就活失敗したらフリーターになるしかないのか?具体的な解決方法を紹介!

おすすめ記事

就活失敗したらフリーターになるしかないのか?具体的な解決方法を紹介!

はじめに

大学生の方や就活中の方、はたまた就活がすでに終わった方の中には「もし就活を失敗してしまったらフリーターになるしかないのか?」という不安に駆られている方も多いのではないでしょうか?

親からたくさんお金をかけてもらって大学まで出て企業に就職せず、フリーターになってしまうのは周りの目も気になってしまうでしょうし、親にも会わせる顔がないと感じるかもしれません。

ただ本当に就活に失敗した時はどうなってしまうのか?どういう選択肢があるのかを知っておくことで、これから就活をする人は安心することができるでしょうし、もし就活に失敗してしまったという方もこれからどうしていけばいいのかが明確になります。

本記事では就活に失敗した場合の気持ちの持ち方やその後どのような選択肢があるのかに関して解説をしていくのでぜひ参考にしてみてください。

1.就活失敗したら人生終わり?

就活の失敗=人生の終わりというイメージを抱えている方も結構多いのではないでしょうか?では本当にそうなのでしょうか。

中には両親から「就活はしっかりやってね」とプレッシャーをかけられていることもあるでしょう。すると「就活だけは絶対に失敗してはいけない」と思ってしまいがちです。親にどう思われるかわからないし、これまで高校や大学にかけてもらったお金も無駄になってしまいます。はたまた周りにどう思われるかが心配という方も多いはずです。

なので本項では就活に失敗した時のマインドセットやどういう心構えでいればいいのかを解説していきます。

 

一定数就活に失敗している人はいる

 

就活に失敗するのは私一人だけなのかなと思ってしまいますが、全国レベルで見ても、学校レベルで見ても、過去の人たちを見てもかなりの数、就活に失敗している人はいます。

確かに人によって就活に失敗したという定義は違います。例えば中には「自分が本来行きたかった企業にいけなかった」ことを失敗と思う人もいるでしょうし、「内定が一個も出ずに、仕事をどうしようか」という状態が就活の失敗とする人もいるでしょう。やはり精神的にもきついのは内定が一つも出ずに大学を卒業することではないでしょうか?

しかしそのような人は先ほどもお伝えした通り、たくさんいます。なので「私一人だけできない人なんだ」と思わずに周りに同じような境遇でこれからどうしようかを考えている人がいることをまずは認識すること精神的には大切です。

 

就活の失敗が全ての終わりではない

 

就活の失敗=人生の終わりと考えてしまう人もいると思いますが、そんなことは全くありません。就活に失敗してもまた次の企業を受ければいいですし、新しい可能性が広がったとポジティブに考えることが大切です。

就活失敗して、自分で起業してうまく行った人もたくさんいますし、就活をしていい企業に入って仕事をすることが全てではありません。これから解説していきますが、人生には様々な選択肢があります。それを知っておくことで次にどんなアクションをすればいいのかという具体的な計画を立てることができます。

するとそこで立ち止まらずに人生の歩みを進めることができますからね。

 

就活を失敗するのには理由がある

 

就活に失敗して「ああ、私はもうダメなんだ」と思い、何も考えないことが本当の終わりです。就活に失敗したことはある意味、自分を見つめ直すいいきっかけになります。というのもほとんどの場合何かに失敗するというのは自分に何か原因があるからその結果になってしまいます。就活も一緒で自分に何か足りていないものや、準備不足、努力不足があるから失敗するという結果になってしまいます。

例えば挙げられる理由としは「清潔感がなかった。スーツが似合っていなかった。自己分析が不完全であった。グループワークができていなかった。業界分析ができていなかった。」など少し考えただけでもたくさんの理由が挙げられます。

過去の就活を振り返ってみて自分なりに何が悪かったのかを考えて、それをどうやって克服していくのかという具体的な案を出して、修正していくことで人として成長することができますし、もし続けて就活をする場合にもその欠点をカバーすることができるので内定が出る可能性が高くなります。

2.就活失敗したらフリーターになるしかないのか?

では就活に失敗したらフリーターになるしかないのでしょうか?

結論からいうとそんなことは全くありません。

就活に失敗してもたくさんの選択肢があります。就活に失敗した場合にフリーターになること以外の選択肢を知っておくことでその後の人生に絶望せず、気持ちを新たに前を向くことができます。

ではこれから紹介をしていきます。

 

就活浪人をする

 

選択肢の一つ目としては就活浪人をすることです。時期によっては難しいこともあるのですが可能です。就活浪人をするための手段としては2つあります。1つは卒業に必要な単位を取らないことで卒業の時期を遅らせることです。ただこれにはリスクもあり一年分の学費を余計に払わなければなりません。また二つ目としては大学を休学をすることです。国立大学であれば無料で在学期間を延長することができますし、私立大学でも学費よりも安い価格で在学期間を伸ばすことができます。就活浪人をすることのメリットとしては学生としてもう一度就職活動をするチャンスがあるということです。やはり大手企業などはしっかりと研修をしていい人材を一から育てていきたいとう姿勢があるので学生であることに価値をおいています。なので学費や学生の期間が長くなることは仕方のないこととして割り切って、就活浪人をすることも一つの手です。もし企業の面接で「なぜ一年伸ばしたのですか?」と聞かれた場合は正直に「当時は力が足りておらず、満足のいく結果が得られませんでした。やはり自分の性格上一定の結果が出るまでやり切りたいので、一年伸ばしております」ということであなたのやる気と性格を伝えることができます。

 

既卒として就活をする

 

学費をかけたくなかったり、休学をしたくない人はまずは卒業して既卒として就活をすることもできます。大学生の中には「就活は大学生じゃないとできない」という固定観念も持ってしまっている人もいます。ただそれは間違いで卒業していても既卒として就活をすることができます。しかし学生として就活をするよりも少し難しくなってしまいます。やはり企業としては学生を一から育てて戦力としていきたいという思いがありますし、すでに卒業しているということは何か原因があってそうなってしまったんだなと感じてしまうからです。ただしっかりと面接やエントリーシート、履歴書で〜という理由でということを説明していけばよほどのことがない限りは企業もしっかりと取り合ってくれます。また幸い今は少子化の時代でどの企業も人手が足りていません。なので既卒かどうかやその人の学歴などが重要になるのではなく、その人がどういう人で、何ができるのかに焦点を当てられます。

 

アルバイトをする

 

いっそのことフリータになってしまうのもありです。就活を失敗してしまうと心に大きな傷を負ってしまうでしょう。なのでなぜ自分が失敗してしまったのかを分析しながらアルバイトをして自由な生き方を実現するのも人生の選択肢としては全然ありです。会社員になってしまえば仕事で結果を出さなければなりませんし、プレッシャーももちろんあります。また人間関係も複雑ですし、企業や時期によっては毎日残業で土日もない・・・ということもあります。反面アルバイトであれば自分の自由に使える時間は増えますし、やめたければやめればいいだけです。

そして、本当に企業に就職したくなればそこから正社員になるのも手ですし、就活をすることもできます。ただ何も考えずにアルバイトだけをしていてもその後の就職活動が大変になってしまうのでしっかりとそこで何を学んで、何を経験したのかを意識しておくことが大切になります。

 

フリーランスとして活動する

 

今の時代の流れ的にもフリーランスや個人事業主の需要が高まってきています。特に大学生から就職せずにフリーランスとして活動している人も多くなってきています。その場合は自分で先にスキルを習得しなければなりません。ただ今ではエンジニアを例に挙げるといくらか払えば半年くらいで自分で仕事を受けて生活をしていけるくらいのレベルにまで押し上げてくれるような講座などがたくさんあります。そういうものをうまく使って自分のスキルを学習しながら上げていくことで社会人よりも稼ぐことも可能です。またフリーランスは自分で自分のモチベーションやタスクの管理をしなければいけないというデメリットの反面、自分の好きな時間で好きなだけ働くことができます。これからの時代の生き方には非常にあっており、今後もフリーランスの人口は増えていくと予想されます。

まとめ

就活失敗してもフリーターではない、前を向くことが大切

 

この記事を読む前までは「就活の失敗=フリーター、人生の終わり」というイメージを持っている方が多かったのではないでしょうか?

ただ実はそんなこともなくて世の中には就活に失敗している人もたくさんいますし、就活を失敗したからこそ人生が充実している人もいます。

大切なことはなぜその失敗をしてしまったのかを徹底的に分析して、次にどう改善していくのかを考えることです。そのまま就活に失敗してほったらかしにしているとその後も同じような失敗をしてしまいます。

最後にまとめると就活が失敗するのはもちろん悲しいことではありますが、自分の人生を考え直すことのできるいい機会です。その絶好の機会をしっかりと活かすことでその後の人生も豊かになります。

これから就活をする方は思い切ってやるのがいいと思いますし、就活が終わった方は本記事を参考にしてみてください。

選考対策ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 東京で就活する地方学生とは?メリット・デメリットなど
  • ガクチカでアルバイトの経験は書いていい?その際のテクニックは?
  • 就活の相談をするメリットとは?オススメできない相談相手も

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー