【面接質問例あり】JALから内定を手繰り寄せる5つの対策とは

【面接質問例あり】JALから内定を手繰り寄せる5つの対策とは

2022年11月24日更新

はじめに

航空業界といえば、今も昔も変わらぬ就職の人気業界。

 

中でも人気1、2位を争っているのが、日本航空株式会社(JAL)ですね。

 

「JALとかカッコいいけど、就職は難しいんでしょ?」

 

「当然、学歴フィルターとかありますよね?」

 

「何か対策しておくことはあるの?」

 

など、JALを目指したい人にとっては、何かと気になる点ですよね。

 

そんな疑問を一気に解決します。

 

本記事では、JALの就職難易度から採用事情、実際の面接の質問例や対策法までをカバーしてお届けします。

 

10分後には就活に必要な情報が全部入手できますので、最後まで良いとこ取りで読んでいって下さいね。

 

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

1.JALの就職難易度と採用事情

「まずはじめに、JALの就職難易度って、どのぐらいなんですか?」

 

結論から言うと、「高め」です。

 

就活会議の就職難易度によると、JALの就職難易度は「4.3/5」となっています。

 

ちなみに、競合他社のANAが「4.2/5」なので、ANAよりも若干高めのイメージですね。

 

JALの採用事情

 

「就職難易度が高いのはわかったのですが、実際に何人採用して、採用倍率はどのくらいですか?」

 

①過去の採用実績

 

少しデータは古いですが、2018・2019年度の採用実績は下記のとおりです。

年 度合 計男女別文理別
男 性女 性文 系理 系
201810959506148
201957111545649477

引用:日本航空(JAL)の採用大学・文理・男女別採用人数

 

なお、2018卒は業務企画職のみ、19卒は業務企画職・客室乗務職・運航乗務職の採用人数となります。

 

ちなみに、2019年度の女性が飛び抜けて多いのは、東京オリンピックに向けて客室乗務員の採用人数を大幅に増やした年だったことが影響しています。

 

➁2023年度の採用予定数

 

JALの発表によると、2023年度の採用予定数は職種ごとに下記の通りです。

 

職 種採用予定数
業務企画職

(地上職 事務系、数理・IT系、技術系)

90名程度
自社養成パイロット80名程度(新卒・既卒合計)
客室乗務職100名程度

 

➂採用倍率

 

JALは新卒の採用倍率を公表していませんので、実際のところは分かりません。

 

なので、概算で出すしかないです。

 

概算で出す1つのやり方として、リクナビのプレエントリー候補リスト登録人数を採用予定数で割る方法があります。

 

実際に計算してみると、

 

①プレエントリー数:15,575名(2022年11月20日現在)

➁採用予定数:270名(程度)

➂採用倍率:15,575名÷270名≒58倍

 

となりました。

 

もちろん、プレエントリーした人すべてが受けるわけではありませんし、職種ごとに倍率は異なります。

 

なので、あくまでも目安ということになりますが、大企業の平均採用倍率が「2.4倍」なので、極めて高い数値だということは理解できますね。

 

したがって、対策を講じて選考に臨まないと、高嶺の花で終わってしまうということです。

 

2.JALの新卒採用に学歴フィルターはあるの?

「それだけ採用倍率が高いと、学歴フィルターが当然あるんでしょうね…」

 

結論から言うと、学歴フィルターはないと言えます。

 

学歴フィルターがあるかないかは、採用実績校を見れば一目でわかります。

 

以下が、2018年と2019年の採用実績校です。

 

もちろん、他の年度においては、他の大学以外からの採用実績もある可能性があります。

 

国公立大学千葉大学、筑波大学、電気通信大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京大学、一橋大学、横浜国立大学、横浜市立大学、

大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、九州大学、京都大学、神戸大学、島根大学、名古屋市立大学、名古屋大学、福岡大学

私立大学青山学院大学、桜美林大学、大妻女子大学、学習院大学、神田外語大学、北里大学、慶應義塾大学、国際基督教大学、上智大学、白百合女子大学、成蹊大学、聖心女子大学、専修大学、創価大学、中央大学、津田塾大学、東京女子大学、東京理科大学、東洋英和女学院大学、獨協大学、日本大学、日本女子大学、法政大学、明治学院大学、明治大学、フェリス女学院大学、立教大学、早稲田大学、関西外国語大学、関西学院大学、関西大学、西南学院大学、同志社大学、武庫川女子大学、立命館大学

