【企業研究】第一生命の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】第一生命の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年10月29日更新

はじめに

本記事では、生命保険業界のリーディングカンパニーである「第一生命」について就活生向けに解説していきます。

「第一生命の内定が欲しい!」

「第一生命って学歴フィルターがあるの?」

「第一生命の選考対策をしたい!」

そんな多様な就活生に対して幅広く役立つ情報をまとめてますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

生命保険業界とは

保険の中でも

・第一保険(死亡保険・年金保険など)

・第三保険(がん・医療・介護保険など)

に関わる保険でサービスを展開する保険会社の総称です。

ビジネスモデルとしては、保険を契約した顧客から保険料を支払ってもらい、また顧客の万が一の事態には保険金を支払ってサポートするというイメージが一般的ですが、生命保険会社の収益構造は主に3つあります。

 

1、死差益

「予定死亡率」という死亡による保険金発生の可能性を数値で表したものと、実際の死亡率の差から生じる利益です。

2、利差益

生命保険は預かった保険料を運用しますが、各商品ごとで予定利率を定めています。

そして実際の運用収入が予定利率から算出された運用収入より高かった場合に得られる利益です。

3、費差益

保険会社は事業を展開するうえで発生するであろう費用を、「予定事業費率」をもとにあらかじめ見積ります。

そして実際の費用が予定していた費用よりも少なかった場合に発生する利益です。

 

近年の動向としては、コロナウイルスの感染拡大を受けて従来の対面営業に加え「オンライン」での営業も積極的に行うようになり、業界として新規契約件数が増加しています。

一方国内の長期的な金融緩和に足を引っ張られ、低金利により国債などの運用で従来のような利益を出せず、「利差益」の面で苦しんでいます。

また「2025年問題」「2035年問題」などが謡われ、高齢者の増加に伴い保険金支払いが増す一方で、新規で保険に加入する若者が減少するという現象がますます悪化していくと予想されます。

そのため、各社で低金利の影響を受けにくい「外貨建て保険」の販売促進や、「健康増進型保険」と呼ばれる顧客の健康への取り組みによって保険料が変わる保険など「新商品の開発」が行われるなど、業界内で生き残りを懸けて競争が激化しています。

今回はそんな生命保険業界で、売上高1位を達成して勢いのある「第一生命」について就活生向けに紹介していきます。

生命保険業界について興味を持っている就活生はぜひ最後まで読んでいってくださいね!

また生命保険業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!

【業界研究ガイド】業界一覧

会社概要

第一生命の会社概要は以下になります。

 

名称第一生命保険株式会社
本所所在地日比谷本社

〒100-8411 東京都千代田区有楽町1-13-1

TEL 03(3216)1211(代)

受付時間:月~金曜日 9:00~17:00(祝日・年末年始を除く)

主要拠点豊洲本社

〒135-8120 東京都江東区豊洲3-2-3

豊洲キュービックガーデン

取締役会長稲垣 精二
代表取締役社長隅野 俊亮
創立1902年9月15日
資本金600億円
保有契約高個人保険

73兆2,067億円

個人年金保険

10兆5,210億円

団体保険

49兆3,418億円

団体年金保険

6兆669億円

従業員数49,112名(内勤職員10,508名、営業職員38,604名)
事業所支社92、営業オフィス等1,226
総資産34兆2,643億円
保険料等収入2兆2,968億円(2022年4月~2023年3月)
保険金等支払金2兆4,513億円(2022年4月~2023年3月)
格付格付投資情報センター(R&I) AA

日本格付研究所(JCR) AA

スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) A+

フィッチ・レーティングス(Fitch) AA-

A.M. Best A+

(2023年5月15日現在)

経営理念お客さま第一主義

「一生涯のパートナー」

引用:会社概要|会社情報|第一生命保険株式会社 (dai-ichi-life.co.jp)

事業内容

第一生命は「QOL向上」をコンセプトとして、人々の豊かな生活に貢献していくべく主に4つの事業を行っているため、紹介します。

 

