【企業研究】すかいらーくグループの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】すかいらーくグループの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年10月28日更新

はじめに

すかいらーくは、国内外で活躍する外食産業の大手企業です。多岐に渡る飲食店を経営しているため、企業研究をどのように進めればよいか迷っている学生は少なくありません。そこでここでは、すかいらーくグループについて、業界の概要、事業内容、新卒採用選考フロー、社風、求める人材、競合他社比較、採用大学、ホットニュースを紹介しています。この記事を読むことで、どのように企業研究を進めればよいか分かるでしょう。また、基本的な情報を網羅できるので、効率よく企業研究を進めることが可能です。

外食業界

外食産業は、飲食業界の一部であり、家庭外での食事を提供するビジネスを指します。これには、ファミリーレストランや居酒屋などが含まれます。外食産業は、顧客に食事や飲食体験を提供し、食事の調理から提供、食事環境の提供までを担当する産業分野です。

外食業界については、以下の記事に詳しく記載があります。「新卒で飲食に就職はやばい?業界の実態とウィズコロナで広まる動きとは」「【就活生必見】外食産業の就活って? ブラックって本当?

外食業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!「【業界研究ガイド】業界一覧

事業内容

すかいらーくグループは、国内および台湾・マレーシアに、ファミリーレストラン、ブッフェレストラン、各種施設内の飲食店、洋菓子・洋惣菜専門店等、約3,000店舗以上を展開している多角的な事業集団です。商品の開発から食材の調達、製造、物流、料理の提供に至るまで、自社でサプライチェーンを一貫して運用し、顧客に安全でリーズナブルな価格で満足してもらえる商品を提供しています。ここでは、国内レストラン事業、海外レストラン事業、その他の3つについて紹介していきます。

国内レストラン事業

この事業は、国内のファミリーレストラン・ブッフェ等の展開及び食品等の販売です。この事業に関わるグループ会社には、株式会社すかいらーくレストランツ、ニラックス株式会社、株式会社トマトアンドアソシエイツがあります。飲食店には、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、しゃぶ葉、夢庵などが挙げられます。

海外レストラン事業

事業は、レストラン等の展開等です。この事業に関わるグループ会社には、雲雀國際股份有限公司、SKYLARK MALAYSIA SDN.BHD.、SKYLARK USA INCORPORATEDがあります。それぞれ、台湾、マレーシア、米国で事業を展開しています。

その他

その他の事業は、食品の販売、食材等の配送、店舗清掃・保守、売店商品納入及びリネンサプライ等のグループ会社支援事業です。この事業に関わるグループ会社には、株式会社フロジャポン、株式会社ジャパンカーゴ、株式会社すかいらーくD&Mがあります。

新卒選考フロー

すかいらーくでは、株式会社すかいらーくホールディングス、株式会社すかいらーくレストランツで募集を行っています。入社会社は配属先により確定し、人事制度・給与・福利厚生などは、2社共通です。募集職種、選考フロー、webテスト、ES、面接のそれぞれについて内容を見ていきましょう。

募集職種

募集職種は、総合職です。店舗への配属後、実務研修や実践的な経験を通じて経営の専門知識を習得し、将来的にはマネジャーのポジションを目指します。その後のキャリアは、個々の能力や経験に合わせ、多岐にわたる分野での活躍を期待しています。職種例は、マネジャー(店長)、スーパーバイザー、プロモーター、マーケティング、PR・販促、広報・IR、メニュー開発、店舗開発、品質管理、経営分析、財務管理、情報システム、DX(デジタルトランスフォーメーション)、バイヤー、製造ライン長、製造技術、技術開発、物流開発、教育・研修、人財採用など多岐に渡ります。

選考フロー

すかいらーくの選考フローは、エントリー、セミナー、適性検査、1次面接、最終面接、内定です。

Webテスト

webテストの科目は、性格検査と基礎学力検査です。時間は、性格検査が40分で問題数は200問弱のようです。基礎学力は20分程度で、問題数はそれほど多くありません。基本のSPI対策をしていれば問題なく突破できるでしょう。