 

引用:日本航空(JAL)の採用男女別・文理別・採用人数別まとめ

 

採用実績校を見ていくと、有名国立・私立大学が名を連ねているものの、なかには偏差値50を切る大学からも採用されていますね。

 

さらに、就活会議の「大学偏差値別応募実績」というデータを見ても、分布の中に、大学ランク「C」や「D」の大学からもES通過しています。

 

大学ランクES通過者数内定数
S16%17%
A39%31%
B24%20%
C11%19%
D6%5%
その他4%9%

 

学歴フィルターがある企業だと、通常はエントリーの段階で大学という物差しでバッサリ切ります。

 

しかも、中堅大学以下からも内定が出ていることからすると、”シロ”だと言えますね。

 

以上より、高学歴生の採用が目立つ一方で、偏差値50を切る中堅大学からも採用実績があるため、ガッツリと学歴フィルターをかけている企業ではないと判断できます。

 

実力次第で中堅大学以下からでも風穴を開けることが可能なので、臆することなくチャレンジしましょう!

 

3.JALの選考フロー

「中堅大学で入れるなら、俺(私)もいけるかも。ところで、JALの選考フローはどうなっていますか?」

 

JALは職種によって選考フローが下記のとおり異なっています。

 

区 分業務企画職自社養成パイロット客室乗務職
ステップ1基本情報登録エントリーシート基本情報登録
ステップ2書類選考

①WEBエントリーシート提出

➁適性検査

テストセンター書類選考

①WEBエントリーシート提出

➁適性検査

ステップ3面接選考等1次面接・面接選考等

・健康診断

・体力測定

・適性検査等

ステップ42次面接
ステップ5・心理適性検査

・英会話試験

ステップ6飛行適性検査
ステップ7航空身体検査
ステップ8最終面接

出所:新卒/既卒採用情報(JAL)

 

また、業務企画職内でも、「地上職 事務系」「地上職 数理・IT系」「地上職 技術系」で選考の中身は異なります。

 

それでは、選考の中身を、ステップごとに「地上職 事務系」「地上職 技術系」「客室乗務員職」に分けて見ていきましょう。

 

①エントリーシート

 

エントリーシートの設問は、下記のとおり職種により変わってきます。

 

職種によって求められるものが違うので、当然と言えば当然ですね。

 

【地上職 事務系の設問】

(1)あなたが大学入学以降に力を注いできたことを3つ挙げて下さい

(2)(1)のうち1つを選択し、あなたの挑戦とそこから得たものを教えて下さい

(3)あなたが仕事を選ぶ上で大切にしている事と、その理由を教えて下さい

(4)あなたがJALの業務企画職のフィールドで何を実現したいかを具体的に記入して下さい

 

【地上職 技術系の設問】

(1)学生時代に力を入れたこと 

(2)あなたは、理系人財として日本・世界をどう変えたいですか?自由に記述して下さい 

(3)JALが『世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社』になるために、あなたは業務企画職(地上職 技術系)として、どんな事に挑戦し、何を実現したいですか?

 

【客室乗務職の設問】

(1)「人との繋がりの中で幸せを感じた瞬間」を教えて下さい

(2)何かにチャレンジをする時に、あなたが大切にしていることを教えてください

 

➁適性検査

 

適性検査は、テストセンター受験のWebテストです。

 

形式は「SPI」で、内容は「言語・非言語・性格」です。

 

所要時間は1時間半程度で、難易度自体は高くありません。

 

しかし、適性検査で落ちては元も子もないので、2〜3度は問題集を解くなどシッカリと対策を行っておきましょう。

 

➂面接選考の概要

 

以下が面接選考の概要です。

 

やはり、求められるものが違うので、職種によって質問される内容も異なりますね。

 

とりわけ、

 

  • なぜ、JALなのか?
  • JALでどういったことをしたいのか?
  • これまでチャレンジしたことは?