1、保険普及等による生活の安定

少子化による人口減少や超高齢化社会の到来を背景に、将来の社会保障制度に対する不安が高まっています。また、新型コロナウイルス感染拡大は人々の行動変容と価値観の多様化を一層加速させ、雇用環境やライフスタイルにも大きな影響を与えました。そのようななか、経済的な格差をはじめとしたさまざまな社会格差や価値観の分断は人々のwell-being(幸せ)を阻害する要因になりかねず、社会課題となっています。

コロナ禍によって人々の健康意識やリスク認識は高まった一方で、2023年にはミレニアル世代・Z世代が日本の生産年齢人口の半数を占め世代シフトが進むなか、若年世代における「保険離れ」の傾向は高まっています。次世代を担う若年層が将来の不安を抱えながらも具体的な未来をイメージできずにリスクへの備えを確保できなかった場合、将来世代において「プロテクションギャップ」が拡大し、生活不安を高めることにつながってしまいます。

私たちは不確実な時代だからこそ、お客さま一人ひとりの夢や将来のありたい姿に基づいたライフデザインを協創し、経済的保障による「安心」のお届けを通じて、社会保障制度を補完する役割を担い、将来世代も含めたすべての人々の生活基盤の安定化に貢献していきます。

 

2、資産寿命の延伸

人生100年時代といわれるように日本では長寿化が進展しています。そのようななかで、資産寿命(預金や年金などの金融資産が枯渇する年齢)が生命寿命に届かないリスクなどから、人々の老後資金に対する不安が高まっており、自助努力による老後の資産形成や資産寿命の延伸が社会課題となっています。

また、老後の生活資金を不安視している人が約7割いるといわれるなかでも、資産運用の経験がある人は2~3割にとどまっています。日本においては個人金融資産の過半を銀行預金が占めていることなどを背景に、資産運用や資産形成に取り組む機会が少ないといわれています。さらに、正しくお金と付き合うための金融リテラシー(金融や経済に関する知識や判断力)を学ぶ機会や方法も十分ではないといわれます。

当社グループでは一生涯のパートナーとして、自助努力による老後の資産形成や資産寿命の延伸について、お客さまのニーズをとことん追求し、一人ひとりのニーズに沿った最適なソリューションを提供することを目指していきます。

 

3、健康寿命の延伸

日本は、医療の進展による生命寿命の延伸により世界一の長寿国となっている一方で、健康寿命の延伸が追いついておらず、生命寿命と健康寿命のギャップが拡大しています。また、超高齢化社会を迎えるなかで、国民医療費総額が毎年1兆円を超えるペースで増加を続けており、国民皆保険制度のもと、健康保険組合などの保険者の財政がひっ迫していることが社会課題となっています。

国民皆保険制度や他国に比べて相対的に充実している医療源へのアクセスなどを背景に、日本では、病気の発症や重症化リスクが高まってから医療機関にかかる傾向があります。病気はひとたび重症化すると、その治療にかかる医療費は大きく膨らんでいくのが一般的です。当社グループでは、発症後の医療費を経済面から保障するだけではなく、未病の段階から健康維持をサポートすることで健康寿命の延伸に取り組み、お客さま一人ひとりの将来にわたるwell-being向上に貢献していきます。

 

4、地域・社会の持続性確保

少子高齢化やデジタル社会の進展、ライフスタイルの多様化などを背景に、物理的な豊かさだけではなく、一人ひとりが生きがいや幸せを探究する心の豊かさを求める時代を迎えています。コロナ禍での健康不安や、人と人とのつながりの希薄化や孤独によるストレスなどが高まるなか、人々の健康長寿に欠かせない要素の一つである「社会とのつながり」は、一人ひとりのwell-being向上にも重要な役割を果たす一方で、それぞれの地域では、人口減少と大都市圏への人口集中を背景に、地方創生や地域活性化が課題となっています。地域が抱える高齢者支援や少子化対策、青少年育成などの課題に対処するには、マンパワーやノウハウの面で、官民共同での取組みが欠かせません。

「一生涯のパートナー」として一人ひとりの人生に寄り添ってきた私たちは、各地域における課題に真摯に向き合い、さまざまな「つながり」や「つながりの場」を提供することで、人々の豊かで安心感あふれる生活・社会づくりに貢献しています。

 

引用:第一生命グループが目指すwell-being|第一生命ホールディングス株式会社 (dai-ichi-life-hd.com)

