地方学生って就活では不利過ぎる?よくある悩みと解決策!

おすすめ記事

地方学生って就活では不利過ぎる?よくある悩みと解決策!

1.地方学生が就活で抱える悩みとは?

「東京にまた行かないといけないのか…」

地方学生なら一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

今回は地方学生が抱える就活の悩みについて一緒に解決していきたいと思います。

 

1-1.お金

 

まず地方学生が最も悩むもの、それはお金ではないでしょうか?

 

上京したい地方学生の就活の費用は平均で約20万といわれています。(関東の学生は13万)ではどこにお金がかかってくるのでしょうか?

 

〇交通費

 

上京したい地方学生が避けて通れない出費は「交通費」です。

東京まで行く交通費に追加して、東京に到着してからも説明会や面接会場まで行くための電車賃もかかります。

しかしながら安くすればするほど、時間や体力に関係してきます。

お金と時間、体力のバランスはどうすればよいのでしょうか…

 

〇宿泊費

 

上京学生が交通費の次にかかる費用。それは「宿泊費」です。

東京に親族がいるのなら心配はしなくても良いかもしれませんが、親族がいるなんて人はなかなかいないのではないでしょうか。そして毎回友達に頼むのも少し気が引ける…

土地勘のない東京でどのようにして決めればよいのでしょうか…

 

〇飲食代

 

地味に地方の就活生の財布を圧迫するもの、それは「飲食代」です。

カフェに入った時に払わなければならないカフェ代であったり、昼飯代、そして宿泊するときに必要となる夜飯代。なかなか自炊もできません…

東京で過ごすとなると一回1000円はかかってくるのではないでしょうか?

 

1-2.時間

 

地方の就活生がお金の次に悩むこと、それは「時間の確保」です。

上京して就活するためには、ある程度まとまった時間が必要になります。

特に都市部の学生と比べるとかけれる時間数が全く違います。面接の予定を詰め込まなければならないことも地方学生はしばしば…また企業によっては毎回の面接で東京に一回一回いかないと行けないケースも多いです。

関東の学生と比べてかなり不利になってきます…

 

上手くスケジュールをたて、計画的に就職活動をすることが必須となってきます。

 

1-3.評価

 

そして案外地方学生が気づかない悩み、それは「関東の学生と比べ評価が劣る場合がある」ということです。

どういったことか説明していきます。

 

〇情報格差

 

東京では頻繁に企業説明会や就活生のためのイベントが開催されています。そして気になる企業があればOB・OG訪問もしやすいです。

東京で就活している学生であれば当たり前に知っている情報でも、地方では知る人が少ないということもよくあります。

情報面で不利なケースは多いです。

 

〇経験格差

 

東京の学生と比べて地方学生は面接の経験が浅くなります。東京での面接が多い以上、東京の学生は何社も企業を受けられますが、地方学生だと時間的制約があるためそういったわけにもいきません。

また就職活動に対するアンテナも全く違います。就活を1,2年から意識している学生も東京ではいますが、地方だとなかなか考えるきっかけもありません。そしてインターンシップなどの機会も少ないため、どうしても評価の点で劣ってしまうケースがあります。

 

人によりますが、これは重要なディスアドバンテージだと思います。

2.どうやって悩みを解決すれば?

では、実際に出た悩みをどのようにして解決していけばよいのでしょうか。

 

2-1.お金

 

お金については節約すればするほど、肉体がきつくなってきます。では、どの選択肢をどの状況で取るべきなのか。一緒に見ていきましょう。

 

〇交通費

 

・新幹線

選択肢の第一候補ではないでしょうか?

新幹線は最も高価ではありますが、最も楽な移動手段です。

 

具体的な時間と費用は以下に記しておきます。

博多‐東京間だと5時間で19,040円(21,810円)。広島‐東京間だと4時間、15,700円(18,040円)。新大阪‐東京間だと2時間半で11,870円(13,620円)。名古屋‐東京間だと1時間40分、9,100円(10,360円)。仙台‐東京間(はやぶさ)で1.5時間、9,180円(11,200円)。

 

大切な面接の前はおすすめです。

 

・飛行機

とにかく時間をかけず早く上京したい地方学生や、そもそも新幹線などで来るとかなり遠く時間がかかる学生にはおすすめです。

そして早期に予約するとかなり安くなるケースがありますし、到着する飛行場によって値段が違う場合もあります。また飛行機はマイルがたまる場合があります。急に予定が入る就活では早期予約などは難しいですが、上手く使用するとかなりお得な交通手段です。

 

・夜行バス

金欠の学生にはもってこいです。安いと大阪から東京まで2000円ほどで行けてしまいます。

しかし、慣れていないとかなり疲れがたまり休息ができないと最悪の場合体調を崩す場合もあります。そのため注意が必要です。

最近は夜行バスは様々なシートのタイプがあります。夜行バスを利用するなら、座席の幅が広いリラックスできるタイプがおすすめです。

 

