資格があると就活が有利になるってホント?資格の活用方法まとめ

おすすめ記事

資格があると就活が有利になるってホント?資格の活用方法まとめ

1.「資格があると就活が有利になる」は本当?嘘?

 結論から言えば、資格があるだけ、では有利にはなりません。なぜならば、企業は、新卒の学生が持っている資格について、あまり関心がないからです。ただし、専門職を除きます。「就職白書2018」(株式会社リクルートキャリアが公表)によると、「取得資格」を重視する企業は、全体の8%しかありません。

 

 

 ずばり企業が重視しているのは、これから会社で活躍してくれそうかといった、「ポテンシャル」なのです。その証拠に、同じく「就職白書2018」によると、採用時に重視する点として、「人柄」が92%とダントツの1位となっています。その次に「企業への熱意」が78%、「今後の可能性」が66%と続きます。つまり、資格の有無は、採用にあまり関係がないのです。

参照:就職白書2018

2.自己PRの方向性によっては資格が有利に働くことも

 かといって、就活において資格にまったく意味がないわけではありません。自己PRの方向性によっては、資格が有利に働くこともあります。自分の性格や興味などを示す上で、客観的な指標となってくれるため、使い方によっては効果的です。

 たとえば、資格取得のきっかけや過程を示すことで、目標に対して適切に努力や行動ができることをアピールできます。また、取得した資格が志望業界に関係があるものならば、業界への興味や志望度の高さをアピールすることもできます。

 資格を持っていることは、確かにアピールに繋がりますが、就活のためだけに取る必要はありません。それよりも、なぜその資格を取ろうと思ったのか、取るまでにどんな行動をとったのか、ということの方が大切です。このことをしっかり整理、言語化して、自分の「人柄」や「企業への熱意」のアピールにつなげましょう。

3.就活でのおすすめ資格4選

 以上を踏まえた上で、就活においておすすめの資格を4種類ご紹介します。おすすめする観点としては、現実的に取れるかどうか、それぞれの目的においてかなりメジャーなものかどうか、この2点です。志望する業界や職種よっては、持っていた方が良い資格もあります。ですので、自分にとってどのような資格が必要で、その資格はどんなものか考えるためにも、参考にしてください。

 

3-1.おすすめ資格1:TOEIC/TOEFL

 

 英語系の資格です。知名度が高く、受けたことがあるという方も多いのではないでしょうか。TOEICとTOEFLは、どちらも英語コミュニケーション能力を測定するためのテストです。おおまかには、測定される技能数、出題範囲、受験者の目的といった点が異なります。違いを簡単にご紹介します。

 

TOEIC

 

 

・リスニングとリーディング(各495点)、990点満点

・出題範囲は、日常生活やビジネスの場面

・就活や、昇進のために利用する人が多い

・日本での知名度が高い

 

TOEFL

 

 

・リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング(各30点)、120点満点

・出題範囲は、日常生活やビジネスの場面に加え、人文科学などアカデミックな問題

・海外留学のために利用する人も多い

・世界的に広く利用されている

 

 どちらの資格も、全就活生におすすめできます。受けている人が多く、勉強の方法も確立されてきているので、挑戦しやすいですし、適切に努力できることをアピールすることも可能です。また企業によっては、点数が採用要件となっていることもあります。志望業界や職種にもよりますが、TOEICならば、600点以上を目指すと良いでしょう。海外で働きたいといった方には、世界的に利用されているTOFELも合わせて、挑戦すると良いでしょう。

 

3-2.おすすめ資格2:基本情報技術者

 

 

 これは、プログラミングに関する資格です。この基本情報技術者の資格は、実務に役に立つレベルのものです。採用要件とまではいきませんが、業務に関連する事例を知る目的で、勉強しておくのも良いでしょう。単なる知識を問う問題ばかりではなく、実践的な問題も、出題されます。また、客観的に関連知識を習得しているかどうか測るために、資格が用いられることもあります。そのため、エンジニアを目指す方にとっては、取得しておいて損のない資格であると言えます。ただし、取得のために500時間かかるとも言われているため、ある程度の勉強量は必要です。

 

3-3.おすすめ資格3:日商簿記

 

 

 これは、会計系の資格です。特に、経理や財務などの専門的な職種につきたいと考えている人におすすめの資格です。簿記とは、簡単に言うと、帳簿にお金や財産の取引の記録をつけ、企業活動をお金の流れから把握するものです。

 

 1級、2級、3級、初級、原価計算初級、この5つの階級に分かれています。低級は、社会に出るにあたっての教養として取得するのが良いでしょう。専門的な職種を目指す方は、2級以上をおすすめします。さらに、1級を持っていると、企業からかなり評価されます。というのも、学生で1級を持っている方があまりいないからです。しかし、非常に難易度が高いので、相当な勉強時間と計画性が必要になるでしょう。

 

3-4.就活でのおすすめ資格4:興味のある分野の変わった資格

 

 自分の興味関心に対して、勉強したくなるほど突き詰めたい人間だという方は、一風変わった資格の取得をおすすめします。履歴書やESに書かれた、他の学生とは異なる資格が、企業の目にとまったり、会話の糸口になったりする可能性もあるでしょう。

 

 具体的に言うならば、食品や旅行業界など、周辺資格がある業界は、それらを取得することで、志望度の高さをアピールできます。また、自分が目指す企業がが関わっている資格を取得し、熱意をアピールできることもあるでしょう。この他にも、様々な企業や団体が主催している資格があるので、目指したいものがあれば探してみましょう。

4.就活で資格について嘘をつくとどうなる?

 就活で、資格について嘘をつくと、信用できない人間だと判断されるだけです。資格に限らず、嘘をつけば、そういう判断をされます。当然不合格です。仮に、嘘がばれずに合格できたとしても、最終的に苦しくなったり、損をするのは自分自身だと思います。就活において、資格を持っていても有利にはなりません。したがって、アピールする資格が無いのであれば、履歴書やESは空欄で構いません。それ以外の面で、アピールすることを見つければ良いのです。

まとめ

「就活のために資格をとる」必要はない

 

 就活のためだけに、資格を取得する必要はまったくありません。まずすべきは、自己分析や業界研究、あるいは面接練習など、自分にとっての優先順位を決めることです。それらに十分に取り組んだ上で、興味のある分野のものがあり、時間に余裕があれば、勉強してみましょう。もちろん、資格を持っていることがマイナスになることはないので、取得した資格を使って、上手に就活を進めていってください。

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • インターン面接は目的意識が勝負!自分の理想のインターンキャリアを積むためにすべきこと
  • インターンシップに落ちたら本選考も落ちる? これって勘違い?
  • 就活における企業の選び方!基準5選と軸の固め方

RANKING 人気記事

  1. 1

    【地方学生必見】上京就活がグッと楽になる!「手間省略・金節約・場所確保」をかなえるサービス【まとめ】

  2. 2

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  3. 3

    地方就活生サイコー!どさんこ女子大生の「“地方在住”を生かした上京就活」

  4. 4

    上京就活って終わるまでいくらかかった?

  5. 5

    他の学生の「内定状況」なんて、気にしても仕方ない。

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー