面接でよく聞かれる「モチベーションの源泉」の答え方や伝え方を徹底解説

面接でよく聞かれる「モチベーションの源泉」の答え方や伝え方を徹底解説

2024年1月17日更新

はじめに

面接を待つ就活生

就活の面接では、よく「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれます。

この質問は、あなたの内面を探るものであり、面接官があなたの価値観や動機を深く理解するための重要な手段として用いられています。

多くの人は趣味や友人との交流など、日常生活において何らかのモチベーションの源泉を持っているものです。

しかし、突然このような質問をされると、具体的で説得力のある回答をするのが難しいかもしれません。

そこでこの記事では、

  • モチベーションの源泉の重要性
  • モチベーションの源泉の見つけ方
  • 面接で「モチベーションの源泉」が聞かれる理由
  • モチベーションの源泉の効果的な伝え方

を詳細に説明していきます。

モチベーションの源泉を明確にすることは、自分自身のキャリアや人生の目標を見つける上で非常に重要です。

また、面接でこの質問に対して自信を持って答えられるようになると、面接官にあなたの熱意や適性をより効果的に伝えることができます。

この記事は面接対策にとって極めて重要な内容を網羅しているため、ぜひ最後までお読みください。

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

モチベーションの源泉とは

面接やエントリーシートでよく聞かれる「モチベーションの源泉」について詳しく解説します。

就職面接におけるモチベーションの源泉の意味

就職面接において、「モチベーションの源泉」とは、自分が最もやりがいを感じ、活力を得るポイントのことを指します。

例えば、人から必要とされることや、難しい課題に挑戦し、自己成長を実感する瞬間などが該当します。

これは人それぞれ異なり、自分にとって何が最も重要かは深く考える必要があるでしょう。

普段の生活では意識されにくいため、面接で聞かれてもすぐに答えられない人も少なくないものです。

しかし、このモチベーションの源泉を理解することは重要で、それによって自分に適した業界や職種が明確になることもあります。

自己分析を通じて、モチベーションの源泉を見つけ出し、面接で効果的に伝える準備をすることが肝心です。

モチベーションの源泉の重要性

モチベーションの源泉は、社会人が仕事にどれだけ集中し、結果を出せるかに大きく関わっています。

モチベーションが維持できる人は、困難な状況に直面しても、ストレスに負けることなく、仕事を続けることができるものです。

これは、自分の行動や目標に対する強い意志と情熱があるためです。

また、モチベーションの源泉を持つ人は、気持ちの切り替えが上手で、要領よく業務をこなせる傾向にあります。

これらの特徴は、個人の仕事効率やチームへの貢献にも良い影響を与え、結果として高いパフォーマンスを生み出すことに繋がります。

モチベーションの源泉の重要性を理解し、それを維持することは個人の成功にも、組織全体の成果にも不可欠な要素なのです。

モチベーションの源泉が聞かれる理由

就活生

面接で「モチベーションの源泉」が聞かれるのは、学生の考え方やこの仕事に向いているかどうかを確認するためです。

面接官は以下の内容を知りたがっています。

モチベーションの源泉と仕事内容が合っているかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、応募者のモチベーションの源泉が仕事内容と合っているかを確認するためです。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

モチベーションの源泉が応募した仕事の内容と合致していれば、その仕事に向いている可能性が高いと判断できるでしょう。

例えば、販売職の面接で「多くの人と関わることでやる気が起きる」と答えた場合、その学生のモチベーションの源泉は仕事内容と密接に関連していることは明らかです。

販売職の仕事は、顧客とコミュニケーションを取りながら商品やサービスを販売することなので、多くの人と関わることでやる気が起きる人は、販売職に向いていることが分かります。

また、この質問から、仕事内容をきちんと理解できているかも判断できます

仕事内容を理解していないと、モチベーションの源泉と仕事内容が合致しない回答をしてしまうからです。

この質問を通じて、面接官は応募者が仕事内容をどれだけ理解し、仕事にやる気を感じているかを確かめることができます。

企業は、仕事自体にモチベーションの源泉を見出せる人材を求めています。

仕事をすぐ辞めないかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由の一つとして、仕事を長く続けてくれる人材であるかを確認する面があります。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

仕事に対するモチベーションの源泉が、企業の方針と一致していれば、その人材は長く会社に貢献してくれる可能性が高いといえます。

例えば、企業が「社会貢献」を経営理念としている場合、社会貢献にやりがいを感じる人材は、その企業で長く働き続けてくれる可能性が高いでしょう。

したがって、面接官はモチベーションの源泉を通じて、応募者が自社でモチベーションを高く持ち、長く貢献してくれるかどうかを見極めようとしています。

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるため

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるために「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞くこともあります。

モチベーションの源泉は、仕事に対する姿勢や考え方を反映しています

どのようなことにモチベーションを感じるのかを知ることで、その人が仕事に対してどのように取り組み、どんな成果を上げてくれるのかを判断することができるからです。

例えば、仕事を通して新しいことに挑戦したいというモチベーションを持つ人は、変化が激しい環境でも活躍する可能性が高いでしょう。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、企業は入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めているのです

学生の価値観を知るため

面接でモチベーションの源泉を聞くことで、学生の価値観や考え方を把握できます

例えば、アートやデザインに情熱を持つ学生は、創造的なアイデアを活かし、新しい価値を生み出す仕事に向いているといえるでしょう。

このような学生は、創造性を重視する職種で活躍する可能性が高いです。

また、学生の価値観を把握することで、入社後その能力に適した配属先を決定するのに役立ちます。

自分自身のことを理解しているかを把握するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、学生が自分自身のことをどの程度理解し、自己分析ができているかを知るための重要な手がかりにもなるからです

モチベーションの源泉は、その人が何に喜びややりがいを感じるのかを表しています。

そのため、モチベーションの源泉を聞くことで、学生が自分自身をどれだけ理解し、自己分析ができているかを知ることができます。

例えば、自分の強みや弱みを理解し、それらを活かして活躍できる仕事に就きたいと考えている学生は、自己理解が深いといえます。

このような学生は、自分に合った職種や業界で働く際に高いパフォーマンスを発揮する傾向があり、これを見極めることは採用側にとって重要です。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、学生の自己理解度を測り、企業との相性や適性を判断することができます。

面接やエントリーシートでよく聞かれる「モチベーションの源泉」について詳しく解説します。

就職面接におけるモチベーションの源泉の意味

就職面接において、「モチベーションの源泉」とは、自分が最もやりがいを感じ、活力を得るポイントのことを指します。

例えば、人から必要とされることや、難しい課題に挑戦し、自己成長を実感する瞬間などが該当します。

これは人それぞれ異なり、自分にとって何が最も重要かは深く考える必要があるでしょう。

普段の生活では意識されにくいため、面接で聞かれてもすぐに答えられない人も少なくないものです。

しかし、このモチベーションの源泉を理解することは重要で、それによって自分に適した業界や職種が明確になることもあります。

自己分析を通じて、モチベーションの源泉を見つけ出し、面接で効果的に伝える準備をすることが肝心です。

モチベーションの源泉の重要性

モチベーションの源泉は、社会人が仕事にどれだけ集中し、結果を出せるかに大きく関わっています。

モチベーションが維持できる人は、困難な状況に直面しても、ストレスに負けることなく、仕事を続けることができるものです。

これは、自分の行動や目標に対する強い意志と情熱があるためです。

また、モチベーションの源泉を持つ人は、気持ちの切り替えが上手で、要領よく業務をこなせる傾向にあります。

これらの特徴は、個人の仕事効率やチームへの貢献にも良い影響を与え、結果として高いパフォーマンスを生み出すことに繋がります。

モチベーションの源泉の重要性を理解し、それを維持することは個人の成功にも、組織全体の成果にも不可欠な要素なのです。

モチベーションの源泉が聞かれる理由

面接で「モチベーションの源泉」が聞かれるのは、学生の考え方やこの仕事に向いているかどうかを確認するためです。

面接官は以下の内容を知りたがっています。

モチベーションの源泉と仕事内容が合っているかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、応募者のモチベーションの源泉が仕事内容と合っているかを確認するためです。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

モチベーションの源泉が応募した仕事の内容と合致していれば、その仕事に向いている可能性が高いと判断できるでしょう。

例えば、販売職の面接で「多くの人と関わることでやる気が起きる」と答えた場合、その学生のモチベーションの源泉は仕事内容と密接に関連していることは明らかです。

販売職の仕事は、顧客とコミュニケーションを取りながら商品やサービスを販売することなので、多くの人と関わることでやる気が起きる人は、販売職に向いていることが分かります。

また、この質問から、仕事内容をきちんと理解できているかも判断できます

仕事内容を理解していないと、モチベーションの源泉と仕事内容が合致しない回答をしてしまうからです。

この質問を通じて、面接官は応募者が仕事内容をどれだけ理解し、仕事にやる気を感じているかを確かめることができます。

企業は、仕事自体にモチベーションの源泉を見出せる人材を求めています。

仕事をすぐ辞めないかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由の一つとして、仕事を長く続けてくれる人材であるかを確認する面があります。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

仕事に対するモチベーションの源泉が、企業の方針と一致していれば、その人材は長く会社に貢献してくれる可能性が高いといえます。

例えば、企業が「社会貢献」を経営理念としている場合、社会貢献にやりがいを感じる人材は、その企業で長く働き続けてくれる可能性が高いでしょう。

したがって、面接官はモチベーションの源泉を通じて、応募者が自社でモチベーションを高く持ち、長く貢献してくれるかどうかを見極めようとしています。

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるため

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるために「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞くこともあります。

モチベーションの源泉は、仕事に対する姿勢や考え方を反映しています

どのようなことにモチベーションを感じるのかを知ることで、その人が仕事に対してどのように取り組み、どんな成果を上げてくれるのかを判断することができるからです。

例えば、仕事を通して新しいことに挑戦したいというモチベーションを持つ人は、変化が激しい環境でも活躍する可能性が高いでしょう。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、企業は入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めているのです

学生の価値観を知るため

面接でモチベーションの源泉を聞くことで、学生の価値観や考え方を把握できます

例えば、アートやデザインに情熱を持つ学生は、創造的なアイデアを活かし、新しい価値を生み出す仕事に向いているといえるでしょう。

このような学生は、創造性を重視する職種で活躍する可能性が高いです。

また、学生の価値観を把握することで、入社後その能力に適した配属先を決定するのに役立ちます。

自分自身のことを理解しているかを把握するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、学生が自分自身のことをどの程度理解し、自己分析ができているかを知るための重要な手がかりにもなるからです

モチベーションの源泉は、その人が何に喜びややりがいを感じるのかを表しています。

そのため、モチベーションの源泉を聞くことで、学生が自分自身をどれだけ理解し、自己分析ができているかを知ることができます。

例えば、自分の強みや弱みを理解し、それらを活かして活躍できる仕事に就きたいと考えている学生は、自己理解が深いといえます。

このような学生は、自分に合った職種や業界で働く際に高いパフォーマンスを発揮する傾向があり、これを見極めることは採用側にとって重要です。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、学生の自己理解度を測り、企業との相性や適性を判断することができます。

面接で「モチベーションの源泉」が聞かれるのは、学生の考え方やこの仕事に向いているかどうかを確認するためです。

面接官は以下の内容を知りたがっています。

モチベーションの源泉と仕事内容が合っているかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、応募者のモチベーションの源泉が仕事内容と合っているかを確認するためです。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

モチベーションの源泉が応募した仕事の内容と合致していれば、その仕事に向いている可能性が高いと判断できるでしょう。

例えば、販売職の面接で「多くの人と関わることでやる気が起きる」と答えた場合、その学生のモチベーションの源泉は仕事内容と密接に関連していることは明らかです。

販売職の仕事は、顧客とコミュニケーションを取りながら商品やサービスを販売することなので、多くの人と関わることでやる気が起きる人は、販売職に向いていることが分かります。

また、この質問から、仕事内容をきちんと理解できているかも判断できます

仕事内容を理解していないと、モチベーションの源泉と仕事内容が合致しない回答をしてしまうからです。

この質問を通じて、面接官は応募者が仕事内容をどれだけ理解し、仕事にやる気を感じているかを確かめることができます。

企業は、仕事自体にモチベーションの源泉を見出せる人材を求めています。

仕事をすぐ辞めないかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由の一つとして、仕事を長く続けてくれる人材であるかを確認する面があります。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

仕事に対するモチベーションの源泉が、企業の方針と一致していれば、その人材は長く会社に貢献してくれる可能性が高いといえます。

例えば、企業が「社会貢献」を経営理念としている場合、社会貢献にやりがいを感じる人材は、その企業で長く働き続けてくれる可能性が高いでしょう。

したがって、面接官はモチベーションの源泉を通じて、応募者が自社でモチベーションを高く持ち、長く貢献してくれるかどうかを見極めようとしています。

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるため

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるために「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞くこともあります。

モチベーションの源泉は、仕事に対する姿勢や考え方を反映しています

どのようなことにモチベーションを感じるのかを知ることで、その人が仕事に対してどのように取り組み、どんな成果を上げてくれるのかを判断することができるからです。

例えば、仕事を通して新しいことに挑戦したいというモチベーションを持つ人は、変化が激しい環境でも活躍する可能性が高いでしょう。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、企業は入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めているのです

学生の価値観を知るため

面接でモチベーションの源泉を聞くことで、学生の価値観や考え方を把握できます

例えば、アートやデザインに情熱を持つ学生は、創造的なアイデアを活かし、新しい価値を生み出す仕事に向いているといえるでしょう。

このような学生は、創造性を重視する職種で活躍する可能性が高いです。

また、学生の価値観を把握することで、入社後その能力に適した配属先を決定するのに役立ちます。

自分自身のことを理解しているかを把握するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、学生が自分自身のことをどの程度理解し、自己分析ができているかを知るための重要な手がかりにもなるからです

モチベーションの源泉は、その人が何に喜びややりがいを感じるのかを表しています。

そのため、モチベーションの源泉を聞くことで、学生が自分自身をどれだけ理解し、自己分析ができているかを知ることができます。

例えば、自分の強みや弱みを理解し、それらを活かして活躍できる仕事に就きたいと考えている学生は、自己理解が深いといえます。

このような学生は、自分に合った職種や業界で働く際に高いパフォーマンスを発揮する傾向があり、これを見極めることは採用側にとって重要です。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、学生の自己理解度を測り、企業との相性や適性を判断することができます。

面接やエントリーシートでよく聞かれる「モチベーションの源泉」について詳しく解説します。

就職面接におけるモチベーションの源泉の意味

就職面接において、「モチベーションの源泉」とは、自分が最もやりがいを感じ、活力を得るポイントのことを指します。

例えば、人から必要とされることや、難しい課題に挑戦し、自己成長を実感する瞬間などが該当します。

これは人それぞれ異なり、自分にとって何が最も重要かは深く考える必要があるでしょう。

普段の生活では意識されにくいため、面接で聞かれてもすぐに答えられない人も少なくないものです。

しかし、このモチベーションの源泉を理解することは重要で、それによって自分に適した業界や職種が明確になることもあります。

自己分析を通じて、モチベーションの源泉を見つけ出し、面接で効果的に伝える準備をすることが肝心です。

モチベーションの源泉の重要性

モチベーションの源泉は、社会人が仕事にどれだけ集中し、結果を出せるかに大きく関わっています。

モチベーションが維持できる人は、困難な状況に直面しても、ストレスに負けることなく、仕事を続けることができるものです。

これは、自分の行動や目標に対する強い意志と情熱があるためです。

また、モチベーションの源泉を持つ人は、気持ちの切り替えが上手で、要領よく業務をこなせる傾向にあります。

これらの特徴は、個人の仕事効率やチームへの貢献にも良い影響を与え、結果として高いパフォーマンスを生み出すことに繋がります。

モチベーションの源泉の重要性を理解し、それを維持することは個人の成功にも、組織全体の成果にも不可欠な要素なのです。

モチベーションの源泉が聞かれる理由

面接で「モチベーションの源泉」が聞かれるのは、学生の考え方やこの仕事に向いているかどうかを確認するためです。

面接官は以下の内容を知りたがっています。

モチベーションの源泉と仕事内容が合っているかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、応募者のモチベーションの源泉が仕事内容と合っているかを確認するためです。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

