【企業研究】住友不動産の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】住友不動産の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年11月25日更新

はじめに

住友不動産株式会社は東京都新宿区に本社を置く不動産業界に属する企業です。

 

三井不動産や三菱地所に続くデベロッパーで、新宿を中心とした東京における開発が有名です。

 

住友不動産は住宅の開発や販売に加えて、商業施設やオフィスビルなどの不動産開発も行っています。都市部を中心に、さまざまな不動産プロジェクトに取り組んでおり、多くの建物が開発されました。

 

また、住友不動産は持続可能な都市開発にも注力しており、環境への配慮を大切にしたプロジェクトを展開しています。緑地や公共スペースの整備、省エネルギーな建物の建設、地域社会との連携など、持続可能な都市づくりに貢献してきました。

 

住友不動産の社風についても、信頼性と誠実さが根付いています。お客様との長期的な関係を築くことを重要視し、アフターケアを通じてサポートし続けます。多様なプロジェクトに携わる機会があり、経験を積みながら成長できる環境も整っています。

 

今回は住友不動産の企業研究を行うための対策や社風、求める人物像をご紹介していきます。

 

就活を行う際にぜひこの記事を参考にしてください。

 

不動産業界については、以下の記事に詳しく解説があります。ぜひ参考にしてください。【5分で分かる業界研究】不動産業界の実態|メリット・デメリット

また、不動産以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください!

【業界研究ガイド】業界一覧

事業内容

住友不動産の大きな強みは、圧倒的なマンション供給戸数による安定的な収益です。オフィスビル事業および分譲マンション事業において、どちらも都内一の保有棟数と供給戸数を誇っており、業界内でも最高水準のプレゼンスを確立しています。それぞれの事業について、見ていきましょう。

オフィスビル事業

超大規模なランドマーク物件から中規模のビルまで、東京都内を中心に230棟以上の多彩な不動産物件を誇り、都内での地位はトップクラスです。この地位を更に確立すべく、東京都心の再開発プロジェクトに継続して注力しています。現在も多くのプロジェクトが順調に進行中です。

 

住友不動産のオフィスビルは、最新の設備とデザインで、洗練された外観や共用部を提供し、快適なオフィス環境を創り出してきました。最新テクノロジーを活用しており、BCP(事業継続計画)への対応にも力を入れています。災害時にも安心な免震・制震構造を採用し、ビルの無停電化を推進しています。これらの取り組みは、入居者とお客様の事業を守るための重要な要素となっています。

分譲マンション事業

1960年代から分譲マンション事業に進出し、高層マンションの草分けとして、大都市圏で多くのプロジェクトに携わってきた住友不動産。今後も1000戸クラスの大規模なタワーマンションなど、多くの大規模プロジェクトを着手予定です。住友不動産は、先駆的な地位に甘んじず、顧客にとっての価値を積極的に探求し続けています。物件の高品質は当然のことであり、顧客が安心して購入できる販売プロセス、充実したアフターサービス、真摯な管理体制など、マンションに関わるあらゆる分野で、従来の慣行にとらわれず新たな挑戦を続けています。

注文住宅事業

受注棟数を着実に増加させ、今後もモデルハウスの新規オープンを計画しているのが、住友不動産の建築受託事業です。市況の変動に左右されず、安定した成長を遂げています。住友不動産は、都市に調和したモダンなデザインや高級マンションに準ずる設備の採用など、総合デベロッパーとして培ったオフィスビルやマンションの開発ノウハウを活かし、質の高い住宅を提供することを得意としています。高品質な住宅は、グッドデザイン賞でも高い評価を受けており、2018年には「プレミアム・J駒沢」と「NEW J・アーバンコート」がダブル受賞しました。住友不動産はデザインだけでなく、地震対策技術の開発や工法の多様化など、顧客の満足度向上に向けた新商品開発に積極的に取り組んでいます。

リフォーム事業

阪神淡路大震災がきっかけとなり、1996年4月に初めて紹介された「新築そっくりさん」は、建替をしないで地震に強くかつ経済的に住宅を再生できないかというアイデアから生まれた新しい商品コンセプトでした。このコンセプトに対する大きな反響があり、紹介後に電話回線が混雑するほどの注目を集めました。当初は戸建住宅のリフォームに焦点を当てましたが、その好評を受けて、マンション全体の再生も手がけるなど、リフォーム業界に新たなジャンルを確立しました。

