【例文あり】ガクチカを学業をアピールする人向け、書き方と良い例・悪い例

【例文あり】ガクチカを学業をアピールする人向け、書き方と良い例・悪い例

2021年6月9日更新

はじめに

ESの学生時代に力を入れたことについて書く欄は書類選考を合格するためだけでなく、その後の面接等でも特に深掘りされて聞かれる部分でもあります。そのため、ガクチカの内容を充実させる事は選考結果の合否を左右するほど重要となってきます。

そこで、この記事では特に理系学生、GPAが低い学生に向けて学業をアピールできるようなガクチカの書き方を紹介していきます。

 

目次

1.ガクチカ(学生時代力を入れたこと)で学業をアピールして大丈夫?

  1-1 ガクチカで企業は何を見ているか?

2.こんな人は、ガクチカで学業をアピールするべき!

  2-1 大学の専攻と企業の事業内容に類似性がある場合

  2-2 他の就活生と比べて、特筆すべきテーマがない人

3.ガクチカの書き方のポイント

  3-1 専門用語を使わない

       3-2 勉強の目的・プロセスを明確に書く

       3-3 挫折・失敗した時の事を詳しく書く

       3-4 成績など勉強の勉強の結果を明示する

4.ガクチカの書き方・例文

  4-1 理系学生のための例文

       4-2 GPAが低い学生のための例文

5.ガクチカができたら求人サイト等で出来栄えを確かめる

  5-1 大学のキャリアセンターで添削してもらう

       5-2 逆求人サイト(キミスカ・OfferBox)に登録

       5-3 就活エージェント(ジョーカツなど)に登録

6.まとめ

首都圏の学生ならスタキャリ

上京を志す地方学生ならジョーカツ

 

1.ガクチカ(学生時代力を入れたこと)で学業をアピールして大丈夫?

結論から言うと全然問題ありません!

就職活動で一番やってはいけないのは自分をよく見せようと話を盛ったり、嘘をつくことです。

そのため、あなたが学生時代力を入れた事が学業であるならば、自信を持ってガクチカのテーマは学業で書くべきなのです。

さらに、人によっては学業で書いた方が面接官から高い評価がもらえる事もあります。

 

 1-1 ガクチカで企業は何を見ているか?

面接官がES等でガクチカを聞いてくる理由は、あなたが自社にあった活躍できる人材かどうかの判断を行うためです。その判断を行うために見ているポイントは2つです。

①物事への取り組み姿勢

②経験からどれだけ成長できるか?

この2点を意識することでどんなテーマを選んでも劇的に面接官からの評価が良くなります。

2.こんな人は、ガクチカで学業をアピールするべき!

エントリーする企業や人によってはガクチカを学業で書くと面接官から評価が高くなることがあります。そのため、このような人は学業をアピールしてみましょう。

 

  2-1 大学で学んでいる内容と企業の事業内容に類似性がある場合

大学で専攻している科目や研究テーマなどとエントリーする企業の事業内容に関連性がある場合は企業の事業内容と関係の無いバイトやサークル活動をテーマにしてガクチカを書くよりも学業をアピールするべきです。

企業は自社にマッチした活躍できる人材を欲しています。

例えば仮に、あなたは大学でロボットをプログラムする研究を行なっていたとして、あなたはこれからロボットを製造している企業にESを提出するとします。この場合、あなたがガクチカで下手にバイトの話などをアピールするよりも研究の内容をアピールするべきなのは明らかでしょう。

 

       2-2 サークルの幹部や留学など特筆すべき経験をしていない人

自分はバイトリーダーをしていたといったような特に目立った経験をしていないため、アピールすることがなく、テーマに悩むといった人も多いと思います。

そうした人は学業をアピールすることをお勧めします。

なぜなら、学業をテーマに専攻している研究について書くことで、成績が悪いとしても研究過程や成果をアピールして、自分の個性を出したガクチカを書くことができるためです。

3.ガクチカの書き方のポイント

ガクチカを書くときは以下のポイントに注意して書きます。

  3-1 相手がわかる言葉で書く

ガクチカを読む相手はあなたが専攻している分野についての専門知識がない場合がほとんとです。そうした相手にもアピールしたい内容が正しく伝わるように専門用語などをできるだけ使わないように企業の面接官が理解できる言葉を使ってガクチカを書くように心がけましょう。

 

