就活を控えた大学3年生の夏休みにやるべきこととは?

就活を控えた大学3年生の夏休みにやるべきこととは?

2024/6/23更新

はじめに

大学3年生の夏休みは、就職活動の準備を始める絶好の機会です。

授業数が減り、自由に使える時間が増えるこの時期を有効に活用することで、就活をスムーズに進めることができるでしょう。

本記事では、大学3年生の夏休みにやっておくべきことについて詳しく解説します。
本記事は、以下のような就活生を対象としています。

対象
  • 夏休みに何をすべきかわからない
  • どんなことが就活に役立つのか知っておきたい
  • 早く準備に取り掛かってほかの就活生と差をつけたい

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

資格を取得する

就活を控えた大学3年生の夏休みに資格を取得する

就活でアピールできる資格を取得することは、とても有効です。

資格はあなたのスキルや知識を証明するものであり、企業に対して強いアピールポイントとなります。

以下のような資格が特におすすめです。

おすすめの資格
  • 日商簿記
    経理や財務に関する基礎知識を証明できます。
    特に、経理や財務部門を目指す学生にとっては必須の資格となるでしょう。
    簿記の知識はどの業界でも役立つため、取得しておくと幅広い企業で評価されます。
  • 宅地建物取引士
    不動産業界を目指すなら必須の資格です。
    不動産取引に関する法律や実務知識を学ぶことで、即戦力としてのアピールが可能です。
  • 基本情報処理技術者
    IT業界での基礎的な知識を証明します。
    プログラミングやシステム開発の基礎を学ぶことで、IT企業への就職活動が有利になるでしょう。
  • 社会保険労務士
    労務管理や社会保険に関する専門知識を持つことを証明します。
    人事や総務部門を目指す学生にとっては、とても有利な資格です。

資格の種類と選び方

資格にはさまざまな種類がありますが、自分の目指す職種や業界に合った資格を選ぶことが重要です。

例えば、金融業界を目指す場合は、日商簿記やファイナンシャルプランナーの資格が有利です。

一方、IT業界を目指す場合は、基本情報処理技術者やネットワークスペシャリストなどの資格が役立つでしょう。

また、不動産業界を目指す場合は、宅地建物取引士の資格が必須です。

このように、自分の将来のキャリアに関連する資格を取得することで、就職活動において大きなアドバンテージとなります。

資格取得のスケジュール管理

資格を取得するためには、計画的なスケジュール管理が必要です。

夏休みはとりわけ時間に余裕があることが多いため、資格試験の勉強に集中できる絶好の機会です。

まずは自分が取得したい資格の試験日程や受験要件を確認し、それに合わせて学習スケジュールを立てましょう。

特に、複数の資格を取得する場合はそれぞれの試験日程を考慮し、効率的に学習を進めることが重要です。

また、資格取得のための予備校やオンライン講座を活用することで、効率的に学習を進めることができます。

自己分析をする

就活を控えた大学3年生の夏休みに自己分析をする

自己分析は、就職活動の基盤となる重要なプロセスです。

自分の強みや弱み、価値観、将来の目標を明確にすることで、自分に合った企業や職種を見つけやすくなります。

自己分析を通じて自分がどのようなキャリアを目指したいのか、どのような企業で働きたいのかを具体的に考えることができるでしょう。
自分の強みや弱み、価値観、将来の目標を明確にすることで、企業選びや面接対策がスムーズに進むというメリットもあります。

以下の方法で自己分析を進めてください。

過去の経験を振り返る

自己分析の第一歩は、過去の経験を振り返ることです。

アルバイトやサークル活動、学業での経験を振り返り、自分の強みや学びを整理しましょう。

具体的なエピソードを思い出し、それがどのように自分の成長に繋がったかを考えるのです。

例えば、アルバイトでの経験から得たコミュニケーション能力やリーダーシップのスキル、サークル活動でのチームワークや企画運営のスキルなど、具体的な経験をもとに自分の強みを整理してください。

自己分析ツールを活用する

インターネット上には多くの自己分析ツールがあります。

これらを活用して、自分の特性を客観的に把握しましょう。

例えば、性格診断テストやキャリア適性診断などが役立ちます。

これらのツールを活用することで、自分の強みや価値観、適性を客観的に把握することが可能です。

また、自己分析ツールを利用することで、自分の特性や強みを具体的に言葉で表現できるようになるでしょう。

友人や家族からフィードバックしてもらう

自己分析は自分だけで行うのではなく、友人や家族からのフィードバックを受けることも重要です。

自分では気づかない強みや弱みを、周囲の人からのフィードバックで発見できるからです。

友人や家族に自分の印象や強みを聞いてみましょう。

彼らからの意見をもとに、自分の自己分析を深めることができます。

自己分析について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

業界研究をする

就活を控えた大学3年生の夏休みに業界研究をする

業界研究は、志望する企業や業界を絞り込むために必要です。

業界研究を通じて、自分が働きたい業界や企業を具体的に絞り込めるからです。

また、業界の動向や主要企業の情報を把握することで、志望企業に対する理解を深めることが可能です。

以下の方法で業界研究を進めましょう。

業界レポートを活用する

インターネット上には多くの業界レポートが公開されています。

これらを読んで、業界の動向や主要企業の情報を把握しましょう。

特に、業界の成長性や将来性を確認することが重要です。

業界レポートを読むことで、業界全体の動向や主要企業の戦略、競争環境などを把握することができます。

企業説明会に参加する

企業説明会に参加することで、直接企業の担当者から話を聞くことが可能です。

質問を通じて、業界や企業の理解を深めましょう。

企業の文化や働き方についても知ることができるでしょう。

企業説明会では、企業の採用担当者や現役社員から直接話を聞くことができるため、企業の雰囲気や実際の働き方について具体的に知ることができます。

業界研究については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

インターンシップに参加する

実際に企業で働くことで、業界の実態を肌で感じることができます。

短期のインターンシップで得られる情報はとても貴重です。

実際の業務を体験することで、自分に合った業界かどうかを判断できるでしょう。インターンシップを通じて、企業の業務内容や職場環境、社員の働き方などを具体的に知ることができ、自分がその業界や企業で働きたいかどうかを判断する材料にできるのです。

サマーインターンに参加する

就活を控えた大学3年生の夏休みにサマーインターンに参加する

サマーインターンは、実際の職場体験を通じて、自分に合った仕事や業界を見つける絶好のチャンスです。

インターンシップに参加することで、仕事の現場を肌で感じることができ、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルなど、学校では学べない実践的なスキルを身につけることができます。

サマーインターンのメリット

インターンシップは、企業説明会やWebサイトだけではわからない会社の雰囲気を感じ取ることができる良い機会です。

インターンシップでの経験は、就活において自己PRの材料になるでしょう。

具体的な経験を基に話ができるため、面接官に対して説得力のあるアピールができます。

同じ志を持つ仲間や企業の社員と知り合うことができるのも、インターンシップの強みです。

就活の情報収集やアドバイスを得ることができます。

インターンシップの選び方

自分の興味や将来の目標に合ったインターンシップを選びましょう。

企業の規模や業種、業務内容をよく確認して、自分に合ったインターンシップを見つけてください。

インターンシップの経験は、就活の際に大きなアピールポイントとなります。

自分の興味や将来の目標に合ったインターンシップを選ぶことで、就職活動において有利に働くでしょう。

短期インターンシップのメリット

夏休みの期間を利用して、短期のインターンシップに参加できます。

多くの企業が夏休み期間中にインターンシップを募集しているため、短期間で多くの企業を経験できるでしょう。

短期インターンシップなら比較的短期間で多くの企業や業務を経験できるため、就職活動において幅広い視野を持つことが可能です。

短期インターンシップについては、以下の記事を参照してみてください。

 

長期インターンシップのメリット

可能であれば、長期のインターンシップに参加することも検討しましょう。

長期のインターンシップでは、より深い業務経験を積むことができます。

実際のプロジェクトに参加することで、実務スキルを身につけられるでしょう。

長期インターンシップは、短期インターンシップよりも深い業務経験を積めるため、具体的なスキルや知識を身につけることができるのです。

また、企業との関係を深めることで、内定に繋がる可能性も高まります。

長期インターンシップについては、こちらの記事を読んでみてください。

応募書類を作成する

就活を控えた大学3年生の夏休みに応募書類を作成する

応募書類(履歴書やエントリーシート)は、就活の第一関門です。

夏休みのうちにしっかりと準備しておきましょう。

以下のポイントを押さえて応募書類を作成してみてください。

履歴書の書き方

基本的な情報を正確に記入し、自分の強みやアピールポイントを明確に記載してください。

写真も重要なポイントとなるので、清潔感のある写真を用意しましょう。

履歴書は、企業に対する第一印象を決定づける重要な書類です。

エントリーシートの書き方

企業ごとに求められる内容が異なるため、企業の特徴や求める人材像に合わせて内容をカスタマイズしてください。

自己PRや志望動機を具体的に記載しましょう。

エントリーシートは、あなたの人柄や意欲を伝える重要なツールです。
書類選考の通過率がアップするエントリーシートの書き方については、以下の記事を参考にしてください。

参照ページ

 

