【企業研究】コカコーラ ボトラーズジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】コカコーラ ボトラーズジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年12月28日更新

はじめに

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは、日本のコカ・コーラシステムの約9割の販売量を担う国内最大のコカ・コーラボトラーです。日本各地で事業を行っていた12のコカ・コーラボトラー社が統合し、2017年4月に創業しました。世界に約225社あるボトリングパートナーの中でも売上高でアジア最大級、世界でも有数の規模を誇ります。

今回はそんなコカコーラ ボトラーズジャパンの企業研究を行うための基礎知識や社風、選考対策などをご紹介していきます。

 

この記事ではコカコーラ ボトラーズジャパンへの就職に興味がある以下のような就活生を対象に、企業分析を行っています。ぜひ最後までご覧ください。

 

  ⚫︎コカコーラ ボトラーズジャパンの仕事内容が気になる

  ⚫︎コカコーラ ボトラーズジャパンの就職難易度を知りたい

  ⚫︎コカコーラ ボトラーズジャパンの選考対策として何をすれば良いかわからない

 

また、飲料以外の業界については、以下の記事で概観しています。ぜひご覧ください!

【業界研究ガイド】業界一覧

この記事の結論

先にこの記事の結論からお伝えすると、コカコーラ ボトラーズジャパンの就職難易度はやや低い難易度と考えています。

以下の参照記事で詳しく解説している就職難易度を参考にすると、やや低い難易度といえるでしょう。また、採用大学幅広い偏差値帯や選考の学校実績があるので選考対策をしっかり行えば、内定を獲得できる可能性は十分にあり得ます。選考対策として、学歴よりも面接での対話で人柄や自身の強みを重要視するため、必ず自己分析を行っておきましょう。また職種は、サプライチェーンマネジメントや営業・企画です。業務内容としては、主にコカ・コーラ等の飲料の製造と販売 、販売施策の企画、財務や人材の管理を行います。次の章から各内容や、その他就活に役立つ情報を紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

コカコーラ ボトラーズジャパンについて

コカコーラボトラーズジャパン

会社概要

コカコーラ ボトラーズジャパンは、「Paint it RED! 未来を塗りかえろ。」の企業理念のもと、「すべての人にハッピーなひとときをお届けし、価値を創造する」というミッション達成を目指しています。お客さまやお得意さまに安全安心で高品質のコカ・コーラ社製品をお届けし、きめ細やかなサービスを提供しています。

店舗展開は東京に本社を構え、1都2府35県を営業地域としセールスオフィスを設けています。システム共通の枠組みとしてサスティナビリティーフレームワークを構築しています。「多様性の尊重」「地域社会」「資源」の3つのプラットフォームの各領域において活動を進めています。事業内容は、環境に配慮し調達された材料を、徹底した衛生管理と品質管理のもと、安全でおいしい飲料へと製造し、販売しています。情報システムの開発では、コカ・コーラ公式アプリ「Coke on」を活用したサービスの導入をし、自動販売機の魅力向上に繋がる取り組みなどを行っています。多岐にわたりお客さまへサービスを提供し、認知度や満足度の向上に努めます。さらに自動販売機の新規設置のみならず、自動販売機限定製品の効果的な投入や、設置場所の特性に応じた品揃えの徹底なども行います。

 

参照ページ

コカ・コーラボトラーズジャパン |キャリア公式サイト

会社について|新卒採用サイト|コカ・コーラボトラーズジャパン 

職種と仕事|新卒採用サイト|コカ・コーラボトラーズジャパン 

コカコーラ ボトラーズジャパンで働いている社員は?

平均勤続年数は?

コカコーラ ボトラーズジャパンの平均勤続年数は17.7年です。

 

清涼飲料業界の平均勤続年数は16.98年であることから、業界平均よりも社員の出入りが少ない職場といえるでしょう。

 

平均年収は?

2022年度のコカコーラ ボトラーズジャパンの平均年収は、591万円でした。全国平均の年収が461万円であることを考えると、 全国平均よりも高い水準となっています。

また、同じ「清涼飲料業」の上場企業平均年収は611万円でした。

 

平均残業時間は?

