【企業研究】プラス株式会社の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】プラス株式会社の就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年10月26日更新

はじめに

文房具やオフィス家具といった総合事務用品を扱っているのがプラス株式会社です。何気なく使っている文房具が、プラス株式会社の商品だったと気づく人もいるのではないでしょうか。そんなプラス株式会社に就職を考えている人は、しっかりと企業研究を深めることが重要です。

 

面接やESなど対策すればするほど、選考突破率は向上します。本記事は、プラス株式会社の企業研究を深めるために、選考フロー、求める人物像など詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

文具・総合事務用品業界

文具・総合事務用品業界とは、名前の通り、筆記用具や消しゴムといった文房具と、家具、用紙、衛生用品などの事務用品を扱っている業界のことをいいます。企業によっては玩具なども一緒に販売しているところもあります。

 

文具・総合事務用品業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!【業界研究ガイド】業界一覧

事業内容

プラス株式会社は3つの事業を中心に活動しています。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ステーショナリー事業

ステーショナリー事業では、文具・事務用品の製造および販売、コミュニケーションツールの販売を行っています。

 

オフィスで使う事務用品から、家庭向けのハサミ、ウィルス感染予防のための衛生用品など、「文具・事務用品」から「生活雑貨用品」まで取り扱い、消費者のニーズをキャッチできるような製品をつくっています。

 

幅広い年代をターゲットに、みんなの日常生活がより快適に暮らしやすくなるような、モノづくりをするのが目標です。

 

<主な製品>

 

・チームデミ(文具)

手のひらサイズの文具セットです。音や心地よさまでデザインし、すべての動作が新しく感じられます。

・デコラッシュ(デコレーション用品)

ノートや手帳、カードなど引くだけでどこでもかわいく飾れるデコレーションテープです。シリーズは10周年を突破しました。

・ノリノプロ(貼る用品)

ノリノプロは、テープがたるむイライラが起こりません。パワーギアを搭載し、回転が停止しそうになると作用を開始します。通常よりも2倍の強さで回転しているので、テープのたるみを防ぎます。

・ローラーケシポン(セキュリティ用品)

ローラーケシポンは、個人情報を隠す保護スタンプです。

 

ファニチャー事業

ファニチャー事業は、オフィス家具やオフィスインテリア用品の製造・販売だけでなく、ホテル、レジデンス、福祉、医療、教育施設の施工・空間デザイン・内装工事まで幅広く行っています。

 

インテリアデザインにとどまらず、働き方の提案、マネジメントサポート、ファシリティ、各種オフィスコンサルティングなどを通して、お客様に最大限の満足を提供するのが役目です。

 

<主な製品>

 

・BeneS(オフィスチェア)

長時間座っていてもよい姿勢を楽に保つことができるのが、べネスです。

・5 TSUBO CAFE(ワークラウンジ)

「雑談」は効率性や生産性には関与しないですが、数値で測れない価値があると考えています。社員同士の雑談を増やすコミュニケーションスポットとして活躍するのが5 TSUBO CAFEです。

・WARKFRAN  COVO(ワークラウンジ)

COVOは周りを気にせず、集中できる「半個室」スペースです。ソファとパネルが一体化しており、しっかりと囲まれているので、誰にも邪魔されません。

・P1(フリースタイルデスク)

「PEERENCE(ピアレンス)」をコンセプトにしたフリーアドレス用の家具シリーズです。

 

流通事業

販売パートナーと協力しながら、オフィス・学校・官公庁・介護福祉施設へ文房具や日用品、家具などのモノやサービスを提供しています。特徴的なのが、お客様の課題を解決することを第一優先としているので、プラス以外の製品も提案することです。

 

品ぞろえも豊富ですが、ナレッジ、サービスを提供し、販売店の競争力を向上させるため、新しい流通ビジネスへと進化させていきます。

 

<主なサービス>

・smartoffice(企業・官公庁向け)

オフィス用品をはじめ、家具・日用品・作業用品・防災用品などを、注文された翌日に届けます。

・smartschool(学校・幼稚園・保育園向け)

授業などで必要になる学校用品や教材、保育用品、製作素材など、豊富なラインナップを用意し、小・中学校、幼稚園・保育所・こども園の働き方改革をサポートするサービスです。

・スマート介護(介護福祉施設向け)

介護・福祉施設の従業員の方の労力を減らし、作業効率を高めるために、施設運営のバックヤードを多角的に支えています。

 

新卒選考フロー

プラス株式会社の選考フローやWebテストの種類、ESの質問内容などについて見ていきましょう。

 

募集要項

プラス株式会社の募集要項は以下の通りです。

 

募集職種総合職

マーケティング、オフィス空間デザイン、MD、販売促進、調達管理、

市場開発、営業、ECサイト運営、社内インフラ・システム構築、財務、経理、人事、総務など

専門職 

ファニチャーカンパニー   

・製品設計職

・製品開発職

​初任給大卒 月給216,300円

院了 月給226,300円

昇給年1回(4月)
賞与年3回(3月、7月、12月)

合計2.2カ月分に業績評価を反映し支給します

労働時間7時間30分​
休日休暇週休2日制(土・日 ※部門により年最大3日の土曜日出勤あり)

年次有給休暇、時間単位有給休暇、慶弔休暇、育児休暇、

介護休暇、傷病休暇

福利厚生LTD(長期療養時の収入補償)制度 

退職金(ポイント制) 

企業型選択制確定拠出年金 

財形貯蓄/積立貯蓄 

福利厚生サービス  (ベネフィット・ステーション) 

育児休職制度 最長約2年 

子育て支援手当 

育児短時間勤務制度(小学校2年時終了直後の5月31日まで) 

介護休職制度(最長1年間) 

介護短時間勤務制度(最長3年間) 

リモートワーク制度  (自宅・サテライトオフィス) 

退職者再雇用制度

引用元:プラス株式会社

選考フロー

プラス株式会社の選考フローは以下の通りです。

エントリー

PLUS ONLINE TALK

エントリーシート選考

一次面接

二次面接

最終面接

内定

 

Webテストの種類

プラス株式会社が採用しているWebテストは「企業オリジナルテスト」です。言語、非言語、適性検査で、各25問程度の問題が出ます。オリジナルテストであるため、対策が難しいですが、一般的な問題に慣れておくためにSPIの問題を解いておくことがおすすめです。

 

ESについて

ESの質問内容について、過去に出題された例を見ていきましょう。

 

<過去に出題されたES>

・PLUS ONLINE TALKの会社説明会動画で、最も印象に残った内容はなんですか。その理由を教えてください。

・あなたをプラスに売り込んでください

 

社風

プラス株式会社の掲げる価値観をもとに社風を読み解いていきましょう。

 

お客様重視

プラス株式会社はお客様重視の仕事をしている会社です。本当にお客様のことを考えて経営しているため、お客様にとって一番最適な製品が自社以外にあれば、自社製品を売らずに他社の製品を紹介します。

 

つまりプラスで働く人たちは、相手のことを想って行動できる人ばかりです。困っている人がいれば手を差し伸べ、一緒になって考えるなど、他者を想った行動ができるので、アットホームな職場であると言えます。

生活者視点

製造側としての考えも大切ですが、実際に商品を利用する生活者視点で考えることも重要です。商品を使う人が本当に満足して使ってもらえるか、実際に自分で使って確かめるなど、一つの視点にこだわらず、違った目線からアプローチすることが大切です。

 

この考え方は「お客様重視」と似た考え方であり、プラスの商品を利用する人のことを考えて行動していることに繋がります。つまり、相手のことを想って行動している従業員が多いということです。

 

自由と個の尊重

プラス株式会社の働く環境(オフィス)では、個と共創を尊重した空間デザインが施されています。個でのワーク、グループでのワーク、どちらでも快適に作業ができるオフィスになっています。

 

部門や役職、世代間を超えて、社員同士のカジュアルなコミュニケーションを促進する空間になっているので、コミュニケーションが活発に行われています。

 

誰とでも気軽に話せる空間ができているので、みんなが仲良く協力しあえる環境であることが社風のひとつです。

 

デザインへのこだわり

文房具や家具、オフィス用品など、利用者が満足して使用できるようにデザインにこだわりを持っています。こだわりに対して熱い従業員が多いので、仕事熱心な人ばかりです。

 

気軽に話し合える空間があると同時に、仕事熱心に取り組める空間でもあるため、仕事とプライベートのオンオフがしやすい環境であることも社風のひとつだと言えます。

 

​挑戦と改革

プラス株式会社は、「世の中にないモノ・コトを作りたい!」という思いをもって働いている人が多いです。新しいものを作るために、積極的に挑戦していく風土があります。

 

挑戦することを後押しする会社であり、挑戦してきたからこそロングヒットする商品が生まれたので、「挑戦と改革」というキーワードを大切にしています。

求める人材

プラス株式会社が求める人材は、「枠にとらわれない人」です。プラス株式会社は、常に新しいモノ・コトを作り続けることを大切にしている会社です。新しいモノをつりだすには、固定概念に縛られることなく、柔軟に物事が考えられなくてはいけません。

 

世の中に存在しないユニークな製品を提供するために、枠にとらわれず、ユニークな考え方を持っている人を求めています。

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

文具・総合事務用品業界に位置するプラス株式会社は、同業界の他企業と比べどのような位置にいるのか見ていきましょう。今回比較する企業は、文具・総合事務用品業界の人気・売上の高い企業3社と比較してみました。

 

なお、就職偏差値や難易度について詳しく知りたい方は、【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキングを参考にしてください。

 

会社名売上高平均年収就職難易度社風
プラス974億円

(2022年度)

535万円55積極的に挑戦していく風土
コクヨ3,009億円

(2022年度)

778万円64年齢・立場関わらず、社員同士がお互いを尊重している
パイロット1,128億円

(2022年度)

635万円70お客さまや仲間想いの熱く情熱的な人物が多い社風
サクラ

クレパス

386億円

(2020年度)

348万円50部署内だけではなく他部署との距離感も近く、情報をよく共有して、相談しやすい環境がある

 

採用大学

プラス株式会社用大学、学歴フィルターについて説明していきます。

 

・採用大学(大学院)

神戸芸術工科大学、清泉女子大学、専修大学、津田塾大学、東洋大学、日本女子大学、立教大学(全国の国公私立大学)

 

・採用実績

年度人数
2021年度17人
2020年度17人
2019年度34人

 

・学歴フィルター

プラス株式会社は、全国の国公私立大学から採用しているため、学歴フィルターが存在しないと考えられます。

ホットニュース

プラス株式会社のホットニュースについて見ていきましょう。

 

オフィス向けフローズンフード定額利用サービス「タベレル」を開始

プラス株式会社は、新規事業として子会社であるタベレル株式会社を設立しました。「タベレル」は、「本当に食べたいもの」、「手軽においしく食べられるもの」を届ける、オフィス向けのフローズンフード定額利用サービスです。

 

「健康」と「ご当地」をコンセプトに、安全・安心でカラダにいい食べ物を本格的なテイストで、冷凍した状態でとどけます。

 

プラス、2製品が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞

プラス株式会社は、オフィス用家具「Vicenda(ヴィチェンダ)」シリーズと、文具はさみ「フィットカットカーブ 大型タイプ」の2製品で、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2023年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

まとめ

今までにないユニークな製品を作り出すプラス株式会社は、やりがいをもって働ける会社です。文房具や生活用品は、日常的に使うものなので、触れ合うことが多く、魅力に感じる人もいると思います。

 

プラス株式会社に就職を考えている人は、ぜひ本記事を参考に企業研究を深めてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。