【企業研究】IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2023年9月26日更新

はじめに

本記事では、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて解説していきます。

具体的には、事業内容や就職難易度・選考フロー・社風など、就活生に向けての有益な情報をまとめています。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを志望している学生に加え、ホテル業界に興味を持っている学生に対しても役立つ情報を紹介してますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ホテル業界

ホテル業界とは、宿泊客に対して宿泊施設を貸出し、それに付随して様々なサービスを提供する業界です。

そしてホテル業界はさらに3つの形態に分けることができます。

 

・ビジネスホテル

名前の通り出張時など、ビジネスの場面で利用する際の宿泊施設というコンセプトで誕生したホテルです。

そのため部屋はシングルで、ルームサービスがない場所がほとんどです。

一方宿泊費用は他のホテルに比べて安く、また駅や繁華街に隣接しており交通の便が良い場所に建っている特徴があります。

 

・リゾートホテル

非日常的な空間の提供を通して、「お客様に癒しを与える」というコンセプトがあるホテルです。

そのため利用者は「休暇を楽しむ」ために利用する方がほとんどで、ウェルカムドリンクやお菓子の提供、また各種アメニティや寝具にもこだわり、お客様の思い出に残るようにホテルに到着した瞬間からリゾート感を味わえるようなサービスを行います。

また観光地や山・海などの自然が周辺にあるような場所に建っていることが多く、ホテル内外で休暇を満喫することができます。

 

・シティホテル

都心に建つホテルを指し、都内で優雅に過ごしたい方向けのホテルです。

眺望のいい場所に建っていることが多く、高級レストランやスパ・ブティックなどが館内で営業を行い、また宴会場や結婚式場も併設されています。

利用目的もビジネスや観光・レジャーなど様々で、また部屋タイプはシングル・ツイン・ファミリーまで沢山の選択肢が用意されています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に大打撃を受けつつも、近年ではインバウンド需要の回復を受け、業界全体としても売上が戻ってきています。

また星野リゾートなどはホテル新設に着手し、またパレスホテルは従業員の給与を上げるなど、今後ますます高まるであろうホテル需要に備えて場所と人員の確保を積極的に行うようになってきています。

 

そして今回は国内屈指の航空会社である「ANA」と世界100か国以上もの拠点でホテルを運営する「インターコンチネンタルホテルズグループ」の合弁会社で、国内で約40もの拠点を持つ「IHG・ANA・ホテルズグループジャパン」について触れていきます。

そして採用については「ANAインターコンチネンタルホテル東京」「ANAクラウンプラザホテル大阪」など各拠点で現地採用の方式が採られています。

そのため本記事では、グループ内で売上上位に位置し、高い評価を得ている「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の採用を紹介していきます。

ホテル業界について興味を持っている就活生はぜひ最後まで読んでいってくださいね!

またホテル業界以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひ読んでください!

【業界研究ガイド】業界一覧

会社概要

ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の会社概要は以下になります。

 

会社名ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社
設立2015年3月27日
本社所在地〒107-0052 東京都港区赤坂1-12-33
本社電話番号03-3505-1111
資本金1,000万円
従業員580名
売上高176億円(2018年度実績)
事業内容ホテルの運営、経営

 

引用:会社概要 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (anaintercontinental-tokyo.jp)

ザ・ホテリエ・グループ赤坂(株)(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

事業内容

会社概要にもあるように、ANAインターコンチネンタルホテル東京の事業内容は

「ホテルの運営、経営」になります。

地上36階・地下3階建てで部屋数は800を超え、レストラン&バーは11店舗あり、約20の宴会場も併設されています。

またショッピングができるアーケードや、スパ・フィットネスルームがあり、屋外プールの解放をはじめ、季節に応じて各種イベントも企画しています。

ホテルの運営といってもANAインターコンチネンタルホテル東京は様々なサービスを展開しているため、従業員の仕事内容も多岐にわたります。

 

参考:ホテル概要 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (anaintercontinental-tokyo.jp)

ANAインターコンチネンタルホテル東京 – Wikipedia

募集職種

世界中から信頼を得ているANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)ですが、募集している職種は以下になります。

 

1、総合職

2、専門職(調理職)

 

1、サービス職

・宿泊部

宿泊部門

フロントオフィス、ドアマン、ベルサービス、客室管理、クラブラウンジ

 

・飲料部

レストランサービス、ルームサービス

 

・インスタントサービスセンター

インスタントサービスセンター(テレフォンオペレーター&ゲストサービス)

 

2、調理職

・調理部門

洋食、和食、中華

 