モチベーションの源泉が応募した仕事の内容と合致していれば、その仕事に向いている可能性が高いと判断できるでしょう。

例えば、販売職の面接で「多くの人と関わることでやる気が起きる」と答えた場合、その学生のモチベーションの源泉は仕事内容と密接に関連していることは明らかです。

販売職の仕事は、顧客とコミュニケーションを取りながら商品やサービスを販売することなので、多くの人と関わることでやる気が起きる人は、販売職に向いていることが分かります。

また、この質問から、仕事内容をきちんと理解できているかも判断できます

仕事内容を理解していないと、モチベーションの源泉と仕事内容が合致しない回答をしてしまうからです。

この質問を通じて、面接官は応募者が仕事内容をどれだけ理解し、仕事にやる気を感じているかを確かめることができます。

企業は、仕事自体にモチベーションの源泉を見出せる人材を求めています。

仕事をすぐ辞めないかを確認するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由の一つとして、仕事を長く続けてくれる人材であるかを確認する面があります。

モチベーションの源泉とは、何かを頑張る原動力となるものです。

仕事に対するモチベーションの源泉が、企業の方針と一致していれば、その人材は長く会社に貢献してくれる可能性が高いといえます。

例えば、企業が「社会貢献」を経営理念としている場合、社会貢献にやりがいを感じる人材は、その企業で長く働き続けてくれる可能性が高いでしょう。

したがって、面接官はモチベーションの源泉を通じて、応募者が自社でモチベーションを高く持ち、長く貢献してくれるかどうかを見極めようとしています。

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるため

入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めるために「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞くこともあります。

モチベーションの源泉は、仕事に対する姿勢や考え方を反映しています

どのようなことにモチベーションを感じるのかを知ることで、その人が仕事に対してどのように取り組み、どんな成果を上げてくれるのかを判断することができるからです。

例えば、仕事を通して新しいことに挑戦したいというモチベーションを持つ人は、変化が激しい環境でも活躍する可能性が高いでしょう。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、企業は入社後に活躍してくれる人材であるかを見極めているのです

学生の価値観を知るため

面接でモチベーションの源泉を聞くことで、学生の価値観や考え方を把握できます

例えば、アートやデザインに情熱を持つ学生は、創造的なアイデアを活かし、新しい価値を生み出す仕事に向いているといえるでしょう。

このような学生は、創造性を重視する職種で活躍する可能性が高いです。

また、学生の価値観を把握することで、入社後その能力に適した配属先を決定するのに役立ちます。

自分自身のことを理解しているかを把握するため

面接で「モチベーションの源泉は何ですか?」と聞かれる理由は、学生が自分自身のことをどの程度理解し、自己分析ができているかを知るための重要な手がかりにもなるからです

モチベーションの源泉は、その人が何に喜びややりがいを感じるのかを表しています。

そのため、モチベーションの源泉を聞くことで、学生が自分自身をどれだけ理解し、自己分析ができているかを知ることができます。

例えば、自分の強みや弱みを理解し、それらを活かして活躍できる仕事に就きたいと考えている学生は、自己理解が深いといえます。

このような学生は、自分に合った職種や業界で働く際に高いパフォーマンスを発揮する傾向があり、これを見極めることは採用側にとって重要です。

このように、モチベーションの源泉を聞くことで、学生の自己理解度を測り、企業との相性や適性を判断することができます。

モチベーションの源泉を見つける方法

ここでは具体的にモチベーションの源泉を見つける方法を紹介します。

自己分析をする

モチベーションの源泉を明確にするためには、自己分析が非常に効果的です。

自己分析とは、自分自身の客観的なデータを収集し、これまでの経験や体験を深く分析するプロセスです。

この分析を通じて、自分の強みや特徴を理解することができます。

具体的な方法としては、中学から大学時代に至るまでのさまざまな活動や経験を書き出すことから始めます。

このリストを作成し、振り返ることで、自分のPRポイントや過去における重要な成果が見えてきます。

さらに、これらの活動の中で特に情熱を感じたり、やりがいを感じたりした瞬間を思い出すことで、自分のモチベーションの源泉を発見できるでしょう。

自己分析を行うことで、自分自身を深く理解し、その結果を就活やキャリア形成に活かすことが可能になるのです。

過去の経験からモチベーションの源泉を探る

過去の経験からモチベーションの源泉を探る際、自己分析で振り返った経験を元に、どのような状況でモチベーションを感じるかを抽出し、整理します。

たとえば、チームでの成功、新しいスキルの習得、困難な問題の解決など、特定の状況で繰り返し高いモチベーションを感じていた場合、それはその人にとっての重要なモチベーションの源泉だといえます。

価値観からモチベーションの源泉を探る

私たちは、それぞれに大切にしている価値観があり、その価値観は、私たちのモチベーションの源泉にもつながっています

たとえば、「他者と協力して何かを成し遂げる」ことを大切にしている人は、多くの人と協力してプロジェクトを進めることにモチベーションを感じるものです。

また、「新しいことに挑戦する」ことを大切にしている人は、新しいスキルを身につけることにモチベーションを感じるでしょう。

このように、自分の価値観からモチベーションの源泉を知ることで、自分の適性や向いている仕事が見えてくることもあります。

自分の価値観を見つめ直すことで、モチベーションの源泉を知り、適性や向いている仕事を見つけたり、面接に対応したりすることができるのです。

趣味や興味からモチベーションの源泉を見つける

趣味や興味は、モチベーションの源泉を探る手がかりとなります。

趣味や興味は、個人の性格や好みを反映しているため、それを通じて自分のモチベーションを維持する要素を発見することが可能だからです。

例えば、旅行が趣味の人は、新しい場所や文化、人々に触れることに強い興味を持っていることが分かります。

これは、柔軟な思考や多様性を受け入れる姿勢など、その人ならではの特徴を示しています。

このように、趣味や興味を深く掘り下げることで、自分が何に情熱を感じるのか、どのような環境や活動が自分を動機づけるのかを理解することができるでしょう。

周りの人の意見を聞いてモチベーションの源泉を見つける

周囲の人々に自分のモチベーションが高まる状況を聞くことは、新たな視点から自身のモチベーションの源泉を見つけ出す有効な方法です。

自分自身を客観的に見るのは難しいため、家族や友人、知人などの意見を聞くことは非常に価値があります。

あなたが気づかない特徴や傾向を指摘してもらえる可能性があり、それが新しい発見に繋がることもあるでしょう。

モチベーションの源泉の効果的な伝え方のコツ

メモを取る女性

面接で「モチベーションの源泉は何か」と問われたときに面接官により響く伝え方を紹介します。

モチベーションの源泉の元となったきっかけを伝える

モチベーションの源泉を伝える際、その源泉が形成された具体的なきっかけを話すことで、説得力が増します

特に、幼少期から現在に至るまで継続しているモチベーションの源泉について話せば、その深さや真剣さが伝わるでしょう。

モチベーションの源泉の歴史が長ければ長いほど、その人の熱意や一貫性が伝わり、面接官にとっても魅力的な要素となります。

自分のモチベーションの背景にあるストーリーを共有することは、深い理解と共感を得るための重要な手段です。

入社後の貢献へ繋げる伝え方

モチベーションの源泉を伝える際、その源泉が入社後、会社への貢献にどのように繋がるかを明確にすることが重要です。

たとえば、「私は新しい技術を学ぶことに大きなモチベーションを感じます。貴社で最先端の技術に携わることができれば、その情熱を仕事に生かし、会社の成長に貢献できると確信しています」と述べることで、自分のモチベーションの源泉が具体的にどのように業績向上に貢献するかを伝えることができるでしょう。

このようにモチベーションの源泉を実務に結びつけることで、面接官に強い印象を与え、自分がその企業で長期的に高いパフォーマンスを発揮できるというメッセージを伝えることが可能となります。

オリジナリティを出した伝え方

面接でモチベーションの源泉を伝える際、自分ならではの体験や考え方を盛り込むことが大切です。

ありきたりな回答ではなく、他人があまり触れないような独自のモチベーションの源泉を示すことで、面接官の記憶に残りやすくなります。

また、自分の経験を具体的な数字や結果と結びつけて話すことで、エピソードに信憑性と興味を持たせられます。

「大学時代、独学でプログラミングを学び、実際にアプリを開発して、1000ダウンロードを達成しました。この経験が、技術への情熱と挑戦するモチベーションの源泉です。」といった具体的なエピソードは、単なる趣味の話以上の価値を持ち、面接官に強い印象を与えられるでしょう

モチベーションの源泉を伝える際に気をつけておくこと

モチベーションの源泉を伝える際のNG行動について解説します。

企業の求める人物像と関係が無いエピソードは伝えない

モチベーションの源泉を伝える際には、その企業が求める人物像に合致するエピソードを選ぶことが重要です。

企業が価値を置く特性やスキルに関連しないエピソードを伝えると、面接官は「この企業でモチベーションを維持するのは難しいかもしれない」と判断する可能性があります。

したがって、面接前には企業の文化や求める人物像について十分に調査し、自分のモチベーションの源泉が企業の目指す方向と一致することを示すエピソードを用意することが望ましいです。

企業のニーズに応じた内容を選ぶことで、自身がその企業にとって価値ある人材であることを効果的にアピールできます

他の回答と矛盾しないよう気をつける

面接でモチベーションの源泉を伝える際、他の質問への回答と矛盾しないよう注意することが重要です。

モチベーションの源泉は、仕事を続けていく上で極めて重要な要素であり、他の回答と整合性がとれていないと面接官に不信感を与える可能性があります。

そのため、自己分析をしっかり行い、自身のモチベーションの源泉が他の回答内容と整合性が取れるように準備をしてください。

自分の価値観、経験、目標が一貫していれば、自然とモチベーションの源泉も他の回答と矛盾することが少なくなります。

これにより、面接官に対して「一貫性があり、信頼できる人物」であるという印象を与えることができます

以下は「チャレンジと成長がモチベーションの源泉」というテーマの例文です。

モチベーションの源泉の例文

以下は「チャレンジと成長がモチベーションの源泉」というテーマの例文です。

私のモチベーションの源泉は、チャレンジと成長です。

これは、大学時代に根付いたもので、ゼロからイベントを企画し成功に導いた経験から生まれました。

当時、私は全くの未経験の状態からイベントの立ち上げをスタートしました。

プロジェクトの初期段階では、何から手をつければ良いのかもわからないほどでしたが、計画を練り、実行に移すプロセスの中で、次第に自分の中で何かが変わっていくのを感じました。

特に、イベントの当日、参加者から直接感謝の言葉を受け取った瞬間は、私にとって忘れられない体験です。

自分の努力が具体的な成果として現れ、それが他者に喜びをもたらすことを知り、これまでにない達成感を味わいました。

この経験は、私にとって大きな転機となりました。

未知の領域への挑戦と、それに伴う成長過程は、今や私が仕事に向き合う上での重要な動力源となっています。

困難な課題に直面しても、その解決過程で得られる学びや成長の機会に心を躍らせるようになりました。

私は貴社で新たな課題に挑戦する機会を得ることを切望しています。

大学での経験を通じて培った、チャレンジに対する姿勢と成長への意欲を、貴社のビジョンと使命の実現に向けて存分に発揮したいと考えています。

まとめ

この記事では、就活の面接でのモチベーションの源泉の見つけ方と効果的な伝え方に焦点を当てて解説しました。

モチベーションの源泉とは、仕事をする上でやりがいを感じ、頑張るためのエネルギー源のことです。

面接でモチベーションの源泉を伝える際は、自分だけのオリジナルな体験や考え方を示し、それがどのようにして仕事につながるのかを明確に説明することが重要です。

自己分析を行い、企業が求める人物像を理解することで、面接官に深く印象づける答えを用意することができます。

この記事が、あなたの就職活動において役立つことを願っています。

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。