       3-2 勉強の目的・プロセスを明確に書く

企業が知りたいのは”物事の取り組み姿勢”と”経験からの成長度合”でした。そのため、ガクチカの内容は「なぜ専攻したのか?」「何が大変だったか?」「どう困難を乗り越えたか?」「困難から何を学んだか?」について詳しく書きましょう。

 

       3-3 挫折・失敗した時の事を詳しく書く

特に挫折・失敗経験を書くときには、「何をモチベーションにどんな行動をとったか?」というように、精神面と行動面の両面を書くようにしましょう。

 

       3-4 成績や研究結果は数値などを使い具体的に書く

プロセスや挫折経験等がうまく書けても、それらの結果に具体性がなければ、面接官に採用したいと思わせる説得力を持たせることはできません。

そのため、結果には必ず第3者からの評価や数値といった主観を担保する具体的な内容を記述しましょう。

4.ガクチカの書き方・例文

4-1 理系学生のための例文

私が学生時代頑張ったことは、ICT教材開発の研究です。

‌‌私はもともと、ICTに興味を持っていた事と大学1年次から続けていている塾講師のアルバイトの経験からギガスクール構想など、ICTを教育に活かす動きが活発になっていることを知りそこに自分も将来関わりたいと考えICT教材開発を行なう研究室を選びました。

中でも力を入れて取り組んだのは、教員側の操作性を高める作業です。ICT教材を導入する理由は現場の負担を軽減して教育の質を高める事にありますが操作性が悪いと返って教員の負担増加に繋がります。

そうならないために私達は実際の現場で教員に試験的に使ってもらい検証と修正を繰り返し行なう事でこの問題を解決しました。

この経験の中でモノを作る側と使う側では考え方が異なること、使う側の目線で作らなければ性能が良くても使ってもらえないのだと言うことを学びました。(375文字)

 

       4-2 GPAが低い学生のための例文

私は大学で所属する多文化共生のゼミ活動に力を入れました。このゼミを選んだ理由は京都の大学に通っていて街でよく外国人観光客を目にして外国人と日本人の共生社会に興味を持った事です。

ゼミの活動では特に観光地の案内マップやお店のメニューなどを多言語化するプロジェクトに主体となって取り組みました。中でも制作したマップなどの普及等を行なう過程でコロナにより観光客が激減するというアクシデント等に見舞われた事は挫折した経験として強く印象に残っています。

しかし、これまで協力して下さった観光地の方の困窮を目の当たりにし、研究の継続のことだけでなく観光地存続のためにもSNSでの呼び込みやイベントの企画等を行なう事により最終的にはイベントでは100名近くを集客する事と研究のための十分なデータを集めることに成功しました。

この経験から苦境に立たされた時こそ出来る事を地道に積み上げていく事が大切なのだと学びました。(398文字)

5.ガクチカが書けたら求人サイト等で出来栄えを確かめる

ガクチカを書き上げたら、一度人に読んでもらいFBをもらう事で、内容の質を高めることができます。そこでここからは、有意義なFBをもらうための方法を紹介します。

  5-1 就活エージェント(ジョーカツなど)に登録

就活エージェントは就活の準備から内定までのサポートをしてくれるサービスです。これに登録することでガクチカ等の添削を行なってもらえるだけでなく、あなたの希望を基に企業を紹介してもらえたり、面接の練習や就活の相談など様々なサポートを受けられます。

首都圏の学生ならスタキャリ

上京を志す地方学生ならジョーカツ

 

       5-2 逆求人サイト(キミスカ・OfferBox)に登録

逆求人サイトに登録すると自分の書いたガクチカ等を基に企業側から採用のオファーが届くので、自分のガクチカがどんな企業からどう評価されるかを自分で分析できます。

また、特別な採用フローに進む事ができることもあります。

       5-3 大学のキャリアセンターで添削してもらう

大学によっては大学のキャリアセンターなどでESの添削や、面接練習などを行なってもらえる事もあるのでそうした大学の就職支援について調べてみるのも良いでしょう。

6.まとめ

学業をテーマにガクチカを書く時は単純にGPAの高さや難しい資格の有無などをアピールするだけでは評価が高いガクチカとは言えません。読んで欲しい企業の面接官の立場に立った時に、あなたがなぜ学業に力を入れたのかが、正確に伝わるように書くことが大切です。

関連記事

ガクチカの書き方を解説!具体例もあり!

【例文あり】ガクチカでアルバイトを題材とする際の注意点と書き方を解説!

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!