最終面接の結果待ち!連絡が来るまでにどれくらい待てばいいの?

おすすめ記事

最終面接の結果待ち!連絡が来るまでにどれくらい待てばいいの?

1.最終面接の連絡が遅れることは結構ある

 

全国の就活生も誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

「企業からの面接の結果の連絡がこない…」と。

面接の結果が遅れれば遅れるほど、学生の不安は高まっていきます。

 

就活生は忙しいです。

多くの企業の選考を受けていると合否の結果がすぐに来る企業となかなか来ない企業があり、就活がうまくいってないと、連絡が来ないことに対して非常にストレスがたまっていきます。

 

しかし、まず学生は「企業からの面接の連絡は遅れるものだ!」というマインドセットをしておくべきです。

実際企業からの面接の合否など連絡が遅れるケースはしょっちゅうあります。

 

ではなぜ最終面接の合否連絡が遅れることがあるのでしょうか?一緒にその理由と対処法を見ていきましょう。

 

2.結果連絡が遅れる理由

 

面接の結果連絡がこなくて、就活生はそわそわすると思いますが、面接の結果連絡が遅れる理由は何があるのでしょうか?遅れる理由を見ていきましょう。

 

2-1.学生が多い

まず一つ目に挙げられる理由として、人気企業の場合面接を受ける学生数が非常に多く、学生の精査に時間がかかること、があります。

 

多くの学生を選考にのせる企業の場合、そもそもの精査に時間がかかってしまうのと、結果に関しては全員を見てから判断したいというのが通常です。

そのため、全ての日程が終わるまで連絡が出せません

 

また企業の採用担当も人なのでそんなに早くは処理ができないのが現状です。

 

また企業によってはマンパワーがないため、採用担当者が多忙になり遅れる場合があります。企業側の都合もあるので、そこは理解しておきましょう。

 

 

2-2.不合格でも連絡無し

次に挙げられる理由として、不合格でも連絡が無いという場合があります。

基本的にはお祈りメールというものが送られてきますが、送ってこない企業もあります。

不合格になっている場合に企業によっては連絡を送らないところもある、つまり合格者にしかメールを送らないパターンがあります。

しかしながら、選考の段階で不合格の場合は連絡をしませんと言っている企業も多くはないので注意が必要です。

 

3週間ほど連絡が無い場合で、どうしても不安に駆られるのであれば、企業に結果についてのコンタクトをとることがよいでしょう。

お祈りメールに返信する必要はあるのか?

2-3.キープされている

 

面接の結果連絡が遅れる理由として最後に挙げられるのが、キープされているという可能性です。

 

通常企業は採用活動を始めるにあたって、採用予定人数を決めてから採用活動を始めます。しかし選考や内定を辞退する学生というのも一定数います。

 

そのため辞退者が出ることを考慮し、採用予定人数より多くの学生に内定を出します。

 

そこで内定辞退が相次いだ場合、当落線上に数名候補者をキープすることがあります。連絡の時期を採用担当がずらしているのです。

そのため学生に連絡を一旦せずにキープするということは企業としては致し方ないのです。

 

連絡が遅くなっても不合格ではない場合が多いので安心しましょう。

 

 

3.じゃあ学生側はどうすればいいの?

面接結果が来ないと学生も不安になり、他の企業の選考に集中できない可能性があります。そこで企業から面接の合否の連絡が来ない場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

3-1.メールか電話で問い合わせ

一つ目は思い切って連絡してみましょう。

企業が採用に関する事務連絡の運用を外注会社に任せているケースも多いため、その企業側の漏れの可能性も多くはないですが実際あります。

 

また実際にメールの不具合や社内でのオペレーションミスで連絡が届いていないこともあるので、問い合わせることは悪いことではないです。

 

では面接結果が欲しい学生は何で問い合わせるべきなのでしょうか?

最もすぐに連絡をとれる手段は電話です。

いつ企業側から正式な連絡が来るか、メールだと待たなければなりませんが、電話だとその場でわかります。しかし電話だと言葉遣いに気を付けましょう。

 

勿論メールでも可です。

埋もれてしまい相手が気づかない場合もありますが、とっさの電話が苦手な人はメールにすべきです。

 

採用担当者は一日に何十、何百通も就活生とやり取りします。そのためメールで送る際は気づいてもらえるよう、件名をしっかりと明記しておくべきです。

 

しかし企業側も結果通知はできるだけ早く送りたいものです。

催促メールを送られて嬉しい採用担当者はいません。そのためあまりにも遅い場合や、どうしても落ち着かない場合のみ催促メールを送りましょう。

 

 

3-2.目安を知っておく

 

面接の結果がなかなか来ないと不安ですよね。

 

では実際に通常最終面接の結果はいつ来るのでが一般的なのでしょうか?そこで一般的な通知が届く日数の目安を知っておくことは非常に重要です。

一般的に面接の合否通知が届く目安を一緒に見ていきましょう。

 

目安は大体一週間!

 

最終面接の結果が出て、連絡がくる目安は一週間と見ておいて良いです。

しかし他の企業に流れることを考慮し、できるだけ早めに連絡したいと考えています。

そのため約3日で電話が来ることが多いです。

 

早ければ早いほうが合格の確率が高いですが、遅れていても決して不合格が確定しているわけではありません。特に土日がはさんでいると遅くなるケースはあるので注意しましょう。

 

また郵送の場合もあります!

地方からの採用試験ともなると郵便物が到着するまでの時間がかかってしまうので、長めに待つようにしましょう。

企業側の郵送のメリットは内定承諾書やスケジュールなど重要な書類も送ることができます。

 

心配なら採用担当者に事前に聞くべし!

 

もしそれでも心配なのであれば、先に採用担当との面接の際や面談の際にどれくらいの目安で連絡が来るのかを聞いておくのが良いです!

そうしておけば、安心できます!もちろん、このようなことが聞いても評価が下がることはまずありません。採用担当者に聞きましょう!

 

しかしあくまでも目安です!

この期間に来ない場合もありますので、注意しましょう。

 

まとめ

 

まずは自分で動くこと!

 

最終面接の結果の通知について説明してきました!いかがでしたでしょうか?

 

最終面接の結果の通知が遅いと、日々就活に勤しんでいる就活生は色々とストレスがたまっていくものです。本気であればなおさらです。

 

しかし企業も新卒で就活生を採用するのは重大な決断です。なのでがすぐに合否の結果が出ないことはしょうがないことです。

そして最終面接まで進んだ学生を雑には扱わないものです。

 

そこで相場感を知ることは非常に大切です。どう対応すべきなのかなどを知っておくだけで、心理的ストレスが全く違います。大きくドンと構えて、悪い方向にだけ考えないでおきましょう!

 

そして待っているだけではなく、本当に志望度の高い会社であれば自分から動くことがかなり大事です!

そうやって動くことで、心理的な不安も解消しますし、相手には必死で真摯な印象を伝えることが出来ます。

もし遅いなと感じることがあるなら、待たずに自分から動きましょう!

 

 

 

選考対策ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 「就活のお金がない、どうしよう」に答えます!
  • 【2020年1月版】就活と景気の関係について解説します
  • 就活における「お礼メール」の必要性とマナー

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー