【企業研究】スターダストプロモーションの就職難易度・採用大学・選考対策

【企業研究】スターダストプロモーションの就職難易度・採用大学・選考対策

2023年11月10日更新

はじめに

スターダストプロモーション(株式会社スターダストプロモーション)は、日本有数の大手芸能プロダクションです。1,000人以上のタレント・俳優・アーティストなどが所属、さまざまな媒体を通じ日本のエンタメ業界を支えています。

 

今回はそんなスターダストプロモーションの企業研究を行います。事業内容や業界内での立ち位置のほか、求める人材、就職難易度など選考対策に活かせる情報も紹介します。

エンタメ業界

スターダストプロモーションが属するエンタメ業界は、娯楽を通して多くの人々を楽しませることを目的とした業界です。エンタメの種類はアミューズメント・音楽・ゲーム・アニメ・書籍・映画・舞台など幅広く、種類ごとにまた事業内容や企業の特性などが異なります。また、このようなエンタメを発信するタレント・アーティストなどが所属する芸能プロダクションもあり、スターダストプロモーションはこれに当たります。

 

エンタメ業界での採用獲得に向け、選考対策に力を入れたい人は次の記事も参考にいかがでしょうか?

【例文付き】エンタメ業界の内定を勝ち取る方法3選!

 

エンタメ業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!

【業界研究ガイド】業界一覧

事業内容

スターダストプロモーションの主な事業内容は、所属するタレント・歌手・俳優のマネジメントなどです。所属する人材は1,000人以上。一例を挙げると、渡部篤郎、北川景子、内野 聖陽、窪田正孝、山崎賢人、滝沢カレン、本田翼、横浜流星、小松菜奈、ももいろクローバーZなど。ベテランから若手まで、人気者揃いです。

 

マネジメント事業では、マーケティング企画やプロモーション、営業、スケジュール管理、仕事現場での立ち会いなど、多角的に所属タレント・俳優たちの芸能活動をサポートします。また、音楽、映像作品、グッズなどの企画制作も行っています。そのほか、東京本社のほか、大阪・仙台・名古屋・福岡・沖縄に営業所を有しており、各拠点の運営業務なども事業のひとつです。

 

なお、スターダストプロモーションが中心となり、子会社などとスターダストグループを構成しています。グループ内には、音楽に関する事業を中心的に行うレーベル会社「スターダストレコード」、映画・TVCM・PV・映像配信・出版等の企画・制作を中心に行う「スターダストピクチャーズ」、アーティストグッズ・衣装の制作やイベント企画運営などを幅広く担う「ワンダースタイル」、ボーイズグループのグッズ制作・販売や販促品の企画を手がける「エスディーイー」、このように各社が異なる分野を業務行い、スターダストグループのエンタメ事業を力強く支えています。

 

参考:スターダストについて スターダストプロモーション会社情報 STARDUST スターダストプロモーション、スターダスト音楽出版オフィシャルサイト

新卒選考フロー

スターダストプロモーションの新卒選考は基本的に次のフローで行われます。なお、募集年度や募集職種によって、選考の内容や流れは変わる可能性もあるので、必ず応募を検討している年度の募集要項のチェックが必須です。

 

なお、スターダストプロモーションでは募集する職種によって、応募資格が細かく定められている場合もあります。例えば「現場マネージャー」は、普通運転免許証を有していることがマスト要件です。加えてペーパードライバーでなく実際に運転できること、都内の道路に詳しいことなども求められます(例えばマネージャーがタレントを現場に送り届けるなどは珍しくありません)。

 

新卒採用に関しては、入社時の資格要件は不問とされることもあるようです。しかし、普通免許を取得していればなお良いと記載されている求人もありました。応募する際は、職種ごとの応募資格をよく確認し、自分が要件を満たしているか、満たしていれば有利になり得る条件がないかなどを把握しておきましょう。

エントリー

まずは、就活支援サイトの企業ページなどからエントリーを行います。エントリーが完了した後、応募についての案内が届きます。

 

応募書類の提出

エントリーが完了次第、随時応募書類提出の案内が届きます。エントリーシートの作成が必要で、過去には自分が生きていく中で最も大切にしたい考えについてなどの問いがあったようです。

面接の実施

書類選考を通過したら、面接が実施されます。面接は複数回で、志望動機のほかに好きなアーティスト・タレントやこれまでアルバイトをした経験などを聞かれた人もいるようです。職種によっては、面接の後に運転試験が実施される場合もあります。

社風

スターダストプロモーションの社風の特徴は、穏やかでゆるめな雰囲気です。芸能界関係の仕事というと、とにかくアグレッシブに働く人が多い世界とイメージする人もいるでしょう。実際そういう会社もあるようですが、スターダストプロモーションに関しては、社内の空気感がゆったりしているとの口コミが複数見られました。

 

このような社内の雰囲気や仕事の進め方は人によって合う・合わないがはっきり分かれるようなので、自分の性格や希望する働き方にマッチするかはしっかり見極めが必要です。また、女性社員が多いという声も聞かれるので、特に女性は働きやすい環境かもしれません。

求める人材

スターダストプロモーションでは、新卒採用募集のメッセージにおいて、「エンタメが好きな方」「コミュニケーション力がある方」「主体的に働ける方」を求めていると述べています。

 

エンタメ業界で働く上でエンタメを愛する心は不可欠です。エンタメ業界の仕事は不規則かつイレギュラー。この業界に限ったことではありませんが、仕事の中でつらい・大変と感じることもあるでしょう。そんなときくじけず、モチベーションを保ちながら働くために、好きな業界の仕事に携わっているという満足感は非常に大切です。