応募書類の添削を受ける

応募書類は、友人や家族、キャリアセンターのスタッフに添削してもらいましょう。

第三者の視点からのフィードバックを受けることで、より完成度の高い書類を作成できます。

特に、誤字脱字や表現の改善点を指摘してもらうことが重要です。

面接対策をする

就活を控えた大学3年生の夏休みに面接対策をする

面接は、就活の中で最も重要なステップの一つです。

夏休みのうちにしっかりと対策をしておきましょう。

以下の方法で面接対策を進めましょう。

模擬面接の受け方

キャリアセンターや就活支援サービスを利用して、模擬面接を受けましょう。

実際の面接と同じ環境で練習することで、本番に向けた準備ができます。

模擬面接では、面接官役の人から具体的なフィードバックをもらってください。

面接の基本を学ぶ

面接の基本的なマナーや質問への回答方法を学びましょう。

インターネット上には多くの面接対策情報が公開されていますので、これらを活用すると良いです。

特に、よくある質問に対する回答を準備しておくことが重要です。

自己PRや志望動機の練り方

自己PRや志望動機は、面接で必ず聞かれる質問です。

自分の強みや志望理由を具体的に説明できるように、しっかりと準備しておきましょう。

具体的なエピソードを交えて話すことで、説得力が増します。

採用担当者に好印象を与える面接のコツは、以下の記事を参考にしてみましょう。

休息とリフレッシュをする

就活を控えた大学3年生の夏休みに休息とリフレッシュをする

就活の準備も大切ですが、休息とリフレッシュも忘れずに取り入れましょう。

夏休みは、長期の休暇を利用して心身をリフレッシュする絶好の機会です。

以下の方法で休息とリフレッシュを取り入れてください。

海外旅行する

長い休暇を利用して、海外旅行に出かけてみるのもいいでしょう。

友人や家族、または一人で海外旅行に出かけることで、リフレッシュできます。

日常を過ごす場所とは異なる地域に訪れることで、新たな発見や刺激を得ることもできるでしょう。

海外旅行をするなら、なにか「テーマ」を決めるのもおすすめです。

もし飲食業界への就職を考えているなら、異国の食文化に触れることをテーマにすると良いです。

なじみのない食材や調理法を目の当たりにすることで、帰国後や就活に役立つでしょう。

そういった海外旅行先での経験は、面接での話題作りに役立ちます。

趣味に没頭する

趣味に時間を費やすことでストレスを解消し、リフレッシュできます。

読書やスポーツ、映画鑑賞、筋トレなど、自分が楽しめる活動を取り入れましょう。

趣味を通じて新しいスキルを身につけたり、面接での話題づくりに役立てたりすることもできます。

適度な運動の重要性

運動は、心身の健康を保つために重要です。

ジョギングやヨガなど、適度な運動を取り入れてリフレッシュしましょう。

運動は、ストレス解消や集中力の向上にも効果的です。

【体験談】大学3年生の夏休みにやっている就活対策

就活を来年に控えた夏休みに、「何をすればいいのかわからない」と悩んでいる人は多いでしょう。

この章では、大学3年生が夏休みにどんなことをやっているのか、X(旧Twitter)で体験談を集めてみました。

社会人と話す

【24卒】夏休みやること

  • 自己分析
  • 就活軸の設計
  • テスト対策
  • 企業/業界研究
  • ガクチカのフォーマット作る
  • 社会人と話す』

 

社会人とは、親やアルバイト先の人でも構いません。

次のことについて尋ねてみましょう。

社会人に尋ねてみること
  • 年収、現在の職に就いた理由
  • 仕事のやりがい
  • 転職経験の有無

今、仕事に真剣に取り組んでいるからこそ、聞いてみたいことを聞いてください。

TOEICの勉強・OB・OG訪問

『TOEICの勉強します!

それから、インターンの合間でOBOG訪問できたらいいなと思ってます!』

 

友人と旅行をする

『友人と温泉行きます!』

 

SPI対策

夏休みやること

  • TOEIC
  • 教習
  • 就活
  • インターン
  • SPI』

 

現在でも多くの企業がSPIを選考フローに取り入れています。

SPIを勉強しておくのもいいでしょう。
SPIの詳しい情報は、以下のページもぜひ参考にしてください。

まとめ

大学3年生の夏休みは、就活を有利に進めるための重要な期間です。

資格取得、自己分析、業界研究、インターンシップ参加、応募書類作成、面接対策、そして休息とリフレッシュをバランスよく取り入れることで、充実した夏休みを過ごすことができます。

これらの取り組みを通じて、就活本番に向けた準備をしっかりと進めましょう。

夏休みを有効に活用することで、他の就活生と差をつけることが可能です。

特に、資格取得やインターンシップ参加は、実際の就活で大きなアドバンテージとなるでしょう。

また、自己分析や業界研究を通じて、自分に合った企業や業界を見つけることが可能です。

応募書類の作成や面接対策も夏休みのうちにしっかりと準備しておくことで、本番での自信につながるでしょう。

さらに、休息とリフレッシュを取り入れることで、心身の健康を保ち、就活に向けたエネルギーを蓄えることができます。

旅行や趣味、運動を通じてリフレッシュすることで、ストレスを解消し、集中力を高めてください。

最後に、夏休みの取り組みを通じて得た経験や知識は、就活だけでなく、将来のキャリアにも大いに役立ちます。

自分を成長させるための貴重な時間として、夏休みを有効に活用してください。

就活を来年に控えた大学3年生の皆さんが充実した夏休みを過ごし、就活本番で成功を収めることを心から願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!