 

現在では、全国での受注実績が累計で15万棟に達し(※2021年7月現在)、住宅リフォームの代名詞として、トップブランドとしての地位を確立しました。

不動産関連事業

住友不動産は、住友グループの安定した事業基盤を活かし、東京都心部を中心に生活の充実をサポートする空間を提供しています。その取り組みには以下の3つの事業が含まれます。

  1.     賃貸住宅事業:東京都心部を中心に、自社で保有する賃貸マンションを管理・運営しています。特に「ラ・トゥール」シリーズは、代官山、六本木、渋谷など都心エリアでも高級なレジデンスとして知られており、国内外のハイクラスなお客様に高い評価を受けています。
  2.     ホテル事業:「ヴィラフォンテーヌ」シリーズとして高品質なビジネスホテルを、東京都内を中心に展開しています。くつろげる雰囲気と交通アクセスの良さが、多くの人に支持されています。
  3.     イベント事業:全国に40以上の施設を持つ「ベルサール」ブランドを通じて、イベントホールなどの施設提供や、イベントの自主企画を行っています。お客様に特別な体験を提供するために積極的な活動を展開しています。

新卒選考フロー

住友不動産の選考は、下記の通りオーソドックスな選考フローとなっています。

面接では、大学名を伏せるように言われるなど、人柄重視の採用となっています。

 

選考対策として、入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかが重視されます。

今後のキャリアを形成していく上で必須事項なので、明確にしておきましょう。

    エントリー

公式サイトの新卒エントリーボタンより必要事項を入力し登録を行います。履歴書の提出も必要です。エントリーシートでは、長所やガクチカなど自己PRの基本的なことが問われるでしょう。

 

    会社説明会

つづいて、会社説明会についての案内があります。企業研究を進めるための重要なイベントです。ぜひ参加するようにしてください。

 

    Web適性検査

Web適性検査は、玉手箱です。科目は、言語、非言語、性格検査となっています。一般的な玉手箱の対策を怠らないようにしましょう。冷静に解くことができれば、突破も見えてきます。

 

    面接(複数回)

面接では自己紹介から始まります。その際、大学名は伏せるように言われるなど、人柄重視の選考が行われていることが伺えます。他、自己PRや志望動機について幅広く聞かれるでしょう。たとえば、就職活動の軸、志望動機、好きな物件(ビル限定)、やりたい部署、信頼されるために必要なのは?などの質問が挙げられます。深い企業研究をしていなければなかなか答えることができない、難しい質問が含まれます。

 

    内々定

複数回の面接を突破して、内々定が言い渡されます。

 

引用:住友不動産公式HP

社風

住友不動産は、新入社員に対して早い段階から責任の大きなプロジェクトに挑戦する機会を提供し、成長とスキルの習得をサポートする社風を持っています。ここでは、若手社員に対する期待が高く、自身の仕事において積極的にリーダーシップを発揮できる環境が整っていると言えます。このようなチャンスは、経験を積むために大変貴重であり、自己成長に大いに貢献するでしょう。

 

また、住友不動産の社風は体育会系で実力主義的な要素も含んでいます。これは、業績を出すことやチームでの協力が重要視される環境を示しています。競争が激しい不動産業界において、実力や努力を重視するアプローチは、成功に向けて必要な要素です。また、体育会系の価値観は、協力と競争心を高め、仕事へのコミットメントを醸成するのに役立つかもしれません。

 

住友不動産での経験は、大きな責任を背負いつつ成長できるものと言えるでしょう。そのため、志向や価値観に合った企業文化があることを知り、準備をすることが重要です。

求める人材

住友不動産では求める人材として下記のものを公表しています。

 

  1.       過去や常識を疑う独自の発想: 住友不動産は過去や一般的な常識にとらわれず、新しいアイデアや発想に挑戦します。これによって、革新的なプロジェクトを生み出し、市場で差別化を図ってきました。
  2.       失敗を恐れず成し遂げる信念: 大胆なプロジェクトに取り組む際、住友不動産は失敗を恐れません。むしろ、失敗から学び、次なる試みに向かって前進します。この信念が、挑戦的なプロジェクトの成功につながっています。
  3.       経営幹部として会社を引っ張る気概: 住友不動産の経営陣は、会社を持続的な成功に導く強い意志と決断力を持っています。彼らは組織をリードし、ビジョンを実現するために必要なリーダーシップを発揮しています。

