桔梗屋が行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

桔梗屋が行っているインターン内容とは?参加メリットや26卒向け選考対策も紹介

2024/6/20更新

はじめに

本記事では株式会社桔梗屋のインターンシップや、選考対策のポイントなどを詳細に解説しています。

結論から言うと、桔梗屋はインターンシップは選考があり、ある程度対策を行う必要があります。
勿論インターンシップのほうが合格者数の枠も多いですが、人気もあり、選考漏れにならないように注意が必要です。
確実にインターンに参加したいと考えているのであれば、対策は必須です。

特に以下のような就活生に向けて記事を執筆しています。

対象
  • 桔梗屋のインターンについて知りたい
  • 桔梗屋の選考に参加したいけど、なにから初めていいか分からない
  • 桔梗屋の選考対策を知りたい

そんな就活生に向けて執筆しているので、ぜひ最後までご覧ください。

また企業分析についての記事もあります。以下の記事から飛べるので、ぜひ併せて読んでみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

株式会社桔梗屋の基本情報

株式会社桔梗屋とは

出典元

株式会社桔梗屋

社名株式会社桔梗屋
本社所在地山梨県笛吹市
主な事業内容お菓子の製造販売(お饅頭、どら焼き、アイス、ロールケーキ、あんみつ、くずきり、ギフト商品など)
主要取引先金融、製造、小売ど各種大手企業

 

拠点は山梨県にあり、店舗や工場があります。従業員数は、約930名と山梨県では大きい規模の企業といえます。
桔梗屋の強みは「桔梗信玄餅」などのベストセラー商品です。桔梗信玄餅は有名で、お土産品としても親しまれています。最近ではコンビニのコラボ商品として、アイスやチロルチョコなども販売されています。

またハイジの村やクララ館などの施設も運営しています。こちらは、旅館などの観光施設の運営です。

桔梗屋が運営している施設は次のとおりです。→株式会社 ハイジの村/有限会社 桔梗屋東治郎/株式会社 ハイジの野菜畑/株式会社 マーケティングシステムズ/有限会社 カイデザイン設計/有限会社 山梨パッケージ/有限会社 水琴茶堂/株式会社 ハイジズガーデン/株式会社 グルメマルシェ/有限会社 アートアーカイブス/有限会社 グルメシステム

旅館や水族館などの運営施設があります。ハイジの村では、花を楽しめたりレストランやカフェ、ショップなどがあります。「ロッテンマイヤーズカフェ」では桔梗信玄生プリンや桔梗信玄餅生ロールが楽しめます。

販売店舗は山梨県周辺のほか、東京都の百貨店などにも進出しています。従業員はそちらでも募集されていて、正社員やアルバイト、パートにも良いでしょう。
募集職種は営業や製造、事務、販売などです。自身の選考や特技を生かして桔梗屋で働きたい就活生にとって、魅力的な企業の一つとなっています。

また、工場では工場見学も行っています。桔梗信玄餅包放体験も行っていて観光客にも人気です。

社員販売もあり、安い価格で購入できます。通常販売の半分の値段で社員は買うことが可能です。工場アウトレット社員特価販売1/2、グリーンアウトレット1/2、お弁当激安コンビニがあります。 

また女性が活躍できる会社です。製造や事務など女性の方が多く、女性の方も活躍できる環境です。

 

桔梗屋に必要とされる人材像

桔梗屋の採用情報では、未来の桔梗屋に必要な人材像として次の項目を挙げています。

未来の桔梗屋に必要な人材像
  • 自分の仕事にプライドを持つことができるひと
  • 正直で勤勉なひと
  • 仲間を思いやり、やる気のあるひと

自分の仕事に誇りを持って進めていける人、正直で勉強を行っていける人、仲間を思いやれて仕事を頑張っていける人を求めています。また伝統のある企業ですので伝統を重んじる姿勢も大切でしょう

「成長」「勤勉」「正直」「コミュニケーション能力」などのキーワードが求める人物像にあります。

そして次に、「未来の桔梗屋」が求めている人物像を予測しましょう。

これは少し手間ですが、IRや企業が掲げている目標などを確認するのが1番手っ取り早いです。

桔梗屋の場合は、公式ホームページも参考になるでしょう。
桔梗屋が今後力を入れていくであろう分野や、配属比重などから考えるとキーワードとなりそうな言葉は以下のようになります。

キーワード
  • 伝統を守る
  • 高品質な商品の提供
  • 新製品の開発
  • 環境維持
  • 持続可能社会
  • テクノロジー
  • データ分析
  • IT

他にも調べればもっと出てくるはずですので、ぜひ読み込んで自分なりに箇条書きにしてください。

最終面接では役員や社長が面接官になる場合が増えますが、彼らは一緒に働くわけではなく、未来のために企業の方針を決めていく人たちです。

そういった方々に自身をアピールする際には、自分がこの会社に入ることで未来に変化を与えることができるとイメージさせることが大事です。

ですので、終盤の面接では、この学生と一緒に働きたいか、ではなく、「この学生は未来の企業にとって必要か」で判断されることがあると思っておいたほうがいいです。

 

桔梗屋のインターンに参加するメリット

インターンに参加するメリットを紹介していきます。

以下の要素をチェックしてみましょう。

実際の仕事内容が分かる

桔梗屋のインターンでは実際に企業に行って実習を行います。希望の職種によって場所は違います。本社での製造販売の他、ハイジの村などでのインターンも可能とあります。本社以外の桔梗屋グループで働きたいという方は問い合わせてみると良いでしょう。

桔梗屋のインターンでは実際の仕事内容が分かります。実際に入ってからなにか違うということにならないように、インターンに参加するのも良いでしょう。

内定に直結しやすくなる

桔梗屋のインターンシップは実際に社員や選考者と関わる機会があります。

そのためインターンで良い印象の学生は本選考でも有利になってきます。

しかし、そもそもの目的は自社や業務内容の理解を深めてもらうことですので、ここですぐ内定が出なくとも参加すること自体が採用担当者へのアピールになるのです。

ここでインターンに参加してない学生より業界理解・企業理解を深めて、志望動機や自己PRの質を高めることで十分に内定率は高まるでしょう。

自分の働きたい職種で職業体験が可能

桔梗屋では、希望に応じて様々な職種から選択可能です。本社からハイジの村などでのインターンもあります。そのため自分が入りたい職種でインターンを行えます。

製造希望なら桔梗屋の本社の工場、販売希望なら桔梗屋の店舗の販売、事務希望なら桔梗や本社の事務所などで職業体験が可能です。これは毎年行っているかは不明です。まずは企業の方に問い合わせてみましょう。働きたい職種でインターンが可能なのがメリットです。

桔梗屋が行っているインターン内容

桔梗屋で過去に実施されていたインターンについて、概要を紹介します。

インターン内容
  • 直営店、製造、グルメシステム事業部、営業本部、ハイジの村、森の中の水族館など(他希望部署があったら追加相談)

詳しく見ていきましょう。

直営店、製造、グルメシステム事業部、営業本部、ハイジの村、森の中の水族館など(他希望部署があったら追加相談)

桔梗屋では販売、製造営業など希望部署でインターンが可能です。

開催時期不明
5週にかけて
開催時間不明
場所桔梗屋本社、ハイジの村など部署によって違う
人数程度特になし、募集人数による
報酬なし
交通費・宿泊費なし

 

桔梗屋のインターンの内容は、希望部署で基本的な仕事内容を身に着け、社員の業務の補助をして仕事についての理解を深めます。そして具体的なイメージを持てるようなインターンです。いちから丁寧に教えてもらえます。

桔梗屋のインターンは、実際に桔梗屋の社員や選考者と話す機会があります。そのため、マナーなどしっかりしましょう。インターンで良い印象が与えられれば、本選考でも覚えていてもらえて有利に進む可能性もあります。

桔梗屋のインターンは面接があります。インターンに参加するには面接を乗り越えないといけません。その他、桔梗屋のインターンに参加を希望するという人は面接の対策をあらかじめ行っておきましょう。

インターンの報酬は無給ですが、実際に企業で働いてみて、仕事への理解を深められます。そのため桔梗屋を希望する人はインターンに参加してみても良いでしょう。

5週間に渡るインターンで、長期インターンという枠付です。長い期間学ぶことでより仕事への理解が深まるでしょう。社員への話を聞け、どういったスケジュールで働いているのかなど知ることが可能です。

桔梗屋は、地球上でもっともお客様を飽きさせない企業であること。伝統や、既存の価値観を大切にしながらも、常に新しい視点、切り口でお客様を「あっ」と驚かせる場であること。それが桔梗屋グループの目指しているものです。また、山梨という地域全体が活性化するようハイジの村、森の中の水族館の指定管理者として運営をしております。

そんな桔梗屋では多くの学生の方に自己の将来像を描けるような職業体験の場を提供しています。山梨の良さ、山梨で仕事をする良さ、桔梗屋の良さを感じていただきたい、という願いがあります。

桔梗信玄餅をはじめとした製造の仕事や直営店での仕事、グループ施設ハイジの村、森の中の水族館の仕事などが可能です。

通常の会社では体験出来ない様々な業務を一社でまとめて経験でき、既存の価値観にとらわれない斬新な経営方針の中で自分自身の視野を広げる事ができます。

喜京屋では、実際の企業でのインターンがあります。そのためマナーや聞きたい質問、面接などの対策が必要です。インターン参加に向けた対策は遅くとも大学3年の4月には始めておきたいところです。

 

桔梗屋のインターン選考対策

桔梗屋のインターン選考対策

概要

桔梗屋はインターンでの選考があるため、インターンまでにある程度準備を進めておく必要があります。桔梗屋のインターンには面接があります。特に応募人数が多い場合は、インターン参加の難易度が高くなります。そのため面接の練習をしたり、対策を行うようにしましょう。

業界理解・企業理解を入念に行った上で、当日に早期選考ルートに乗れるようアピールしましょう。

就活の準備にかかる時間は人それぞれですが、余裕をみて大学2年の冬には就活対策を始めておきましょう。

また、桔梗屋の選考では特に目立ったものはなく面接のみとなります。

インターンに参加が可能なように、事前に入念な対策をしておきましょう。

選考フローごとの選考対策

選考フローごとの選考対策を紹介します。

自己分析

自己分析をすることで、自身の長所・短所、得意・不得意を客観的に把握できます。

それらの自身の特徴を理解した上で、桔梗屋の求める人物像にマッチするようにアピールすることを意識しましょう。

定番の志望動機やガクチカだけでなく、「他の企業ではなくて、なぜ桔梗屋なのか」を考え抜きましょう。

業界研究・企業分析

業界研究や企業分析をすることで、食品業界内での桔梗屋の立ち位置、競合他社との違いが見えてきます。

また食品業界以外の気になる業界も分析することで、食品業界を客観視できるため、その他の業界研究も行いましょう。

そうすることで、志望動機や自己PRなどエントリーシート・面接の受け答えをより一段とレベルアップできます。

適性・筆記試験

桔梗屋では本選考の際に適性検査と筆記試験があります。適性検査や筆記試験の結果も選考には関わってきます。そのため過去桔梗屋を受けた人に話を聞き、どういった筆記試験があったか聞いてみるのも良いでしょう。筆記試験は書店などで問題が売っているものもあります。本などで筆記試験の対策を行うのも良いでしょう。

エントリーシート作成

自己分析や企業分析をある程度進めたら、過去に出題されたエントリーシートをワンキャリアやユニスタイルなどで見つけて練習しましょう。

実際に書いたものをOB・OGや身近な社会人に見てもらい、気づきにくいミスや分かりにくい表現を指摘してもらうのがおすすめです。

エントリーシートは選考においてとても大切です。そのためしっかりとエントリーシートの内容を書けるようにしましょう。過去のインターンに参加した人のエントリーシートを参考にする方法も良い方法です。考え抜いてエントリーシートを書きましょう。

以下に参考になる記事を紹介します。

 

面接対策

エントリーシートを突破したら、面接が行なわれるため、その対策も入念に行いましょう。

ここではエントリーシートで記載したことと一貫性をもたせつつ、具体的なエピソードを基に志望動機や自己PRを伝えます。

いずれも1人で対策するのではなく、友達同士や面接イベントなどで集団で練習しましょう。

以下の記事も参考にしてください。

桔梗屋のインターン選考の流れ

桔梗屋のインターン選考の流れは以下の通りです。
希望する職種によって、内容が若干異なる可能性もあるため、参加したいコースの選考フローは事前に確認しておきましょう。

選考の流れ

  1. エントリー
  2. エントリーシート
  3. 書類選考
  4. 個人面接
  5. インターンシップ合否通知

 

桔梗屋のインターンの選考は、まずは申し込み、そして面接があります。面接を突破した方が、桔梗屋のインターン参加が可能です。これはインターンの希望人数にもよりますが、開催時期によってはほとんどの方が参加できる場合もあります。しかし基本的には選考があります。そのためインターン選考の面接についても、対策をしっかりと行いましょう。

桔梗屋の本選考の流れ

桔梗屋の本選考の流れは以下の通りです。
コースによって、内容が若干異なる可能性もあるため、参加したいコースの選考フローは事前に確認しておきましょう。

選考の流れ

  1. エントリー
  2. 企業ガイダンス
  3. 会社説明会
  4. 適性筆記試験(採用試験)
  5. 一次面接(採用試験)
  6. 二次面接(採用試験)

 

桔梗屋ではまず参加を決めて、企業ガイダンスに参加します。企業ガイダンスに参加した方に会社説明会の案内をします。そして会社説明会に参加します。会社説明会では桔梗屋についての説明があります。その後採用試験の内容が個別に郵送されます。
その後適性検査と筆記試験があります。通ったら一次面接があり、二次面接があるときもあります。面接に合格したら、内々定です。桔梗屋も採用フローが多く、最後まで残るのはかなり難易度が高いです。そのため桔梗屋に入りたいと思ったら、ある程度の対策を行いましょう。

 

企業ガイダンスは山梨県内でありました。今回も山梨県内で企業ガイダンスがあると思われます。

山日YBS企業ガイダンス2022※桔梗屋参加日程
  • 第1回  2020年12月23日(水)アイメッセ山梨
  • 第2回  2021年1月11日(月・祝) アピオ甲府
  • 第3回  2021年2月1日(月)もしくは3日(水)山梨県立図書館
  • 第5回  2021年3月1日(月)アイメッセ山梨
  • 第6回  2021年3月9~12日(火~金)オンライン就職説明会
  • 第7回  2021年3月25日(木)甲府記念日ホテル
  • 第8回  2021年4月24日(土)アイメッセ山梨
  • 第9回  2021年5月22日(土)アピオ甲府

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。近年、早期から就活情報を取りに行く学生が増えており、その中でインターンの重要性は高まってきています。

また、インターンを学生の適性把握や優秀層の早期取り込みの手段として活用する会社が増えており、本来のインターンの目的とは少し趣が変わってきています。

従来にも増して、企業側は採用選考のためのツールとして利用することが当たり前の世界になってくると思われます。

「所詮、インターンだ」という軽い気持ちで臨むのではなく、本番さながらの臨戦態勢でシッカリと準備して参加することが重要です。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!