【企業研究】村田製作所の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】村田製作所の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年9月25日更新

はじめに

就活において企業研究は必須ですが、企業の情報は1つにまとまっていないことがあります。そして、そのような場合は企業研究自体に時間と手間がかかってしまいますよね。

そこで、ここでは村田製作所の事業内容や就職難易度について本記事内で徹底解説いたします。村田製作所が気になっている方、村田製作所の選考を受けようとお考えの方は、ぜひご確認ください。

電子部品業界

電子部品業界はパソコンやスマートフォンなど機械に使われる電子部品を製造していく業界です。日常生活には欠かせない機械にも利用されていることから非常に高い需要があります。また、日本の電子部品業界は世界でもトップレベルの技術力を持っており、グローバル的な企業も多いです。

電子部品以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!

【業界研究ガイド】業界一覧

事業内容

事業内容は大きく分けて5つあります。事業内容を確認することで入社後の働き方がわかるため、ここで事業内容についてしっかりと把握しておきましょう。

muRata INNIVATOR IN ELECTRONICS ムラタの事業

事業①コンデンサ

コンデンサは電気を一時的に蓄えるものであり、IoT機器や家電製品に多く利用されています。村田製作所は積層セラミックコンデンサ(MLCC)を主要製品とし、コンデンサ事業を進めています。コンデンサ事業の成長戦略は下記のとおりです。

  • 部品需要の拡大に対応するための生産能力の増強:業界最大の生産能力を活かし、さらなる規模の拡大を図る
  • 競合企業の台頭などのリスクを踏まえた成長シナリオの立案と実行:競争環境に注意を向けて、持続的な事業成長を目指す
  • 持続的なイノベーションの創出と万全な供給体制により、トップシェアであり続ける:れまで培ってきた競争優位性をさらに強化し、市場でのポジションを維持向上していく

このようにコンデンサ事業は現状維持ではなく、今後さらにシェアを拡大していく意向が見られます。その一環として2022年にタイ、2023年に島根県に生産工場を竣工することを予定しています。

事業②インダクタ・EMIフィルタ

インダクタは電気と磁気を作用させることによって電圧の変換、電流の安定化などをおこなっていく部品です。インダクタはコンデンサ、抵抗器と合わせて電子回路の基本となる非常に重要なものであり、需要があります。

インダクタ・EMIフィルタの成長戦略は下記のとおりです。

  •  市場の変化を捉えた新たな顧客価値の提供:市場とお客様の変化を確実に捉え、新たな顧客価値の提供に取り組んでいく
  • 開発力と基盤技術の融合による市場要求に応えた製品の提供:先進的な材料開発、製品開発、プロセス開発と基盤技術を融合することで市場要求に応えた製品を提供
  •  お客様へのグローバルサポート体制の拡充:最先端技術を追求することで、「EMCソリューションプロバイダNo.1」を実現していく

インダクタ・EMIフィルタでは自動車の電装化に対応したDEF32CAH_ROシリーズをリリースしました。自動車の電装化は進展が目まぐるしくおこっていますが、そのような環境でも対応した商品をリリースをしています。

事業③高周波・通信

高周波・通信の主力製品である表面波フィルタは特定の周波数帯の電気信号を取り出すフィルタです。遅延のない無線通信には必要不可欠なものであり、無線通信の需要拡大とともに需要が増しています。

高周波・通信の成長戦略は下記のとおりです。

  • 高付加価値品での差異化とコスト競争力の強化による収益機会の確保:新規技術のアライアンス強化を進めるとともに、低価格メーカーの台頭への対応として生産性向上によるコスト競争力の強化
  • XBAR技術を用いたフィルタの量産化:XBAR技術は高周波・広帯域での高い特性やSAWフィルタの製造工程との高い親和性を有します。フィルタの差別化技術として事業の強化
  •  5Gで拡大する通信市場でムラタの強みを活かした新たな用途・顧客の探索:新しい市場でビジネス拡大

成長戦略にもあるXBAR技術は高周波帯において、高減衰、低損失、急峻性といった特性を高いレベルで実現しているため、従来技術ではノイズとして受信せざるを得なかった信号をさらに抑制することができます。5Gの普及が進んでいく世の中において、これから需要がどんどん高まっていく可能性が高いです。

また、本事業には以下のような製品もあります。

  • 高周波モジュール
  • 樹脂多層基板(メトロサーク)
  • コネクティビティモジュール

事業④エナジー・パワー

エナジー・パワー事業では高出力、長期保存、高温特性といった強みを持っている円筒タイプリチウムイオン二次電池を主力製品としています。また、これらを活かして脱炭素や省エネ化など環境問題にも取り組んでいます。

エナジー・パワーの成長戦略は下記のとおりです。

  • 差異化技術のさらなる強化:ラタの技術面での強みを強化し、成長市場でビジネスを展開していく
  • ムラタの環境貢献事業としての事業基盤を確立:長寿命で安全性の高い当社独自のリチウムイオン二次電池「FORTELION(フォルテリオン)」を用いた蓄電池等を通して、環境面の事業機会の獲得
  •  タイムリーな投資とモノづくりの強化による強固な事業基盤を構築:将来の安定した成長を実現するために強みが活かせる市場に注力するとともに、差異化技術を最大限に発揮するためのモノづくり力の強化にも取り組んでいく

 

事業⑤機能デバイス

機能デバイスではセンサを主力製品として事業展開をしています。センサは機械が取り扱いやすいようにデータを変換するものであり、今後の機械の普及には必須な部品です。村田製作所では高性能で高信頼なデバイスを展開しています。

機能デバイスの成長戦略は下記のとおりです。

  • コア技術の創出と強みを活かすアプリケーションにリソースを投下:広がる事業機会に対してムラタの強みを活かせる領域に注力し、センサ事業の拡大を目指す
  • 技術の差異化を図り、パートナーとともに新しい価値を創出:強みである技術力にさらに磨きをかけるとともに、パートナーとの価値共創を志向し、既存領域にとらわれない新たな発想でビジネスに挑戦
  • 製品価値を最大化するSCMの構築:センサは多品種少量生産という特徴がありますが、製品の差異化をしつつお客様に価値を提供でき、多品種に対応できるプロセスを構築

 

新卒選考フロー

内定を獲得するためには新卒選考フローを確認しておき、事前に対策を取ることは非常に重要です。ここで選考フローについて確認し、どのような対策を取れば良いのか知っていきましょう。

muRata INNIVATOR IN ELECTRONICS 新卒採用情報

募集職種

村田製作所は技術系と事務系の2種類で総合職採用をおこなっています。それぞれの職種は下記のとおりです。

技術系

  • 商品開発・設計 / 電子デバイス商品設計、高周波・アナログ・デジタル回路設計
  • 生産技術 / 生産設備・制御機器・計測機器の開発・設計、画像処理技術開発
  • 材料、材料プロセス開発・設計 / セラミック材料、有機材料・新素材材料開発
  • ソフトウェア・シミュレーション技術開発・設計
  • 物性分析・計測技術
  • 営業
  • 製造技術
  • 製造管理
  • 生産ライン設計改善(IE)
  • 品質保証・品質管理
  • セールスエンジニア(技術営業)
  • 知的財産 / 特許
  • 情報システム
  • 企画 / 事業企画・商品企画
  • 環境経営企画 / 気候変動、資源循環、化学物質管理など
  • 工場建設・施設管理

事務系

  • 企画 / 商品企画・事業企画・中長期経営方針の策定
  • 調達 / 原材料調達・一般資材購入
  • 経理・財務 / 予算・決算・損益管理・資金運用・資金調達
  • 総務 / 株式管理・書庫管理・秘書
  • 法務 / 法務管理・契約の立案、審議、交渉
  • 知的財産 / 特許
  • 人事 / 採用・評価・給与・福利厚生・教育
  • 広報 / 企業広告・ブランド戦略、企画・社内広報・展示会-イベント活動計画
  • 情報システム / 社内システム開発・運用
  • 環境経営企画 / 気候変動、資源循環、化学物質管理
  • 防災・安全衛生管理 / 工場建設、施設・エネルギー管理
  • 生産ライン設計改善 / IE(インダストリアルエンジニアリング)
  • 製造監督 / 製造ラインの管理・監督・改善業務
  • 生産管理 / 生産計画の立案・実施
  • サプライチェーンマネジメント / サプライチェーン企画、運営
  • 営業 / 国内・海外営業

このように非常に多くの職種があります。総合職採用ではありますが、入社後に携わりたい職種を明確にしておくのが良いでしょう。

選考フロー

技術系採用は学校推薦と自由応募の2種類があります。それぞれの選考フローは下記のとおりです。

技術系(学校推薦)

  1. 会社説明会
  2. 学校推薦取得
  3. アンケート回答
  4. 適性検査・エントリーシート
  5. ファイナルマッチング(個人面談)
  6. 個人面接

技術系(自由応募)

  1. 会社説明会
  2. アンケート回答
  3. 適性検査・エントリーシート
  4. プレマッチング(動画投稿)
  5. ファイナルマッチング(個人面談)
  6. 個人面接

事務系の選考フローは下記のとおりです。

  1. 会社説明会
  2. 適性検査・エントリーシート
  3. プレマッチング(動画投稿)
  4. ファイナルマッチング(個人面談)
  5. 個人面接

なお、適性検査はSPIのWEBテスト形式です。

給与水準

給与水準は下記のとおりです。

  • 大学卒:240,000円
  • 修士了:261,000円
  • 博士了:306,500enn 

昇給は4月の年1回、賞与は6月と12月の年2回です。

 

社風

口コミサイトを確認すると、村田製作所には下記のようなものが多く見られました。

  • きっちり情報を集めて分析し、確実に進めていく
  • まじめな人が多い
  • 話しやすい人が多く、助け合う体制が整っている

社風が魅力的かそうでないかは人によって異なります。まずは自己分析などから自分に合っている社風を明確にし、それに合っているかどうかを確認するようにしましょう。

求める人材

村田製作所は求める人材として下記のものを公表しています。

われわれが求める人材像の第一は、自らの考えに基づいて、行動を起こすことができる人。

自分の中で夢や目標を強く意識していることは、企業人として必要なことですが、ただ思い描いているだけでは意味がありません。自らの夢や目標に向けて、主体的に行動し、必要な決断を行い、その結果を真摯に振り返って次のアクションに生かすことができる人財には大きな価値を認めています。

第二に、異なる環境や人々の中に恐れずに飛び込んでいくことができる人。

ムラタでは、職種を問わず、多種多様な人々に対して、自分から積極的にコミュニケーションを図れる力が必要不可欠となります。ムラタは売上の海外比率が90%を超えており、まさに世界を相手に戦っている企業です。お客様のニーズが多様化・複雑化していく中で、そのニーズに応えていくためには、様々な文化や価値観に関心を持ち、相手の考えを的確に理解していかなくてはなりません。そのための第一歩として必要なコミュニケーションを持った方をムラタは求めています。

muRata INNIVATOR IN ELECTRONICS 求める人材像

これらの思いに共感し、入社後も意識し続けたい方は村田製作所に向いていると言えます。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

業界内でどのような立ち位置になっているのかは、今後の戦略や経営安定性を図ることができます。ここで、村田製作所は業界内でどのような立ち位置となっているのかを確認してみましょう。業界内での立ち位置は下記のとおりです。

会社名売上高

(百万円)

平均年収

(万円)

就職偏差値・

難易度

社風
村田製作所1,686,79679763堅実に仕事進めていく
京セラ2,205,33272565京セラフィロソフィが浸透
キーエンス922,4222,18266無駄のなさや物事の本質を大切にする社風
ミネベアミツミ1,292,20371358M&Aで拡大したことから社風が多様

また、他業界や他の会社の就職偏差値については、下記の記事でご紹介しています。こちらもぜひご確認ください。

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

採用大学

2022年度における村田製作所の採用大学ランキングは下記のとおりです。

  1. 同志社大学:27名
  2. 関西大学:19名
  3. 立命館大学:18名
  4. 大阪大学:16名
  5. 東京工業大学:13名
  6. 北海道大学:12名
  7. 東北大学:12名
  8. 東京理科大学:11名
  9. 京都工芸繊維大学:10名
  10. 神戸大学:9名
  11. 大阪府立大学:9名
  12. 明治大学:9名
  13. 京都女子大学:9名
  14. 龍谷大学:9名
  15. 早稲田大学:8名
  16. 電気通信大学:7名
  17. 大阪市立大学:7名
  18. 千葉大学:6名
  19. 名古屋大学:6名
  20. 京都大学:6名
  21. 九州工業大学:6名
  22. 関西学院大学:6名

難関大学だけでなく、中堅大学からの採用も多く見られます。そのため、村田製作所は学歴フィルターがなく、人を見られる可能性が高いです。

まとめ

今回は村田製作所の事業内容や就職偏差値についてご紹介しました。就職を成功させるためにはリサーチを徹底的におこない、入社後に後悔する可能性を低くすることが重要です。本記事や企業の説明会などで企業研究を徹底的におこなっていきましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。