民間と公務員、悩んだ時にどちらを選択すべき?

おすすめ記事

民間と公務員、悩んだ時にどちらを選択すべき?

1.民間と公務員、それぞれの仕事内容と特徴

就活をしていて、「民間企業と公務員、どちらに就職をする方が良いのかな?」と悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。公務員は世間的に安定していると言われるし、民間企業は民間企業で刺激がありそうだけど大変そうなど、イメージはあるでしょう。

 

 

果たして最初からどちらかに絞るべきなのか、それとも併願しながら進めていくべきなのか。どちらが良いのでしょうか。

 

 

まずは民間と公務員の仕事内容の違いとそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

〇民間企業の仕事内容と特徴

 

そもそも民間企業とは行政機関や独立行政法人などの公的機関に属さずに経営をする企業を指します。基本的に営利を目的とし、経済活動を行う組織体が民間企業です。

 

民間企業はビジネスとしてモノを作ったり、サービスを提供したりするなど顧客に価値を与え、その対価として人々からお金を貰います。

そのお金で基本的には活動をしていきます。大きさは様々で、2,3人の企業もあれば、何万人もの企業があります。大企業や中小企業、ベンチャー企業など様々なくくりがあり、どの企業に行くかで得られるものや働き方はかなり違ってきます。

 

 

そして一般的に競争が激しいのも民間企業の特徴です。利益を追求するため、優秀な人材は昇進していきますし、比較的競争欲のある人が多いのではないでしょうか。

 

 

また待遇に関しても、企業の業績が上がっていけば給料も自然と増えていきますし、逆に業績が悪化していくと給料が悪くなったり最悪の場合支払われない場合もあります。そしてリストラなど、早期退職を迫られる場合もあります。リスクと言えばリスクですが、逆にチャンスと捉えればチャンスです。捉え方で向いているか向いていないかはわかれるでしょう。

 

 

〇公務員の仕事内容と特徴

 

公務員は、国や地方公共団体などの仕事に従事する人を指します。会社という組織体ではなく、国や地方公共団体の組織体に所属をするのが公務員です。

 

基本的に国や地方公共団体は国民が税金で納めた税金で活動します。そのため、得られる金額に大きな増減はなく、活動資金に困ることはほぼありません。

 

そして公務員は国民と密接に関わる仕事をかなり幅広く行います。国や地方の行政に携わり、国民の生活を良くすることが公務員の仕事です。それを支えるために幅広い部署と仕事内容が存在します。国に直接関わる仕事もあれば、小さな村に関わることもありますし、こちらも大小は様々です。

 

 

そのため、競争欲がある人は少なく、どちらかというと真面目にコツコツ仕事に取り組み、地方に貢献したいという人が多いです。またかなり長期的に働きたいという人も多いです。

 

 

また待遇に関しても、民間とは多く違います。国家公務員は職務の「級」と職務経験などの「号俸」に基づく「俸給表」が存在し、ここに諸手当が加わって「給与」となります。景気によって給与などが変動する心配もありませんし、リストラなど退職に追い込まれるケースもほとんどなく、非常に安定した職業と言えます。

 

福利厚生も非常に整っている場合が多く、私生活も充実させたい人には向いているかもしれません。

 

2.民間と公務員、それぞれのメリット

民間と公務員の違いを見てきました。

では民間と公務員、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

〇民間企業

 

①仕事のインセンティブが高い!

 

個人の仕事の成績が給料やボーナス・昇進に大きく反映される仕組みがとられています。そのため、ばりばり仕事をしていきたい人にとっては非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。また若いうちに大金を手にすることも不可能ではありません。年功序列という制度も減ってきているのが現状です。

 

 

②個人の影響力が強い

 

公務員は個人の力が非常に弱いため、組織を変えることはかなり難しいと言えます。しかし企業であれば、公務員より比較的個人の力が強いので、意見を伝え組織が変わるケースも少なくはありません。

 

 

③個人の裁量が大きい

 

仕事ができるようなポジションになってくると、ある程度自分のペースで仕事をできるようになります。すると公務員と比べてもより私生活と仕事の割合を自分で決めることができます。

 

④興味のある仕事につける

 

やりたい仕事ができるのも民間企業に就職をするメリットです。

仕事が楽しいと人生も楽しくなります。

 

もちろん仕事が楽しいか否かについては様々な要素がありますが

選択の幅が公務員よりも幅広い分、自分の興味のある職につける可能性は高いといえます。

 

 

〇公務員

 

①給与が安定している!

 

公務員として就職したい人はこのメリットに最も惹かれるのではないでしょうか?

給与システムもかなり厳密に決められており、非常に安定しています。例えば、公務員は勤続年数が長いほどに基本給が上がる仕組みです。年数関係なくばりばり給料を上げていきたい性格でない人にとってはありがたい制度だと言えるでしょう。

 

②失業リスクが極めて少ない

国の仕事のため、景気に左右されることはほぼありません。そのため失業するリスクが極めて小さいです。

 

 

③定時で帰れる

 

仕事が決まっている分、残業が少ないという点もメリットです。

私生活を大切にしたい人には向いているのではないでしょうか。

 

 

④社会的信頼が高い

 

公務員は一般的に非常に安定していると世間でイメージされています。その分、公務員は住宅ローンなどがかなり優遇されます。住宅ローンが最低金利で借りられたり、借入額の上限を高く設定できたりします。

 

 

3.民間と公務員、それぞれの就活の仕方

 

さて、民間企業に就職するのと公務員になるので、得られるメリットはわかったでしょうか。では実際にどのように就職活動をしていけばよいのでしょうか?

 

〇民間企業

 

民間だと業界や企業によって就職活動の仕方が変わってきます。

基本的にコンサル業界やテレビ業界などは比較的選考が早いとされています。

 

フローとしてはまずエントリーシートで企業に応募をします。次に通ったら筆記試験やSPIと言われる試験があります。そして面接が複数回あり、内定を得るといった選考です。

 

エントリーシートで切られる場合も多く、学歴に左右されるケースもあります。

 

また面接さえかぶらなければ、何社も併願して企業を受けることができます。その分非常にスケジュール管理が大切になってきます。

 

〇公務員

 

公務員になるためにはまず公務員試験を受けなければなりません。公務員試験の日程が異なれば併願は可能なので、複数の公務員試験を受験することもできます。

 

そしてその後に面接があります。公務員試験の内容が幅広く難易度も高いため、対策としては試験の比重がかなり高いです。そのため公務員を目指す人は早期から試験勉強をした方が良いと考えられます。

 

しかし公務員だからといって面接練習をしなくてよいというわけではありません。

民間企業などを受けていると場慣れするでしょう。

 

どちらに就職するか悩んでいる場合はまず両立すべきです。

そして次第に自己分析をする中で自分はどちらの方があっているかなどを考えながら決めていきましょう。

 

まとめ 後悔のない選択を!

 

今まで民間企業就職と公務員になるケースでそれぞれのメリットと選考方法を見てきましたが、いかがでしたか?

 

 

勿論安定も大切ですが、自分にとって人生を幸せに生きるために重要な要素は何なのか。自己分析をして向いているのはどちらなのか。そもそも安定とは何なのかを見ていきましょう。

 

もし悩んでいるのであれば、大きく見て、次第に狭めていくのがおすすめです。次第に就活をやっていく中で、決まってくると思います。また互いの選考のための準備も良い相互作用をもたらします。

 

どちらも中途半端になり、共倒れになるという最悪の結果になることだけは避けましょう。上手くスケジュール管理をして、就職活動をしましょう。

 

 

迷ったらジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 東京で就活する地方学生とは?メリット・デメリットなど
  • ガクチカでアルバイトの経験は書いていい?その際のテクニックは?
  • 就活の相談をするメリットとは?オススメできない相談相手も

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー