【企業研究】株式会社インプルの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】株式会社インプルの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年11月25日更新

はじめに

株式会社インプルは、システム・アプリ開発やDX関連事業を行うベンチャー企業です。

北海道札幌市で2011年に創業後、業界のトレンドにいち早く着手してきたことで業界内で確固たる地位を構築。

主力事業はスマホアプリ事業とシステムインテグレーション事業ですが、近年は加えてブロックチェーン技術を利用したNFTエコシステムの構築など新しい取り組みを行っています。

結果的に企業の年間成長率を表す「CAGR」では60%と高い数値を達成し、また2023年にはベストベンチャー100にも選出され、今後さらなる成長が期待されています。

本記事では、そのように高い将来性を持つ株式会社インプルの事業内容や選考フローなどについて就活生向けに紹介していきます。

株式会社インプル、そしてSIer業界のベンチャー企業に興味を持つ学生は、ぜひこの記事を参考にしてください!

また、SIer業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください!

【業界研究ガイド】業界一覧

会社概要

株式会社インプルの会社概要は以下になります。

 

社名株式会社インプル
所在地札幌本社

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西10丁目1001番地5 福山南三条ビル 2階

東京支社

〒101-0047 東京都千代田区内神田1丁目2番地8 楠本第2ビル6階

連絡先TEL:03-4566-3070
設立2011年6月23日
資本金24,800,000円
役員代表取締役 西嶋 裕二
法律顧問OMM法律事務所
従業員数110名(2023年5月期時点)
子会社Alobridge CO.,LTD
企業コード帝国データバンク:502003810
加盟団体札幌商工会議所

一般社団法人北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会

など

パートナー・認証ISO 9001:2015 & JIS Q 9001:2015

ISO/IEC 27001:2013 & JIS Q 27001:2014

札幌市ワーク・ライフ・バランス認証

など

取引先株式会社アイ・ラーニング

アークシステム株式会社

株式会社アジェンダ

株式会社アシストワーク

など

引用:会社情報 | 株式会社インプル (impl.co.jp)

事業内容

①System Integration(システムインテグレーション)

【Web System】

React、Laravel、SpringBoot等のトレンド技術を利用したフロントエンドからバックエンド技術までウェブシステムに必要なすべてを先進技術でご提供しております。

【Mobile Application】

当社ではReact Native、Flutterを利用したクロスプラットフォーム開発分野でNo1の実績を誇っております。フィンテック、ヘルステック、デジタルトランスフォーメーションなど様々な分野で先進技術を提供しております。

【Infrastructure】

AWS(AmazonWebService)を中心としたスケーラビリティに優れたセキュアでローコストなインフラ環境をワンストップで提供しております。

 

引用:システムインテグレーションサービス | ReactNativeやFlutterに強いアプリ開発のスペシャリスト|株式会社インプル-IMPL

 

②製品開発

【Skill-Repo】

クラウド型スキルシート管理サービス。

社員の経歴書管理、スキル管理をはじめ、経歴書のメール送信・ダウンロードなどSES営業に役立つ機能などを提供するSaaS型サービスです。

アカウント登録をしていただくだけで、即日始めることができます。

【OneStack】

リアル店舗を持つ事業者向け店舗DXソリューション。

最短3営業日でオリジナルアプリと管理画面を提供する、店舗DXソリューションです。 月額定額料金で気軽に始めることができます。

【Climis】

インターネット診療予約サービス。

24時間オンライン予約・時代のニーズに合わせたビデオ通話によるオンライン診断が簡単に導入できます。

 

引用:開発製品 | ReactNativeやFlutterに強いアプリ開発のスペシャリスト|株式会社インプル-IMPL

③Offshore(オフショア)

インプルには、ベトナムにAlobridge(アロブリッジ)という100%子会社のオフショア企業がございます。

ベトナムの優秀な若者の多くがエンジニアを目指しており、仕事への取り組む姿勢が評価されています。

また、日本との時差が2時間と短いため、日本の稼働時間に合わせて対応ができます。

 

引用:オフショアサービス | ReactNativeやFlutterに強いアプリ開発のスペシャリスト|株式会社インプル-IMPL

新卒選考フロー

株式会社インプルが行う「エンジニア職」を志望する学生向けの選考では、ES提出や個別面接に加え「技術試験」を実施する特徴があります。

成長中のベンチャー企業であるため、即戦力として活躍できそうな学生を積極的に採用したい意図が汲み取れます。

①会社説明会の参加

新卒採用HPやマイナビからエントリー後、会社説明会の案内が届きます。

後の選考フローで「ES提出」や「個別面接」が控えているため、志望理由になる情報を1つでも多く見つけることをテーマに、説明会に参加しましょう。

②エントリーシート提出

株式会社インプルのエントリーシートに関しては、インターネット上で情報が確認できませんでした。

一方、他企業と同様に

 

・ガクチカ

・志望動機

・パーソナリティ

 

に関しては出題される可能性が高いため、各テーマごとで株式会社インプルにマッチした内容で文章を作成することを意識しましょう。

 

③適性検査・技術試験

適性検査では、大抵のベンチャー企業は「性格診断」でいくつかの質問に回答していく形式を使用しているため、株式会社インプルも同様ではないかと予想します。

 

また株式会社インプルが行う技術試験に関する情報は、インターネット上で確認できませんでした。

一方ソフトウェア開発に強みを持つ企業のため、「要件定義」「設計」「開発」など開発プロセスに関する内容が試験の1つになってくると予想。

事前の対策が難しい選考ですが、株式会社インプルの事業内容を把握して、各事業を進めるうえで必要になるであろう知識・スキルを可能な限り蓄えておきましょう。

④個別面接

個別面接は3度実施されます。

セールスや広報、エンジニアなど募集職種が複数あるため、志望職種ごとで対策の仕方は変わってきます。

一方、共通して重要な内容としては「株式会社インプルへ対する入社意欲」をしっかりと各個別面接で伝えることです。

入社意欲があると面接官に印象付けるポイントとしては、以下2点が挙げられます。

 

・志望理由やガクチカなど、発言の1つ1つに一貫性がある

・株式会社インプルで働く際のキャリアプランが明確

 

上記内容を達成するためには、時間をかけて企業分析と自己分析を行い、面接の練習を行っていくことが必須になります。

 

参考:(株)インプルの採用データ | マイナビ2024 (mynavi.jp)

社風

株式会社インプルの社風は、以下2点で表すことができます。

①風通しがいい

企業HPでは社内の風通しの良さを強みとして紹介しており、また転職口コミサイト「OpenWork」でも複数の社員が風通しの良さに言及する口コミをしているため、1人1人の社員が他者を尊重していく雰囲気が根付いている企業と言えます。

また「自由」な雰囲気も持ち合わせているため、意欲のある社員がより成長できる環境です、

②充実したワークライフバランス

フレックスタイム制を導入し、またリモートワークも可能なため社員のペースで仕事を進められ、特にご家庭を持つ社員や女性にとっては働きやすい職場です。

また口コミ数は少ないものの、「OpenWork」で記載されている残業時間は「4.4時間」、有給取得率は「92.1%」と驚異的です。

今後口コミが増えることで各数値が下振れる可能性はあるものの、それでも国内企業の平均に比べたら高水準を保持していけるのではないか、と予想しています。

 

参考・引用:インプル 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork

求める人物像

株式会社インプルの求める人物像は、新卒採用ページに記載があります。

また文系職と理系職で内容に差があったため、各職種ごとで紹介します。

 

【理系職(エンジニア・開発)】

・新しい IT 技術が好きな方

・今の技術力をさらに磨きたい方

・早いスピードで自信の持てる技術を身につけたい方

 

【文系職(セールス・広報】

・絶えず変化する環境で柔軟な対応ができる方

・ホスピタリティに長けた方

・早いスピードで自信の持てる技術を身につけたい方

 