交通費を節約するなら夜行バスが最もおすすめですが、戦略的に交通手段は選択しましょう。

 

〇宿泊費

 

・ビジネスホテル

選択肢の第一候補ではないでしょうか?安ければ3500円ほどで泊まることが出来ます。

私もビジネスホテルを使ったことがありますが、何より安全で体力が回復します。そして駅から近いケースが多いため利便性も高いです。

一つ要注意なのは、安くなれば安くなるほど都心から離れてしまいます。土地勘がないと思いますので、しっかりと場所は確認しておきましょう。

 

・ネットカフェ

とにかく安いです。2000円程で泊まることができます。そしてネット環境が充実しているためwebテストの受験やエントリーシートの提出なども可能になります。

しかし体力を回復するにはあまり向いていません。充実したネカフェが出来ているとは言うものの、どうしても人を意識してしまう空間なのです。大切な面談の前などはおすすめはできません。

 

・友人宅

なんといっても料金がかかりません、無料です。そして寝坊のリスクを軽減することが出来ます。しかしながら、友人とはいってもどうしても気を遣ってしまいます。

長期間滞在することはかなり迷惑になるので一泊だけならおすすめです。

 

・就活シェアハウス

最近よく耳にする地方の就活生限定のシェアハウスです。

1泊~数か月滞在でき、料金も1泊2,500円からとリーズナブルです。1ヶ月滞在するとしても5万円前後なので、ホテルに宿泊するよりは断然安いです。

中には無料のシェアハウスもあるそうですよ。また、宿泊者全員が地方から上京しているので、情報交換や悩みの共有もできたり、一生の友達ができるケースがあります。

 

安全面が不安な女性も、女性限定のシェアハウスもあるので、チェックしてみてくださいね。

 

〇飲食代

土地勘のない東京では、とにかく予め事前に調べておくことが大切です。

また無料で使える学生カフェなども出来ているので、調べましょう。

 

2-2.時間

 

次に二番目に地方学生が悩むであろう時間についてです。確かにこれは全国の就活生が悩むものですが、地方学生は特に日にちを何日かまとめなければなりません。

どうしていけば良いのか見ていきましょう。

 

〇講義・ゼミ

 

いくら就活中とはいえ単位を取らなければ、卒業できません。そこで重要なのが、単位は就活が始まる前にある程度取得することです。単位を事前に取っておくことで、出席しなければならない授業がなくなります。しかし講義を受けながら、何度も行き来していては、時間もお金もかかります。単位は計画的に取得しておきましょう。

 

〇試験

 

試験やレポート、あるいは小テストなども成績や卒業に関わってきます。事前に就職活動が被りそうといった理由を伝えておけば考慮してもらえる場合があります。

選考の日程とテストの日程は把握しておきましょう。

 

2-3.評価

 

では東京の学生と地方学生の格差を埋めるためにはどうしたらよいのでしょうか?

一緒に考えていきましょう。

 

〇地元で開催される説明会や就職セミナーに積極的に参加

 

またわざわざ地方まで採用にきているということは、「それでも熱意を持って地方から就活をしに来る地方学生」を積極的に採用したいと考える企業もあります。地方で開催される企業が開催するセミナーなどに積極的に参加しましょう!

そうすることで相場観が養われますし、情報を得ることは地方学生にとって非常に大切です。

 

〇1dayインターンシップに参加する

 

早い段階から東京での就活を視野に入れているなら、1dayインターンシップへの参加を考えてみましょう!1dayインターンシップは一日だけではありますが、WEBでは得ることのできないリアルな経験を積める場です。またどんな学生が参加しているのかもわかります。社風や社員の質などを確認することは非常に重要です。申し込んでみましょう。

 

近年、実際地方学生の評価も上がっています。

なぜなら東京の就活生と比べて、素直だからです。何もスキルのない新卒はいかに吸収するかが成長の大切な要因です。そのためなんでも吸収できる素直な学生が近年求められています。

だからこそ就活を諦めず情報の格差を埋めるため、積極的に情報を取りに行きましょう!

まとめ

地方就活生よ、諦めないで!!

 

地方学生は確かに就活において関東学生よりも不利なのは事実です。しかし歓迎してくれる企業は沢山ありますし、情報で不利な面をカバーすることが可能です!多くの地方学生の友達と都内の学生の友達を増やしましょう。

そして夢をお金や時間の面で諦めることはもったいないです。

悔いのない就活を目指して、内定を勝ち取りましょう!

 

就活の悩み相談は

ジョーカツ のキャリアアドバイザーへ

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 就活面接の逆質問への対策と考え方を解説!
  • 新卒でフリーランスになるのは無謀なのか?メリットとデメリットを比較!
  • フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年10月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活動おすすめな5つの理由

  3. 3

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    スーツケースを持って就活ってアリ?ナシ?東京で就活時に知っておきたい荷物の預け先!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー