インターン面接は目的意識が勝負!自分の理想のインターンキャリアを積むためにすべきこと

おすすめ記事

インターン面接は目的意識が勝負!自分の理想のインターンキャリアを積むためにすべきこと

1.今やインターンが当たり前の時代に

近年、就活をする中での企業インターンシップって増えてきていますよね。リクルートキャリアの「就職白書2018-インターンシップ編-」によると新卒採用を実施している企業のうち、2017年度にインターンシップを実施した(予定含む)企業は68.1%と、2016年度の59.4%より8.7ポイント増加し、2018年度に実施予定の企業は73.7%と、2017年度よりも5.6ポイント増加する見通しです。一方、学生はというと2018年卒学生のうち、インターンシップ参加者は55.2%と、2017年卒より11.5ポイント増加しています。更に2016~2018年度いずれかで、インターンシップを実施もしくは実施予定の企業に、実施期間(主なもの)を尋ねたところ、いずれの年度においても「1日」が最も高く、2017年度(予定含む)、2018年度(予定)では半数を超えていることがわかりました。加えて近年は長期のインターンシップも増加し、インターンシップの形は多種多様化していることが伺えます。

2.インターンシップの目的とは?

では、そんなインターンシップを就活生はどう捉えれば良いのでしょうか?

企業側と就活生側の2つの視点から解説していきます!

 

2-1.企業側からみたインターンの目的

 

まずは企業側を見ていきましょう。

「企業」がインターンシップを行う目的はなんなのでしょうか?答えは大きく3つです!

 

1つ目は企業の知名度向上のためです。

食品メーカーや携帯会社などの大手・有名企業いわゆる東証一部上場企業は、CMなどの広告媒体に大きな資金を投じ、積極的に活用しているため、一般的にも知名度があります。しかし、日本にはそれ以外にも多くの企業が存在し、ましてや東証一部上場企業などごく一部にすぎません。実は日本国内には、約400万社の企業が存在すると言われています。毎年「知名度がある企業」に多くの就活生の応募が集中するため、企業にとっては「どのように学生の中で認知度をあげるか、興味を抱いてもらえるか」ということが優秀な学生を採用するための鍵となるわけです。つまり、インターンシップは企業が学生に対して「ブランド」を作ると言う観点で非常に重要な施策なのです。

 

2つ目は採用開始時の学生エントリー数を増やすためです。

企業は就職活動の選考で、より優秀な学生を採用するために一人でも多くの学生に自社の選考を受けてほしいと考えています。採用の早期化など毎年変化し続ける環境の中でより多くの学生に出会うために、企業は実際に選考を開始する前から学生に対して自社の新卒採用をPRする必要があります。そのPRの手段の1つとして多用されるのが、インターンシップです。インターンシップは一般的に大学生の夏休みや冬休みなど、長期休暇の期間に開催されるため様々な地域の学生が参加することが可能です。実際に「夏休みを利用して、沖縄や九州から東京の企業のインターンに参加した」という学生も毎年多くいらっしゃいます。企業にとっては、そういった遠方に住んでいる学生と直接会うことができるのがインターンシップであり、自社をPRする「コンテンツ」としてはインターンシップが非常に有効となるわけです。また、インターンシップは「就職活動の入り口」とも言われています。企業にとっては、インターンシップを通じてその年の学生の傾向をつかむ市場調査を兼ねています。毎年、社会情勢や景気状況によって就職活動には「人気業界」のトレンドが存在します。「今年はIT業界が人気」「今年の学生は安定志向」など学生の傾向を把握することで、人事にとってはより良い新卒採用の戦略を立案することが可能となるのです。また、インターンシップに参加した学生とのリアルなコミュニケーションを通じて、自社が打ち出しているPR資料(会社説明会の内容やパンフレットの内容)をより魅力的な内容に改善する機会にもなります。

 