ES

ESでは、自己PRや志望動機について問われます。注意すべきは、少し変わったしつもんがされる場合があることです。自己PRについてはたとえば、「大切にしていること」「学生時代に頑張ったこと」が挙げられます。自己PRについては「あなたの考える良いお店や良い会社とは」「どんな人になりたいか」「すかいらーくに感じている魅力や興味を自由にご記入ください」などの質問があります。面接で深堀されることもあるため、妥協せずよく内容を練って記入しましょう。

面接

面接では、自己PRと志望動機の基本的なことから、話を広げる傾向にあります。最初は、「自己PR」「志望動機」をシンプルに問われるでしょう。それから、「高校や大学時代のスポーツ経験の話」「アルバイトの話」「学部の説明」など自己PRに関する話題が広がります。志望動機では、「入社してから就きたいと考えている職種」「どんなお店にしたいか」などが問われるでしょう。会話のキャッチボールを意識して、不自然な回答になってしまわないよう気をつけてください。会話がスムーズに進めば、コミュニケーション能力を評価してもらえるかもしれません。

社風

すかいらーくは、風通しが良く挑戦できる風土にあります。一方で、トップダウンで昔ながらの日本企業の雰囲気もあります。体育会系である部署もあるようです。

求める人材

すかいらーくの求める人材は、採用サイトによると以下のものです。(引用:採用サイト)高いホスピタリティでお客様の笑顔にやりがいを感じ、自ら進んで挑戦できる人です。

また、採用サイトには次のような記述もあります。私たちが生活の中で欠かせない「食」の領域は、人々の日常に深く根付いており、その複雑で魅力的なビジネスを成立させています。健康志向や中食市場の成長、高齢化社会、そして増え続けるインバウンド需要、デジタライゼーションや環境問題も、外食市場に大きな影響を及ぼしています。未来の5年後、10年後、未知の将来に向けて、「食」はどのように変化するでしょうか?変動し続ける顧客のニーズに対応し、従来の方法では解決できない新たな課題に立ち向かい、未来の社会を考える必要があります。

以上のメッセージを理解して、自己PRや志望動機に落とし込む必要があるでしょう。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

すかいらーくは、同業他社と比較してどのような立ち位置なのでしょうか。以下の表でまとめているので、ぜひ企業研究の参考にしてください。

 売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
すかいらーく3037億500万円655万9766円50風通しが良く挑戦できる
サイゼリヤ1832億4400万円624万6904円45熱心な社員が多い
王将フードサービス930億2200万円532万5000円32風通しが良く挑戦できる
あきんどスシロー2813億100万円865万2020円29実力主義で挑戦できる

(引用:2022年12月期 決算短信〔IFRS〕(連結)有価証券報告書【2023年版】外食業界・産業の就職偏差値&年収ランキングを解説するぞ!!【最新版】飲食業界の就職偏差値ランキング | 大手3社,難易度も2023年8月期 決算短信〔日本基準〕(連結)有価証券報告書2023年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)有価証券報告書2022年9月期 決算短信〔IFRS〕(連結)有価証券報告書

就職偏差値については、次の記事で詳しく述べているため、ぜひ参考にしてください。「【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

以上の表から見られるように、すかいらーくは比較的高い売上高を挙げている大企業です。要因は、国内外で多種多様な外食チェーンを運営しているところにあります。そのため、色々なことに挑戦できる機会に恵まれているでしょう。就職偏差値も、比較的高い位置にあります。

採用大学

リクナビの情報を元に、採用実績校を紹介していきます。(引用:リクナビ)この中にない大学からでももちろんチャンスはあります。ぜひ1つの参考までにとどめておいてください。

大阪大学、神奈川大学、近畿大学、高知大学、国学院大学、拓殖大学、千葉工業大学、千葉大学、中央大学、津田塾大学、帝京大学、東海大学、東京工科大学、東京情報大学、東京農業大学、東洋大学、同志社大学、日本女子大学、日本大学、広島大学大学院、法政大学、武蔵野大学、明治大学、早稲田大学

