【企業研究】ファンコミュニケーションズの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年11月27日更新

はじめに

ファンコミュニケーションズは、「プロシューマー・ハピネス」という経営ビジョンを掲げ、
インターネット上の成功報酬型アドネットワークサービスをメインとし、自社媒体運営や広告代理業などのインターネット広告事業を展開している企業です。

インターネット広告プラットフォームという立ち位置で、広告主とメディアを繋げ、日々消費者に広告を届けています。

 

今回はファンコミュニケーションズの企業研究を行うための対策や社風、求める人物像をご紹介していきます。

就活を行う際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

また、ネット広告以外の業界については、以下の記事で概観しています。ぜひご覧ください!

【業界研究ガイド】業界一覧



事業内容

「プロシューマー・ハピネス」という経営ビジョンをベースに、インターネット上の成功報酬型アドネットワークサービスを主軸に、事業展開をしています。主に、自社媒体運営や広告代理業などのインターネット広告関連事業を展開しています。

 

成功報酬型広告:インターネット上でマーケティング活動を行う企業を広告主とし、求める成果に対して報酬が発生する広告モデルを指します。例えば商品購入や資料請求、広告主サイトへのユーザー送客など、これらに対して広告費用が発生するため、広告主にとってはマーケティングコストの最適化が可能です。

 

2つの主軸事業:これらの成功報酬型アドネットワーク事業を、ファンコミュニケーションズでは、CPAソリューション事業とADコミュニケーション事業の2つに分類しています。

 

世界に向けたサービス:提供サービスの対応デバイスを拡張しながら、国内や海外市場に向けてもアドネットワークを拡大しています。これらの環境の変化の中でも常に、広告主やアフィリエイトサイト、アプリ制作者、消費者間に、最大最適なWin-Win-Winの関係を実現する成功報酬型アドネットワークの構築に努めています。

 

下記が主な事業内容です。

 

CPAソリューション事業

 

CPAソリューション事業には、主にヒューマンサイドで広告配信を最適化していくアフィリエイト広告や、スマートフォンアプリインストール広告がメインです。

また、PCやスマートフォン対応のA8.net(エーハチネット)を運営しています。

 

・A8.net(エーハチネット)

 

2000年にサービスが開始され、PCやスマートフォン、タブレット対応のアフィリエイト・サービス・プロバイダーです。

大手法人サイトから個人で活躍するブロガーまで、国内最大級の幅広いアフィリエイトネットワークを展開しています。

メディア運営者の会員登録は無料で、定期的なセミナーや、商品、サービス、広告主と接することができるイベントの開催やコンテストの実施等、さまざまな活動のサポートも行なっています。

 

スマートフォンアプリインストール広告(CPI=Cost Per Install)

 

CPI広告は、広告主アプリがインストールされた場合に送客元メディアに対して成果に応じた報酬を支払う、成果報酬型広告の一種です。
加えて、複数成果地点型サービスの「seedApp(シードアップ)」を運営しています。

 

・seedApp(シードアップ)

 

seedAppはアプリインストールから起動、課金という一連の流れにおいて、CPEを含めた複数成果地点を一つのプロモーション内で設定、運用することができる、アフィリエイトアドネットワークです。

 

CPE広告において何をもってエンゲージメント発生とするかの指標は各社のCPE広告サービスにより定義が異なりますが、seedAppでは国内で初めて最も深い階層である「課金・購入」を指標にしています。

 

そのため広告主様は質の良いユーザーに絞って集客ができ、継続的なプロモーション実施につながります。安定的に豊富な広告在庫の提供ができるのが強みです。

 

ADコミュニケーション事業

 

ADコミュニケーション事業には、主にテクノロジーで広告配信を最適化していくスマートフォンアドネットワークや、行動ターゲティング広告があります。

 

アドネットワークとは、メディアを多数集めて広告配信ネットワークを形成し、多くのメディア上に広告を配信する仕組みを指します。


加えて、スマートフォン向けアドネットワークnend(ネンド)を運営しています。

ネットワークに接続するAndoroid端末やiPhone、iPadなどのさまざまなモバイル端末向けWebメディアやアプリメディアに対して、広告主への送客を成果として報酬を支払うCPC広告をメインに配信しています。

 

・nend(ネンド)

 

国内最大級の規模を誇る、スマートフォン、タブレット端末向けのアドネットワークです。

配信先毎の入札を最適化する独自機能が、高い広告効果とボリュームの最大化を実現させます。一般的なバナー広告の配信に加えて、メディアに合った広告掲載が可能な機能を活用したインフィード広告にも対応しています。

初期費用や、月額費用無料で利用できます。

 

新卒選考フロー

ファンコミュニケーションズの選考は、下記の通りノーマルな選考フローとなっています。

基本的に面接はオンラインで行われますが、業種や時期により変動があるため、事前確認が必要です。面接のポイントは対面、オンライン問わず変わらないため、企業研究や自己分析は必ず行ってください。

 

①エントリーシート提出

エントリーシートは、顔写真の提出もあります。ファンコミュニケーションズの公式サイトにてログインすると提出ができます。

 

②WEBテスト

 

適性検査はSPI形式で行われます。SPIは能力検査と、性格検査の2つから構成されているため、対策本やアプリなどで傾向を把握し、対策しておきましょう。

一般的には正答率が6〜7割以上であれば、選考に通過できると言われているため、 SPI対策を行う場合は、7割以上の正答率を目標にして取り組むのがベストです。

 

③一次面接

 

一次面接は、オンライン上で行われます。

堅苦しい雰囲気ではなく、雑談のような柔らかな雰囲気の中、面接が行われます。

 

エントリーシートに沿った一般的な質問に加えて、下記のような設問がされます。

競合他社と比較して、なぜファンコミュニケーションズを志望するのか、を明確にしておきましょう。

 

・アフィリエイトについてどう思うか?

・他社と比べてファンコミュニケーションズの魅力

・学生時代に頑張ったエピソード

・応募部署に関する質問(アフィリエイトの仕組みやこれまでの海外営業経験など)

・失敗や困難を乗り越えた経験

 

④二次・三次面接

 

最終面接は、オンライン上で行われます。

エントリーシートや一次面接でも問われた内容の深掘りがされます。

回を重ねる毎に具体的な経験やエピソードを踏まえながらより鮮明に、詳しく伝えられるようにしておきましょう。

正確さより、自分らしさを一番大切にして臨むことが求められます。

 

⑤最終面接

最終面接は、対面で行われます。

エントリーシートや複数回の面接時に問われた内容の確認や深掘りに加えて、今後のキャリアプランやチャレンジしたいこと、今までの成功・挫折経験をどう事業に活用できるか等、入社後の志を問われます。

ファンコミュニケーションズにマッチした人材であるかどうか、人柄をより深く知っていくための設問が多くなります。

 

⑥内定

 

複数回のプロセスを突破して、無事内定が決まります。結果通知までははやくて1週間〜遅くても1ヶ月以内に連絡が届きます。

時期や選考の混雑加減で変動があるため、個人差が生じます。

社風

創業時から今のビジョンである、「プロシューマー・ハピネス」と企業理念である「つくる、信じる、コツコツと。」に倣った社風だと言えます。

「つくる、信じる、コツコツと。」という企業理念があることから、まずは自分たちで手を動かし、頭を使って、変化に対応できるものや新しい価値を生み出すものを作り出すことを第一に考えています。

 作り出したものが新しくて、変化に対応しているならば、その分世の中には認められにくいし拒絶反応が起きますが、自分たちで作ったものの価値を信じて、社会的価値をおびるまでコツコツと前進していくことが求められます。

 

また、培ってきた知名度や信頼があるため、取引先企業との関係も築きやすく、業界最大手の会社というプライドを持って働け、恵まれた社内環境であることがうかがえます。
裁量をある程度与えられているため、新入社員でも自分次第で実績を残せ、やる気次第で成長を期待できる環境といえます。

 

社内イベントやサークル活動も盛んで、オンとオフの切り替えと親睦の場として最適な社内雰囲気が特徴です。
総じて、自由でフラットな社風であるため、年齢や役職関係なく、それぞれが意見やアイデアを積極的に出していける環境だと言えます。

 

求める人材

創業時から今のビジョンである「プロシューマー・ハピネス」、理念「つくる、信じる、コツコツと。」これらを忠実に再現できる人が、

ファンコミュニケーションズでは求められます。

 

1.挑戦:たとえ社会にすぐに受け入れられなくても、決してあきらめまず挑戦していける人

 

2.地道な努力:ウサギじゃなくても、カメのように。コツコツと一歩ずつ、着実に前進していける人

 

3.社会貢献:常に技術を磨き上げ、社会貢献に尽力できる人

 

また、ファンコミュニケーションズの行動指針である5つのファンコミズムに、共感できる人も求められます。

 

1.他との違いが明確かどうか

2.いちばんカッコイイやり方かなにか

3.自分たちの都合になっていないか、お客様目線で捉えられているか

4.最後まで結果にこだわったかどうか

5.家族に胸を張れる仕事かどうか

 

これらの設問に自ら答えを導き出し、試行錯誤して業務に取り組む姿勢が求められます。

 

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

ファンコミュニケーションズの競合が多いネット広告業界での立ち位置をご紹介します。売上高や就職偏差値・難易度を参照し競合他社と比較すると、ファンコミュニケーションズは今後さらなる飛躍が期待できる企業だということがわかります。ネット広告業界は成長産業なため、より競合や競争は増えると予想できます。

 

就職偏差値・難易度については、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

 

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値社風
ファンコミュニケーションズ9億4,237万円500万円59年齢や役職関係なくそれぞれが意見やアイデアを積極的に出していける社風
株式会社ネットマーケティング13億1,200万円535万円61チャレンジする機会が多くチャンスを後押しする社風
トランスコスモス株会社3,500億円422万円43若手社員にもチャンスが多い社風
D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社210億円543万円62役職問わず気さくで、和気あいあいとしている社風

採用大学

ファンコミュニケーションズの採用大学については、詳細の記載はありません。しかし、ファンコミュニケーションズはあらゆる大学の全学科・全学部を採用対象としている傾向があります。それゆえ、学歴フィルターは比較的ないと考えられます。学歴以上に人柄や、熱意を重視して採用している傾向があるため、エントリーシートや面接時に自分らしさをアピールすることが何より大切です。新卒採用は行なっているため、ファンコミュニケーションズの公式サイトから新卒採用項目をチェックしてください。

 

まとめ

今回はファンコミュニケーションズの企業研究についてご紹介しました。ファンコミュニケーションズの企業研究は必ず行い、経営理念やビジョン、社風を理解して積極的に就活に挑んでください。自己分析も必ず行い、自身が経験したエピソードや経歴を自分の言葉で答えられるよう、準備しておきましょう。

また、エントリーシートや各面接時は、自身の魅力や事業に対しての熱い想いを企業ビジョンと合わせながら伝えられるよう、取り組んでみてください。

 

ぜひこの記事を参考に、励んでくださいね。

 

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。