3つ目が優秀な学生を青田買いするためです。

本来の目的は「職業体験」という意味を持つインターンシップですが、先ほども記載した通り、企業にとっては「学生と出会う場」でもあります。そのため、優秀な学生がインターンに参加してもらい、唾をつけておきたいと思う人事の思惑が存在するのも事実です。実際に、外資企業やベンチャー企業、大手企業の中にはインターンシップ参加学生に対して「早期特別選考」などの通常フロー(リクナビやマイナビでの応募)とは別の採用フローを案内している企業も存在します。こういった企業の中には、インターンシップを通じて優秀な学生を見つけることで学生の「青田買い」をしたいと考えているケースがあります。またインターンシップの課題を通じて学生を評価するため、「面接」「エントリーシート(ES)」ではわからない学生の「個性」を把握できるため、自社によりマッチした学生を見つけることが可能だということも理由の1つと言えます。

 

2-2.学生側からみたインターンシップの目的

 

では、「学生」がインターンシップを行う目的はなんなのでしょうか?こちらも理由は大きく3つではないでしょうか。

 

1つ目は就活が有利になることです。

一部の外資企業や大手企業を中心に「インターン参加者」に対して、インターン後に「特別選考」を案内する企業が存在します。実際に「サマーインターンシップ」「ウィンターインターンシップ」の参加者の中から内定者が出ることは珍しくありません。インターンに参加した企業にご縁がなくとも、そのインターンで得た知識は同業界の企業でも役に立つ知識となります。「志望業界」「志望企業」がすでにある学生にとっては、インターンに参加した経験は就職活動でも非常に有益です。こういった就職活動早期には、学生間でも「志望度」や「業界理解(知識)」に大きな差はそこまでないため、すでに行きたい企業がある学生にとっては、自分の意欲をアピールする機会にもなるため、意識を高く持っている学生からしてみれば絶好のアピール機会だと言えるでしょう。

 

2つ目は成長できることでしょう。

学生にとって、初めて「ビジネス」に関わることができるインターンシップ。視野を広げ、知識を得ることができる機会となるインターンシップには、成長機会がたくさんあります。サークルやアルバイトなどとは、違った経験を通じて多くの経験を積むことができるということもインターンシップの良いところです。また、「興味がなかった業界」「今まで知らなかった仕事」を発見することもできるため、就職活動の軸が定まっていない方にとっても、将来を考える貴重な経験になります。さらに業界研究や企業研究にも繋がるため、皆さんもインターンシップで「知識」「経験」「考え方」など様々な観点から成長することでしょう!

 

3つ目は人脈作りではないでしょうか。

大学生活では出会えない「社会人」や「同年代の学生」と知り合うことができるのもインターンシップの魅力のひとつです。インターンシップでは会社の人事だけでなく、実際に現場で働いている社員とも関わる機会があります。インターンシップで知り合った社員と関係の維持を行うことで、その後のOB訪問、OG訪問の機会に繋がるかもしれません。また、同じインターンシップに参加する学生と知り合うことができるのも、インターンシップのメリットです。インターンシップで知り合った学生は、志望業界など同じ志向性を持っているケースが多くあります。就職活動後も選考などで実際に顔を合わせることも出てくるかもしれません。同じ会社に就職しなくても、同業界に就職し、仕事で取引先となることもあり、就職活動で知り合う友人は非常に重要な存在です。

3.「インターンシップは就職活動のため」はNG?

先ほど企業側と学生側の両側面からインターンシップの捉え方を解説しました。ニュース等の影響からか学生は「インターンシップ=選考会」と捉え、選考の突破や内々定をもらえるのではと過度な期待をしてしまう傾向があります。しかし、企業の意図に青田買いがあることは事実ですが、それが全てではない。基本は企業のPR活動だということを頭の片隅に入れておくべきです。

4.インターンシップの面接では「目的意識」が何より問われる

インターンシップの面接の特徴として、目的意識が問われる質問が多いという傾向が挙げられます。これは先ほどの話にも通ずるものですが、インターンシップは選考会ではないので参加の目的を聞き、沿わない人間を省く必要があります。具体的には就活を見据えていることや、内定をゴールとして参加している参加者が挙げられます。インターンシップを通じてどういった成長を得たいのか、社会に対してどう貢献していくのか、自分のキャリアの1ページを描こうとしているのかをストーリーとして語ることが何よりも大事です。

5.インターン面接でよくある質問例

ではここからは具体的に面接内容や質問としてどんなものが挙げられているのかを提示していきます!

 

5-1.「自己PRをお願いします。」

 

よくある質問ですよね。この質問の意図は実は3つあります。

まず、あなたの人柄を知るためです。インターンや新卒採用では、スキル以上に人柄やポテンシャルを重視した採用になるため、「どのような個性を持った人か?」を見抜こうとします。個性を理解してもらいやすくするためにも、あなたの一番の強みを堂々と伝えましょう。

次に、企業で活躍するために必要になる長所やスキルを持っているかを知るためです。営業職であれば強い精神力やバイタリティ、システムエンジニアやコンサルタント職であれば論理的思考力、事務職であればコツコツと緻密な作業を努力できることといったように、職種や企業によって求められる長所やスキルは様々です。面接官は自己PRで長所をヒアリングすることで、仕事に適性がありインターンでも活躍してくれるかどうかを予測します。

そして、最後はスキルのレベルを知るためです。大会やアプリなどの開発、TOEICなどテストの実績は、客観的にスキルのレベルを図るための基準となります。インターンではそこまで実績は重視されないものの、面接官は自己PRでエピソードを聞くことで、しっかりとスキルを持った人材だと判断します。今までに何か実績を残している場合は、余すことなくアピールするようにしましょう。

 

2-2.「なぜ弊社のインターンに参加したいのですか?」

 

志望動機を問う質問は、中途半端な気持ちではなく、インターンの内容を理解して本気で参加しようとしているかを確認するために行われます。インターンを受け入れる企業はインターン生に教育等の面倒が発生します。有給インターンの場合は給与を支払うなど、あらゆる面で企業側に負担が発生します。それだけのコストをかけても問題ない人材かのかを見極めようとするのです。回答する際は、志望企業のインターンの内容やビジネスで何を重視しているのかについて事前にしっかりと調べておき、それらに絡めて志望動機を伝えましょう。また、将来どのような職種への就職を考えているのか、そのためにインターンでどのようなスキルを身につけたいのか、といったことも整理して筋道立てて伝えると、格段に説得力が増します。

 

2-3.「インターンに採用されたら何をしたいですか?」

 

採用後に何をしたいのかという質問も、志望動機を確認する意図が込められています。インターンに参加したら何をすることになるのか理解していないままの人を受け入れると、教育や指導の時間と手間がかかってしまうので、企業としては好ましい状況ではありません。対策としては、インターンの内容はホームページを熟読して把握し、職種や業界研究をして働く姿を具体的にイメージしてみましょう。そして、インターン内容のどこに魅力を感じ、何を成し遂げたいのかを伝えると、面接官に好印象を与えることができます。また、希望するインターンや仕事内容に興味を持った理由となるエピソードがあれば、それも絡めて答えることで熱意がより伝わるでしょう。

 

2-4.「学校では何を勉強しているのですか?」

 

あなたの人柄や能力を知るために、学校生活のことを質問されるケースも多々あります。この際、選考している学部や学科の知識がなくても理解できるよう、分かりやすく内容を説明することが重要です。インターンの参加理由に結び付けたり、大学で学んだことに対して自分はどう感じているかを伝えたりして、学業に真剣に取り組んでいることをアピールしましょう。例えば、情報技術系の学部でIT企業のインターンに参加する場合など、大学で学んでいることとインターンの関連性が強い場合には、大学で学んだことをインターンで活かし、実践的なスキルを身につけていきたいことをアピールしてください。そうすることで、インターンの参加理由は強く裏付けられますし、仕事で必要になる基本的なスキルが身についていることを伝えられますので、選考でも有利になるはずです。

 

2-5.「インターンの期間や勤務日数の希望はありますか?」

 

長期インターンの場合、インターンの募集要項を事前に確認した上で、それを満たした参加期間や勤務日数を回答します。一見事務的な質問のように思われますが、どの程度の期間、どのくらいのシフトで参加できるかは、インターンのカリキュラムを組んだり、今後の採用活動をどうするか検討したりする上で非常に重要になります。仕事の相性を見てから長期間参加するか決めたい場合は、「まずは3か月間チャレンジして、再度どうするか判断してもよいでしょうか?」と正直に伝えることをおすすめします。そうすることで、企業側もインターンの進め方を考えやすくなるためです。なお、ここで伝えた期間や日数はきちんと守れるよう努力してください。採用されたいがために、自分のキャパシティを超えた日数を伝えて、それを達成できないと印象が悪くなってしまいます。

6.小手先のテクニックはすぐ見破られる

質問例を挙げて面接官の意図等などを解説しましたが、だからと言って自分を良く見せようとしてカモフラージュする学生が多々います。しかし、そんなことができるほど面接官は甘くありません。会社の命運をかけて、そして己の首(クビ)をかけて本気で私たちに向き合ってくれるからこそ、小手先の技術はすぐに見破られてしまいます。小手先の技術を磨くよりも自分自身を磨くことに集中していきましょう!

7.バイトやサークルでもできる目的意識を醸成する方法

これまでの流れで就職活動においても、インターン選考においても目的意識を形成することを痛感した方がいらっしゃるかもしれません。ではどうすれば形成することが可能なのでしょうか?日々の活動の中で形成することが目的意識の形成にとっての鍵です。バイトやサークル活動をみなさんはどう捉えていますか?大きく3つのパターンに分けられると思います。

パターン1「仕事=作業」と捉えている人は、言われた通りに作業をしている人と言えるでしょう。作業の結果(作業時間または作業量)が重要と考えているはずです。

パターン2「仕事=成果物」と捉えている人は、言われた仕事の先にある成果物を考えており、その成果物から逆斬して、今の作業の重要性を考えることができると言えるでしょう。成果物の納品が重要と考えているとも言えます。

パターン3「仕事=人を喜ばすこと」と捉えている人は、成果物によって、どのように人を喜ばせることができるか、と考えて作業を行っている人と言えるでしょう。成果物によって、何を成し遂げられるのか、が重要と考えているとも言うことができます。

 

あなたは今どの段階にいますか?

パターン1もしくはパターン2だった方はさらなる高みを目指して今与えられている仕事の先を見据えてみてください。パターン3だった方は、自分が見据えている世界をどうやって人に共有するかを考えてみましょう。世界を共有しなければ同じものを目指すことはできませんし、ましてや面接官の人たちに伝えることは難しいことです。これらのことを目指すために日々の思考のトレーニングが必要ということを忘れないでください。また日常の中で人に自分の目的を伝えることを繰り返してみても良いかもしれない。特に大学生活の中で例を挙げるとするならばサークルやアルバイト先などが良いかもしれません。

8.当たり前のことは当たり前に

目的意識を持った主張ができた、OKということではありません。ビジネスマナーを忘れがちな人が多いです。大学生活で頑張ってきたことなどへの備えはするのですが、社会人としてのマナーがなければ話になりません。是非このまま読み進めて服装と一緒に学んでしまいましょう!

ビジネスマナーは、社会人が働く上で必要とされるマナーです。ビジネスマナーの例としては、「挨拶をする」「時間を守る」「公私混同をしない」などがあげられます。ビジネスマナーを知らないと、仕事で関わる相手を不愉快にさせ、悪い印象をあたえてしまうことがあります。商談がうまくまとまらなかったり、社内であっても協力を得られなかったりと、業務を円滑に進める上で多くの不都合が生じる可能性があります。ビジネスマナーを身につければ、不要なトラブルを避け、業務を円滑に進められるようになります。また、マナーを意識することは相手への敬意につながるため、仕事相手と良好な関係を築けるようになります。人間関係が良好だとさまざまな場面で協力を得られるようになり、自分の仕事をよりスムーズに進めることができます。

ここでは、詳しくは触れませんが、自分で能動的に調べてみてください!

まとめ

明確な目的意識を持ってインターンの面接に臨むことが大切です!そして、目的意識だけではなく基本的なビジネスマナーなどの他の部分にも目を向け、しっかりと備えましょう。そうすれば必ず良い結果が返ってくるはずです。この記事を読んだあなたに幸運が訪れることを願っています。

 

自己分析・面接対策ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 就活面接の逆質問への対策と考え方を解説!
  • 新卒でフリーランスになるのは無謀なのか?メリットとデメリットを比較!
  • フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年10月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活動おすすめな5つの理由

  3. 3

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    スーツケースを持って就活ってアリ?ナシ?東京で就活時に知っておきたい荷物の預け先!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー