【例文付き】他社の選考状況を聞かれたときの答え方は? ポイントや注意点を解説!

【例文付き】他社の選考状況を聞かれたときの答え方は? ポイントや注意点を解説!

はじめに

面接で、他社の選考状況を聞かれる際にどんな回答をするかによって企業への印象が大きく変わります。

他社の選考状況は、面接で問われる可能性が非常に高く、面接で返答に困らないためにも、企業が選考状況を尋ねる意図や理由を事前に理解しておきましょう。

この記事では、他社の選考状況を聞かれた際の上手な言い回しやその際の注意点、回答例文などをじっくり解説していきます。

さらにこの記事では面接を控えている以下のような就活生を対象に、解説を行っています。要点を掴んでぜひ最後までご覧ください。

①どんなふうに他社の選考状況を問われるのか理解したい人

②他社の選考状況を問われた際のNG回答が知りたい人

③他社の選考状況の回答の仕方が知りたい人

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

企業が他社の選考状況を聞くのはなぜ?目的や意図を解説

 

他社の選考状況

Businessperson having a business meeting with a client

面接の際に、企業は自社への志望度の高さや熱意、企業選びの軸を知るために、選考状況について質問をします。

他社の選考状況を聞く理由とは一体何なのか。その理由を下記で詳しく説明していきます。是非面接を受ける際の参考にしてみてください。

志望度や本気度を確認するため

企業の面接官は、内定したら本当に自社に入社してくれるのかを質疑応答を通して確認したいと思っています。

その回答から自社の志望度の高さや熱意を把握します。

その理由は志望度が高く、入社意識の高い人材を見つけるためです。

各選考フローを通して、採用者を決定し自社に入社してくれる人材であるかを見極めながら選考を行います。

近年の就活では、複数の企業の採用試験を同時に受ける人が多いため、他社と比較したり差別化を狙って聞くことがあります。

採用にはたくさんの労力を費やすため、効率的に採用活動を進めるためにも、他社の選考方法を参考程度にしている企業も数多くあります。

しかし複数企業の選考を受けていたとしても、不採用になるということにはなりません。

何より企業は、面接での質疑応答から伝わる就活生の熱意や考え方を重視しています。

今後の選考スケジュールを確認し採用時に参考材料とするため

新卒採用の選考スケジュールは企業によって異なります。

他社のスケジュールをチェックし、自社での採用の際に参考にする場合があります。

なぜなら選考の過程が把握できると、他社の内定が出るタイミングも予想しやすくなり、企業にとって選考の段取りやスケジュールの調整がしやすくなるからです。

他社と比較して選考スピードが遅いと、優秀な人材を逃してしまう可能性が高くなります。

しかしそれは企業にとって大きな損失になるため、避けなければなりません。

それゆえ正確に内定が出る時期を把握して、自社選考の際に参考にするのです。逆に選考が速すぎても辞退者が増える可能性があるため、選考タイミングの帳尻を合わせるため、選考期間を調節する場合もあります。

選考は適切なスピードで進めることが何より大切です。

企業のスケジュールの確認方法やコツは下記の記事で解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

参照ページ:【25年卒向け】就活を始める前にスケジュールを把握するべし!

 

就活の軸や基準を知り自社との相性をチェックするため

他社の選考状況を聞くことによって就活生がどのような基準で企業や業界を選び、志望しているかという就活の基礎となる軸を確認することができます。

さらに就活生の価値観や今後のキャリアプラン、展望などを把握し、自社との相性を測る狙いがあるともいえます。

特に、就活軸にブレがないかどうかをチェックします。

就活を行う上で共通する軸があることは、将来像を明確にもっていると判断されるため、良いイメージを与えます。

たとえば他社の状況を聞かれた際に一貫したストーリで回答するのが望ましいです。

そうすることで、就活に対する解像度が高い点や、自身のキャリアについて熟考されていると印象を与えることができます。

それゆえ、IT企業への志望度が低いと認識されてしまいます。

就活軸の有無は、エントリーしている企業から垣間見え、その情報を通して自社への志望度が高いかどうかを見極めているのです。

他社から得ている評価を確認するため

他社の選考を聞くのは、就活生が他社から受けている評価をチェックするためでもあります。

なぜならエントリーシートの内容だけでは、就活生の人柄を把握するのが困難だからです。

より深い人間性の部分を知るために質疑応答を繰り返し、企業とマッチするかどうかの判断材料にしています。

他社からの評価がすべてではありませんが、大きな判断材料になります。

たとえば、同業他社の選考が最終面接まで進んでいる場合は優秀な人材だと判断できますが、他の選考がすべて落ちている場合は、何かしらの問題を抱えている人材ではないかという推測をされてしまいます。

他社から得ている評価を確認するため

他社に優秀な人材を取られないために選考状況を聞いて、選考スケジュールの調整を行う場合があります。

なぜなら、どの企業も優秀な人材はいち早く内定を出したいと考えるからです。

就活では他の企業に負けないためにも各企業はスピードやタイミングを重視する必要があります。

また、就活において自社がどのような企業と競合しているかという情報収集も同時に行っています。

さらに、どのような志を持った就活生が自社を受けているかが質問の回答から分かり、来年度以降の採用試験の参考にできるということも理由として挙げられます。

他社の選考状況を答えるときは簡潔さを最優先する!

