就活はいつから始めるべき?最新のスケジュールと対策を徹底解説

就活はいつから始めるべき?最新のスケジュールと対策を徹底解説

2024年2月7日更新

はじめに

「就活はいつから、何から始めればいいのだろう?」

このような不安を持っている学生もいるのではないでしょうか。

この記事では以下の内容を解説しています。

 

  • 就活の準備を始める時期
  • 就活のスケジュール
  • 就活を成功させる方法

 

記事を読むことで、就活に取り組むべき時期や、やらなければいけないことが分かりますので、ぜひ最後までお読みください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

就活の開始時期

就活 開始時期

就活の準備はなるべく早い方がいいです。

それは余裕を持って行動することで、さまざまな企業を調べることができ、自分に合った就職先に出会える可能性が高まるからです。

ここでは就活の開始時期について解説します。

就活はいつから始めるべきか

就活は、大学3年の5月頃から始めるのが一般的で、その理由は、6月から企業のインターンシップ応募が始まるためです。

インターンシップに参加することで、実際に働くイメージを掴んだり、自分の興味や適性を確認したりできます。

また、企業から直接フィードバックを受けられることも大きなメリットです。

この時期に合わせて自己分析や業界研究、企業研究を行うとよいでしょう。

計画的に就活を進めることで、他の学生に遅れを取ることなく、就職活動を進められます。

遅く始めた場合の対応策

就活を遅く始めた場合、焦りや不安で気持ちが落ち込み、「就活に失敗してしまうのではないか」と不安になることもあるでしょう。

しかし、最後まで諦めずに努力すれば、挽回することは可能です。

具体的には、以下の3つのことを意識しましょう。

1.最後まで諦めない

就活は長い戦いです。途中で挫折しそうになったとしても、最後まで諦めずに努力することが大切です。

2.遅れた分、他の学生より努力する

遅れてしまった分、他の学生より多くの時間をかけて準備をする必要があります。

自己分析や業界研究、企業研究をしっかりと行い、自分をアピールできるだけの力を身につけましょう。

3.スケジュールを管理する

就活は、企業説明会や面接など、さまざまなイベントに参加する必要があります。

スケジュールをカレンダーアプリなどで管理して、優先度の高いものから取り組みましょう。

参照ページ:2024年(令和6)年度卒業・修了予定者等の就職・採用活動に関する要請

就活のスケジュール

企業別の就活スケジュールについて紹介します。

経団連に加盟している企業の就活スケジュール

経団連に加盟している多くの企業は政府主導のルールに従って下記のスケジュールを取り入れています。

就活 スケジュール

引用ページ:徹底解説!2025年卒就活スケジュール・インターンシップ等最新情報

大学3年生の3月から多くの企業が採用情報を公開し、エントリー受付を始め、同時に説明会を開始します。

そして、選考解禁日は6月以降で内定解禁日は10月以降となっています。

期間ごとに取り組むべきことは下記の通りです。

大学3年の5月まで

就職活動において、大学3年生の5月までに行うべき重要な取り組みがいくつかあります。まず、大学3年の4月になったら、リクナビなどの就職サイトに登録しましょう。

就職サイトでは、インターンシップや企業の情報が閲覧でき、基本的に無料で業界・企業情報やセミナーの情報を得ることができます。

次に、自己分析を行います。

これは自分の能力や価値観を理解し、将来やりたいことを明確にするための重要なプロセスです。

自己分析を通じて、自分自身の強みや興味がどこにあるのかを掘り下げることができます。

そして、業界・企業研究に取り組みます

これは自分がどのような仕事に就きたいのか、どの業界や企業が自分に合っているのかを明らかにするためです。

大学3年の6月~

就職活動において、大学3年の6月から取り組むべき重要な活動の一つがサマーインターンシップへの参加です。

サマーインターンシップとは、学生が企業で行う就業体験のことを指し、通常、夏休み期間に行われます。

実務型のインターンシップであれば、2週間から1ヶ月ほどの期間、実際の就労経験を積むことができます。

インターンシップに参加することで、自分が希望する業界や企業についての理解を深めることができます。

大学3年の10月~

大学3年の10月は、就活が本格的に始まる時期で、この時期から早期選考が開始されます。

早期選考とは、就活情報解禁日である大学4年の3月1日以前に実施される選考です。

外資系企業、総合商社、ベンチャー企業など、企業によっては大学3年の10月から早期選考が始まります。

早期選考に参加するメリットは、以下のとおりです。

 

  • ライバルが少ないため、内定を獲得する可能性が高まる
  • 早期に内定を獲得することで、就活を早めに終えることができる
  • 内定後に長期的なキャリアプランを立てることができる

 

早期選考に参加するためには、自己分析や業界研究をしっかりと行う必要があります。

また、エントリーシートや面接の対策も早めに始めましょう。

さらに、10月から秋冬インターンシップが始まるため、希望する企業のインターンシップに参加することもおすすめです。

大学3年の10月は、就活のスタートラインに立つ時期です。

早期選考への参加やインターンシップへの参加を検討し、就活を有利に進めましょう。

大学3年の12月~

大学3年の12月からは本格的な選考対策に取り組む時期となります。

具体的には、エントリーシートや履歴書の作成、面接や筆記試験の準備などです。

これらの対策は、実際の選考まで継続して取り組む必要があり、準備は早めに始めるほど有利になるでしょう。

この時期に適切な対策を行うことで、実際の選考での成功の確率を高めることができます。エントリーシートや履歴書の作成、面接練習、筆記試験の準備など、一つ一つのステップに丁寧に取り組むことが、就職活動を成功に導く鍵となるでしょう。

大学3年の3月~

大学3年生の3月からは、企業の採用情報が解禁されエントリーの開始時期に入ります。

エントリーにはプレエントリーと本エントリーがあり、プレエントリーは「企業に興味があるという意思表示」のためのもので、本エントリーは「企業の選考を受けるという意思表示」を意味します。

また、この時期から会社説明会が始まります。

会社説明会では、企業概要や職務内容についての理解を深めることができます。

また、選考の条件として会社説明会への参加が求められる企業もあるため、気になる企業の説明会は可能な限り参加しましょう。

会社説明会に参加することで、その企業の文化や働く環境、求める人材像について具体的なイメージを持つことができます。

これらの情報は、後の選考過程での自己PRや志望動機の構築に役立つでしょう。

このように、大学3年の3月からは企業へのエントリーと会社説明会への積極的な参加を通じて、効果的な就職活動の基盤を築く必要があります。

大学4年の4月~

大学4年の4月からは、書類選考と、面接が主な活動となります。

面接では、コミュニケーション能力やマナー、企業とのマッチ度、入社への熱意が重要な評価の対象となります。

大学4年の6月~

大学4年の6月からの就職活動では、最終面接の通過を目指すことが中心となります。

この最終面接を無事に通過すると、内々定をもらうことができます。

内々定とは、正式な労働契約は結ばれていない状態ですが、「10月以降に正式な内定を出す」という企業からの通達を意味します。

この時点で、他に応募したい企業がない場合は、そこで就職活動が終了することになります。

一方で、他にも希望する企業があれば、引き続き選考を受けることが可能です。

この段階での就職活動は、自身のキャリアプランと希望に基づいて、最適な選択を行うための重要なものだといえます。

参照ページ:就活で必ずやること一覧|時期・状況別で必須の対策を厳選!

ベンチャー企業の就活スケジュール

ベンチャー企業は、スピード重視の採用スタイルをとることが多く、大手企業と比較して採用スケジュールが早い傾向にあります。

これは、ベンチャー企業が迅速な意思決定や柔軟な組織運営を特徴とするためです。

また、ベンチャー企業の中には事業の成長に合わせて、年間を通して採用活動を行う企業も少なくありません。

そのため、就職活動をしている学生は、ベンチャー企業の採用情報を常にチェックし、チャンスを逃さないようにしましょう。

外資系企業の就活スケジュール

外資系企業の採用スケジュールは、経団連の就活ルールに縛られないため、日系企業より早い傾向にあります。

これは、外資系企業が日本独自の就活ルールに縛られず、自社のニーズや経営戦略に合わせて採用活動を進めることができるためです。

理系の就活スケジュール

理系の就活は専門分野を活かした就職ができ、自由応募と推薦を選ぶことが可能です。

推薦の場合は研究内容と同じ分野の企業への推薦となるため、ゼミや研究室を選ぶ段階で、就職先を考えておくことが重要です。

一方で、大学からの推薦を受ける場合、多くの大学では3年生の年末から年始にかけて推薦の受付が始まるため、学生はこの期間を意識する必要があります。

とはいえ、大学によってその時期や条件は異なるため、自分の大学の詳細を確認することが重要です。

推薦を利用する場合、通常は1社のみが対象となります。

推薦で受けた企業から内定が得られなかった場合、学生は自由応募による就活に切り替えて就活を行うことになります。

なお、自由応募の場合は理系以外の一般の学生と同じ就活スケジュールになります。

就活スケジュールの管理方法

就職活動におけるスケジュール管理は、手書きでもデジタルツールでも行えるので、自分が使いやすい方法を選ぶとよいでしょう。

面接の日時やエントリーシートの締め切り日など、就活に関する情報を管理する際、手書きの利点はスケジュールの全体像が一目で分かる点にあります。

これに対し、デジタルツールではリマインダーや共有機能が特に便利です。

また、手書きとデジタルツールを組み合わせて使用する方法もあります。

たとえば、大まかな予定は手書きの手帳で管理し、詳細なアポイントメントやリマインダーはデジタルツールを使用する、というようにそれぞれの方法の利点を活かすことが可能です。

このように自分に合った方法でスケジュールを管理することが、効率的な就職活動につながります。

参照ページ:効果的な就活スケジュール管理術、教えます!Excel、手帳、生成AIをフル活用して、タイパを高めよう!

就活とバイトや学業のバランス

就活 学業 バイト バランス

就職活動は重要ですが、学業の進行も同様に大切です。

内定を得た後でも、大学を卒業できなければその内定が取り消しになるリスクがあるからです。

そのため、就活と学業のバランスを適切に取ることが求められます。

また、就活や勉強を長期間取り組み続けることでストレスが溜まることが予想されます。

そのため、たまに息抜きをしてリフレッシュすることで、モチベーションを維持しやすくなるでしょう。

就活や勉強に十分な時間を確保するためには、必要に応じてアルバイトを辞めることも検討しましょう。

就活や学業に支障の無い範囲でアルバイトをするとよいでしょう。

就活を成功させる方法

一生に一度の就活ですので、希望する企業に入りたいですよね。

ここでは就活を成功させる方法について解説します。

なるべく早めに就活の準備をする

就活は、大学3年の3月から本格的に始まりますが、不安があればそれより前に準備を始めておくとよいでしょう。

なぜなら、就活は他の学生との競争に勝つ必要があるため準備期間は長い方が安心だからです。

就活の準備を早めに進めることで、以下のメリットがあります。

 

  • 就活の全体像を把握でき、焦らずに準備を進めることができる
  • 自分の強みや志望動機をじっくり考えることができる
  • 企業研究を深め、より自分に合った企業が探せる

 

就活の準備を始めるにあたっては、まず計画を立てることが大切です。

就活のスケジュールや、何をいつまでに準備するのか、具体的な目標を立てましょう。

また、進捗状況を管理することで、スケジュール通りに進んでいるかを確認することができます。

就活の準備を一人で進めるのが難しいと感じたら、大学の就職課やキャリアセンターなどのサポートを利用しましょう。

早めに就活の準備を進めることで、納得のいく就職活動ができるでしょう。

インターンシップに参加する

就職活動を成功させるためには、インターンシップへの参加が有効な手段です。

インターンシップに参加することで、実際にその企業で働いている人たちから話を聞く機会があり、仕事の内容や雰囲気、企業風土を直接肌で感じることができます。

これは、企業を深く理解するための貴重な経験となるでしょう。

また、インターンシップは学生同士の出会いの場でもあります。

他の参加者と知り合い、情報交換や人脈を広げることができ、将来的なキャリア形成にも役立つ可能性もあります。

さらに、インターンシップでのパフォーマンスが良ければ、内定獲得に有利に働くことも大きなメリットです。

たとえば、企業がインターンシップの成果を評価し、その成果を内定獲得の判断材料にすることがあるのです。

このようにインターンシップは、就職活動において重要なイベントの一つといえるでしょう。

選考結果を踏まえ改善する

就活を成功させるには、選考結果を踏まえ、自分の強みや弱み、改善点を把握し、それをもとに対策を練ることが重要です。

選考結果は、企業が自分をどう評価したかを示すものです。

内定をもらえなかった場合は、自分のどこが評価されなかったのか、何が足りなかったのかを考える必要があります。

具体的には、以下の点に着目するとよいでしょう。

 

  • 面接では、どのような質問をされたか、どのように答えたか
  • エントリーシートでは、どのような内容を書いたか
  • 自己PRでは、どのような強みや経験をアピールしたか

 

また、選考結果を客観的に分析するためには、第三者の意見をもらうのも有効です。

友人や家族、就活支援機関などに相談し、客観的な視点からアドバイスをもらうことで自分の弱みや改善点をより深く理解することができます。

自分が志望する企業の選考スケジュールを把握する

就職活動を成功させるためには、志望する企業の選考スケジュールを把握することが重要です。

企業によって選考の時期や方法が異なるため、こまめに情報を確認する必要があります。

企業の採用情報ページや、リクナビやマイナビなどの就職情報サイトを活用するとよいでしょう。

また、企業説明会やセミナー、大学のキャリアセンターなども、選考スケジュールの確認に役立つ情報源です。

これらの情報を定期的にチェックすることで、自分が受けたい企業の選考を見逃すことなく、効率的に就職活動を進めることができます。

就活エージェントなどプロの力を借りる

就活を成功させるためには、就活エージェントなどプロの力を借りることがおすすめです。

就活は、初めて経験する人も多く、わからないことや不安なことも多いものです。

就活エージェントは、就活のプロとしてさまざまなサポートを提供しています。

たとえば、履歴書やエントリーシートの添削、面接対策、キャリアプランの相談など、多岐にわたるサポートを受けることが可能です。

また、就活エージェントを利用することで、普段はアクセスしにくい非公開求人に出会うチャンスもあります。

このように、就活エージェントなどプロのサポートを受けることで、個々の強みを活かした効果的な就職活動が行えるでしょう。

まとめ

この記事では、就職活動のスケジュール、開始時期、そして成功のための方法について詳しく解説しました。

一般的に、就活は大学3年の5月頃から始めることが多いですが、重要なのは自分が志望する業界や企業に合わせた計画的な準備です。

各業界や企業には独自の採用スケジュールがあるため、それらを調査し自分のスケジュールに合わせて調整することが重要です。

たとえば、早期採用を行う業界や企業に興味があれば、それに合わせて早めに準備を始めることが望ましいでしょう。

この記事があなたの就職活動の参考になれば幸いです。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!