 

などが、各職種共通的な質問として聞かれるようなので、想定問答を準備しておくといいですね。

 

【地上職 事務系】

選考内容質問内容備 考
動画面接(1)あなたがこれまでに最も力を入れて取り組んだことについて、取り組もうと思ったきっかけ、理由も含めて教えてください。

(2)その取り組みの中で最も困難だったことは何ですか。また、その困難をどのように乗り切りましたか。

(3)もう一度同様の取り組みをされるとしたら、どのような点を工夫・改善しますか。

2分以内

2分以内

2分以内

1次面接・学生時代に頑張ったこと

・仕事を選ぶ上で大切にしてること

・JALで実現したいこと

 └それは企業への貢献になるのか

・どのような人に憧れるか

・どのような社会人になりたいか

・他社の選考状況(内定の有無も含めて)

 └なぜその会社を受けているか(就活の軸)

・逆質問

・所用時間20分

・グループ面接

・社員2名×学生3名

2次面接・学生時代に頑張ったこと(ESで詳しく書いていないエピソードに関して)

・その中で失敗したことや困ったこと

・仕事を選ぶ上で大切にしてること

・JALで実現したいこと

・苦手な人はどのような人か

・最後に何か一言

・逆質問

など

・所要時間20分

・個人面接

・社員2名×学生1名

最終面接・志望動機

・学生時代頑張ったこと

・OB/OG訪問したか

・今後のキャリアをどう描くか

・過去の選択に関する質問

(部活選び、大学選び、企業選びなど) 

など

・所要時間20分

・個人面接

・社員2名×学生1名

 

【地上職 技術系】

選考内容質問内容備 考
1次面接・学生時代頑張ったこと

・会社に入ったら何がしたいか

・周りからどんな人と言われるか

など

・所要時間30分

・グループ面接

・社員2名×学生3名

2次面接・学生時代頑張ったこと

・会社に入ったら何がしたいか

・周りからどんな人と言われるか

など

・所要時間15分

・個人面接

・社員2名×学生1名

最終面接・会社に入ったら何をしたいか(具体的に)

・周りからどんな人と言われるか

など

・所要時間15分

・個人面接

・社員1名×学生1名

 

【客室乗務員職】

選考内容質問内容備 考
1次面接・名前と志望動機を2分程度でお願いします

・JALでやりたいことは何ですか

・日本航空の客室乗務職に興味を持ったエピソードやきっかけはありますか

・チャレンジしたことについてお話ください

・何か新しいことに取り組んで、周りを巻き込んだことはありますか

など

・日本語/オンライン

・グループ面接

・社員2名×学生3名

2次GW※無人島に持っていく道具はどれか、話し合って1つ(2つ)決めてください・日本語/対面
面接【日本語】

・自己紹介をしてください

・なぜ客室乗務員を志望していますか

・JALのCAとして何ができますか

・他の人に負けないところは何ですか

・困難なことをどのようにして乗り越えましたか

【英語】

・What is your hobby?

・What is your favorite season?

・What is your favorite country?

・What is your favorite food?

・日本語・英語/対面

・個人面接

3次面接

(身体検査)

・お名前をどうぞ

・緊張していますか

・控え室で緊張は解かせましたか

・志望動機をお願いします

・乗務が完全に戻ったわけでなく、乗務以外の仕事をしてもらうことも多いかもしれませんが、大丈夫ですか

・日本語/対面

・個人面接

・社員3名×学生1名

身長、体重、BMI、血圧、聴力、耳抜き、鼻腔検査、視力、色覚、胸部・腰部レントゲン、心電図、腹囲測定、採血、検尿、体力測定など
最終面接・ここまでどうやって来られましたか?

・いつからJALを目指し始めたのですか?

・JALの飛行機はいかがでしたか?

・なぜJALのCAになりたいのですか?

・仕事内容を簡単に教えてください

・日本語/対面

・個人面接

・社員2名×学生1名

※GW=グループワーク

4.JALの内定を手繰り寄せるやっておきたい5つの対策

「面接の質問内容を見ると、何だか臨場感が湧いてきました。JALの選考を突破するために何か準備しておくことはありますか?」

 

①JALフィロソフィーを押さえておく

 

「JALフィロソフィ」は、JALの経営破綻から1年経った2011年1月19日に発表されました。

 

言ってみれば、「社員の行動哲学」です。

 

JALの起死回生に寄与した意識改革の礎となるもので、面接でもよく聞かれるらしいです。

 

まずは、「JALフィロソフィー」に1度は目を通しておきましょう。

 

そのうえで、

 

  • あなたが最も共感したJALフィロソフィーは何なのか?
  • それはなぜか?
  • そのフィロソフィーに関連したあなたのエピソード

 

ぐらいは、少なくとも準備して面接に臨みたいところですね。

 

【JALフィロソフィ】

第1部

すばらしい人生を送るために

第1章

成功方程式

(人生・仕事の方程式)

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
第2章

正しい考え方をもつ

・人間として何が正しいかで判断する

・美しい心をもつ

・常に謙虚で素直な心で

・常に明るく前向きに

・小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり

・土俵の真ん中で相撲をとる

・ものごとをシンプルにとらえる

・対極をあわせもつ

第3章

熱意をもって地味な努力を続ける

・真面目に一生懸命仕事に打ち込む

・地味な努力を積み重ねる

・有意注意で仕事にあたる

・自ら燃える

・パーフェクトを目指す

第4章

能力は必ず進歩する

能力は必ず進歩する
第2部

すばらしいJALと

なるために

第1章

一人ひとりがJALとなるために

・一人ひとりがJAL

・本音でぶつかれ

・率先垂範する

・渦の中心になれ

・尊い命をお預かりする仕事

・感謝の気持ちをもつ

・お客様視点を貫く

第2章

採算意識を高める

・売上を最大に、経費を最小に

・採算意識を高める

・公明正大に利益を追求する

・正しい数字をもとに経営を行う

第3章

心をひとつにする

・最高のバトンタッチ

・ベクトルを合わせる

・現場主義に徹する

・現実主義に徹する

第4章

燃える集団になる

・強い持続した願望をもつ

・成功するまであきらめない

・有言実行でことにあたる

・真の勇気をもつ

第5章

常に創造する

・昨日よりも今日、今日よりも明日

・楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

・見えてくるまで考え抜く

・スピード感をもって決断し行動する

・果敢に挑戦する

・高い目標をもつ

 

➁「なぜ、JALか」を言語化しておく

 

先ほどの面接の質問内容を見ると、

 

  • 「JAL」で実現したいこと
  • いつから「JAL」を目指し始めたのですか?
  • 「JAL」の飛行機はいかがでしたか?
  • なぜ「JAL」のCAになりたいのですか?
  • 「JAL」のCAとして何ができますか

 

というように「JAL」という言葉が再三質問の中で登場します。

 

面接で会社名を連呼する企業も珍しいですが、それだけ「JAL」というブランドに誇りを持っている証ですね。

 

逆を言うと、

 

  • なぜ、JALか?
  • なぜ、JALの一員になりたいのか?
  • JALで実際に何をしたいのか?

 

といった気持ちが物凄く強いと言えますね。

 

一方で、ライバルの「ANA」への対抗意識も感じられます。

 

なので、「なぜ、JALなのか?」といった根拠を明確に言語化しておいてください。

 

JALの長所、特異点、強み・弱み、特長をあげつらって、

 

「なので、JALさんなんです」

 

と熱弁して相手に伝わるようにしなくてはなりません。

 

そのためには、「JAL」と「ANA」の両方を企業分析し、差異点を明確にすれば、「なぜ、JALか」を見つけやすくなります。

 

たとえば、「JALフィロソフィー」なんかは「ANA」にはないJAL独特の行動哲学ですよね。

 

「このフィロソフィーのココに共感したから」という理由で、過去のエピソードを紐づけて語ることができれば、説得性は高まりますよね。

 

いずれにしても、

 

「それはウチでなくても、できるよね」

 

「なんでウチなの?」

 

といった質問に対応可能な明確な根拠を原体験やエピソードと連動させながら言語化しておくことが肝要です。

 

➂「JAL Vision 2030」の概要を言えるようにしておこう

 

JALは2030年に向けたJALグループのあるべき姿として、「JAL Vision 2030」を掲げています。

 

そこでは、

 

『大きく時代が動き、価値観が変わる中、「安全・安心」と「サステナビリティ」を成長のエンジンとして、多くの人々やさまざまな物が自由に飛び交う、心はずむ社会・未来において、世界で一番選ばれ、愛されるエアライングループを目指します。』

 

と謳われています。

 

また、「JAL Vision 2030」の実現に向けて、「2021-2025年度 JALグループ中期経営計画」も策定しています。

 

この中期経営計画は、「コロナ禍からの早期回復」と「JAL Vision 2030の実現」に向けた5カ年計画になりますが、中身ぐらいはザックリと説明できるようにしておきたいですね。

 

たとえば、2023年にはコロナ禍前の利益水準を超えるEBIT1,700億円を達成し、2025年度にはEBIT約1,850億円を目指すことや、

 

2050年には事業を通じたSDGsの達成、2050年にはCO2排出量実質ゼロの達成を目指しているぐらいは言えるようにしておきましょう。

 

➃求める人物像とリンクさせてアピールする

 

内定を高確率で手繰り寄せる方法は、

 

「私はあなたがたが求める人材ですよ」

 

というアピールに成功することです。

 

そして、「あなたがたが求める人材」は、JALでは「求める人物像」として下記のとおり、シッカリと謳われています。

 

キーワード求める人物像
「感謝の心と、謙虚な学び」感謝の気持ちを常に持ち、世の中すべてから謙虚に学び、地味な努力を重ねて自己成長できる人財
「果敢に挑戦し、最後までやり遂げる」失敗を恐れず常に新しい事に挑戦し、人任せにすることなく最後までやり遂げる人財
「プロ意識」自分の仕事に誇りと責任を持ち、地道に自分の専門を極める人財
「採算意識」JALグループが社会から必要とされ、永続的に発展する為に、強い採算意識を持つ人財
「多文化を尊重し、適応する」世界の多様な文化と積極的に触れ合い、異なる文化・価値観を尊重できる人材
「仲間と共に働く」仲間とともに働き、仲間のために頑張ることに誇りと喜びを感じられる人財
「お客さまに心を尽くす」全てのお客さまに、感謝の気持ちを形にしてお返しすることができる人財

 

このような「求める人材像」を自己PRを含め、ガクチカ、強みなどすべての質問に対してリンクさせながら語ることが重要です。

 

したがって、上表の「キーワード」の中から、あなたの経験やエピソードとリンク付けできるものを選び、逆算してアピールすることを心掛けてください。

 

もちろん、「複合キーワード」で攻めることができれば、さらに確率がアップします。

 

いずれにしても、ここからハズれる自己PRをエネルギッシュに行っても、相手はあまり興味を示しません。

 

ぜひ、「何か関連するエピソードがないかな?」という観点で、求める人物像に寄せてみてください。

 

➄インターンシップに参加して選考を有利に進める

 

やはり、インターンシップに参加することも高確率で内定を手繰り寄せる方法の1つです。

 

インターンシップに参加すると、

 

  • 志望度の高さを伝えられる
  • 社風や仕事内容を体感できる
  • 面接の説明に厚みが出る
  • 顔を売るチャンスがある
  • 選考で優遇を受けられる可能性がある

 

など、たくさんの旨味があります。

 

内定確度を1度でも2度でも上げるためには何でも積み上げておいたほうがいいので、ぜひインターンシップには参加しておきましょう。

 

ちなみに、JALでは職種ごとにインターンシップを開催しています。

 

インターンシップの概要は公式ホームページからご確認ください。

 

動画面接などの内容については以下の記事でご紹介してますので、是非参考にしてみてください。

【動画選考攻略】人事を惹きつける自己PR動画作成6ステップ公開!!

【超人事目線】1分の自己紹介で面接を優位にコントロールする方法

5.おわりに:対策必須!しっかり準備してJALの内定を掴もう

以上、JALの採用事情や就職難易度、そして5つの対策法について解説しました。

 

JALから内定をゲットしようと思えば、一筋縄ではいきません。

 

内定の確率を少しずつ上げるように、努力を積み上げる必要があります。

 

そのために、今回紹介したやっておきたい5つの対策を講じて、ぜひ入りたいJALから内定を手繰り寄せてくださいね。

 

本記事がJAL就活のお役に立てば、幸いです。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!