計画性がないことを短所にしても良い?ポイントや注意点を解説

計画性がないことを短所にしても良い?ポイントや注意点を解説

2022年11月21日更新

はじめに

就活を進めていくとエントリーシートや面接で「自分の短所」を答える機会があると思います。そんな時、皆さんはどんな短所を企業に伝えていますか?

 

「エントリーシートや面接で自分の短所を計画性がないという内容にしてもいいの?」

「就活で計画性がないことを短所にしたら、マイナス評価を付けられるの?」

「就活で計画性がないことを面接で伝える時の注意点はある?」

 

このように、就活で自分の短所を聞かれたときに、色々な疑問が出てくると思います。今回は、自分の短所を「計画性がない」ことだと思っている方に向けて記事を書きました。就活で「計画性がない」ことを短所として企業に伝える時のポイントや注意点などについて解説していきます。

この記事を読めば、他の就活生とは質の違う短所の書き方ができるでしょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

1.就活で「計画性がない」ことを短所としても良い?

就活のエントリーシートや面接で計画性がないことを伝えてしまうと、採用担当や面接官にマイナスのイメージを与えてしまわないか心配ですよね。

 

しかし、エントリーシートや面接で「計画性がない」ことを短所として答えても問題ありません。

極論、言い方次第で「計画性がない」ことは長所にもなり得るため、しっかりと事前に文章を考えて面接などに臨むことが大切です。

 

しかし、就活の面接などで短所を「働くのが嫌いで寝ている方が好き」「人とコミュニケーションをとるのが嫌い」などと社会人としての常識がない回答をしてしまうのはNGです。

2.就活の面接で企業が短所を聞く理由

就活のエントリーシートや面接で企業が就活生に自身の短所を聞く理由を紹介していきます。

 

自己分析を通して自分の性格を客観的に理解できるか

企業が就活の面接で就活生に短所を聞く理由は、自己分析から自分の長所や短所、特徴などを客観的に理解できているかを知るためです。

自分の性格や特徴が分からないまま就活をしていると「自分には何が向いているのか」「どんなことをしたいのか」などが分かりにくくなってしまいます。

 

就活の面接では「自分を客観的に見ることができる能力」が試されます。

また、自分自身の性格や能力を把握した上で、自分の短所・欠点・課題などを克服するためにどうするべきかを考えられる人は、入社後仕事をする上でも成長や活躍をする可能性が高いです。

 

そのため、企業は単純にネガティブな要素を知りたいのではなく、就活生の短所を質問し、入社後も成長や活躍ができそうかどうかを見極めています。

 

苦手なことにも向き合えるか

就活で短所を聞かれる理由の一つは、自分自身が苦手なこともしっかりと理解し、克服しようと努力できるかどうかを見るためです。

 

短所や欠点があること自体が問題なのではなく、

・短所や欠点、課題を改善していくためにどのような行動をとることができるか
・どのようなプロセスを踏むことができるのか

を聞くために、企業は短所を聞きます。

 

そのため、面接官がイメージしやすいように、短所や苦手なことへの向き合い方や改善への取り組みなどを伝えることが重要です。

ここで短所に向き合う強さを面接官に伝えることができると、面接官は就活生の入社後の活躍のイメージがわくでしょう。

 

企業で仕事をする際には、自分の強みばかりが活かされるわけでなく、時には自分の苦手なことや短所と向き合わなければならないこともあるため、短所に向き合うことができる力は他の就活生と差をつけられるアピールポイントとなります。

よって、面接で短所を聞かれても、マイナス評価をつけたくて聞いているわけではないため、素直に自分の短所や欠点に対する考えや行動について具体的に答えるようにしましょう。

また、長所だけでなく短所を理解することで、今後の自分のレベルアップもできます。

 

 

適性を見極めるため

企業は新卒採用で、入社後に「成長できる人、活躍してくれる人、長く働き続けてくれる人」を採用したいと思っています。

そのため、採用する前に就活生の短所を聞くことで企業が求める人材と応募者がマッチしているかどうかを確認しています。

 

例えば、営業職の多い企業だと「臨機応変に対応できる人」を求めている場合に、就活生が短所で「計画性がない」と答えれば「突発でも柔軟に対応できる人」と評価されますが、短所を「突然の出来事に対応できない」と答えてしまうと、適性がないと思われ、選考通過が難しくなるでしょう。

 

このように、企業は就活生に短所を質問することで自分の会社が求める人材かどうか適性を見極めていると言えます。

3.就活のESや面接で「計画性がない」ことを短所として伝える時のポイント

就活のエントリーシートや面接で計画性がないことを短所として伝える時のポイントについて説明していきます。

 

長所と短所の一貫性を持たせる

例えば、短所が「計画性がない」だとしたら、計画性はない分、臨機応変に対応したりまわりに合わせる協調力があることを長所として言えます。

 

また、突発の出来事が起きたら、すぐに行動に移せる、まわりの状況を見て動くことができる適応力があるなどと言えます。

 

「計画性がない」ことを言い換える

単純に「短所は計画性がないところ」と伝えるのも悪くはありませんが、色々な表現に言い換えるだけで、短所の伝え方の幅が大きく広がります。

まわりの就活生と差をつけるためにもインパクトを与えることができるような表現を考えてみましょう。

 

<「計画性がない」言い換え表現>

 

  • 段取りが悪い
  • 気まぐれ
  • 場当たり的なところがある
  • 行き当たりばったり
  • 目先のことを考える

 

<「計画性がない」長所への言い換え表現>

 

  • まわりの空気を読んで行動できる
  • 好奇心が旺盛
  • 思い立ったらすぐに行動することができる
  • 臨機応変に行動することができる
  • 柔軟に行動することができる
  • 行動力がある

 

例えば、計画性がないことを「柔軟に行動することができる」に言い換えると、事前に計画を立てなくても、臨機応変にその場その場で対応できるため、サービス業や営業職などお客様と直接かかわる仕事では、重宝されると思います。

 

特に「計画性がない」ことの長所への言い換えは面接やエントリーシートで活用できます。

言い換えることによって、オリジナリティを出すこともできるため、ぜひ言い換え表現を使いましょう。

 

挫折や失敗から学びや成功に繋げて伝える

短所を聞かれたときは、単純に短所を答えるだけでなく、自分の経験によるエピソードを交えながら短所を話していくと思います。

その中で、伝える順番としては、挫折や失敗などのネガティブな要素から最後は学びや成功などのポジティブなエピソードに繋げて話すようにしましょう。

 

自分の短所をまわりの人にも聞く

エントリーシートや面接で自分の短所を答えるときは、事前に自分の短所についてまわりの人に聞いておくことが大切です。

家族やいつも一緒にいる友達に聞くことにより、自分では気づけなかった短所を知ることができるかもしれません。

また、主観だけでなく客観的な意見を取り入れることで、面接官により伝わりやすくなります。

 

まわりの人に自分の短所を聞く際には「なぜそう思うか」「どのような行動を見て感じたか」などの理由を具体的に聞くようにしましょう。

そして、エントリーシートや面接では、自分でも思うし他人からもそう思われているという自己・他己両方からみても自分の短所は〇〇だと言えるようにしておくことが重要です。

4.就活のESや面接で「計画性がない」ことを短所として伝える時の注意点

次に、就活でのエントリーシートや面接で「計画性がない」ことを短所として伝える時の注意点について紹介していきます。

 

深堀質問への対策をしておく

長所や短所を質問される時「なぜそう思ったか?」「具体的に他にエピソードはあるか?」などと色々な深堀質問をされると思います。

 

ここでは、面接官は「再現性があるかどうか」を判断しています。

面接官に納得してもらえるように、実体験に基づく具体的な根拠を用意し、回答に説得力を持たせられるようにしましょう。

そのためにも、面接などで短所を伝えるときは、単語ではなく具体的な文章で分かりやすく回答をするようにすると良いです。

 

 

