秋採用は厳しい?企業の探し方とやり方のコツ

おすすめ記事

秋採用は厳しい?企業の探し方とやり方のコツ

1.秋採用とは?

秋採用とは、通常春から夏にかけて行われることが多い採用活動に対して、その名の通り秋(9月~11月末頃まで)に行われる採用のことを表します。

しかし、「秋採用」という枠のみで採用活動を行っているというより、

「通年で採用を受け付けているため、秋以降の採用も可能である」

といった企業が一般的。

 

秋採用を行なっている企業は、通年で採用を行なっている大手企業の他に、採用枠が大きいために枠が余ってしまった大手企業の子会社や、大手と比べて採用力が強くないベンチャー企業などが挙げられます。

また、採用時期にこだわらないことによって、「型にはまらない優秀な学生」を発掘する目的で、先進的な大手・外資企業や優良・上場ベンチャー企業等も秋採用を実施しているケースも多いです。

2.秋採用の厳しい点

秋採用には厳しい点もあります。

秋採用をしている企業は全体の半数ほどであるため、自力で企業を探すことが難しくなってしまうのです。

また、採用枠も春採用の1/10以下にグッと減少するので、倍率も高まってきます。

3.秋採用の有利な点

一方、秋採用の有利な点としては、春採用と比べて優秀なライバルの数が少なくなるという点が挙げられます。

 

大多数の優秀な学生は春採用のタイミングで内定先を決めていく為、秋採用まで続ける学生の中に優秀層がいる確率は減ってきます。

学生の質だけでなく選考を受ける学生の全体数も減少する為、かなり有利に就職活動を進められるでしょう。

 

さらに、春採用時に貰った内定に満足しきれずに就活を続けている学生たちも、内定を持っていることで心に妥協する気持ちが生まれ、秋以降は手を抜いてくる場合が多いです。周りの学生が油断している時こそチャンスです。

 

また、この時期になると、企業側が採用活動に焦っているというところも、秋採用の有利な点の1つとして挙げられます。

企業の人事も、採用目標人数を達成するために必死だからです。

 

目標値達成のために、企業側はさらに気合いを入れて採用活動を進めてきます。そのため、春よりも採用基準が下がったりと、非常に内定が出やすい時期と言えます。

4.秋採用の進め方

さて、ここからは秋採用の進め方を紹介していきます。

まず、秋採用は上記で挙げた通り難しい点が多く、1人きりで進めると迷走してしまう可能性が高いです。

 

実際に秋採用から内定をとった先輩に話を聞いたり、就活エージェントを頼って二人三脚で進めていくなどの対策を取り、出来るだけ1人で進めないようにしましょう。


4-1.今までの就活の振り返り

 

続いて、秋採用を進める上での具体的な施策をポイントに分けて紹介します。まずは、今までの就職活動の振り返りを徹底的に行うことです。

 

留学していた人や公務員志望だった人、大学院に進学するつもりだった人などを除いて、春採用までに就職活動が上手くいかなかったのにはそれなりに原因があると思います。

企業研究不足だったのか、業界業種を絞りすぎていたのか、面接やESの出来の問題なのか、など様々な観点から就職活動を振り返って、上手くいかなかった原因をもう一度考え直してみましょう。

 

4-2.自己分析

 

次に、自己分析です。

ここで大切なことは、まずは希望業種や業界などを考えずに、企業で働く上で何を大切にしたいのかなど抽象的な概念から具体的に落とし込んで考えていくということです。

 

春採用で失敗している学生の多くが、

「とりあえず希望業界を決めて、その業界に属す全ての企業にエントリーシートを出して、通ったところの選考に進んでいく」

というやり方をしている印象があります。

これではそれぞれの企業がどのようなフェーズで、どのような理念を持っているのかも把握できず、例え選考に進んだとしても最終的に辞退してしまったり、モヤモヤとした気持ちで面接を受けにいくことになってしまいます。

 

ネームバリューや業界を重要視するよりも、

・どのように働きたいのか

・どんな社会人になりたいのか

など抽象的な概念から考えて就活軸を決めていくことで、思わぬ発見があるかもしれません。

 

4-3.軸にあった企業探し

 

軸が定まったら、次は秋採用をしている企業の中から軸に当てはまる企業を探していきます。

ネットの情報だけでは分からないことも多いので、実際に足を運んでみることが大事です。足を運んで確実な情報を集めるからこそ、闇雲にエントリーせず、自分の軸に本当に合う企業を慎重に探していくことが鍵です。


4-4.選考対策

 

選考に進みたい企業が決まったら、続いては選考対策です。

 

秋採用の面接で聞かれる内容には、決まったパターンがあります。

それは、

「なぜ最初から選考を受けなかったのか」

「なぜ現在も就活を続けているのか」

など、過去の就職活動についての質問です。

 

企業側も、採用枠が多い春採用までに就職活動を終えなかった理由が最も気になるのです。

この質問に対して、今まで就職活動が上手くいかなった理由や現在持っている内定に満足していない理由等を反省点や改善点を交えながら明確に述べることができれば、かなりポイントが高いです。

 

反対に、就職活動が上手くいかなかった理由や、今まで受けてきた企業に感じている違和感を言語化できず「なんとなく」「何もやっていなかった」などの発言をしてしまうとかなりマイナスに印象づけられてしまう、と言えるでしょう。

5.秋採用を行なっている企業の探し方

5-1.狙い目の会社

 

続いて、秋採用を行なっている企業の中でもかなり狙い目の会社の探し方を紹介していきます。

まずは、大学に求人を出している企業です。

企業側から大学に求人を出しているということは、その大学に在籍する学生を企業側も欲しているということになります。そのため、選考通過の確率はかなり高くなると思われます。

企業によっては、ネットやナビサイトには求人情報が載っていなくても、大学の求人経由だと面接を行なってくれるケースもあります。就活課やキャリアセンターからの情報はこまめにチェックしておくと良いでしょう。

 

次に、大手企業のグループ会社が挙げられます。

グループ会社は福利厚生や待遇は大手企業と同様ですし、経営も安定しています。その割に大手企業に比べて選考難易度は高く無いのでまさに狙い目と言えるでしょう。

 

最後に、ベンチャー企業などの隠れた優良企業が挙げられます。

ベンチャー企業は大手企業に比べて採用力が高く無いため、例え商品やサービスが世界トップシェアを誇るような優良企業であっても、採用活動に苦戦しているケースが多数見られます。

知名度が低い企業の中でも優良企業はたくさん存在しますので、しっかりと企業分析を行なって自分にとって優良な企業を発掘していきましょう。

 

5-2.就活エージェント

 

続いて、就活エージェントを使って探す方法を紹介します。

繰り返し記述している通り、秋採用を行う企業の中で、自分の就活軸とマッチする企業をたった1人で見つけ出すのは至難の業です。

大手企業ならまだしも、優良中小企業までを含めるとその数は膨大でさらに難易度が高くなってきます。そんな時は、就活の様々なエージェントを利用して自分にあった企業を紹介してもらいましょう。

 

就活エージェントがつけば、自己分析や就職活動の振り返りも客観的に行うことができますし、行き詰まったり悩んだりしたときに頼る相手がいるだけで精神的にも楽になります。

6.おすすめ就活エージェント

6-1.ジョーカツ

就活エージェントの中で、まず最初におすすめしておきたいのが「ジョーカツ」です。

東京の成長優良企業300社以上の中から、あなたにあった企業を厳選して紹介してくれます。また、専任のキャリアアドバイザーもつき、就活の相談にも逐一乗ってアドバイスをしてくれます。

さらに、地方に在住の学生にはシェアハウスや交通費の支援もしてくれます。利用料金はもちろん無料。学生にとってデメリットが1つも見当たらないので、使わない手はないでしょう。

 

就活シェアハウスについては詳しくはこちらもどうぞ!

【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

 

 

6-2.キャリアパーク就職エージェント

 

続いて、キャリアパーク就職エージェントです。

年間1000人の学生と面談をして内定に導いてきたエージェントが専任で、あなたにマッチした企業を紹介してくれます。また、上場企業が運営しているサービスであるため、安心してサービスを利用することができます。

 

6-3.duda新卒エージェント

 

続いてduda新卒エージェントです。

4000社以上の求人から紹介を受けられるため、幅広い業界業種に対応しています。また、選考の合否だけでなく、その理由まで明確にフィードバックを受け取ることができるので、選考を受けながら自分を磨きあげることも可能です。

今まで利用してきた学生の満足度も非常に高いです。

 

6-4.就職エージェントneo

 

最後に、就職エージェントneoです

国内大手、外資、優良ベンチャーなど、幅広い求人の中から企業を紹介してくれます。また、全国各地にオフィスがあり、サポートが受けられるため、地方在住の学生も地元でサービスを利用することができます。

 

 

7.就活エージェントの選び方

様々なエージェントを紹介しましたが、都内在住の学生であれば、この中から自分の興味のある業界や層の会社が紹介できそうなエージェントを選択するのがいいでしょう。

地方在住の学生であれば、大手が必須ではなければ総合的にジョーカツがおすすめです。大手企業志向の学生であれば、就職エージェントneoなら大手企業の求人もあります。

自分に合ったエージェントを選択し、就職活動を有利に進めてみてください。

 

そのほかの就活エージェントについては、こちらの記事もどうぞ!

厳選!地方学生にオススメの就活サービス6選・就活スケジュールの組み方

 

8.まとめ:秋採用こそ焦らず自分らしく!

今までの就職活動がうまくいかず、焦ったり、不安に思う気持ちがあると思います。

ですが、秋採用こそ、焦らず自分らしくを大事にしましょう。

 

秋採用は難しい点も多いですが、その分ライバルが少なく、思わぬ優良企業から内定をもらえるチャンスがまだまだ十分にあります。

今までの就職活動をしっかりと振り返り、秋採用に活かしていきましょう。

 

冬採用については、こちらの記事もどうぞ!

諦めるのはまだ早い! 冬採用のポイントと対策

 

秋・冬採用ならジョーカツ へ!

 

都内8箇所に完備された完全無料のシェアハウス。

新築・鍵付き個室・男女別棟で初めての方でも安心!

交通費15,000円も支給されるのはジョーカツ だけ!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 東京で就活する地方学生とは?メリット・デメリットなど
  • ガクチカでアルバイトの経験は書いていい?その際のテクニックは?
  • 就活の相談をするメリットとは?オススメできない相談相手も

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  3. 3

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー