就活とアルバイトは両立出来る?メリット・デメリットは?

おすすめ記事

就活とアルバイトは両立出来る?メリット・デメリットは?

はじめに

 

学生生活で最も重要な活動の1つである「就職活動(以下、就活)」。説明会に出かけたり、エントリーシートを書いたり、面接があったりなど就活中は何かと忙しいものです。

 

一方で、就活には予想以上に多くのお金がかかるため、活動資金を得るためにアルバイトを続けたいと考えている学生も多いでしょう。

 

就活とアルバイトの両立は難しいですが、やり方次第で可能になります。ここでは、就活とアルバイトを両立するうえで重要なポイントについてみていきましょう。

 

1.就活とアルバイトの両立

就活とアルバイトの両立といっても、「本当にできるの?」と思っていらっしゃる方も多いかと思います。まずは、可能なのかということ、そしてメリット・デメリットについてみていきましょう。

 

1-1.そもそも両立できるの?

 

 

結論から言うと、十分に可能です。過去にも多くの学生が、アルバイトをしながら就活を行なっていました。

 

就活中のアルバイトについて、

80%の人が「していた」と回答しており、男女差はほとんどありません。また、アルバイト先について約60%の人が「就職活動前と同じアルバイト先に勤めた」と回答しています。

 

このように、就活中であってもアルバイトを継続している学生が多くいます。では、就活とアルバイトを両立するメリット・デメリットは何なのでしょうか?

 

1-2.両立のメリット

 

就活とバイトを両立させるメリットは、大きく分けると3つあります。

 

まず1つ目が、活動資金を稼げるということです。

頭でも述べたとおり、就活には予想以上に多くのお金が必要となります。

リクルートスーツやシャツ、ネクタイ、靴の購入や説明会や面接のための交通費・宿泊費、カフェ代などなど。活動資金に余裕があると、安心して就活に取り組めると思います。

 

(参考記事)

地方学生の味方!膨大な就活費用を減らせる⁉︎夜行バスで学割!

 

 

2つ目が、スキルを磨けるということです。アルバイトを通じて、その業種や職種に応じた様々なスキルを磨くことができます。

そこで身につけたスキルは、どのようなものであっても将来役に立つ場面が来るはずです。就活でのアピールポイントとなる可能性もあります。

 

最後に3つ目が、

就活の息抜きになるということです。就活は集中して取り組むことも大事ですが、日常生活が就活一色になってしまうと心理的に余裕がなくなってしまいます。

 

そうすると、就活における面接での大きなミスにつながりかねません。アルバイトをすることで、気分転換ができ、フレッシュな気持ちで就活に取り組めるようになるでしょう。

 

就活は体力勝負でもありますが、精神的な勝負でもあります。

 

 

1-3.両立のデメリット

 

メリットがある一方でデメリットもあります。人によって感じ方は様々ですが、就活とアルバイトを両立させるのは簡単なことではありません。

具体的にはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

 

まず1つ目が、

スケジュール管理が大変になるということです。

就活では企業説明会の日時や、エントリーシート提出の締め切り、面接の日程など把握しなければならないことが多いです。それだけでも大変であるのに、加えてアルバイトが入ってくると非常に大変になることは間違いないでしょう。

 

スケジュール管理の労力が必要になることは、最も大きなデメリットの1つであるといえるでしょう。

 

次に2つ目が、体力的な負担が増加することです。

 

就活中は、やることが多く精神的な負担が大きくなります。また、様々な場所に出かける必要もあるので体力的な負担もあります。そのような中でアルバイトも行うと、さらに体力的な負担がのしかかるでしょう。アルバイトはリフレッシュになるメリットがある反面、体力的な負担は増加します。

なので、お金が必要だからといってアルバイトのやりすぎには注意が必要です。

 

 

2.どうやって両立していくのか?

 

ここまでで、就活とアルバイトを両立させるメリット・デメリットについて理解していただけたのではないでしょうか。

では実際に、どのように両立させれば良いのか、その方法についていくつかご紹介したいと思います。

 

2-1.選ぶアルバイトの種類を変えていく

 

具体的には、ピンポイントで働ける短期単発のアルバイトを選択するという方法です。

 

例えば、コンサートやフェス、スポーツ大会などで会場整理を行う「イベントスタッフ」や、検品・仕分け・ピッキングといった「工場での軽作業」など、様々な種類があります。

シフト制のアルバイトと比較して、スケジュールに応じて融通がきくだけでなく、通常のアルバイトよりも時給が高いことが多いのでオススメです。

 

2-2.シフトの入り方を工夫する

 

例えば、選考の予定が入りにくい

 

・平日の夜

・土曜日、日曜日

 

の時間帯にシフトに入るようにすると、効率的にアルバイトを行うことができます。

 

というのも選考は基本的には企業の就業時間内に行われます。なので、平日の夜や土曜日、日曜日に選考の予定が入ることはほとんどありません。

 

日中に選考のスケジュールを組んで、夕方以降にアルバイトをするというやり方も1つあるでしょう。あるいは、土日のまとまった時間に長時間、シフトに入るというやり方もあります。

 

いずれにしても、選考がない時間にアルバイトのシフトを入れるという工夫が必要です。

 

2-3.しっかりとアルバイト先に相談する

 

アルバイト先の上司や店長に事前に、

 

「就活が始まるので、シフトの変更や勤務日数を減らすお願いをするかもしれません。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」

 

と相談しておくことも重要です。また、急に面接が入った時やアルバイト中の電話への対応なども相談しておくと良いでしょう。

 

アルバイト先によっては難色を示される可能性もありますが、就活が大事であることを伝え、納得してもらうことが重要です。

誠意をもって対応することで、可能な限りシフトに入れてもらえるようにしましょう。

 

 

まとめ 就活の状況と常に相談することが大事

 

ここまで見てきたように、就活とアルバイトを両立させることは工夫次第で十分に可能です。

そのため無思考にアルバイトを辞めてしまうと金銭的に苦しくなり、かえって就活に支障をきたすことになってしまいます。

 

かなり志望している会社の面接に行きたいけどお金がない、、、

 

なんてことになってしまいかねません。

 

しかしながら、就活とアルバイトの両立が難しいのも事実です。就活の進捗状況や個人のキャパシティに合わせて、無理のない範囲で就活とアルバイトに取り組むと良いでしょう。

 

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 東京で就活する地方学生とは?メリット・デメリットなど
  • ガクチカでアルバイトの経験は書いていい?その際のテクニックは?
  • 就活の相談をするメリットとは?オススメできない相談相手も

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー