就活生は面接での「学生時代頑張ったこと」にビビりすぎ??

おすすめ記事

就活生は面接での「学生時代頑張ったこと」にビビりすぎ??

1.面接で聞かれる「学生時代頑張ったこと」

「学生時代頑張ったこと」は、就活をしている人なら

誰もが聞いたことのあるフレーズではないでしょうか。

企業のES(エントリーシート)、逆求人サイトのプロフィールなど、
様々なところで問われます。

 

もちろん、実際の企業の面接でもかなり頻繁に問われます。

書くだけではなくて、話せなければいけないんですよね……。

それを踏まえ、この記事では面接を意識して

人に伝わる「学生時代頑張ったこと」の作り方についてご紹介していきます!

2.「学生時代頑張ったこと」の見つけ方

・「学生時代頑張ったこと」を見つけられない……

・大学生のうちに何もしてこなかった……

・これって頑張ったことになるのか不安……

 

こんな風に考えている人は、毎年たくさんいます。

たくさんの就活生が、「学生時代頑張ったこと」の題材に苦しんでいるのです。

しかしポイントを押さえれば、そんなに難しくありません!

まずは、その題材探しのポイントについてご紹介します!

 

2-1.何でもないことを徹底的に深堀り

 

「学生時代頑張ったこと」のエピソードを選ぶときに

多くの人が悩んでしまうのが、「自分に珍しい経験がない」ということ。

しかし、そんなものは必要ありません!

 

エピソード選びで最も大事なのは、

「自分の強みが最も伝わるようなエピソード」であるということ。

面接官は、その人が入社後に自分の会社で活躍してくれるのかどうかを

図るために「学生時代頑張ったこと」を聞きます。

ですから、エピソード自体の特別さや珍しさではなく、

その人の強みが分かるエピソードであるということが重要なんです。

 

「強み」というのは、他の人との違いから生まれます。

自分では当たり前でなんでもないと思っていることでも、

しっかり分析をしてみると、実は人に伝えられるレベルのエピソードだった!

なんてこともあります。
だから、エピソード自体は「何でもない」ものでかまわないのです。

 

エピソードを探す際には、次のようなことを意識するといいです。

・自ら起こした行動は何か?(主体性)

・なぜそれをやろうと思ったのか?(理由)

・経験から何を学んだか?(学び)

・その後、その経験はどのようなことに活かせそうか?(応用)

 

これら全てを「学生時代頑張ったこと」に盛り込めなくても、

面接で聞かれたときの対策になるので、言語化できるようになっているといいですね!

 

2-2.部活・趣味

 

「学生時代頑張ったこと」の題材として、

部活やサークル活動・趣味などを取り上げる人もいるでしょう。

 

この場合も、ポイントとなるのは同じです。

「自分の強みが最も伝わるようなエピソード」であること。

そのためには、ただ「やってました」では強みは伝わりませんよね。

「自分が何をして、どんな影響を及ぼしたのか?」

ここについて詳しく書く必要があります。

 

そのために注意するポイントとしては、

・エピソードを詰め込み過ぎないこと

・数字などを用いて、客観的に状況が分かりやすい工夫をすること

・成果にこだわりすぎて、内容が事実のみになるのを避けること

などが挙げられます。

中でも最後の「成果」ばかりを抜き取ってしまうケースは多々あるので、

「自分の強みを活かせているエピソードなのか?」

という視点を忘れずにエピソードを推敲してみましょう!

 

2-3.アルバイト

 

「学生時代頑張ったこと」の題材として、

アルバイトは最も多くの人が取り上げています。

 

特に自分が学生時代頑張ったことが無ければ、

高確率で大学生が行っているであろう

「アルバイト」に関して話せるといいのではないでしょうか。

 

ただ、多くの学生がアルバイトをしているということは

これも、「やっていました」だけでは他の学生との差別化が図れないため、

残念ながら頑張ったことのアピールにはなりません。

 

「アルバイトのなかでも、どの部分で自分は活躍できたのか?」

という詳しい状況を伝えることが重要です。

 

アルバイトは、たくさんの人が取り上げる題材ではありますが、

「働く」先を探す就活においては、

再現性の高いエピソードになりやすいという利点もあります。

就活を早い段階から意識しているのであれば、

働いているアルバイト先でエピソードを溜めておくのもオススメです。

3.「学生時代頑張ったこと」の注意点

これまで、エピソードごとの特徴やポイントについて紹介してきました。

 

ここからは、「学生時代頑張ったこと」を考える上で

エピソードに関係なく注意してほしい点についてご紹介したいと思います!

 

3-1.「凄い事」を聞きたいわけではない

 

「学生時代頑張ったこと」というと、

多くの学生は「凄い事」を書くことにこだわってしまいがちです。

 

しかし面接官は、何千人、何万人と面接をしています。

そうなると、「凄い事」を話す学生には数多く出会っており、

もはや「凄い事」には飽きてすらいます。

 

では、面接官は何を見ているのでしょうか?

実際は、話す内容の「過程」や「結果への導き方」などを見ています。

序盤でもお話したように面接官は

「自分の会社でその人が活躍してくれるのかどうか」が知りたいのです。

ですから、「再現性」がとても大切です。

例えば「部活動で全国1位になった」としても、

その理由が「一流のコーチの言うことを全て聞いていたから」の場合、

再現性は低く、入社後その力を発揮することは難しいでしょう。

 

ですから、「凄い事」ではなくても、

・自分から動いた経験で

・再現性が高く

・その会社の採用基準に沿ったエピソード

を話せるほうが圧倒的によいのです。

 

3-2.嘘は御法度

 

自分には学生時代頑張ったことがない……

そう思っても、嘘をつくのは御法度です!

面接では、よほどのことがない限り嘘はバレます。

企業にとって「嘘をつく学生を採用することは汚点」でしかないため、

基本的に選考にも落ちるでしょう。

もしかしたら、社会的信頼を失ってしまうかもしれません。

 

今まで書いたように、別にエピソードが凄い事である必要はありません!

自分を見つめてみれば、なにか自分で行動を起こしたことはあるでしょう。

嘘をつくよりも、諦めずにエピソードを考えてみたり、

話し方・立ち振る舞いを工夫してみたほうが効果的なのです。

 

3-3.「答え方」が大事

 

面接で「学生時代頑張ったこと」を聞かれた際、

内容はもちろんですが、「答え方」が非常に重要になってきます。

せっかく良い内容を準備しても、答え方で印象や伝わり方が全く変わってしまうからです。

 

ここでは、良い伝え方のポイントをご紹介します。

「学生時代頑張ったこと」だけではなく、いろいろな面接の場面に

応用できることですのでぜひ意識して実践してみてくださいね!

 

・論理的な伝え方を意識する

 

回答は、結論から述べる「結論ファースト」を意識しましょう。

社会では、論理的かつ簡潔に話すことを求められます。

面接からこれを意識しておきましょう。

 

・専門用語を使わず、誰にでも分かる表現に

 

専門用語を知っていたとしても、あまり馴染みのない言葉や

特定の業界の人にしか通じないような言葉は、使わないほうがよいでしょう。

誰にでも分かる言葉で噛み砕いて、言葉を伝えましょう。

 

・適切な声量・発声と表情

 

元気がなく、自信なさげに話すことは、

もちろん良い印象には繋がりません。

逆に元気のよさをアピールしたいとしても、

大きすぎる声やぎこちない笑顔はかえって逆効果です。

面接官との距離や雰囲気を踏まえ、適切な声や表情を意識しましょう。

他者意識をもつだけで、この部分はすぐに解決できるのではないでしょうか。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

人に伝わる「学生時代頑張ったこと」の作り方をご紹介してきました。

 

最後に、ポイントだけをまとめたいと思います。

【エピソード】

・珍しい体験や凄い体験である必要はない

・自分の強みが活かせるエピソードであること

・具体的な場面が想像できる内容であること

 

【話し方】

・結論ファースト

・分かりやすい言葉えらび

・適切な声と表情

 

これらを意識して、ステキなガクチカを作り上げてくださいね!

 

自己分析ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー