【志望動機】音楽業界とは?|志望動機・職種を徹底解説!

【志望動機】音楽業界とは?|志望動機・職種を徹底解説!

2024/6/21更新

はじめに

就職活動を始めると、どの業界で働こうか悩む人が多いでしょう。

数ある業界の中で、音楽業界で仕事をしたいと考えている学生もいるはずです。

そこで今回は、採用担当者にささる志望動機の書き方について解説します。

この記事は、以下のようなことを知りたい就活生を対象にまとめています。

対象
  • 音楽業界の職種は?
  • 音楽業界に向いている人は?
  • 音楽業界の志望動機を書くときの注意点

大学で学んだ知識や経験を活かしたい学生や、音楽を通してリスナーの人生を彩る仕事に携わりたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

音楽業界において、志望動機を書く時は力を入れましょう。

音楽業界は人気が高く倍率が高いため、少ないチャンスをしっかり手に入れられるように準備が欠かせません。

少しでも採用率を高めるためにも、音楽業界の特徴や職種を理解し、説得力のある志望動機をかけるように準備しましょう。

また、就活を始めるにあたって、業界を絞り込むことはとても重要なことです。

なぜなら、業界を定めることで就活の目的がはっきりと見え、行動できるからです。

就職してから自分がやりたいことを見つけ、自分がどんな業界で働くのが向いているのかを知るためには、自己分析が欠かせません。

 

下記サイトでは、自己分析について紹介しています。

志望動機を作るうえでぜひ参考にしてみてください。

音楽業界の概要

音楽業界では、音楽プロダクションなどに所属して音楽を制作するアーティストの仕事の他にも、音楽をともに作り上げる作詞・作曲家や編曲家、そして作成した楽曲をリスナーのもとに届ける流通会社や販売会社の仕事など幅広い仕事があります。

音楽業界は、次のような一つの楽曲が制作されて、リスナーのもとに音楽が届けられるまで次のような流れで音楽が届けられます。

音楽業界の流れ
アーティスト

レコード会社

流通会社

販売会社

 

それぞれの会社について説明していきます。

アーティスト・音楽プロダクション

アーティストは、新たな音楽を生み出す音楽業界で一番イメージしやすい職業でしょう。

アーティストは、歌手だけでなく、アイドルやダンサー、ミュージシャンといったダンスや楽器演奏も含まれ、音楽プロダクションに所属しています。

アーティストは、歌唱力やダンスの技術力・表現力が高いことはもちろん、最近ではいかに付加価値を提供できるかも重要になってきています。

例えば、最近のアイドルビジネスの流行やライブでのリアルな体験が付加価値の代表例といえるでしょう。

そのため、今後アーティストを目指す人やアーティストの育成に携わりたい人には、付加価値を意識した工夫が必要となるでしょう。

レコード会社

レコード会社は、アーティストと契約して、音楽コンテンツを制作します。

また、作成した音楽コンテンツは、CDやDVDの製造から販売まで行います。

近年では、ダウンロードコンテンツが発達しているため、ダウンロード配信もレコード会社が担当しているのも特徴です。

時には、コンサートやライブの企画、運営まで行うこともあるため、アーティストの音楽をできる限り多くの人に届けたい人には、レコード会社は最適な会社でしょう。

流通会社

流通会社は、レコード会社で制作されたCDやDVDを全国にあるCDショップに配送する流通機能を担っています。

CDショップは全国に広く店舗があるため、それぞれの店舗にCDやDVDを滞りなく届ける重要な役割を担う会社です。

販売会社

販売会社は、流通会社から届けられたCDやDVDをリスナーに販売する会社になります。

販売会社では、以前は店舗を構えてCDやDVDを販売する役割を担っていました。

しかし最近では、オンラインサービスの普及もあり、店舗でのCDやDVDの販売は伸び悩む傾向にあります。

そのため、ネット販売やサブスクリプションサービスなどの方法により収益を上げていく方向性に変化しつつあります。

音楽業界の職種・業務内容

音楽業界の職種・業務内容

音楽業界には他業界で見られない職種もあります。

音楽業界はそれぞれの専門性を活かした職種が数多くあり、今までの専攻や経験が重視される側面があるため、難易度が高いです。

しかし、より多くの人にエンターテインメントを提供することで幸せになってもらえることを実感できるため、やりがいを持って働けるでしょう。

以下で各職種について解説します。

アーティスト

音楽の仕事の花形であるアーティストは、歌を歌うシンガーソングライターの他にもダンサーや楽器を演奏する奏者も含まれます。

このように音楽を生み出すアーティストは、レコード会社や芸能プロダクションに所属する形が主流です。

アーティストは、実力や人脈、技術力などが求められる世界ではありますが、自分自身の力で音楽を通して0から生み出すことができる仕事です。

作詞・作曲家

作詞・作曲家は、アーティストに合った曲もしくは詩を作り出す職業です。

まず作曲家は、顧客となるアーティストやレコード会社からの依頼に合わせた曲作りを行います。

その時には、アーティストの曲調や流行りの曲調も取り入れて作り上げていく力が必要です。

そして、作曲家が作り上げた曲に対して、作詞家が詩をつけていきます。

作詞においても、アーティストの依頼を汲んだフレーズや作詞を用いるだけでなく、流行りのキャッチフレーズなども取り入れて1曲1曲作詞していきます。

作曲家は、音楽関連の大学や専門学校を経て、知識や経験を活かして芸能プロダクションなどの作詞家・作曲家になるのを目指すといいでしょう。

編曲家

編曲家は、作曲家が制作した曲を編曲し、レコーディングできる状態の曲になるように仕上げを行う仕事です。

具体的には、編曲作業の中では元の楽曲にギターやドラムなどの楽器を追加することや前奏などを追加して、楽曲を完成させる仕事を行います。

そのため、編曲家には専門的な知識が求められ、DTM(デスクトップミュージック)と呼ばれるものを使った楽曲の編集が必要です。

音楽系の大学や専門学校で編曲の知識やDTMについて学んだ上で、音楽制作会社に就職する形が一般的でしょう。

サウンドクリエイター

サウンドクリエイターは、映画やTVなどで流すBGMやSEといった幅広いサウンドを作り上げる職業です。

サウンドクリエイターは、曲を作る点では、作曲家と類似している点があります。

しかし、サウンドクリエイターは、曲だけではなくBGMやSEなどの幅広い音を作り出して、映画やゲームなどでより臨場感を与えてくれます。

サウンドクリエイターは、作曲家と同様に音楽を選考している大学や専門学校を経て、音楽制作会社やゲーム会社でサウンドクリエイターとして活躍するのが主流です。

プレス工場

プレス工場は、CDを製造するための工場であり、音楽業界においてとても重要な役割を担います。

プレス工場は、レコード会社から依頼されたCDの生産を行う仕事です。

そのため、生産職やプレス工としてCD制作に関わることができます。

近年、ダウンロードコンテンツの普及により、CDの生産枚数は減少傾向にありますが、CDを購入したい層も一定数いるため、今後も需要はなくならない職種です。

音楽制作会社とは、異なる形で音楽業界に関わることができるため、理系の知識を活かして音楽を届けたい人には最適でしょう。

テレビ・ラジオ局スタッフ

音楽制作会社で作成した楽曲をリスナーのもとに届ける方法としてテレビ・ラジオ局の職員があります。

テレビ・ラジオは音楽を届けるうえで大きなプラットフォームです。

番組の中では、様々な音楽が使用され、番組で使用されたことが流行るきっかけにもなる影響力もあります。

そのため、音楽を作る側ではなく、音楽を世間に届ける役割を担いたい人には、テレビ・ラジオ局スタッフはおすすめといえるでしょう。

CDショップスタッフ

楽曲をリスナーに届けるもう一つの手段として、CDショップスタッフもあげられるでしょう。

CDショップスタッフは、実際にお客さんにCDを販売して、リスナーに音楽を届けます。

テレビ・ラジオ局スタッフと異なることは、多くの人に届けるのではなく、一人一人に対して届けられるので、実際にリスナーの顔を見ることができる点は大きなメリットです。

また、1対1で接客を行うことから各楽曲の良さをより詳細に伝えられる点も音楽の良さを一人でも多くの人に知ってもらいたい人にはおすすめのポイントです。

近年CDは売れなくなってきている傾向にあるかもしれないですが、CDやレコード好きは一定数いるため、今後も一定のニーズがある職業の一つです。

イベンター

イベンターはコンサートやライブの企画から開催まで幅広く携わる運営になります。

イベンターの主な業務内容は、コンサートやライブの企画と会場の交渉・手配から始まり、実際にコンサートやライブを開催させるための準備を入念に行います。

そこでは、日程の調整からアーティストとの調整、そして会場設営、さらにはチケット販売といった運営として幅広い業務を行います。

そのため、調整力や行動力を求められますが、イベントを最初から最後まで関わるため、成功した時の喜びも人一倍あるやりがいを感じやすい職業でしょう。

舞台美術スタッフ

舞台美術スタッフは、ライブやコンサートで使用するモニターやレーザー・スモークといった照明以外の演出部分を担当する職種になります。

主な業務内容は、ライブやコンサートの会場業務になり、舞台監督のもとで照明スタッフなどの人たちとライブの演出を通してアーティストをより輝かせる役割を果たします。

舞台美術スタッフになるには、舞台美術について学べる専門学校に通い、その後制作会社で経験を積むのが主流でしょう。

照明スタッフ

照明スタッフは、主にライブやコンサートでのパフォーマンスを引き立たせるために照明器具を専門に扱う職種になります。

主な業務内容は、ライブやコンサートなどの会場内での業務が多く、照明器具を使用してライブやコンサートを盛り上げるのをサポートする役目を果たします。

照明スタッフになるためには、配色や照明器具の専門知識が必要となるため、大学や専門学校で学んだ後に、照明会社やライブハウスなどで証明スタッフとして経験を積むのが主流です。

PAエンジニア

PAエンジニアは、ライブやコンサート、楽曲制作において裏方として音響を管理する職業になります。

主な業務内容は、特にライブやコンサートなどの場において、観客に音がしっかりと届くように音響調整の機械操作を行う役目を担っています。

観客が気持ちよく音楽を聞くためにも、PAエンジニアは音を管理するかなり重要なポジションです。

PAエンジニアは専門的な音響に関する技術が必要になるため、音楽に関する大学や専門学校で音響関連の知識を習得する必要があるでしょう。

その後、音響会社やコンサートを運営する会社で、まずは機材の搬入や積み込みなどのアシスタントをしながら経験を積み、PAエンジニアで音響の管理を行う流れが主流です。

音楽業界で向いている人の特徴

音楽業界で向いている人の特徴

音楽業界は、流行を作り出すエンターテインメント業界であるため、音楽業界で活躍できる人は他の業界とは異なる側面があるかもしれません。

以下に音楽業界に向いている人を紹介していきます。

流行に敏感である

音楽業界は、業界の流れがとても早く、今の消費者が求めているニーズをいち早く汲み取って音楽やエンターテインメントとして表現する必要があります。

そのため、エンターテインメントが好きであることはもちろん、SNSや街での情報収集やリサーチを行うことや流行を追うことが好きな人がより活躍できるでしょう。

今の流行を察知して、また消費者のニーズから流行りの音楽を作り出せることができれば、音楽業界で活躍できるでしょう。

新しいものを作り出すことが好き

音楽制作において、新しい流行を生み出すことや新しい曲を生み出すことで、より多くの人にエンターテインメントを届けることができる仕事です。

一方で、似たような曲ばかりを作り続けてしまう場合や新しい曲をなかなか作らない状態が続くと消費者にはなかなか届かずにうまくいかないことが多い業界でもあります。

そのため、すでにあるものをより良くしていくより、0→1を生み出していきたい人にはおすすめの業界になります。

強い熱意がある

音楽業界は、最初は給料も安く、拘束時間が長い場合や、自分のやりたいことができない場合もあります。

そのため、音楽に対して強い情熱をもち、より良いものを作っていきたいという強い熱意がある人には、将来的にディレクターや照明スタッフなどでしっかりと自分自身のやりたいことを実現できる場は多いため、強い熱意がある人にはおすすめの業界になります。

音楽業界が向いていない人

音楽業界をおすすめできない人についても2つ紹介します。

自分の裁量で仕事を進めていきたい

音楽業界では、アーティストとレコード会社、そして販売会社と連携して行う仕事がとても多いです。

そのため、協調性が求められる仕事が多くなるのが特徴です。

自分のペースで仕事を進めていきたい人やワークライフバランスを重視して自分の裁量で仕事を進めていきたい人にはおすすめできません。

コミュニケーション能力が低い

音楽業界では、一つの音楽を作り出すためにもアーティストやプロダクションとレコード会社との関係性や人脈、そして会社内でのチームワークといった仕事におけるコミュニケーション量も多い職種と言えるでしょう。

そのため、コミュニケーションを取らずに黙々と業務に取り組んでいきたい人にはおすすめできません。

交渉や取引、チームでより良い音楽やエンターテインメントを作り出していきたいというコミュニケーション力に長けた人がより活躍できる仕事と言えるでしょう。

志望動機を書くためにするべきこと

志望動機を書くために、これまで自分が行ってきた研究の実績やポートフォリオを用意しましょう。

音楽業界は狭く深く1つの分野に携わるため、自分の経験や学んできたことがミスマッチだと、入社しても早期に退職してしまうリスクがあります。

また、志望動機をしっかり書くためには、応募先を入念に調べることが大切です。

以下から詳しく解説します。

自己分析を徹底する

志望動機を書くためには、まず自己分析を徹底することが重要です。

自分の強みや興味関心、これまでの経験を振り返り、それをどのように音楽業界に結びつけるかを考えてください。

自分の長所・短所、得意・不得意を客観的に把握することで、企業の求める人物像に自分をマッチするようにアピールできるでしょう。

自己分析を通じて、自分が本当にやりたいことや目指すべき方向性を明確にできます。

定番の志望動機やガクチカだけでなく、なぜ音楽業界なのかまで徹底しましょう。

 

自己分析のやり方がわからない人は、以下のリンクを参考に行ってみてください。

 

業界・企業研究を行う

志望する業界や企業についてしっかりと調査することが重要です。

音楽業界は他業界と比べると、業務内容や雇用形態、キャリアアップが少し変わっています。そのため、音楽業界の業界の特徴や動向を確認しておくことが大切です。

企業研究は念入りに行いましょう。

企業研究では各会社の立ち位置や競合他社との違い、そして他業界との比較をすることで音楽業界や志望企業を客観視するために、業界や企業の理解を深めることは大切です。

そうすれば、後々具体的で説得力のある志望動機を作成できます。

また、業界全体の動向や主要な企業についての知識を深めることで、自分の志望理由に説得力を持たせることができるでしょう。

 

直近の業界研究のやり方をまとめた方法については、以下のリンクから確認してみてください。

 

志望動機を実際に書いてみる

自己分析と業界研究を終えたら、実際に志望動機を書いてみましょう。

自己分析や業界・企業研究、今までの経験をもとに作成してください。

まずは自分の思いや考えを自由に書き出し、その後に整理していく方法が効果的です。

自分1人だけだと最初は書くのが難しいでしょう。

そのため、大学の教授や身近な人に添削を依頼することをおすすめします。

他にもOB・OGにみてもらうのも効果的でしょう。

このような人たちに見てもらうことで、自分では気づけなかったことやわかりにくい表現を指摘してもらえるため、周囲の人に協力してもらいながら作成しましょう。

客観的な視点から志望動機を書いてみて、ブラッシュアップを続けることで、選考では担当の人にしっかりと自分自身の志望動機を伝えやすくなるため、ESや面接の通過率も高まるでしょう。

音楽業界の志望動機を書く時のNGポイント

音楽業界の志望動機を書く時に、ついやりがちなNGポイントについて解説します。

志望動機を書き慣れていないと、つい見落としがちな部分について記載しました。

採用担当者にマイナスな印象を与えてしまうと、挽回するのは難しくなるでしょう。

それを避けるためにも、志望動機を書くときの注意点を把握することが大切です。

大きく分けて以下の2つになるので、書く前に確認しておきましょう。

経験が企業・組織の業務内容とミスマッチ

過去の経験と応募先の企業や組織の業務内容がミスマッチしていると、採用担当者にネガティブな印象を与えてしまうでしょう。

音楽業界は専門性の高い業務内容が多いです。

そのため、経験が直接的に関連していない場合、就活生は自分の過去の経験やスキルをどのように活かすかを明確に示す必要があります。

経験や考えが自社と結びついておらず一貫性がないと、採用担当者は就活生が早期に退職してしまうのではないかと懸念し、採用される確率が下がってしまうでしょう。

企業・組織をただ賞賛しているだけ

志望動機において、企業や組織をただ賞賛するだけでは、採用担当者に対してあなた自身の理解や具体的な貢献意欲が伝わりません。

企業に対して、自分が興味を持った理由をしっかりと整理しましょう。

なぜその企業に興味を持ったのか、なぜ他の企業ではなくその企業なのかを考えて志望動機を作成するといいです。

自分の経験や強みを活かすことで、どのように貢献できるのかも明確にすると、より説得力が増します。

音楽業界への志望動機・例文を紹介

以下に、音楽業界への志望動機の例文を紹介します。

2つのパターンで志望動機を作成したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

例文1:

私が貴社を志望した理由は、音楽を通してより多くの人に感動を届けたいと考えているためです。

学生時代、私は軽音部に所属しており、ギター演奏を行っていました。

その時にはギター演奏を通して、観客に感動を届けられたときやCDを渡して感動を届けられた経験をして、より多くの人に感動が届けられるように頑張りたいと思うようになりました。

現在でもレコーディングの補助に入ることがあり、楽曲制作に携わる機会があります。

そのため、楽曲制作の経験を活かして、アーティストの曲をより引き立たせることで、より多くの人に感動を届けたいと考えます。

 

例文2:

私が貴社を志望する理由は、貴社で音楽制作に携わることで人々の心を繋ぎ、癒やしたいと考えているからです。

私自身、以前震災を経験して避難所での生活につらい思いをしていました。

しかし、その時に1曲の楽曲によって、気持ちが楽になるだけでなく、人々の絆を繋げたところを目の当たりにしました。

音楽は人々に感動や癒しを与えて、その感動や気持ちを共有することで繋がる事もできます。

そのため、貴社での音楽制作を通して、より人々に感動や癒しを与えて、より良い生活に繋がるような音楽を制作していきたいと考えます。

志望動機や面接で熱意を伝えるために最も大切な部分です。

他の就活生と差別化を図るため、しっかり対策を立てましょう。

 

志望動機の作り方に関しては、以下のリンクを参考にしてみてください。

まとめ

音楽業界には、様々な業種の仕事があります。

そして、音楽業界では、大学や専門学校で学んできた音楽に関する知識をより活かせるような環境である点が特徴といえるでしょう。

また、作詞・作曲家や舞台の演出を担当する以外にもイベンターやテレビ・ラジオ局スタッフなど一般の大学からでも音楽に携わる道は数多くあります。

企業研究では、自分の強みややりたいことを明確にした上で、やりたい職種をしっかりと探すようにしましょう。

しっかりと職種や志望企業について研究をして、自分が入社したい企業を見極めてください。

ぜひこの記事を参考にして励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!