 

芸能プロダクションの仕事は、同僚やマネジメントを行う所属タレント、エンタメコンテンツを企画・制作・プロモーションなどに携わる取引先など、大勢の人と関わりながらつくっていくものです。多くの人と人とをつなぐこともエンタメの仕事のひとつ、コミュニケーションスキルは欠かせません。

 

また、エンタメは時節を常に読みながらビジネスの機会を探らなければならない世界であり、言われたことを言われた通りやっていればそれで良いというわけではありません。自分で考えて適切だと思うことを判断し、行動する主体性は必須と言えます。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

ここからは、ほかの芸能プロダクションとも比較しながら、スターダストプロモーションの業界での立ち位置を考えていきます。また、就職偏差値や難易度も紹介します。

 

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
スターダストプロモーション非公開400~450万円ほどゆったりしている・女性が多い
オスカープロモーション非公開600万円ほど多様な社員が集まっている
エイベックス・マネジメント1,215億円※グループ831万円62挑戦に寛容
アミューズ524億円729万円58誰でもチャレンジできる

 

財務情報の比較(売上)

 

芸能プロダクションはごく一部のみが上場企業、大手であっても多くの企業は非上場です。そのため、売上高を数字で比較するのは難しいところがあります。ただし、スターダストプロモーション及び比較対象としてピックアップした企業は、エンタメ業界を長年に渡り盛り上げ続けている老舗大手ばかりです。2020年から世界的大問題となった感染症流行でエンタメ業界は深刻な打撃を受けました。しかし流行が沈静化した現在、徐々に業界に活気が戻り始め、業績も回復の傾向にあります。

 

社風の比較

 

芸能プロダクションは、社員に主体性や行動力を求める社風が多く見られます。自社のタレントなどを売り出すためには待っているだけの姿勢では進まないため、この社風はどこのプロダクションにも大なり小なりあると思われます。なお、社員の性格については各社によって違いが大きいところです。明るく活発なタイプが多い会社もあれば、穏やかなタイプが多めの会社もあります。人とのコミュニケーションが多い仕事だからこそ、自分の性格とできる限り合った職場を見極めたいですね。

 

就職偏差値

 

就職偏差値は分析されている会社と情報が少ない会社がありますが、大手芸能プロダクションは基本的に例年就活生に人気です。華やかな芸能関係の仕事に憧れる人が多いこと、プロダクションの知名度が高いことなどが理由として考えられます。ただし、芸能プロダクションの新卒採用人数は各社とも多くはありません。おおよそ10~20人ほどで、スターダストプロモーションは近年採用人数が4人の年もありました。また、新卒採用を積極的には行っていない会社もあります(オスカープロモーションなどは、新卒採用を実施しない状況が近年続いているようです)。

 

このように、採用人数が少ない状況に加え、新卒採用自体実施するかわからないプロダクションもあるため、募集時にはかなり大勢の応募者が殺到すると見込まれます。就職偏差値の情報がある会社でも、数値以上に難易度が高いと考えた方が良いかもしれません。

 

なお、選考自体の難易度に関しては各社によりけりですが、学歴のみで判断される可能性は少ないと言えます。正社員の求人募集で応募資格を高卒以上としているプロダクションも多く、そもそも大卒や学歴の高さにこだわっていないと推測されます。各社とも、エンタメ業界が好きな人を求める傾向があり、また面接においてもエンタメ関連の質問がよくなされていることから、業界で働く熱意などをしっかりアピールできれば、誰でも入社のチャンスはあると言えるでしょう。

 

プロダクションによって選考フローや選考内容の独自性が強い傾向も見られるので、一般的な選考対策ではなく、興味のある企業について深堀りした選考対策が大切です。

 

エンタメ業界の他企業や他業界の就職偏差値もチェックしたい方は、次の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

採用大学

スターダストプロモーションで採用実績のある大学については、詳しい情報がほとんどありません。大手芸能プロダクションは新卒採用の人数が少なく、また就活生の人気も高いという状況から、学歴フィルターがあるのではと不安に感じる方も多いかもしれません。

 

採用大学の情報がある大手の実績を見る限りでは、学歴レベルが高いと言われる大学の名前も複数ありますが、それ以外の大学からも採用者が出ています。また、スターダストプロモーションの新卒採用の募集要項を見ると、人柄を重視している旨の記載もあります。また、中途採用は応募条件の1つが高卒以上であり、さまざまな学歴の人材を募っているとも考えられます。これらのことを踏まえると、スターダストプロモーションの新卒採用には学歴フィルターは存在しない可能性が高いと言えるでしょう。

所属人材の厚みを活かした多彩な事業活動を展開

スターダストプロモーションは、所属人材1,000人以上という層の厚みを活かし、映画・ドラマ・テレビ番組・音楽など、幅広いコンテンツにおいて今日も日本のエンタメ界を盛り上げています。今クールのドラマにも所属俳優が多数出演。また、今後公開される話題の劇場作品にも、スターダストプロモーションのタレントや俳優が目白押しです。スターダストプロモーションに入社すれば、このような精力的な芸能活動を支える仕事ができるでしょう。

 

参考:最新ニュース一覧 スターダストプロモーション

まとめ

スターダストプロモーションは設立から40年以上、数々の人気俳優・タレントをマネジメントし続けてきた、大きな実績を持つ芸能プロダクションです。就職できれば、大勢の人々に笑顔や感動を届けるエンタメ業界を支えながら働けます。スターダストプロモーションの仕事に興味が湧いた方は、ぜひより深く企業研究を進めてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。