【企業研究】VISA・ジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】VISA・ジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年10月24日更新

クレジットカード業界

クレジットカード業界とは、消費者金融と販売信用の業務全般を担う業界です。

これまで、クレジットカードといえば、ショッピングでの決済が主な利用方法でした。

しかし、水道光熱費、法人税、相続税、固定資産税といった税金の支払いにまで、クレジットカードの利用範囲が広がってきています。

また、クレジットカード以外にも、タッチ決済、キャッシュレス決済なども新しいサービスが次々と展開されています。

この記事では、国際的なクレジットカード、デビットカードなどのブランドを展開している、Visa・ジャパンについてご紹介します。

今もっとも注目されているキャッシュレス決済を取り扱い、世界的なリーダーシップを発揮するVisa・ジャパンについて、知識を深めましょう。

 

クレジットカード業界と異なる性質をもつ、金融業界について、下記サイトでご紹介しています。

クレジットカード業界との違いを深く理解するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

【業界研究】金融業界とは?業種から仕組み,代表的な職種まで大解剖! 

VISAの基本情報

VISA・ジャパンはアメリカ合州国のデラウェア州に本拠地を置くクレジットカードブランドを展開するVISA Ink.の日本法人です。

正式名称はVISAワールドワイド・ジャパン株式会社です。

名称VISAワールドワイド・ジャパン株式会社
ビザワールドワイド・ジャパン
本社所在地〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目4番1号
資本金(千円)357,800
代表取締役社長シータン・キトニー
設立年月日1990年6月
事業内容決済システムの提供
事業概要消費者決済・政府から消費者への決済・個人対個人の決済・企業間取引・企業対消費者などの決済に付加価値を加え、ビジネスモデルの基盤を強化していきます
従業員数約120人

[公式]Visa ビザカード・世界でワンタッチ 決済 | VISA

Visa – Wikipedia

株式会社ビザ – 事業概要 (visa.com)

事業内容

VISAの主要製品はクレジット、デビット、プリペイドカードです。

主要製品にまつわるVISAの事業内容をみてみましょう。

 

リスク&アイデンティティソリューション

リアルタイムでアカウント所有者の認証を容易にして、クライアントが詐欺を防止し、データを保護します。

 

オープンバンキング

VISAのオープンバンキング機能は、口座認証、残高確認、個人財務管理などのデータアクセスのユースケースから、口座間取引や加盟店決済などの支払い開始機能まで、多岐に渡ります。

 

アドバイザリーサービス

決済に関する深い専門知識、幅広いデータに適用される独自の分析モデル、および経済インテリジェンスを組み合わせることで、実用的な洞察を特定し、推奨事項を作ってクライアント向けのソリューションの実装を支援します。

 

ソリューションの発行

Visa DPS、アカウント管理、デジタル発行、ブランド化された消費者体験、後払い機能など、さまざまなサービスとデジタルソリューションを発行者に提供します。

 

受け入れソリューション

加盟店に安全で信頼性の高いサービスを提供し、摩擦を減らし、受け入れを促進します。

サイバーソースを使用すると、あらゆる規模のマーチャントが消費者との関係、取引、詐欺の軽減を改善することができます。

運用コストの削減に役立ち、時代の変化にスムーズな対応を目指します。

 

VISAは、スムーズな支払いをさまざまな取引で安全に行うために、これらの付加価値を加えることを行っています。

募集職種

VISAの人材募集は新卒採用という概念ではなく、すでにキャリアを積んできた人が中途採用で応募する形式のリクルートです。

ワールドワイドなVISAの職種・募集要項を確認してみましょう。

いつか、ご自身がVISAで働きたいと考えている人は今から就く仕事もキャリアの一つとして考えてみるのもいいでしょう。

 

ITサービスプログラムデリバリーディレクター

ITサービスプログラムデリバリーディレクターの職務は、製品およびプロジェクト管理です。

勤務地は東京で、日本のデビット処理技術の技術的リーダーシップと運用サポートを担当します。

応募条件は5年以上のIT経験が含まれる12年以上の支払業務経験、10年以上のソフトウェア・ハードウエア・ビジネスアプリケーションの実装経験が必要なこと。

そしてもちろん、デジタル決済技術の知識も必要です。

現在就活生のみなさんが、10年、12年で上記のようなキャリアを得ることができる仕事はどのような企業で得ることができるのでしょうか。

 

事業開発マネージャー

加盟店とパートナーシップを深め、VISAの市場の拡大、デジタルインフラ戦略を整える役割を担います。

勤務地はシンガポールで、タイ、マレーシアへのサービスの提供において長期的な成長を狙います。

応募条件はエッセンシャル •会計、財務、経営学、経済学の学位 •3〜5年の実務経験が必要なことです。

また、卓越した英語でのコミュニケーションスキルと、MSオフィスの知識・ビジネスケースと財務モデルを構築する能力などが必要です。

 

VCAマネージドサービスプロダクトディレクター

Visa Consulting&Analyticsは、戦略コンサルティング、データ分析、ブランド管理、マーケティング、オペレーション、マクロ経済学の専門知識を活用して、日本のクライアントの問題を解決します。

勤務地は東京で、日本のクライアントに対するコンサルティング業務を主導し、製品の評価と実装イニシアチブにおける戦略と新規事業開発をサポートするディレクターを募集しています。

応募条件は、以下の通りです。

・日本語を話すことができて少なくともビジネスモデルレベルの英語力

・決済、銀行業界、またはテクノロジー業界における10年の経験

・複雑な部門間および地域間のプロジェクトの管理経験

・優れた分析スキルと問題解決スキル

 

これらのスキルを持ち合わせた人材を、Visa・ジャパンはVCAマネージメントサービスプロダクトマネージャーとして求めています。

 

製品アナリスト・請求業務

クライアントがVisa製品に関連する請求書、その他金融サービスに簡単にアクセスできるようにするためのツール、サービス、および機能の設計と構築を行います。

勤務地はカリフォルニア州フォスターシティで、学士号または上級学位(修士号、MBA、JD、MD、またはPhDなど)の2年以上の実務経験が必要です。

 

VISA・ジャパンの勤務地は世界各国で、さまざまな職種があり、現在募集されている職は上記以外に815件あります。

日本の企業のように新卒一括採用ではなく、ジョブ型雇用が採用されています。

 

メンバーシップ型雇用

メンバーシップ型雇用は、日本型雇用とも呼ばれ、新卒一括採用の雇用システムです。

多くが総合職として採用され、異動、転勤、ジョブローテーションを繰り返しながら、会社を支える人材として、長期的に育成していきます。

 

ジョブ型雇用

ジョブ型雇用は、VISAのように、職務、勤務地、勤務時間が限定されている雇用契約のことを指します。

欧米で主流な雇用システムです。

 

メンバーシップ型雇用は、スキルよりも年齢や社歴が重要視され、会社依存の傾向があります。

対してジョブ型雇用は専門的スキルが最重要視され、仕事依存の特徴があります。

これまでの日本の社員教育は与えられたものを学ぶという姿勢でした。

しかし、世界情勢著しい変化に対応するべく、日本企業でも求められる人材は「個」を重視し、自ら考えて行動できるかどうか、は就活を成功させるとなっています。

 

出典:https://www.visa.co.jp/ja_jp/jobs/REF032058W

採用フロー

VISAの採用フローは日本企業とは異なります。

募集職種以外の情報は特に公にはなっていないので、情報はあまり得ることができませんでしたが、下記サイトでアメリカでの就活について紹介しています。

VISAもアメリカの企業で、多くの部分に共通点をみつけることができるでしょう。

就活において特に注意するべきポイントや、これからアメリカへ留学したい人にとっても、有益な情報を得ることができます。

【アメリカでの就活】特徴や日本との違いも解説 |

 

公式サイト・専用アプリで応募

VISAの公式サイトから応募することができます。

履歴書の提出が必要ですので、欧米式での履歴書の書き方も上記サイトを参考に用意しましょう。

 

オンライン面接

応募が完了し、書類審査が通過すると、採用担当者からメールが届き、オンライン面接の日程を決めることになります。

アメリカ企業の就活はすべてオンラインで完結することが多く、VISAでの面接も例外ではないでしょう。

もちろん、英語での面接の可能性が高いといえます。

面接の後は、担当者に時間を割いてもらったお礼として、サンクスメールを送るのが一般的なようです。

しっかり感謝の意を伝えましょう。

 

社風

VISAはリーダシップを重要視しています。

世界200以上の国と地域における決済取引によって消費者、加盟店、金融機関や政府機関をつないでいます。

VISAの成功は多様性とリーダーシップの上に成り立っています。

テクノロジーを駆使し、世界中の人々の資金の移動を可能にしています。

 

求める人材

VISAの求める人材は、学歴や実務経験、語学力はもちろん、コミュニケーションスキルが多くの職種で求められています。

交渉スキル、対人スキル、プレゼンテーションスキルなども求められます。

新卒では持ちえないスキルですね。

10年後、VISAで国際的に働きたいという人は、ご自身が身に着けたいスキル、10年後に就きたい職種などをVISA公式サイトで確認してみましょう。

 

Visaでの仕事 

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

VISAの情報を、マスターカード・ジャパン、JCBと比べてみました。

 

VISAマスターカードJCB
営業利益18,813百万ドル

(約28,159億円)

3,018百万ドル

(約4,518億円)

362億円
従業員数27,600人5,000人4,375人
平均年収1,446万円1,269万円972万円
就職難易度787458

出典:Visa – Wikipedia

企業情報 | JCB グローバルサイト (global.jcb)

出典:マスターカード – Wikipedia

 

VISAはマスターカード・ジャパン、JCBと比べ、圧倒的なビジネス展開と、収益を得ています。

200以上の国での決済を担っていることはとても凄いことです。

他企業の就職難易度も気になる人は下記サイトをチェックしてみてくださいね。

 

出典:【最新版】24卒・25卒就活偏差値・難易度

採用大学

VISA・ジャパンの採用大学の情報はみつけることができませんでした。

アメリカは日本以上に学歴や経歴を重視します。

Visa・ジャパンへの就職を希望する場合は、より、Visa・ジャパンが求める人材に近づけるような学歴やキャリアを積むことが大切です。

決済業務の経験、世界で通用する語学力、MBAの取得などを考えてみてはいかがでしょうか。

ホットニュース

全国展開している百貨店で初のタッチ決済が大丸松坂屋百貨店で可能になりました。

全国15店舗において、Visa、JCB、アメリカンエキスプレスのタッチ決済が可能になりました。

スピード感がある広がりをみせるタッチ決済ですが、その裏ではVISAの多様でリーダーシップを兼ね備えた人材が、コミュニケーションなど、高度なスキルや経験が活かされているのでしょうね。

 

全国展開している百貨店(※1)では初!大丸松坂屋百貨店が運営する全国15店舗

まとめ

VISAは電子決済の世界的リーダとして、世界200以上の国や地域における決済取引によって、消費者、加盟店、金融機関や政府機関をつないでいます。

VISAのミッションは、最も革新的かつ利便性や信頼性が高く、安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の発展に貢献することです。

VISAが躍進することでキャッシュレス決済が進み、間違いなく経済発展している実感は日本に住んでいても感じますね。

就活生のみなさんが、いつかキャッシュレス決済を広める役割を担う立場になることを期待しています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

岩本美帆

キャリアアドバイザー リーダー

株式会社ネオキャリアに新卒入社。
法人営業や採用コンサルティング業務を中心に、転職支援業務のプロジェクトにアサイン。 2年後に自己成長と新しい挑戦を求めてナイモノに転職。 現在は入社3年目のキャリアアドバイザーのリーダーとして、 「人の挑戦を言葉で支援することで成長し続ける」をモットーに活躍している。