 

引用:キャリタス

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

不動産業界において、住友不動産の立ち位置について詳しく説明します。

 

住友不動産は、不動産業界において圧倒的な存在感を示しています。競争が激しい業界で、その高い売上高は明らかな成功の証です。また、就職偏差値や難易度においても住友不動産は他社をリードしており、優秀な人材を多数抱えています。

 

その成功の背後には、独自の戦略とビジョンがあります。住友不動産は、単なる不動産開発や管理だけでなく、お客様の生活を豊かにするための空間を提供し、市場の期待に応え続けています。そのため、高級レジデンスやビジネスホテル、イベント施設など、多様な分野で幅広い事業展開を行ってきました。

 

さらに、住友不動産は伝統と革新を結びつける企業文化を持ち、過去の成功に安住せず、新しいアイデアと独自の発想を大切にしています。これによって、常に市場に新しい価値を提供し、競争力を維持しています。

 

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

 

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

 

 売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
住友不動産9399億400万円713万4667円62チャレンジできる
東急不動産1兆58億円1071万円63穏やか
三菱地所1兆3778億円1264万円69伝統を大切にし紳士的
野村不動産4862億円946万円57のんびり

採用大学

住友不動産は、幅広い大学からの学生を歓迎し、学歴フィルターを設けていないと言えます。これは、会社が人柄やポテンシャルを重視し、個々の能力や意欲に焦点を当てているからです。

 

面接では、応募者に対して大学名を伏せるように指示されることがあります。これは、学歴にとらわれず、応募者自身の経歴や志向に焦点を当てるためのアプローチです。住友不動産は、人材採用において多様性を尊重し、異なるバックグラウンドを持つ人材が多様な視点を提供し、企業の成長に貢献できると信じています。

 

このアプローチは、応募者にとってもチャンスとなり、学歴だけでなく、自己表現や面接でのパフォーマンスが評価される重要な要素となります。したがって、学歴フィルターの存在は住友不動産の採用プロセスにはなく、多くの人々に平等な機会を提供しています。

 

【採用実績(大学)】

青山学院大学、亜細亜大学、桜美林大学、嘉悦大学、学習院大学、神奈川大学、関東学院大学、杏林大学、慶應義塾大学、工学院大学、国学院大学、国士舘大学、駒澤大学、産業能率大学、城西大学、上智大学、駿河台大学、成城大学、成蹊大学、専修大学、創価大学、大正大学、早稲田大学など 

 

引用:住友不動産公式HP 

まとめ

企業を深く理解することは、就職活動で成功するための重要な要素です。住友不動産は不動産業界で高い評価を受ける企業の一つです。そのため、企業研究をしっかり行い、自身の志向や強みと企業の文化や価値観を一致させることが、成功への鍵となります。住友不動産の採用プロセスは人柄を重視しており、面接では個人の特性や意欲が評価の対象となります。自己分析を行い、自身の強みや将来のキャリアプランを明確にすることは、面接や選考で差をつけるポイントです。

 

企業研究を入念に行い、住友不動産のビジョンや取り組み、業界でのポジショニングを理解しましょう。また、自己分析を通じて、自身の価値を提供できる点を見つけ、それをアピールできるように準備しましょう。住友不動産は多様なバックグラウンドを持つ人材を歓迎する企業であるため、学歴にこだわらず多くの応募者にチャンスを提供しています。この記事を参考にして、自身の就活を成功に導く努力を惜しまないことをおすすめします。

監修者情報

岩本美帆

キャリアアドバイザー リーダー

株式会社ネオキャリアに新卒入社。
法人営業や採用コンサルティング業務を中心に、転職支援業務のプロジェクトにアサイン。 2年後に自己成長と新しい挑戦を求めてナイモノに転職。 現在は入社3年目のキャリアアドバイザーのリーダーとして、 「人の挑戦を言葉で支援することで成長し続ける」をモットーに活躍している。