【企業研究】日立ソリューションズの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】日立ソリューションズの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024年1月31日更新

はじめに

日立ソリューションズは東京都品川区に本社を置く、ソフトウェア・サービス事業、情報処理機器販売事業を行う企業です。

日立グループの情報通信分野の中核を担う企業の一つとしてシステムインテグレーター事業を展開しています。

今回はそんな日立ソリューションズの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

この記事では日立ソリューションズへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

  •     日立ソリューションズの仕事内容が気になる
  •     日立ソリューションズの就職難易度を知りたい
  •     日立ソリューションズの選考対策として何をすれば良いかわからない

 また、ソフトウェア開発に関する業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧 

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、日立ソリューションズの就職難易度は、平均よりも少し高めと考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している就職偏差値を参考にすると、標準難易度よりも少し上回っているといえるでしょう。

ですが、採用大学も様々な偏差値帯や種類の学校の実績があるので、選考対策をしっかり行えば内定を獲得できる可能性は十分に有り得ます。

選考対策として、募集職種に合わせた対策を行うことが大切です。

営業職、エンジニア職共に求める人材が異なりますので、求める人材のタイプを確認した上で対策を行いましょう。

また職種としては、IT通信系、中でもシステムインテグレーター事業を展開しています。

高い技術力と安定した運営で、顧客ニーズに沿ったサポートを行い続ける企業として非常に歴史がある企業です。

次の章から各内容や、その他就活に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

日立ソリューションズについて

出典元企業情報|株式会社日立ソリューションズ (hitachi-solutions.co.jp)

会社概要

日立ソリューションズは1970年創業、ソフトウェア・サービス事業や情報処理機器販売事業を行う企業です。

アプリケーション開発からパッケージ導入やインフラストラクチャ構築まで、お客様へのシステム導入をワンストップで行い、設計開発を中心に対応しています。

案件規模は様々で、国内案件だけでなく海外案件も取り扱っているのが特徴です。

日立グループのモノづくりの知見と、最新のITを活用し、製造業のデジタル革新を強力に推進しています。

 参照ページ会社/事業紹介映像|企業情報|株式会社日立ソリューションズ (hitachi-solutions.co.jp)

各事業別の売上規模

売上規模

日立ソリューションズの2023年度の3月期売上高は、22,531百万円です。

日立グループ事業としてのそれぞれの個別売上に関しても順に見ていきましょう。

  •     デジタルシステム&サービス: クラウドサービス・プラットフォーム事業をはじめ、日立ソリューションズはグループ全体の29%の売上を誇ります。
  • グリーンエナジー&モビリティ:グループ全体を見てみると30%の市場を占める重要な事業です。エネルギー事業、鉄道をはじめとしたライフライン事業と、日立ソリューションズ事業は引けを取らない記録を残しています。 

参照ページ

会社概要:日立ソリューションズ東日本 (hitachi-solutions-east.co.jp)

日立 統合報告書 2023(2023年3月期) (hitachi.co.jp)

各事業セグメントの解説

日立ソリューションズの主な事業セグメントは以下の通りです。

 

事業部門活動内容
システムエンジニアリングサービスコンサルティングサービス

システム・インフラ構築サービス

システムインテグレーション

ソフトウェアエンジニアリングサービスソフトウェア開発

パッケージ開発

 

日立ソリューションズはコンサルティングサービスやシステムインフラ構築をはじめ、ソフトウェア、パッケージ開発まで、ITサービス事業を手広く行っています。

多種多様なビジネススタイルの変化に対応し、顧客ニーズに応えるべく、人・企業・データをつなぐ「ビジネスコラボレーション」の新しいビジネススタイルを創り上げ、企業の進化を支援し続けています。 

参照ページ:会社/事業紹介映像|企業情報|株式会社日立ソリューションズ (hitachi-solutions.co.jp)

日立ソリューションズで働いている社員は?

平均勤続年数は?

日立ソリューションズの平均勤続年数は14.7年です。

 IT企業の平均勤続年数は約10年であることから、業界平均よりも社員の出入りはほとんどなく、定年まで勤め上げる人材も少なくありません。

平均年収は?

2022年度の日立ソリューションズの平均年収は、696万円でした。全国平均の年収が458万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

また、同じ「IT企業」の上場企業平均年収は442万円でした。企業によっても大きくばらつきがあるため一概に平均値を出しにくい業界ですが、平均よりも高めに設定されているといっても過言ではありません。

平均残業時間は?

日立ソリューションズの従業員の平均残業時間は、1ヵ月あたり31時間です。

IT企業の平均残業時間は20時間以上であることから、業界内では平均よりも少ない残業時間といえます。

平均ボーナス額は?

日立ソリューションズの年間ボーナスの平均額は183万円です。情報通信業の年間ボーナスが102万円であることから、少し高めの傾向にあるでしょう。

基本給とボーナスを含めると若い世代でも安定した収入が見こまれる企業で、給与面に対しての待遇が恵まれています。

どんな文化なの?

日立ソリューションズは「常に向上心を持ち、当社と共に成長していける人財」を求めており、未来に向けて新しい価値を創造し続けることをを掲げています。

お客様に寄り添う精神を忘れずに、顧客ニーズに沿ったサービスをお客様と共に創り上げるスタンスを大切にしており、お客さまに新たな価値を提案し続ける積極性を重要視しているのが特徴です。

もちろんお客様に対してだけではなく、従業員へのフォローも手厚いのが日立ソリューションズの魅力と言えます。

就職したいと考えている就活生の方は上記の内容を意識しておくことも大切です。

待遇面や給与面に関しての詳細は下記も合わせてご覧下さい。

ひとと、ソリューション。|日立ソリューションズ新卒採用 (hitachi-solutions.co.jp)

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

 

歴史ある企業としても知られている、IT企業の中での日立ソリューションズの立ち位置をご紹介します。

売上高を参照し他社と比較してみても、日立ソリューションズはトップクラスの企業だということがわかります。理由として以下の要因があると考えています。

 

  1. 革新的な技術を多数展開:日立ソリューションズでは日々顧客ニーズに合わせて革新的なIT技術を多数展開・運用開発を行っています。
  2. ビジネススタイルの進化をサポート:顧客サポート体制も充実しており、お客様と共に技術を創り上げ、お客様の変革を支えます。 

以上の要素により日立ソリューションズはグループウェア開発・販売企業の中でもトップクラスの売上を生み出していると考えられます。

競合他社と比べても引けを取らない、安定した売上げを誇る企業です。

参考までに競合4社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

 

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値・難易度社風
日立ソリューションズ22,531百万円696万円61積極性と変革を大切にする社風
両備システム38,220百万円454万円52社会正義、お客様第一、社員の幸せ
ラクス20,220百万円620万円53IT技術者支援を手がける社風
コムチュア24,985百万円600万円53個々の意志を大切にする社風

 

日立ソリューションズの新卒募集要項について

以下に日立ソリューションズの新卒募集要項についてまとめました。

25年卒の基本給は大学卒月給23万2000円、修士了は月給25万7000円の実績があります。

時間外勤務・休日勤務手当、裁量労働勤務手当など各種手当ても充実しており、年二回の賞与もある点が魅力です。 

また給与だけではなく、企業年金、独身寮・社宅制度、育児休暇、介護休暇、社会保険完備、カフェテリアプランなど各種福利厚生も充実しています。

仕事だけではなくプライベートに関しての保証も手厚い点が魅力と言えるでしょう。 

各項目詳細
職種システムエンジニアリングサービス

ソフトウェアエンジニアリングサービス

給与(2023年4月入社 初任給実績)勤務地:本社(東京)、横浜/中部/関西事業所、その他事業所

大学卒 月給23万2000円

修士了 月給25万7000円

賞与年2回(6月、12月)
諸手当時間外勤務・休日勤務手当、裁量労働勤務手当、住宅手当、家族手当、通勤手当 他
勤務時間9:00~17:30(事業所により異なる)

  

以下に日立ソリューションズの新卒募集要項についてまとめました。

25年卒の基本給は大学卒月給23万2000円、修士了は月給25万7000円の実績があります。

時間外勤務・休日勤務手当、裁量労働勤務手当など各種手当ても充実しており、年二回の賞与もある点が魅力です。 

また給与だけではなく、企業年金、独身寮・社宅制度、育児休暇、介護休暇、社会保険完備、カフェテリアプランなど各種福利厚生も充実しています。

仕事だけではなくプライベートに関しての保証も手厚い点が魅力と言えるでしょう。 

各項目詳細
職種システムエンジニアリングサービス

ソフトウェアエンジニアリングサービス

給与(2023年4月入社 初任給実績)勤務地:本社(東京)、横浜/中部/関西事業所、その他事業所

大学卒 月給23万2000円

修士了 月給25万7000円

賞与年2回(6月、12月)
諸手当時間外勤務・休日勤務手当、裁量労働勤務手当、住宅手当、家族手当、通勤手当 他
勤務時間9:00~17:30(事業所により異なる)

  

求める人材

日立ソリューションズでは求める人材として下記のものを公表しています。

1. 未来に向けて新しい価値を創造する

こちらはエンジニア職に特に求められることです。

「モノづくりを通して社会に貢献したい」という夢や情熱があり、 まだ世の中に無いモノを生み出したいと思っている方を求めています。

 2. お客さまに新たな価値を提案する

   こちらは営業職などに求められることです。

   営業という仕事を通して、人や世の中に貢献しつつ、様々な人と出会う中で   人としても成長したいと思っている人材が求められています。

日立ソリューションズではエンジニア職と営業職以外の新卒採用が行われていますが募集条件があるので注意が必要です。

・国内・海外の4年制大学・大学院を2024年4月〜2025年3月に卒業・修了見込みの方か、または2022年3月〜2024年3月に卒業・修了された方。

・国内の高等専門学校または専門学校を2024年4月~2025年3月に卒業・修了見込みの方

いずれかに該当する方が新卒として認められます。 

新卒採用のフロー

日立ソリューションズの選考は、下記の通りの選考フローとなっています。

まずは会社説明会に参加し、企業への理解を深めた後、エントリーシートで応募を行う流れです。

いずれもオンライン完結型の選考方法のため、遠方にお住いの方でも参加しやすいでしょう。

下記が詳しい採用フローになります。

  会社説明会(WEB)

日立ソリューションズの会社説明会に参加し、企業概要を学びます。

企業のイメージと自分が思い描いたイメージが間違いないかどうかしっかり確認し、次に進みましょう。

エントリーシート

エントリーシートを提出します。

名前や連絡先などの基本的な項目の他、志望動機なども丁寧に書いて下さい。

希望する職種によっても少しずつ記入する事が異なる(ESの質問が変わる)ので、それぞれの設問をよく見て記入してください。

  適性検査

適性検査を受けます。

適性検査では自身と企業がマッチするかどうかが判断されますが、あまり堅くなりすぎず、自分の思うように答えてください。

  グループワーク

就活生複数名でチームを組み、企業側で提示されたグループワークを行います。

提示課題に合わせて協力しながら課題を乗り越えるため、グループワーク対策も行っておきましょう。

一般的には「リーダー」「タイムキーパー」「書記」「役職なし(フォロワー)」の4つに分けられることが多いです。

自分がどの役割になっても大丈夫なように事前に対策しておきましょう。

過去には自社商品を利用して顧客の課題を解決してくださいなど、日立ソリューションズの製品を使って解決する方法を求められる設問などが多いため、顧客ニーズに寄り添う考え方はもちろん、製品に対しても理解度も求められます。

  一次面接

ここまで選考に通過した方を対象に、一次面接が行われます。

人事1人、中堅社員1人に対して就活生1人の面談が行われることが多いです。

志望動機をはじめ、他社に比べてどの点を魅力に感じたのか企業に対する理解度と、競合他社と比較した際の長所を問われる設問が多いでしょう。

自分が日立ソリューションズに入社して何をしたのか具体的にアピールしておきましょう。

  最終面接

一次面接通過者のみ、最終面接へと進みます。

最終面接でも面接官2人に対して就活生1人の体制が多いです。

一次面接での内容が引き継ぎで行われるため、さらに詳細の深掘りを行われるケースが多いため、一次面接で答えた内容を忘れないようにしましょう。

内々定

複数回の面接を突破して内々定が決まります。

特に問題がなければそのまま内定へと進む流れです。

詳細は下記の採用プロセスにも記載がありますのでチェックしてみてください。

参照ページ

 採用プロセス|日立ソリューションズ新卒採用 (hitachi-solutions.co.jp)

採用大学

日立ソリューションズの採用大学の実績を以下に掲載しますが、最難関大学から標準的なレベルの大学まで幅広く採用されており、所謂学歴フィルターはないと考えます。

<大学>

東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、熊本大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、茨城大学、宇都宮大学、東京学芸大学、長岡技術科学大学

上記には偏差値が高い大学も採用大学にありますが、日立ソリューションズは多様な学生層からの就活生を積極的に採用しています。

高専卒業の新卒採用者も募集をかけているため、きちんとした知識や経験、または情熱を用いてしっかりとエントリーシートや面接対策をして、内定を獲得するのも夢ではないでしょう。 

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、サイボウズの就職偏差値・難易度を見てみましょう。結論としては、偏差値・難易度はそこまで高くないといえるでしょう。その理由として以下の3点が挙げられます。

・採用フローとして特別なステップがない

・採用大学を見る範囲では学歴フィルターがあまりない

・給与や福利厚生が特筆して良いという訳ではない 

よって、頻出質問である「なぜ自分はこの会社を希望しているのか」という部分や「自己PR」など基本的な事項をしっかり対策をしていれば、難しすぎることはないでしょう。しっかりと対策を行い内定を獲得してください!

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

参照ページ【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

まとめ

日立ソリューションズは、お客様に寄り添いながら多種多様な形でIT技術、運用サポートを提供する中堅企業です。

大手の日立グループの会社だからこそ、安定した売上げを叩きだしており、今後も益々発展する一方と言えるでしょう。

日立ソリューションズは学歴重視をする企業ではなく学歴不問で募集がかけられているので、全員に等しくチャンスがあります。対策をしっかり行って選考に望んでください。

ぜひこの記事を参考にして励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。