他社の選考状況を聞かれた際は、長々と答えるのではなく、わかりやすく簡潔に伝えることをいちばんに心がけましょう。

この際、すべての企業を伝える必要はありません。

さらに企業への自己アピールも併せて回答ができるとベストです。

それ以外にも、他社の選考状況を答えるときに意識したいポイントはいくつかあります。

順を追って具体的に解説していきます。

現在選考中の志望度が高い企業の数社のみの近況状況を伝える

他社の選考状況を答える際は、数社だけの詳細を伝えましょう。

すべて答える必要がない理由は、それだけで就活の軸や企業への熱意、選考の日程が把握できるからです。

情報を伝えすぎてマイナスなイメージを与えてしまうのは避けましょう。

「現在△△株式会社と◯◯株式会社を受けています。△△株式会社の1次面接を今週末に受ける予定です。◯◯株式会社は来週に最終選考を受ける予定です。他社の選考を受けていますが、その中でも御社が第一志望です。」と、企業名だけでなく、現在の選考状況も踏まえながら工夫して伝えましょう。

必ず第一志望だと伝えて熱意をアピールする

他社の選考状況を簡潔に伝えるだけではなく、必ず「第一志望」だということも伝えるようにしましょう。

たくさんの就活生が面接を受けるため、インパクトを残すためにも自身のアピールにつながるような情報も併せて伝えることが求められます。

就活生がいくつかの企業に興味を持っている場合は、企業は自社の志望度や本気度がどれほどかを知りたいと思っています。

もし志望度を聞かれた場合、第一志望と回答するのがベストです。

志望度が高くないという印象を与えてしまうと、企業は選考を継続すべきか検討しなければならなくなります。

選考の継続を中断しないためにも、優先順位が高いことはしっかり面接で伝えましょう。

なお、いくつかの企業間で迷っている場合は、正直に伝えても問題はありません。

あくまでメインは選考状況の確認であるため、志望動機のように理由を長々と話すのはやめましょう。

面接中の企業の魅力や特徴を理解して具体的に伝えられるように準備する

その企業の志望度が高いことを伝える理由として、事前に企業の魅力や特徴を言語化しておきましょう。

それらを伝えることで志望度の説得力や信憑性が増します。

事前に企業研究をしっかり行い、分析しているというアピールにも繋がります。

「なぜ弊社の選考を受けようと思ったのか」と聞かれる場合がありますが、その際に回答できないと志望度や熱意が低いと判断される可能性があります。

面接官は質問を通して自社の志望度や熱意を判断しているため、ただ他社の選考状況を伝えるだけというのはよくありません。

それを通じて志望度の高さをアピールする必要があります。

一貫性を意識しながら企業選びの軸を伝える

他社の選考状況を聞かれる理由として、企業選びなどの就活の軸を知りたいという目的もあります。

就活においてしっかりとした軸を持っているかどうか、基盤のある考えの元で就活を行っているのかどうかを企業は判断します。

就職活動を行う上で、自分の就職活動の軸を明確にしておくことは必須なので自己分析を必ず行いましょう。

就活の軸に正解はなく、人それぞれ異なって当然です。

例えば、同じ業界や職種を選ぶ人がいれば、似たような立ち位置や社風で企業を選んだり、今後のキャリアプランを目標に自分に合う企業を探す人もいます。

就活の軸を決定する際は、自分なりの基準で問題ありません。

たとえどんな基準であろうと自己理解があるというところを企業は見極めています。

就活の軸が整えば、必然的に一貫性はでてきます。

職種や業界が異なる企業を志望する場合は理由を伝える

近年の就職活動では、選択肢や内定決定の可能性を広げるために特定の職種や業界にこだわらず、幅広い企業の選考を受ける人も数多くいます。

そのような場合は、職種に一貫性がなくなり説得力がなくなるのではと懸念するかもしれません。

しかし選考を受けている職種や業界が異なる場合は、その理由を的確に簡潔に述べれば問題ありません。

求められるのは、自分が志望する職種に一貫性や共通点があることです。

異なる職種を志望している場合は、その理由を必ず明確にしておくことがポイントになります。

1社のみを志望する場合は理由や熱意を伝える

志望度の高い企業が決まっており、1社にのみに絞って選考を受けている場合は、素直にその旨を面接官に伝えましょう。

一般的に就職活動をしている多くの就活生は、複数の企業を併願して選考に臨みます。

それゆえ、1社のみに限定して選考を受けていると、面接官の印象にも残りやすいです。

この際のポイントは、なぜその企業を選んだのかという志望動機や理由を明確に伝えると、さらに熱意をアピールできます。

たとえ他の企業を辞退したり落ちてしまった後でも、ポジティブな表現で伝えましょう。

他社の選考状況を答えるときの注意点を解説!NGな回答方法をとは

 

Close-up of hands gesturing during business meeting in office

Two businessmen having a meeting

他社の選考状況を答えるときは、いくらポイントを抑えたとしても誤った回答をしてしまうと、企業にうまくアピールできません。以下の注意点をしっかり留意しながら質問に答えるようにしましょう。

就活の選考に落ちてしまった企業は言わないのがベスト

他社の選考状況を回答するときに、既に落ちた企業を伝えるとマイナスなイメージを与えてしまうことになりかねません。

選考を伝える際は、現在選考中の企業や決定している企業の情報を1〜2つほど伝えるだけで十分です。

もし選考に落ちたことについて言及してしまうと、それは企業にとって良くない情報と捉えられ、評価が低い人材なのだと判断されてしまいます。

マイナスな印象は、選考の合否に大きく関わってしまう場合もあります。必要な情報のみを簡潔に伝えるよう、心がけるようにしましょう。

他社の内部情報は絶対に言わない

他社の選考状況を聞かれた際、企業の内部情報まで言ってはいけません。

それらを伝えてしまうと、社会人としてのマナーが欠けといると判断されてしまうかもしれません。

企業には守秘義務となる厳密な情報が豊富にあるため、社外で話すと社会人として基本的なルールを破ることになります。

例えば、面接の内容や説明会の内容が挙げられます。

他社の選考内容は面接の際に言及されることはないため、必要以上に他社の情報は伝えないようにしましょう。

伝えるべき情報とそうではない情報が混合しないようしっかり区別しながら回答してください。

見栄を張るために嘘をついたりごまかしたりしない

他社の選考状況を聞かれたとき、自身の印象やイメージを良くするために、誇張したり嘘をついてはいけません。

何より正直に伝えることが大切です。面接の際に嘘をついてしまうと、内容によっては嘘がバレてしまうパターンもあります。

もし、不信感を持たれてしまうと、合否に大きく影響する原因となります。

1度嘘をついてしまえば、辻褄を合わせようとさらに嘘を重ねる必要があります。

バレてしまい信用を失うというリスクを抱えないためにも、素直に回答しましょう

。しかし、すべての質問をありのままで答えると内容によっては不利になる可能性もあります。

そのような場合は、伝えるべきことを取捨選択するようにしましょう。

他社の選考状況を聞かれた際の回答例文をケース別にご紹介!

 

回答例文

Close-up of hands gesturing during business meeting in office

他社の選考状況は、どのように答えるのがベストでしょうか。

具体的な回答例をご紹介します。面接を受ける企業の志望度や選考状況によって適切な答え方は変わります。

それゆえ、ケースバイケースでそれぞれのパターンに合った回答が求められます。

実際の自身の状況にマッチするような、答えを事前に準備しておいてください。

回答例1:他社の選考状況や今後のスケジュールを聞かれた場合の答え方

「只今3社で面接の選考を行っている段階です。最も進捗が早い企業では、◯月◯日頃に選考結果が出て、今週中に入社意思の返事をする必要があります。しかし私は御社を第一に志望しております。可能であれば採用が決まる前に最終面接を組んでいただきたいなと思っております。」

回答例2:複数の企業の志望順位を聞かれたら際の答え方

「現時点では、御社と同業種である2社を志望し、検討している段階です。まだ選考段階ですので、今後の面接を通していろいろと確認しながら検討したいと考えています。現段階では、志望順位は特に決めておりませんが、◯◯という点においては、御社に非常に魅力を感じています。」

回答例3:志望している企業が複数ある場合の答え方

「現在、御社とは異なる業界の、同業種である技術系の職種を中心に志望しています。これから二次選考を受ける企業が1社あり、最終面接を受ける予定の企業が1社あります。特に機械関連の業界に興味があるため、御社でのキャリアアップを目指したいと考えております。」

参照・引用ページ

【例文11選】面接で「他社の選考状況」を聞かれたら?評価される答え方や注意点を紹介!

【例文付き】他社の選考状況に関するOK回答例

他社の選考状況を面接で聞かれる理由は?回答時のポイントを例文付きで紹介

さらに、他社の選考状況以外にも面接対策は必要なため、ぜひ下記の記事も併せてご覧ください。

面接の対策はこれでバッチリ!具体的な方法を紹介!

また面接対策については、下記のような対策本も参考に事前準備に励んでみてください。

面接は何より事前準備で合否が決まりますので繰り返し行うようにしてください。

マイナビ2025 オフィシャル就活BOOK 要点マスター! 面接&エントリーシート (マイナビオフィシャル就活BOOK)

2025年度版 一問一答 面接攻略 完全版 (「就活も高橋」高橋の就職シリーズ)

2025年度版 本気で内定! 面接対策

まとめ

企業は他社の選考状況を聞くことで、志望動機や熱意、就職活動の軸などを知りたいと考えています。

そのため、他社の選考状況は正直に面接官に伝えましょう。また、回答の仕方によっては、自己アピールにつながる場合もあります。

回答例文などを参考にして、企業に志望度の高さや自身をアピールできるよう、準備しておきましょう。

そして、面接を突破し、内定を掴み取ってください。ぜひこの記事を参考にして面接対策に励んでくださいね。

 上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ 

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。