明確になっている人でも、果たしてその仕事が自分に向いているかどうか、判断しなければなりません。

ネット上で性格判断できる16Personalitiesという性格診断テストがあります。

これは、その人が持つ感覚・直観・感情・思考に関する質問をもとに、診断者の人柄を詳しく知ることができる性格診断です。

現在は採用選考時の適正審査に使う企業も増えているほど、正確性・信憑性が高いと評判になっています。

今回はこのテストで「ISTP(巨匠タイプ)」と診断された人に向けて、16Personalitiesの回答をもとにその特徴やおすすめの仕事や、職場を探すときのポイントなどを紹介します。

また「ISTP(巨匠タイプ)」におすすめしない仕事も紹介しているので、このタイプと診断された人は、自分に合わない仕事も理解しておきましょう。

性格診断を就活の企業研究に活かしましょう。

4泊5日の上京就活を応援!満員御礼の就活イベントを今年も開催!

宿泊費完全無料、東京までの交通費補助で負担を減らせます!

最大25社の優良成長企業と就活仲間に出会えるので、今から就活する学生は必見です!

公式LINEから申し込んでみる

あきらめないで!25卒も優良企業に出会えるチャンス!

夏採用に動き出す首都圏の優良企業を、就活ハンドブック独自にご紹介!

次こそうまく進めたい就活生に、専任のキャリアアドバイザーがつきます。

ぜひ、いまの不安をぶつけてみてください!

二人三脚で就活をサポートするので、就活をやってこなかった人も必見です!

LINEで無料相談する

 

【選考通過したESを大公開】選考通過のヒントが得られるかも?!

「エントリーシートに正解はあるのか」「書き方が良く分からない…」こんなことを考えたことはありませんか?

就活生にとって、エントリーシートは第一関門ともいえるものです。

今回は、選考を通過したエントリーシートを20社分用意しました。

各エントリーシートにはポイント付きで解説しています。

エントリーシートに行き詰っているなら、必ず参考になるでしょう。

選考を通過したエントリーシートを見る機会は、ほとんどありません。

このチャンスを逃したくない就活生は、ぜひチェックしてください。

選考通過ES

ISTP(巨匠)とは

ISTP(巨匠タイプ)は以下の4つの性格をあわせたものです。

・内向型 (Introverted)

・感覚型 (Sensing)

・思考型 (Thinking)

・知覚型 (Perceiving)

ISTPとは、この4つの英文頭文字を合わせたものです。このタイプは、好奇心旺盛な性格で、実際に自分で見たり触ったり体験することを好みます。

創作の才能があるので、エンジニアや整備士など、何かを作ったり分解したり、以前よりも少しいいものを再度組み立てることに満足感を得る特徴があります。

一人で作業することもあれば、みんなと協力したり、手助けしたりすることもあり、自分のプロジェクトに関心を持たれることを好みます。

機械をいじることが好きなので、単純な人だと思われがちですが、実際は謎めいているところもあるのが特徴です。

友好的だけど目立つのは嫌い、落ち着いているけど急に無鉄砲に動き出す、好奇心旺盛なのに勉強は嫌い、といった特徴も持っています。

また、衝動的なエネルギーにかられる傾向があるので、前触れなくエネルギーが爆発して急な方向転換をすることもあります。

規則性に従うことが苦手なことも特徴の一つです。感情を予測することが難しく相手に共感するのではなく、行動を通じて人間関係を円滑にしようとする傾向があるので、うまくいかないときもあります。