以上のデータから見て取れるように、日本全国の大学から学生を採用しています。レベルの高い大学からの採用が多く見て取れますが、それ以外の大学からも採用実績があります。そのためすかいらーくでは学歴フィルターがないと言っても良いでしょう。

ホットニュース

すかいらーくの企業研究には、ニュースの把握が必要不可欠です。なぜなら、グループの動向や将来が見えるからです。特にすかいらーくは多種多様な飲食店を経営しているため、各飲食店の動向を押さえておくようにしましょう。ここでは、いくつかニュースをピックアップして紹介していきます。

1つ目は、「「ガスト」など約2400店/卓上タブレットで「PayPay」決済可能に」というニュースです。これにより、PayPayユーザーはお食事の終了後、レジに並ぶ必要なく、卓上のタブレットデバイスを操作し、表示されたQRコードをPayPayアプリでスキャンすることで支払いが可能です。PayPayは、すかいらーくグループ店舗の卓上タブレットで提供される「テーブル決済サービス」に対応する唯一の支払い方法です。すかいらーくホールディングスは、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みの一環として、主要なブランド全店に卓上タブレットを導入しています。これにより、顧客はデジタルメニューを閲覧しながら、自分のペースで注文を行うことができ、利便性が向上しています。同時に、店舗側も他のサービス向上に時間を費やすことができ、顧客満足度の向上に貢献していると言えるでしょう。今回、全国のすかいらーくグループ店舗にPayPayの決済システムが導入されることで、PayPayユーザーは混雑した時間帯でもレジに待たされず、自分のペースで支払いができるようになります。同時に、店舗側も混雑時にお客様を待たせず、迅速な会計を実現できるでしょう。

2つ目は、「すかいらーく、黒字40億円」というニュースです。すかいらーくホールディングスは、2023年12月期の連結最終損益(国際会計基準)が40億円の黒字(前期は63億円の赤字)に向かう見通しであることを10日に発表しました。これにより、従来の予想を30億円上方修正しました。この好結果には、売れ行きの芳しくなかったメニューの撤退など、原価削減策が寄与しています。もう少し詳しく要因を見ていきましょう。昨年実施した価格の見直しにより、平均客単価が著しく向上し、客数の大幅減少は見受けられなかったため、一定程度、価格変更が消費者に受け入れられたようです。特に、3月中旬の春休み以降、回復の兆しがより顕著となり、特に若い家族層の回復、物価の上昇が影響を与えていた地方のロードサイド店舗の回復、ファミリーダイニング業態(総合型レストラン)の復調が見受けられました。さらに、4月のメニュー改定において、各ブランドで小分けのおかずやハーフサイズの商品、ミニデザートなどを導入し、アルコール商品の魅力をさらにアピールして、併売率を向上させ、多岐にわたる場面での利用を拡大し、顧客数と客単価の両方を追求しました。6月中旬にはガストで「半額クーポン祭」と銘打った広告を展開し、各種SNSでクーポン画像が拡散され、客数の増加に大いに貢献しました。また、現在の急激な物価上昇に対応するため、全社員と社会保険に加入しているパート・アルバイトに対し、特別な一時金である「インフレ手当」を支給しました。この措置は、従業員とその家族の生活をサポートし、経済的な負担を和らげるために講じられました。

以上のように、すかいらーくは様々な施策により、業績を上げています。ぜひ業績関連のニュースは見落とさないようにしてください。

まとめ

ここまですかいらーくについて、業界の概要、事業内容、新卒採用選考フロー、社風、求める人材、競合他社比較、採用大学、ホットニュースを紹介してきました。すかいらーくは国内外様々な地域で、多種多様な飲食店を経営する巨大企業です。挑戦できる機会があるため、やりがいを感じられる場面が多々あるでしょう。ぜひこの記事を参考に、さらなる自己分析と企業研究を進め、内定確率を上げていきましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。