【企業研究】株式会社LULLの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】株式会社LULLの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年11月25日更新

はじめに

株式会社LULLは、IT業界に向けて人材業を展開するベンチャー企業です。

2019年に創業後、3期目で売上高10億円を達成していて2023年に「ベストベンチャー100」を受賞。

IT業界の深刻な人材不足の解決にアプローチし、IT初心者~上級者向けまで幅広くサービスを展開することで、IT業界の発展に貢献しています。

従業員も300名を超え、採用活動も強化していることから今後のさらなる成長を期待されています。

本記事では、そんな大きなポテンシャルを持つ株式会社LULLの会社概要や就職難易度などについて就活生向けに紹介していきます。

株式会社LULL、そして人材業界のベンチャー企業に興味を持つ学生は、ぜひこの記事を参考にしてください!

また、人材業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください!

【業界研究ガイド】業界一覧

会社概要

株式会社LULLの会社概要は以下になります。

 

会社名株式会社LULL
所在地〒150-0002

東京都渋谷区渋谷3丁目10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル B1

代表取締役仁藤 敬介
事業内容一般派遣事業 / WEB制作事業 / SES事業
許可番号労働者派遣事業(許可番号/派13-314354)

有料職業紹介事業(許可番号/13-ユ-311300)

設立年月日2019年6月3日
資本金20,000,000円
電話番号03-6457-3780
従業員数10名(正社員・契約社員合計) ※2022年8月現在

引用:企業情報 | 株式会社LULL (lull-inc.co.jp)

事業内容

株式会社LULLは、IT人材不足や、教育・地域格差をなくすという点をミッションに掲げ、様々な事業を行っています。

具体的には4つの事業を行っているため、下記で紹介します。

 

①Ed Tech

日本のIT人材の不足を解決し「IT人材のプロフェッショナルを創出」するため、未経験からでもIT人材を目指せる独自のカリキュラム「Tech Flag」を運営、「教育」×「IT」を推進しています。「Tech Flag」では、実践的な研修や最先端のWEBスキルが学べる教材Atlasを用いて、これまで多くのエンジニア・WEBデザイナーを排出しております。

 

②WEB制作事業

様々なクライアントのデジタル戦略に関してUX/UIデザイン・開発および運用面のサポートを提供しています。ユーザーにとって品質高いサービスを提供するデザインテックカンパニーとして、スタッフは教育レイヤーから徹底的に技術と人間力の指導を行っています。自分自身の「価値」を向上させるという事業ビジョンのリレーションを行うことにより、スタッフ一人一人がやりがいを持って仕事をしています。

 

③SES事業

独自の育成カリキュラムを導入し、徹底した技術の指導と人間力の向上を行い、自社開発や様々なクライアント様のプロジェクトに参加させていただいた弊社のWEBクリエイター・エンジニアスタッフを派遣しております。制作開発の実務に精通しているコンサルタントが御社の採用をサポート。業務に必要なスキルや求める人物像にマッチした人材をご紹介いたします。

 

④一般派遣事業

様々なクライアント様から要求される、高い知識力やコミュニケーション力を育成し、販売スタッフをはじめ、営業ラウンダー、一般事務、営業事務、コールセンタースタッフ、オペレーターなど幅広い業界に即戦力の人材をご提供致します。スタッフに対しても面談や研修カリキュラムだけでなく、スキルアップやモチベーションを高く保つための独自の評価制度を設けることで、「価値」の高い人財を育んでまいります。

 

引用:株式会社LULLリクルートサイト – 「代わりのきかないアナタにする。」 (lull-inc.co.jp)

新卒選考フロー

株式会社LULLの新卒選考フローについて、インターネット上で情報を確認することができませんでした。

しかし内定者を紹介する記事の中では「株式会社LULLの採用フローは正直長いなって思いました…」という記載があることから、他企業に比べて面接を多めに行うことが予想されます。

しかし、役員などが面接に参加することもあるようで、1人1人の学生に対して真摯に対応する姿勢が伝わってきます。

また内定者紹介記事の中では、株式会社LULLの選考に突飛な内容があった記載がなかったため、志望度を見るべく個別面接を多く行っていくと予想します。

参考:22卒採用 (wantedly.com)

①オンライン説明会

インターネット上では選考フローに関する情報は載っていませんが、オンライン説明会の募集を新卒向けに行っている年度があることは確認できました。

オンライン説明会を通して学生に対して具体的な選考フローを伝えていくようで、またオンライン説明会を開催する時期も限定されているため、興味のある学生は株式会社LULLの新卒採用情報を随時チェックしましょう!

②個別面接

株式会社LULLの選考は、時間をかけて行っていくことから「志望度の高さ」を面接官に示すことが最も大事になってきます。

そのため、今回は志望度の高さを示すためのポイントを2点紹介します。

ポイント① 【なぜ人材業界を志望するかを明確にする】

人材業界は近年志望する学生も増えてきており、人気業界といえます。

そんな中「多くの人のより良いキャリアの一助を担いたい」とだけ述べ、志望動機を裏付ける内容を一貫性をもって説明できなければ、志望度が低いと面接官に判断されてしまいます。

一方、「多くの人のより良いキャリアの一助を担いたい」という理由がきっかけで人材業界を志望することは全然間違いではなく、むしろいいことだと考えます。

そのため志望理由を考える際に最も重要なことは、なぜ「多くの人のより良いキャリアの一助を担いたい」と感じるのか、などきっかけを深掘りするという点です。

また「なぜ」という根拠を説明する際は、自身の経験や価値観に基づいて話せればとてもいいです!

まずは人材業界を志望したいと思う理由について、思い浮かんだことすべてに対して「なぜ」を問うように心がけ、自身の考えや経験を深堀りしていきましょう!

ポイント② 【なぜ「株式会社LULLか」を自身の経験・価値観を元に説明】

人材業界について明確な志望理由を提示できたとしても、人材業界には数百~数千の企業が属しています。

そのため「人材業界の中でもなぜ株式会社LULLかを志望するのか?」という点を、一貫性のある内容で説明できるように準備する必要があります。

具体的には社風や事業内容などから株式会社LULLならではの特徴を見つけ、その特徴について自身の過去の体験や、価値観を織り交ぜながら説明するようにしましょう。

その企業にしかない特徴を見つけるためには、まずはHPや口コミサイトなどで自分なりに特徴を洗いだし、その内容を元に志望理由などを考えます。

また株式会社LULLに加えて「競合他社」の特徴についてもしっかりとリサーチし、「他社は〜が多いが、株式会社LULLには~という違いがある」というような内容でも話せるよう準備しましょう。

株式会社LULLの特徴については、本記事で紹介してあるためぜひ企業HPとともに読み込みながら、対策を練っていくことをオススメします!

社風

株式会社LULLは、以下2点で表すことができます。

 

①多様性がある

新卒で内定を獲得して入社する学生に加え、中途採用にてITや人材業界とは無縁の業界出身の社員も数多く採用していて、社員ごとでバックグラウンドは様々です。

そのような多様性のある社員同士で、1つの目標に向かって高い意識で取り組んでいく組織のため、社員の個性を尊重する雰囲気が構築されています。

参考:株式会社LULLの会社情報 – Wantedly

②風通しがいい

株式会社LULLの最大の特徴は「風通しの良さ」であると考えます。

大企業では味わえないような上司と部下の距離感の近さがあり、誰でも意見を述べることができるようです。

また社員の年齢もとても若いため、早い段階で多くの仕事を任せてもらえてどんどん挑戦できる社風が整っています。

転職口コミサイトでも風通しの良さについては、複数の社員が高く評価するコメントを残しているため「伸び伸びと働ける環境」だと言うことができます。

参考:LULL 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork

求める人材

株式会社LULLが掲げる8つの「行動指針」が実践できる人材が、求める人材のキーワードになると考えられるため、下記に記載します。

①志

私たちは、志を高く持ち、目標達成のための努力をし続けます

②情熱

私たちは、情熱の火を燃やし続けます

③素直

私たちは、素直な姿勢で仕事に取り組みます

④挑戦

私たちは、挑戦者のスタンスを常に持ち、新しい価値を作り続けます

⑤成長

私たちは、成長のために学び続けます

⑥育成

私たちは、人を育てるということを大切にします

⑦利他

私たちは、まずお客様、取引先、仲間が喜ぶことから行っていきます

⑧感謝

私たちは、感謝の気持ち、貢献の心を大切にします

 

引用:株式会社LULLリクルートサイト – 「代わりのきかないアナタにする。」 (lull-inc.co.jp)

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

株式会社LULLが業界内でどのような立ち位置にいるのか、競合他社と比較しながら明らかにしていきます。

今回は、IT人材に特化した人材派遣業を行う3社で比較を行っていきます。

売上高に関してはAKKODiSコンサルティングが群を抜いていますが、これは高い実力を誇ることに加えて、会社の規模や事業年数が長いことが要因になっています。

株式会社LULLは創業が2019年ですがすでに10億円の売上を達成しており、実力とさらなる伸びしろがあることから今後はさらに成長が加速していくと予想されます。

また平均年収では株式会社LULLの情報がネット上で確認できませんでしたが、中途採用の募集要項には月収が「22万~50万円」と記載があり、また同業界内の他企業の平均年収が500万円~600万円台であることが多いことから「約500万円~600万円」と予想。

就職難易度に関しては、企業独自の難しい選考方法をフローに入れているという情報はなく、また転職口コミサイトで「面接はすんなり進んでいく」という口コミがあったことから「普通」と評価しています。

参考・引用

LULLの会社の口コミ一覧|ライトハウス (5858) (en-hyouban.com)

WEBデザイナー – 株式会社LULLリクルートサイト (lull-inc.co.jp)

 

就職難易度や偏差値について詳しく知りたい方は、【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキングを参考にしてください。

 

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
LULL約10億円約500万円~600万円普通多様性がある、風通しがいい
AKKODiSコンサルティング約653億円約600万円普通ワークライフバランス重視、女性も働きやすい
テクノウェイブ約24億円約500万円~600万円普通体育会系、社員を大切にする

 

採用大学

明治大学、横浜市立大学、立正大学、淑徳大学、同志社大学など

 

参考:22卒採用 (wantedly.com)

 

株式会社LULLは新卒採用において、明治大学や同志社大学などの難関大学をはじめ、中堅大学まで採用を行っています。

またHP・採用情報の「数字で見るLULL」では4大卒に加え、専門学校卒・高卒の学生も採用しているグラフを記載していることから、学歴フィルターは「ない」企業と言えます。

「4、新卒選考フロー」でも述べましたが、志望度の高さをいかに面接官に示せるかが内定獲得のために最も重要な内容になってくるため、内定をもらうために競合他社を含めた企業の下調べや自己分析を徹底的に行っていきましょう。

参考:株式会社LULLリクルートサイト – 「代わりのきかないアナタにする。」 (lull-inc.co.jp)

まとめ

本記事では、【企業研究】株式会社LULLの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説というテーマで、就活生向けに役立つ情報をまとめました。

風通しの良い社風で、ITや人材業界の経験がない社員も多く在籍している環境のため、社員との交流の中で新たな発見が生まれやすく、また伸び伸びと働ける環境だと言えます。

また新卒採用に関しては学歴フィルターを設けていないことから、「挑戦できる環境で今まで以上に頑張っていきたい」と意気込んでいる学生にとってはよりよい企業風土を持ちます。

そのためプライベートと同様に仕事面も充実させていきたい学生は、ぜひ株式会社LULLの選考にエントリーすることをオススメします!

この記事を参考にしてくれた学生の方々が、志望する企業から内定をもらえることを祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

岩本美帆

キャリアアドバイザー リーダー

株式会社ネオキャリアに新卒入社。
法人営業や採用コンサルティング業務を中心に、転職支援業務のプロジェクトにアサイン。 2年後に自己成長と新しい挑戦を求めてナイモノに転職。 現在は入社3年目のキャリアアドバイザーのリーダーとして、 「人の挑戦を言葉で支援することで成長し続ける」をモットーに活躍している。