募集職種・要項

第一生命では以下5つの職種で採用を募集しているため、以下に記載します。

 

・【オープンコース】基幹総合職(G型・R型)

・【スペシャリティコース】基幹総合職(G型・R型)

・【オープンコース】基幹業務職(A型)

・機関経営職

・ライフプロフェッショナル職

 

【オープンコース】基幹総合職(G型・R型)

基幹総合職(G型・R型)は将来の経営幹部候補、ビジネスのプロフェッショナルを目指していただくコースです。

入社当初は広く会社の業務に携わり、将来的には一人ひとりの適性や志向にあったキャリアプランを決定していきます。

幅広い職務を経験した上で全社的なマネジメントや、特定領域を極めて業界の第一人者を目指していただくことが可能です。

なお、転居を伴う転勤があるG型と転居を伴う転勤がないR型があり、この2つの働き方については併願が可能です。

また、R型に限り、基幹業務職A型との併願も可能です。

 

初任給(G型)大学院了 :月給289,150円~(勤務手当含む)

大学卒 :月給276,840円~(勤務手当含む)

※勤務手当:勤務時間の長短に関わらず、事前に超過勤務の一定時間分(早出残業20時間、時間外勤務10時間)に相当する金額を支給。

※本社(東京)の通勤圏外へ配属となった場合、別途転勤手当を支給。

※2023年度実績

初任給(R型)大学院了 :

月給264,540円~(勤務手当含む)

大学卒 :

月給252,240円~(勤務手当含む)

※勤務手当:勤務時間の長短に関わらず、事前に超過勤務の一定時間分(早出残業20時間、時間外勤務10時間)に相当する金額を支給。

※2023年度実績

勤務時間9:00~17:00(フレックスタイム制あり)
勤務地(G型)国内および海外の事業所(本社・支社・グループ会社)です。

転居を伴う異動があります。

勤務地(R型)国内の事業所(本社・支社・グループ会社)です。

自宅から通える範囲で勤務いただき、原則として転居を伴う異動はありません。

休日・休暇完全週休2日制、祝日、有給休暇年間20日(初年度18日)、

夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、計画公休制度、リフレッシュ休暇制度(勤続10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年)など 

昇給・賞与昇給:年1回(4月)、

賞与:年2回(6月・12月)

福利厚生諸施設: 社宅など ※基幹総合職G型のみ

諸制度: 各種社会保険適用あり(雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険)、育児休業制度、介護休業制度、育児・介護のための短時間勤務制度など

引用:応募要項|Recruit|第一生命保険株式会社 基幹職採用サイト2024 (dai-ichi-saiyo.jp)

 

【スペシャリティコース】基幹総合職(G型・R型)

専門性を活かしてプロを目指すコースで、主に4種類あります。

 

1、アクチュアリー

生保アクチュアリー・年金アクチュアリーとして、数理的手法を駆使して不確定な事象を解析することで、

保険商品開発やリスク管理、経営企画などの業務を行います。

なお、転居を伴う転勤があるG型と転居を伴う転勤がないR型があり、この2つの働き方については併願が可能です。

 

2、クオンツ・データサイエンティスト

金融工学・金融投資理論などの知識を習得し、アセットアロケーション業務をはじめとして、

ファンドマネジャーやアナリスト業務などを行います。

また、データサイエンティストとして、ビッグデータを活用し、新商品の開発なども行います。

なお、転居を伴う転勤があるG型と転居を伴う転勤がないR型があり、この2つの働き方については併願が可能です。

 

3、IT・システム

第一生命グループの幅広いビジネスフィールドを根幹から支える各種システムの企画・開発・運用や、

最先端のIT技術を駆使した新規ビジネスの創造・開発など幅広い業務を行います。

なお、転居を伴う転勤があるG型と転居を伴う転勤がないR型があり、この2つの働き方については併願が可能です。

 

4、建築・設計

投資用不動産物件に関する建築計画や設計・プロジェクトマネジメントに至るまで不動産に関する幅広い業務を行います。

なお、転居を伴う転勤があるG型と転居を伴う転勤がないR型があり、この2つの働き方については併願が可能です。

 

初任給(G型)大学院了 :

月給289,150円~(勤務手当含む)

大学卒 :