引用:株式会社インプル の全ての求人一覧 (herp.careers)

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

株式会社インプルが業界内でどのような立ち位置にいるのか、競合他社と比較しながら明らかにしていきます。

今回は2023年度に「ベストベンチャー100」に選ばれた企業の中で、IT事業を展開する3社の情報をもとに比較していきます。

売上高に関してはインプルは5億円を達成していて、今回記載しているベストベンチャー100に選ばれた3社のなかでも高水準を達成しています。

また株式会社インプルは平均年収を公開していませんが、転職サイト「indeed」記載されている募集要項では、想定年収が「320万円~1500万円」と紹介されていて数値の幅が広いことから、成果主義の給与体系である可能性があります。

就職難易度は、インプルの場合は選考フローに「技術試験」を設け、また採用人数が少なく高倍率であるため「やや難」と評価。

社風に関しては、他のベンチャー企業と同様にインプルも挑戦的な社風を持ちつつ、加えて風通しの良さ・ワークライフバランス重視という要素も持ち合わせています。

 

参考・引用

株式会社 インプルの求人 | Indeed (インディード)

 

就職難易度や偏差値について詳しく知りたい方は、【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキングを参考にしてください。

 

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
インプル5億円非公開やや難風通しがいい、自由、充実したワークライフバランス
Fabbi Japan3~10億円非公表非公表情熱的、挑戦を惜しまない
H&K約2億700~800万円顧客第一、挑戦、粘り強い

参考・引用

(株)インプルの新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

 

採用大学

<大学院>

小樽商科大学、札幌大学、北海道大学

<大学>

青山学院大学、岩手大学、小樽商科大学、神戸市外国語大学、公立はこだて未来大学、札幌大学、札幌市立大学、中央大学、東海大学、同志社大学、新潟県立大学、日本大学、弘前大学、北星学園大学、北海学園大学、北海道大学、北海道科学大学、室蘭工業大学、明治学院大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、早稲田大学

引用:(株)インプルの新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

 

採用大学を見る限り、株式会社インプルは学歴フィルターが「ない」企業といえます。

早稲田大学・同志社大学などの難関大学から、各地域の中堅大学まで幅広く採用を行っているためです。

また株式会社インプルは今後のビジョンの1つに「5年以内に上場」することを掲げており、それに相まって例年3~4名ほどだった新卒採用人数が2023年度には「10名」に増加。

そして社長の西嶋氏は今後さらに積極的な採用を行っていく発言もされているため、就活生が株式会社インプルから内定を獲得できる可能性が企業の成長と共に広がってきています。

参考:株式会社インプル 西嶋 裕二 | ベストベンチャー100 (v-tsushin.jp)

まとめ

本記事では、【企業研究】株式会社インプルの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説というテーマで、就活生向けに役立つ情報をまとめました。

時代のニーズに合わせて積極的に事業を展開し続け、また100近くもの企業に付加価値を提供した実績やノウハウがあるため、今後目まぐるしく変化していくであろう社会に対しても柔軟性を持って対応していけると考えます。

また激務のイメージが強いSIer業界の中でも風通しが良く、ワークライフバランスも追求できる社風を持つ企業のため、仕事とプライベートの両方を充実させたい学生にとって、とても良い企業です。

そのためSIer業界を志望している学生は、ぜひ株式会社インプルも検討してみることをオススメします!

この記事を参考にしてくれた学生の方々が、志望する企業から内定をもらえることを祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

岩本美帆

キャリアアドバイザー リーダー

株式会社ネオキャリアに新卒入社。
法人営業や採用コンサルティング業務を中心に、転職支援業務のプロジェクトにアサイン。 2年後に自己成長と新しい挑戦を求めてナイモノに転職。 現在は入社3年目のキャリアアドバイザーのリーダーとして、 「人の挑戦を言葉で支援することで成長し続ける」をモットーに活躍している。