短所を伝える流れに注意する

短所を伝えるときに、つい自分の話したいことをそのまま話してしまう就活生もいますが、面接官が理解しやすいように伝える流れを考える必要があります。

 

具体的には、

「短所→失敗・挫折→学び→改善方法→成功・成果→今後(入社後)」

という流れで短所を伝えていくと良いです。

 

数字を使って伝える

面接などで短所を伝えるときは、具体的なエピソードも交えて話すと思います。

その際に、具体的な数字を使ってエピソードや実体験、取り組み内容を伝えると良いです。

 

短所を克服して成果を出せたならば、前後の比較を数字を使って行うと面接官も変化をイメージしやすくなります。

 

希望職種で不利にならない短所か確認する

企業が求めている職種や自分が希望する職種で伝える短所が不利にならないかどうかは確認する必要があります。

 

例えば、営業職を希望している就活生が「人とコミュニケーションをとるのが苦手」という短所を伝えてしまうと、営業職の適性がないと判断されてしまい、選考通過ができなくなってしまうこともあるでしょう。

他には、銀行での仕事を希望している就活生が「数字が苦手、細かい作業が苦手」という短所を伝えてしまうと、銀行員の適性がないと判断され、選考通過ができなくなってしまう可能性もあります。

 

そのため、面接で短所を聞かれたときの対策をする時には、自分の志望職種にはどのような適性や能力が求められるのかを事前に調べるようにしましょう。調べた上で、どのような短所を伝えるかどうかを決めると良いです。

 

もちろん、社会人として当たり前のことができていないような短所「責任感がない」「時間を守れない」などは面接での短所の回答として避ける必要があります。

5.就活のESや面接で「計画性がない」ことを短所とした時の例文

例文1

私の短所は、計画性がなく、予定を詰めすぎてしまうことです。大学時代、飲食店のアルバイトをしていました。大学入学後、たくさんの友人ができ、色々な場所に遊びに行くことが多かったので、お金を貯めるためにアルバイトもたくさんしていました。しかし、テスト期間もアルバイトのシフトをたくさん入れ、結局テスト勉強ができず、点数を下げてしまうことがありました。

この経験から、後先に何があるかをしっかりと把握し、計画を立てて予定を組むことの大切さがわかりました。そして、その後のテスト期間はまず最初に勉強の計画を立て、そのあとにアルバイトのシフトを組むようにし、バランスよく勉強もアルバイトもできるように調整していきました。その結果、テストの点数を前回より平均で20点挙げることができました。特に、計画性は入社後仕事をする上でも、重要になってくるため、今のうちから計画的な行動をしていきたいです。

 

 

例文2

私の短所は、計画性がなく、自分が良いと思ったらすぐに行動に出てしまうことです。実際に、大学時代に飲食店のアルバイトをしていた時、お客様がお茶をこぼしてしまい、すぐに床に落ちているお茶を拭きました。しかし、お店のトラブル時のマニュアルを見ると、まずはお茶をこぼしたお客様が無事かどうかを確認することになっていました。私は、マニュアルを無視し、こぼれたお茶を拭くことしか考えていませんでした。この経験から、ルールをしっかりと覚え、自分の独断の判断ではなく、計画に沿った行動をすることの大切さを実感しました。

今後は、自分が咄嗟に行動するのではなく、すぐに臨機応変に正しい判断ができるようにしていきたいと思います。入社後も、自分だけの判断ではなく、決められたことは決められた通りに行い、もし困った際は誰かに助けを求めるなどコミュニケーションをとって計画的に物事を進めていきたいと思います。

 

6.おわりに:短所もいかして有利な就活を!

今回は、就活で自分の短所を聞かれたときに「計画性がない」ことを伝える場合の注意点やポイントなどについて紹介してきました。

基本的に、短所は長所と一貫しているため、言い方次第で長所にもなり得ます。

 

ただし、企業は短所を聞くことで就活生と自社の求める人材像を比べ、適性を判断しているため、安易に短所を考えるのではなく、自己分析や他己分析を十分に行い、慎重に考えるようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!