そのため、自分のスタイルや予見不可能な性分を理解してくれる仲間・環境のもとで働くことができれば、持ち前の技術やセンス、創造力を発揮することができるでしょう。

ISTP(巨匠タイプ)におすすめの仕事の特徴

ISTP(巨匠タイプ)におすすめの仕事の特徴を見ていきましょう。

ものづくりが得意

ISTP(巨匠タイプ)は、手先が器用なのでものをつくる才能があります。

機械いじりやパソコンのシステム関係など細かい作業であっても苦になりません。

遊び半分で役立つものや不要なものを作りながら自分の技術の習得を目指しています。

エンジニアや整備士など、何かを分解したり組み立てたりすることが大好きなのでおすすめです。

何かをつくるときには、実体験をもとに作業することが好きで、周りからの意見も気にならないことが多いです。

つくる過程に生じるトラブルや試行錯誤すらも苦にならず、楽しみながらつくれるので職人気質のなる性格です。

また誰かと一緒につくったり、誰かのためにつくったりすることも好きなタイプなので、外向的な性格でもあります。

結果にこだわる

ISTP(巨匠タイプ)はものづくりが得意ですが、つくりだけに満足するのではなく結果にもこだわります。

以前より少し良い形に再度組み立てることに極めて大きな喜びを感じるため、結果がよくなければ満足しません。

よりよい結果になるためにはどうすればいいか、シミュレーションを繰り返し結果までの過程も大切にする傾向があります。

自分の巧みなスキルを活かし、リーダーシップを発揮できるので、みんなを引っ張りながら良い結果に向かって導くことも得意です。

良い結果を求めるためには、周囲はISTP(巨匠タイプ)の働きやすい環境を整えてあげることが大切です。

ISTP(巨匠タイプ)は、衝動的に意見を変えることもあり、予見不可能な性分をもっています。

この性分を理解してもらえなければ、持ち前の技術が生かせません。

逆に理解してくれる仲間と働ける環境があれば、ユーモアなセンス、創造力を活かし長期にわたり便利なものを作り出せる力があります。

危機管理能力がある

ISTP(巨匠タイプ)は、自分の腕前に自信があるので、期日までにプロジェクトを完了させる力があります。

トラブルシューティングや試行錯誤など、目標を達成させるまでに必要な手順を見極め、自分で修正する能力もあるので危機管理能力に長けています。

また日常的な作業よりも、多様性・アドレナリンのある少しスリリングな仕事を求めていることが多いです。

例えば、消防士、救急隊員、探偵、パイロット、警察官など、危機対応に焦点を当てた仕事、ISTP(巨匠タイプ)の得意分野です。

ISTP(巨匠タイプ)におすすめの仕事5選

ISTP(巨匠タイプ)におすすめの仕事は、以下の5つです。それぞれの特徴を見ていきましょう。

・エンジニア

・建築士

・パイロット

・消防士

・美容師

エンジニア

エンジニアとは「技術者」とも呼ばれており、工学に対して専門的なスキルや技術をもった人材のことを言います。エンジニアといっても種類が多く、業務も異なるので、簡単にエンジニアの種類と業務内容をまとめました。

種類 業務内容

システムエンジニア コンピューターシステムの開発において、提案・設計・開発・管理など一連の流れに携わる仕事

AIエンジニア AIを活用したサービスやソフトウェア開発、データの分析などを行う仕事

IoTエンジニア IoT技術やIoT製品を利用したシステム開発を行う仕事

インフラエンジニア サーバー構築やネットワーク管理、クライアント端末の設定などを担当する仕事

ネットワークエンジニア ネットワークシステムの設計や構築、運用や保守を専門的に行う仕事

Webエンジニア WebサイトやWebアプリケーションなどの設計や開発、運用や保守を担当する仕事

プログラマー システムエンジニアが制作した設計書をもとにプログラミングを行い、機能を実装していく仕事

どのエンジニアであっても専門的な技術を用いて、クライアントの依頼をこなしていく仕事です。

ISTP(巨匠タイプ)得意なものづくりが詰まった仕事なので、おすすめです。

建築士

建築士の仕事は、建物を設計し、設計に基づいて行われる工事の監督をすることです。

ものづくりの体表的な仕事ともいえる建築は、ISTP(巨匠タイプ)の得意とする仕事です。

結果にもこだわるISTP(巨匠タイプ)は、依頼者の要望を聞き、理想となる住まいをつくりあげることができます。

期日を守ることも得意であるため、現場で監督をしながら指示を出し、効率よく作業を進めることができます。

工事途中で起こるトラブルにも柔軟に対応し修正する力があるので、自分の納得のいく結果に仕上げることが可能です。

仕事のほとんどの過程において、ISTP(巨匠タイプ)が得意とすることが多いのでおすすめです。

パイロット

パイロットの仕事は、飛行機を操縦することですが、離陸から着陸までの間に油断することなく、安全に運行するために作業を行っています。

大勢の命を預かる仕事であり、危険も伴うためスリリングな仕事です。

ISTP(巨匠タイプ)が求める非日常のアドレナリンが出る仕事であるため、おすすめの仕事です。操縦中にはトラブルが生じることもあります。

ISTP(巨匠タイプ)は、そんなトラブルにも柔軟に対応し、安全運航できるように修正する力があります。

また時間通りに運行させるために、シミュレーションすることも苦に思わないため、向いている仕事です。

ISTP(巨匠タイプ)が力を発揮するためには、このタイプ性分を理解してくれるパートナーが必要になります。

パイロットは常に副操縦士とペアになって仕事をするため、自ずと信頼関係も構築されます。

自分を理解してくれる副操縦士と2人で仕事することができるので、本来の力を発揮しやすい環境が整いやすいことも特徴です。

消防士

消防士も、パイロットと同様にスリリングな仕事の一つです。

とくに結果を重視している仕事なので、ISTP(巨匠タイプ)も満足のいく仕事ができます。消防士は危機管理能力が必須です。

人命救助する際には、危険な場所や状態を察知し、即座に判断しながら行動しなければいけません。

ISTP(巨匠タイプ)も危機管理能力に優れている傾向にあるので、おすすめの仕事です。

美容師

美容師は人の髪の毛を切り、セットアップするので手先が器用でなければいけません。ものづくりを得意とするISTP(巨匠タイプ)は、手先も器用であるためおすすめです。また結果にこだわるISTP(巨匠タイプ)は、依頼者の要望通りの髪型に整えることも可能です。

前と比べて少しでもよくしたい、という気持ちを強くもっているので、納得のいく髪型に仕上げることができます。また悩んでいる相手に対して、的確にアドバイスをすることができるので、強みを活かしてしごとをすることができます。

ISTP(巨匠タイプ)の人におすすめしない仕事

ISTP(巨匠タイプ)の人におすすめの仕事を紹介してきましたが、次はおすすめできない仕事がどのようなものか見ていきましょう。

同じことを繰り返す仕事

ISTP(巨匠タイプ)は、刺激のある仕事を得意としているので、毎日同じような作業を繰り返す仕事には向いていません

例えば以下のような仕事は苦手としています。

・総務

・経理

・工場などのライン作業

計算や技術職には強いISTP(巨匠タイプ)であっても、毎日同じルーティンワークには飽きてしまい、力を発揮することができません

人の感情に寄り添う仕事

ISTP(巨匠タイプ)は、自分を理解してくれる人とは、上手く付き合うことができますが、相手に寄り添った抽象的な作業には向いていません。

例えば以下のような仕事は苦手としています。

・心理カウンセラー

・スクールカウンセラー

・理学療法士

・パーソナルトレーナー

ISTP(巨匠タイプ)は、自分の寛大な性分を当たり前だと思い、周りの人も同様に寛大だと思い込んでいるために、身軽に行動しすぎてしまうことがあります。

 そのため、無神経な冗談を言ってしまったり、相手のプライベートに深入りしすぎたりと、相手の気持ちを考えた行動が苦手です。

人の感情に寄り添うようなカウンセラーなどは、相手を傷つけてしまう恐れがあるので向いていません。

集中力が長時間必要な仕事

ISTP(巨匠タイプ)は、好奇心旺盛で飽きやすい傾向があるので、注意深く物事に集中して行う仕事が苦手です。以下のような仕事はおすすめできません。

・セラピスト

・保育士

・ネイリスト

長時間同じ作業を繰り返すことは、飽きが生じ、集中力が途切れてしまうので向いていません。

長時間集中力が必要なときは、こまめに休憩を取りながら作業するとISTP(巨匠タイプ)でも力を発揮できます。

ISTP(巨匠タイプ)の人が職場を探す時のポイント

ISTP(巨匠タイプ)の人が職場を探す時のポイントは、「自分に共感してくれる人がいるか」というです。ISTP(巨匠タイプ)は、基本的にはひとりで作業することを好むため、みんなでにぎやかに行うことを好んでいません。

 

しかし、仕事をする上では誰かと協力しながら課題に向けて取り組むことが多いです。そんなときに自分の持っている力を最大限活かすには、「自分のスタイルと予見不可能な性分を理解してくれるパートナー」がいることが重要です。

 

自分の性分を理解してくれるパートナーの前では、持ち前の実務を大事にする姿勢、ユーモアのセンス、創造力を思う存分、発揮することができるので、課題をクリアすることができます。

 

自分の個性が活かせる職場であるか、信頼できるパートナーがつくれるか、といったことに注意しながら職場を探してみましょう。

 

働く職場を知るためには、インターンシップやOB訪問などを活用して、実際に働いている様子や、社員と話すことで雰囲気が分かるので、活用してみましょう。

まとめ

ISTP(巨匠タイプ)のおすすめの仕事やおすすめできない仕事を紹介してきました。

最後に簡単にまとめたのでおさらいしてみましょう

おすすめの仕事 おすすめできない仕事

ものづくりができる仕事 同じことを繰り返す仕事

結果にこだわりをもてる仕事 人の感情に寄り添う仕事

危機管理能力がいる仕事 集中力が長時間必要な仕事

自分の性格の特徴をしっかり理解しておけば、自分の強みを活かして仕事をすることができます。

ISTP(巨匠タイプ)の人は、自分にどんな特徴があり、どんな仕事が向いているのか、本記事を参考に覚えておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【期間限定公開!】就活のプロが
自己分析のやり方を徹底解説!

 今回、期間限定で就活のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーが、エントリーシートや面接に悩んでる学生に向けて、だれでも簡単に自己分析が出来る方法を3つ紹介しました!

 すぐに実行に移せるものばかりなので、ぜひ読んでみてください!

キャリアアドバイザーが自己分析する方法を徹底解説

監修者情報

岩本美帆

キャリアアドバイザー リーダー

株式会社ネオキャリアに新卒入社。
法人営業や採用コンサルティング業務を中心に、転職支援業務のプロジェクトにアサイン。 2年後に自己成長と新しい挑戦を求めてナイモノに転職。 現在は入社3年目のキャリアアドバイザーのリーダーとして、 「人の挑戦を言葉で支援することで成長し続ける」をモットーに活躍している。