 

コカコーラ ボトラーズジャパンの従業員の平均残業時間は、1ヵ月あたり7.0時間でした。基本的には残業はしてはいけない勤務形態である他、フレックス制度を取り入れ多様な働き方を推奨しています。清涼飲料業で働く従業員の残業時間は7.0〜30.0時間と幅広く企業によって大きな差があるといえます。それゆえコカコーラ ボトラーズジャパンの残業時間は業界内では平均よりも少ないといえます。

 

平均ボーナス額は?

コカコーラ ボトラーズジャパンの平均ボーナス額は95万円程度です。

清涼飲料業の平均ボーナス額は98万円なので、比較的低い値となっています。

ボーナスの支給月はインターネット上の情報だけでは分かりませんでした。

しかし賞与が年に3回(夏季・冬季・年末)に支給されるため、合計3回ボーナスが支給されると予測できます。

 

どんな文化なの?

 

⚫︎すべてのお客様から選ばれるパートナーであり続けること

⚫︎持続可能な成長により、市場で勝つこと

⚫︎常に学びながら成長すること

⚫︎コカコーラに誇りを持ち、誰もが働きたいという職場を作ること

 

上記のコカコーラ ボトラーズジャパンビジョンであり、それに倣った風土だといえます。

コカコーラ ボトラーズジャパンは、挑戦に前向きな社風であり、何事にも挑戦し、失敗に対しても前向きに取り組む意欲的な環境が整えられています。

若手のうちからチャンスがあり、右も左もわからず困難な場面も先輩社員からアドバイスをもらえるため、風通しの良い職場環境が整っています。

 

さらに、福利厚生面がとても充実しており、年々女性が活躍できる職場が増えているのも風通しのいい理由のひとつです。

プライベートを充実させられ、産休や育休を終えた後も時短勤務制度などの各種制度が充実しており、働く女性にとってもとても働きやすい環境が準備されています。

有給休暇や育休も取得しやすく時短勤務も出来るので、ライフワークバランスがとりやすい環境です。

 

参照ページ

コカ・コーラボトラーズジャパン 株式会社

コカ・コーラボトラーズジャパン の「年収・給与制度」OpenWork

飲料業界 企業ランキング2021【飲料メーカーの売上・年収・将来性】

コカ・コーラボトラーズジャパン 株式会社/【京都工場】品質管理スタッフ※残業7時間程度/プライベートも充実/ジョブローテーションあり

【コカ・コーラ ボトラーズジャパン】平均年収591万円|年収推移・業界・年代・役職別など徹底解説!

国税庁:民間給与実態統計調査

 

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

精涼飲料業界

競争が激しい清涼飲料業界の中でのコカコーラ ボトラーズジャパンの立ち位置をご紹介します。

 

売上高や就職偏差値・難易度を参照し競合他社と比較してみても、コカコーラ ボトラーズジャパンは業界を代表する企業だということがわかります。理由として以下の要因があると考えています。

 

  1. バラエティ溢れた商品展開:コカコーラ ボトラーズジャパンはコカ・コーラに限定せず、いろはすや綾鷹、爽健美茶、アクエリアスやファンタ、紅茶花伝など幅広い商品展開で売上の多角化を実現しています。

 

  1. 多様な販売チャネル:コカコーラ ボトラーズジャパンはスーパーマーケットやドラッグストア、量販店、コンビニエンスストア、売店/飲食店、オンラインなどのさまざまなチャネルでお客さまへ製品をお届けしています。

 

以上の要素によりコカコーラ ボトラーズジャパンは清涼飲料業界の中でもトップクラスの売上を生み出していると考えられます。参考までに競合4社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

 

会社名売上高(2022年)平均年収就職難易度社風
コカコーラ ボトラーズジャパン7,858億3,700万円515万円3.7挑戦に前向きな社風
サントリー2兆9,701億円1,185万円4.9挑戦を後押しする社風
アサヒ飲料2兆5,111億円632万円4.4個性や多様性を尊重する社風
キリン1兆5,478億円870万円4.7新しい制度を積極的に受け入れていく社風

 

 

コカコーラ ボトラーズジャパンの新卒募集要項について

以下にコカコーラ ボトラーズジャパンの新卒募集要項についてまとめました。

研修制度や新人に対する基本的な研修は勿論、役職毎に設けられたカリキュラムがあり、かなり充実していると言えます。

リーダーシップや専門スキル、ビジネススキルなどの研修を通じキャリア育成に努めています。さらに福利厚生もかなり整っていて働きやすい環境を目指し、また賞与に関しても3分割制と充実しています。

 

各項目詳細
職種①SCM Leadership Program

業務内容:製品の製造や輸送、倉庫管理などのサプライチェーン領域の企画や改善

製造総合職

業務内容:製品の製造や製造設備のメンテナンス、品質管理や分析、エンジニアリングなど

③営業職

業務内容:小売店や飲食店の営業やマーケティング、営業企画

④ファイナンス

業務内容:財務や管理会計、内部統制

給与(2023年4月入社 初任給実績) – 大学院了:220,000円 – 大学卒:210,000円 – 専門・短大卒:180,000円〜200,000円 高卒:165,000円-

備考:通勤手当、時間外関連手当等別途支給

賞与年3回(夏季・冬季・年度末)評価に応じ三半期ごとに支給
研修制度新入社員研修、1年目フォローアップ研修、3年目研修、スキルアップ研修、キャリアデザイン研修など、特別英語研修、自己啓発プログラム
福利厚生各種社会保険完備、退職金制度、企業年金基金、財形貯蓄、グループ生命・損害保険、職場コミュニケーション補助、従業員持株会、カフェテリアポイント、永年勤続表彰、定期健康診断、各地契約保養所、サークル活動、その他

 

求める人材

求める人材

コカコーラ ボトラーズジャパンでは求める人材として、コカコーラ ボトラーズジャパンのバリューである下記に共感できる方が理想とされています。

 

・学ぶ向上心を忘れません

・変化を恐れず、機微に行動します

・結果を見据え、最後までやり切ります

・誠実と信頼に基づいた気高い志で行動します

 

つまりコカ・コーラが大好きで、1人でも多くの人に商品を届けたいという熱い想いがあるのはもちろん、積極性や柔軟性、継続力などを持つ人を強く求めている傾向です。

下記の4つに当てはまる方が理想だといえます。

 

1.向上心:失敗を恐れずいつでも前向きで意欲的な人

 

2行動力:変化を恐れず最後まで見据えながら志高く行動できる人

 

3.こころざし:人に喜ばれるやりがいある仕事がしたい方。お客様や相手の気持ちに寄り添える思いやりが持てる人

 

4.挑戦:新しいことに挑戦し続けて自己成長に繋げていける人

 

更なる企業価値向上を目指して、お客様視点で自ら考え、自ら学び、積極的にチャレンジして自己成長し、組織目標の達成に貢献する人がベストだといえます。

 

新卒選考フロー

コカコーラ ボトラーズジャパンの選考は、下記の通りオーソドックスな選考フローとなっています。面接では志望動機や自己PRなどのスタンダードな質問が多いのが特徴です。

入社意欲や将来のプランが明確であるかどうかは、明確にしておきましょう。

何よりも対話重視で内面をみられるため、会話の中から個々の強みや魅力を引き出してくれるのが特徴です。

経験やエピソードを問われる場合も多いため、

自身の感情も踏まえて自分らしく答えられるようにしておいてください。

 

①会社説明会

会社説明会はWEBにて実施されます。

コカコーラ ボトラーズジャパンのイメージや企業概要を具体的に理解するための会社説明会です。今後のエントリーシートや、面接時に問われる場合があるため、企業理解はしっかり深めておきましょう。

②エントリーシート提出

コカ・コーラボトラーズジャパンのエントリーシートでは、下記のような設問が問われます。

 

⚫︎自己PRやガクチカ

⚫︎コカ・コーラボトラーズジャパンの志望理由

⚫︎入社後に挑戦したいこと

⚫︎学生時代に力を入れたこと

⚫︎何をしているときが1番輝いているか

⚫︎周りを巻き込んだ経験

⚫︎壁にぶつかった経験やエピソードやどのように乗り越えたか

 

加えて、その経験から得たことを明確にしておくと、自信の強みをアピールすることができます。

 

③WEBテスト

WebテストはSPI形式で行われ、言語・非言語・性格検査です。難易度はあまり高くありません。

SPIは、働く上で必要となる基礎的な能力をはかる「能力検査」と、人柄をはかる「性格検査」の2つから構成されています。対策本やアプリなどで傾向を把握し、対策しておくことは必須です。余裕を持って、早めに対策を始めるのがベストです。

 

④面接(複数回)

面接はオンラインもしくは対面で行われます。所要時間はそれぞれ約25分間です。

1次、2次面接は学生1人と面接官1人で行われます。最終面接は学生1人、面接官2人で行われます。

 

面接では自己紹介や志望理由、飲料業界を選んだ理由などが聞かれますので、自分の答えを見つけておきましょう。さらに自身の経験やエピソードを交えると自身の人柄もアピールできるため、事前に分析をしておきましょう。

 

個別面接では、エントリーシートで記載されている内容の深掘りとともに、主に下記の内容が問われます。

 

⚫︎自己紹介

⚫︎ガクチカ

⚫︎志望職種やその職種のイメージ

⚫︎コカ・コーラを選んだ理由

⚫︎飲料業界に興味を持った理由

⚫︎エントリーシートの深堀り

⚫︎バイト経験はあるか

⚫︎コーラを扱うことは飲食店にとってどんなメリットがあるのか

⚫︎引っ張っていくタイプかサポートタイプか

⚫︎他社の選考状況

⚫︎逆質問

⚫︎企業研究で行なったこと

⚫︎困難をどのように乗り越えたか

⚫︎自分が入社することによって企業にどんな影響を与えられるか

⚫︎コカ・コーラボトラーズジャパンでのキャリアプラン

 

面接では、話をしっかり聞いてもらえたため、想いを伝えやすく、なごやかな雰囲気で行われます。

やりたいことや自分のビジョンを深掘りしてくれ、逆質問への回答が丁寧に行われます。

まれにユニークな質問もありますが、全体を通してアットホームな印象です。

 

最終面接では企業について問われることが多く、事前の業界研究や企業研究をしっかり取り組んでおくことがポイントです。

 

⑤内々定

複数回の面接を突破して内定が決まります。

 

採用大学

コカコーラ ボトラーズジャパンは、国公立大学や有名私立大学だけではなく、中堅大学などを含めた幅広い大学から採用している実績があります。文系や理系出身か、年次や経験などは考慮されないため、学歴フィルターはないと言えます。学歴以上に重視されるのは相手の気持ちを想像できるか、当たり前のことを大切にできる人かどうか、人柄の部分だと言えます。

 

<大学院>

大阪大学、岡山大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸大学、中央大学、筑波大学、東京大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、日本大学、法政大学、明治大学、横浜国立大学、早稲田大学

<大学>

青山学院大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都大学、熊本大学、慶應義塾大学、神戸大学、上智大学、中央大学、同志社大学、日本大学、日本体育大学、広島大学、福岡大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、山口大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

 

参照ページ

マイナビ2024コカ・コーラ ボトラーズジャパン(株)

 

就職偏差値・難易度

それでは、ここまでの内容を踏まえて、コカコーラ ボトラーズジャパンの就職偏差値・難易度を見てみましょう。結論としては、偏差値・難易度はやや低めだといえます。その理由として以下の3点が挙げられます。

 

・ベーシックな採用フロー

・採用大学を見る限り学歴フィルターが感じられない

・給与や福利厚生が一般的

・学歴よりも人柄重視

 

よって、企業分析や自己分析など基本的な分析や自己理解をしっかりと行っていれば、あまり難しくないといえます。しっかりと対策を行い、内定を獲得してください!

 

就職偏差値・難易度については、以下の記事も参考にしてみてください。

参照ページ

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

 

まとめ

今回はコカコーラ ボトラーズジャパンの企業研究についてご紹介しました。企業概要や理念を理解し、エントリーシートや面接時でしっかり活用しましょう。企業研究や自己分析を徹底的に行い、就活に挑んでくださいね。また、コカコーラ ボトラーズジャパンは何より人柄を重視されるため、自身の魅力を最大限に活かしながら取り組んでみてください。ぜひ、この記事を参考に励んでくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。