月給276,840円~(勤務手当含む)

※勤務手当:勤務時間の長短に関わらず、事前に超過勤務の一定時間分(早出残業20時間、時間外勤務10時間)に相当する金額を支給。

※本社(東京)の通勤圏外へ配属となった場合、別途転勤手当を支給。

※2023年度実績

初任給(R型)大学院了 :

月給264,540円~(勤務手当含む)

大学卒 :

月給252,240円~(勤務手当含む)

※勤務手当:勤務時間の長短に関わらず、事前に超過勤務の一定時間分(早出残業20時間、時間外勤務10時間)に相当する金額を支給。

※2023年度実績

勤務時間9:00~17:00(フレックスタイム制あり)
勤務地(G型)国内および海外の事業所(本社・支社・グループ会社)です。

転居を伴う異動があります。

勤務地(R型)国内の事業所(本社・支社・グループ会社)です。

自宅から通える範囲で勤務いただき、原則として転居を伴う異動はありません。

休日・休暇完全週休2日制、祝日、有給休暇年間20日(初年度18日)、

夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、計画公休制度、リフレッシュ休暇制度(勤続10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年)など 

昇給・賞与昇給:年1回(4月)、

賞与:年2回(6月・12月)

福利厚生諸施設: 社宅など ※基幹総合職G型のみ

諸制度: 各種社会保険適用あり(雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険)、育児休業制度、介護休業制度、育児・介護のための短時間勤務制度など

引用:応募要項|Recruit|第一生命保険株式会社 基幹職採用サイト2024 (dai-ichi-saiyo.jp)

 

【オープンコース】基幹業務職(A型)

特定のフィールドにおけるスペシャリストを目指していただくコースです。

戦略の企画・管理やフロント・バック業務など、特定のビジネスフィールドにおいて多様な職務を経験しながら、じっくりと専門性を深めていきます。

将来的にはお客さまへの新たなサービスの提供など専門性を活かした価値創出を通じて、組織に貢献する中核人財を目指していただくことが可能です。

なお、本人の適性や志向に応じて、基幹総合職(G型・R型)に転換することも可能です。

また、転居を伴わない基幹総合職R型との併願が可能です。

 

初任給大学院了・大学卒 :

月給227,630円~(勤務手当含む)

短大卒 :

月給211,630円~(勤務手当含む)

※勤務手当:勤務時間の長短に関わらず、事前に超過勤務の一定時間分(早出残業20時間、時間外勤務10時間)に相当する金額を支給。

※2023年度実績

勤務時間9:00~17:00(フレックスタイム制あり)
勤務地国内の事業所(本社・支社・グループ会社)です。

自宅から通える範囲で勤務いただき、原則として転居を伴う異動はありません。

休日・休暇完全週休2日制、祝日、有給休暇年間20日(初年度18日)、

夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、計画公休制度、リフレッシュ休暇制度(勤続10年、15年、20年、25年、30年、35年、40年)など 

昇給・賞与昇給:年1回(4月)、

賞与:年2回(6月・12月)

福利厚生諸制度: 各種社会保険適用あり(雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険)、育児休業制度、介護休業制度、育児・介護のための短時間勤務制度など

引用:応募要項|Recruit|第一生命保険株式会社 基幹職採用サイト2024 (dai-ichi-saiyo.jp)

 

機関経営職

機関経営職は営業オフィス経営のプロフェッショナルを目指す職種。5年間の教育カリキュラムの後、原則入社6年目、20代の若さでオフィス長として手腕を発揮していきます。組織の経営を考え、判断し、行動できる。これが機関経営職の特徴であり、魅力です。また、将来的にも「オフィス長→営業部長→支社長→経営層」という明確なキャリアステップが用意されており、成長意欲の高い方にとって、日々成長できる環境があります。

 

募集学部全学部全学科
給与初任給 27万9,000円(活動手当含)
諸手当通勤交通費補助等
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6・12月)
休日休暇週休2日制(土・日)、祝日 ※休日出勤をする場合あり (振替休日取得を必須とする)

夏期連続休暇、年末年始休暇

福利厚生社宅完備、保養所、各種レジャー施設・スポーツクラブと提携
勤務地社宅完備、保養所、各種レジャー施設・スポーツクラブと提携

勤務地 初任地:東京(大森ベルポート:東京都品川区南大井6-26-1)

※入社4年目以降より全国への配属となります。

勤務時間9:00~17:00
教育研修5年間の「教育カリキュラム」(導入研修、専門知識研修、集合研修、修了研修、営業オフィス実習 etc)

引用:第一生命保険株式会社 機関経営職採用サイト2024 (dai-ichi-kikankeiei-recruit.jp)

 

ライフプロフェッショナル職

お客さまのライフプランに応じた生涯設計の提案、保険・年金を中心に、総合的なコンサルティング・サービスの提供、金融商品全般の販売業務を行う職種です。

 

募集学科全学部全学科
給与大卒初任給24万円、短大卒初任給23万円

(東京・新宿・大宮・千葉・横浜)

大卒初任給23万円、短大卒初任給22万円

(名古屋・浜松・四日市・大阪・京都・神戸)

大卒初任給22万円、短大卒初任給21万円

(札幌・千歳・仙台・福島・新潟・静岡・岡山・広島・山口・福岡・久留米・北九州・熊本)

※2023年4月予定

待遇通勤交通費補助(月割額5万円限度)

退職金制度(勤続3年以上)

昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月・12月)
勤務地札幌、千歳、仙台、福島、新潟、大宮、

東京、新宿、千葉、横浜、静岡、浜松、

名古屋、四日市、大阪、京都、神戸、岡山、

広島、山口、福岡、久留米、北九州、熊本

勤務時間9:00〜17:00、9:30〜17:30(休憩1時間)

※時間は所属によって異なります。

※事業場外みなし労働時間制適用

休日・休暇週休2日制(土・日)、祝日 ※休日出勤をする場合あり(振替休日取得を必須とする)

夏期連続休暇、年末年始休暇

福利厚生雇用保険制度、厚生年金保険制度、健康保険制度、労災保険制度、

有給休暇、勤務地特別加算(当社所定の条件あり)、マタニティ休暇、産前産後休暇、

育児休業、育児サービス経費補助、チャイルドサポート休暇、孫誕生休暇、介護休業、

介護サポート休暇、保養所、スポーツクラブなどの各種施設と提携

受動喫煙防止措置屋内原則禁煙

引用:Recruit – 採用情報 | 第一生命 ライフプロフェッショナル職 Recruting (dai-ichi-life-professionals.jp)

新卒選考フロー

第一生命の選考フローは以下になります。

1、エントリーシート提出

2、各種検査

3、個別面接(複数回)

 

1、エントリーシート提出

新卒採用マイページに登録後、エントリーシートを提出します。

過去に出題されたES題目は以下になります。

 

1、これまでの取り組みの中で、最も自分らしさを表したと思える取組みについて2つ挙げ、それぞれの概要を記入してください

・1つ目(50字以内)

・2つ目(50字以内)

 

2、上記の2つの取り組みの中で、最も自分らしさを表したと思える取り組みを1つ選び、具体的な行動について記入してください(400字以内)

 

3、上記の具体的な行動を踏まえ、自分らしさを表すキャッチフレーズを記入してください(20字以内)

 

4、当社を選んだ理由を記入してください(300字以内)

 

5、当社のビジネスフィールドの中で最も興味のある分野を2つ選択してください。上記のビジネスフィールドを選択した理由を記入してください(300字以内)

└ 選択肢:リーテイル、ホールセール、アンダーライティング、IT・システム、資産運用、海外事業、企画・管理、窓販・代理店分野

引用:第一生命保険|24年卒 【オープンコース】基幹総合職(G型・R型)のエントリーシートの調査レポート|就活サイト【ONE CAREER】

 

2、各種検査

学力検査において、過去に第一生命が採用したテスト形式は「SPI」「玉手箱」です。

いずれもボーダーラインは「標準」で、とても難しかった口コミは確認できませんでした。

面接を重視する傾向があるとも考えられますが、SPIも玉手箱も事前に対策をしないと一定の点数を取ることすら難しいため、必ず参考書で演習をしたうえで試験に臨みましょう。

また近年では「デザイン思考テスト」というクリエイティブ力を測る試験も導入されています。

学力検査と異なり、解が1つに限定されず複数あるような内容です。

他企業でも同様の試験を採用しているケースがあるため、他企業で一度受験してから第一生命のデザイン思考テストに臨めることができればベストです。

3、個別面接

個別面接のフローは学生によって様々で、また面接とは別に「リクルーター面談」というフローも設けているため、内定までに人事の方と話す機会が多いです。

そしてリクルーター面談を含めると平均で4~5回の面談が行われるケースが一番多いようです。

リクルーター面談は逆質問形式で社員の方とお話する機会のため、下記では個別面接の内容について言及します。

 

個別面接は内定獲得までに3回実施されます。

1回目の個別面接は、学生1名に対して面接官も1名、所要時間は30分です。

ガクチカや志望動機に関する質問が大半を占める一方で、かなり細かい部分まで深掘りされることも多いため、事前の自己分析が必須です。

 

2回目の個別面接も学生1名に対して面接官1名で実施され、所要時間は20~30分ほどです。

前回の面接とは打って変わって緩やかな雰囲気で行われたケースが大半で、学生の中では「どの点を評価しているのかが分からなかった」という感想を持っているほどです。

雑談形式で進められますが、油断はできないため一貫性のある回答を心がけていきましょう。

 

3回目の面接が実質の最終面接にあたります。

学生1名に対して面接官も1名で、所要時間は20分です。

志望動機やキャリアプラン、また他社の選考状況などの質問が中心で、「内定を出したら本当に第一生命に入社するか」を見極めたい意図が読み取れます。

志望度の高さをいかに示せるかが重要になるため、発言内容・立ち振る舞いなど含め全ての項目でベストを尽くしていきましょう。

 

参考・引用

第一生命ホールディングスの本選考対策・選考フロー【就活会議】 (syukatsu-kaigi.jp)

社風

第一生命は「挑戦」を重視する社風です。

120年にのぼる長い歴史の中で、その時代ごとで常に「第一」に行動してきた歴史があります。

現在は株式会社として成り立っていますが、創業当初は業界初の「相互会社」として独自路線の経営を行い、躍進を遂げました。

また貯蓄性商品を銀行や証券で窓販する目的で誕生した子会社「第一フロンティア生命」は、業界初の生保会社が全額出資して誕生した生保子会社です。

このように挑戦の社風を持つ第一生命は、現在もDX化や海外進出に挑戦し、業界を引っ張っています。

 

参考:「一番最初に挑戦するのが120年続く第一生命のDNA」―稲垣精二(第一生命ホールディングス社長) | 経済界ウェブ (keizaikai.co.jp)

求める人材

第一生命は求める人材像として、以下を掲げています。

 

常にお客さま・マーケット視点を持ち、果敢に挑戦する

【マーケット志向】

お客さまや外部環境とともに常に変化する課題を見抜き、先んじて解決する

【挑戦】

失敗を恐れず、柔軟な発想、創造力と勇気を持って変革へ挑戦する

 

・つながりを活かし、価値を想造する

【つながり】

組織・会社の枠組みに捉われず、互いに良い影響を与える

【個性の尊重】

互いを尊重し個性を高めながら成長し、価値を創造する

 

・圧倒的な当事者意識を持つ

【当事者意識】

圧倒的な当事者意識と強い志を持って業務を完遂する

【自律的な成長】

自ら考え、動き、変化に対応しながら自己を高める

引用:人財育成|CULTURE|第一生命保険株式会社 基幹職採用サイト2024 (dai-ichi-saiyo.jp)

 

挑戦を通して時代に適合したビジネスを柔軟に展開してきた第一生命は、上記のように「課題発見する力」「課題解決力」「挑戦・行動力」などの要素を兼ね備えた学生が活躍できる環境だと考えます。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

第一生命が生命保険業界のなかでどのような立ち位置にいるのか、競合他社と比較しながら明らかにしていきます。

就職難易度や偏差値について詳しく知りたい方は、【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキングを参考にしてください。

 

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
第一生命5兆2,919万円975万円66挑戦
日本生命4兆3,079万円約800万円67体育会系
明治安田生命2兆4,435万円約800万円57顧客第一

 

売上高では業界1位が第一生命、2位が日本生命、3位が明治安田生命です。

年収に関しては第一生命が1,000万円近くの平均年収を誇るのに対して、他2社は非公開です。

転職サイトを見る限り、日本生命・明治安田生命ともに30代で年収800万円~1,000万円に到達している社員が確認できたため、第一生命に引けを取らない数値になると予想します。

社風は第一生命が「挑戦」なのに対して、日本生命は「体育会系」の風土で、特に営業職は体育会系出身が多く、バリバリ仕事をこなす社員が多いです。

明治安田生命は「顧客第一」な社風で、「信頼を得て選ばれ続ける、人に一番やさしい生命保険会社」をビジョンに掲げ、特にアフターサービスの面で競合他社より優れています。

 

参考:明治安田生命保険|24年卒 総合職(全国型)の合格の秘訣|就活サイト【ONE CAREER】

採用実績・大学

採用実績(基幹総合職G型)

採用年度男性女性合計
2023年度59名12名71名
2022年度52名20名72名
2021年度64名9名73名

引用:第一生命保険|シキホー!Mine|就職四季報による発掘型就活サイト (toyokeizai.net)

採用大学

青森公大 青学大 阪大 大阪公大 大妻女大 小樽商大 学習院大 学習院女大 関大 関西学大 九大 京大 京産大 熊本大 慶大 神戸大 國學院大 滋賀大 島根大 上智大 成城大 聖心女大 専大 千葉大 中大 筑波大 津田塾大 東大 東工大 都立大 同大 東洋大 富山大 長崎大 奈良女大 新潟大 日女大 一橋大 北大 明大 明学大 横浜市大 横国大 立教大 立命館大 早大 アリゾナ大 アーカンソー大 グリフィス大 モナシュ大 アラバマ大 カリフォルニア大

引用:第一生命保険|シキホー!Mine|就職四季報による発掘型就活サイト (toyokeizai.net)

 

採用大学を見る限り、第一生命に学歴フィルターは「ない」と言えます。

早慶上智などの難関大学から中堅大学まで幅広く採用を行っているためです。

第一生命の「挑戦」の社風にマッチしている人材かどうか、という点を最重要項目として採用活動を行っていると考えます。

ホットニュース

第一生命が8年ぶりの生命保険業界首位に

2023年3月期決算において、第一生命がそれまで業界1位だった日本生命を抜き8年ぶりの首位に立ちました。

新型コロナウイルス関連の入院給付金の増加などを受け、生命保険業界は減益となる企業が多い一方で、第一生命は近年で売行が好調な外貨建て商品の扱いが多く、結果的に保険料等収入で日本生命を抜いています。

今後はコロナウイルス感染者が減少し、それに伴い入院給付金の支払いも減っていくと予想されるため、業界内の順位はさらに入れ替わっていく可能性があります。

しかし今回の結果からは「挑戦」を通して様々な事業に力を入れる第一生命の不測の事態でも結果を残せる「強さ」が垣間見え、経営が安定する企業であることの証明になるといっても過言ではありません。

 

参考:第一生命、8年ぶり業界首位に コロナ響き生保大手は軒並み減益:朝日新聞デジタル (asahi.com)

まとめ

本記事では、【企業研究】第一生命の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説というテーマで、就活生に役立つ情報をまとめました。

時代は変化し続けるため「挑戦」していくことが生き残るうえで必要不可欠ですが、第一生命は120年もの長い歴史の中で培った挑戦の「ノウハウ」を多く持っているため、これからも業界内で圧倒的な力を発揮していくと考えられます。

平均年収が高く就活生に人気のため内定獲得の難易度も高いですが、しっかりと対策していけばその分内定のチャンスが近づいていくため、本記事を参考にしながら対策を進めていきましょう!

この記事を参考にしてくれた学生の方々が、志望する企業から内定をもらえることを祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

印出実生

キャリアアドバイザー

株式会社Bboにカスタマーサクセスとして二年所属したのち株式会社ナイモノに入社。
現在キャリアアドバイザーとして勤務。 学生と直接向き合い、心おきなく相談できるアドバイザーとして日々奮闘中。 ただの「エージェント」ではなく、自分でしか出来ないことは何かを見つめなおし、 学生の将来に対して献身的に取り組んでいる。