引用:ザ・ホテリエ・グループ赤坂(株)(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

募集要項

ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の募集要項は以下になります。

 

初任給大卒・大学院了・既卒

・サービス職:(月給)200,990円

・調理職:(月給)200,000円

試用期間3カ月
諸手当通勤手当、深夜・早朝手当、時間外手当
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月・12月)

※業績によっては業績賞与(3月)があります

休日休暇<年間休日110日>

※連続公休5日間含む

■月8日-10日

■有給休暇

■慶弔休暇

■産休・育休

待遇・福利厚生・社内制度■社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

■交通費全額支給

■各種教育訓練制度

■IHG宿泊優待制度(国内・海外)

■ANAインターコンチネンタルホテル東京 レストラン&バー50%優待制度

■男女ロッカー室・シャワー室・仮眠室完備、社員食堂(会社補助金あり)

■制服・ロッカー貸与

■従業員食堂あり※150円-400円/1食

■労働組合・共済会ご加入

■時短勤務制度あり

■産休・育児休暇取得実績あり

就業場所における受動喫煙防止の取組敷地内全て禁煙
勤務地東京
勤務時間■変形労働時間制

1ヵ月単位

実働37.5時間以内/週平均

 

引用:【2024年度新卒採用】サービス職(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の採用情報 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (jobcan.jp)

ザ・ホテリエ・グループ赤坂(株)(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

新卒選考フロー

ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の選考フローは以下になります。

 

1、履歴書提出

2、面接

 

1、履歴書提出

新卒採用HPのエントリーフォームに必要事項を記入の上、写真付き履歴書を添付して応募します。

履歴書には様々なフォーマットがありますが、

・ガクチカ

・自己PR

・志望動機

の3点は必ず記載するようにしましょう。

またエントリーフォームには「希望職種」を記入する欄があるため、志望理由や希望職種は一貫性のある内容で記載することを意識しましょう。

2、面接

サービス職は内定までに2回の面接、調理職は1回の面接が行われます。

ホテル業界の面接では、履歴書に記載する

・志望動機

・ガクチカ

・自己PR

のような一般的な内容に加え、仕事上英語を利用する場面があることから英語力に関する内容を問うケースもあります。

またホテル業界は各地で競争が活発であることから、数あるホテルの中で「ANAインターコンチネンタルホテル東京」を志望する理由については深堀りされることが予想されます。

そのため、なぜ第一志望なのかを競合他社の特徴を踏まえたうえで明確に回答できるような準備を徹底しましょう。

社風

ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の社風は、以下2点が挙げられます。

 

・多様性の尊重

・実力主義

 

企業風土としてはインターコンチネンタルホテルが持つ外資系ならではの雰囲気が浸透しており、親会社含め国内外から多くの社員が入社してくるため、多様なバックグラウンドを持った方々と働く機会が多いです。

また外資系の特徴としては実力主義な点が挙げられ、頑張った分だけ社内でチャンスを得られるといった口コミを確認できました。

 

参考:IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社の「組織体制・企業文化」 OpenWork

ザ・ホテリエ・グループ赤坂の「組織体制・企業文化」 OpenWork

求める人材

採用HPには

「国際色豊かなスタッフとともに新たなチャレンジを始めましょう。」

という記載があります。

チャレンジという言葉に関しては、素晴らしいサービスを提供すべく挑戦を重ねてきたANAの長い歴史が反映されていると考えられます。

現にインターコンチネンタルホテルが持つノウハウを応用し世界初の「ホテル会員プログラム」にも着手しており、社員は現状に満足せず常に上を見て働いています。

 

参考:採用情報 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (jobcan.jp)

ホテル概要 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (anaintercontinental-tokyo.jp)

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)がホテル業界でどのような立ち位置なのか、様々な要素から比較していきます。

就職難易度や偏差値について詳しく知りたい方は、【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキングを参考にしてください。

 

会社名売上高平均年収就職偏差値・難易度社風
ANAインターコンチネンタルホテル東京176億円313万円難関多様性・実力主義
パレスホテル172億円425万円難関協力的
帝国ホテル286億円475万円最難関体育会系

 

引用:【最新版】ホテル業界の就職偏差値ランキング | 大手企業一覧,学歴,難易度も | 就活の教科書 | 新卒大学生向け就職活動サイト (reashu.com)

ホテル業界 売上高ランキング(2021-2022年)-業界動向サーチ (gyokai-search.com)

 

ANAインターコンチネンタルホテルは売上高が176億円で、これは業界18位の売上を持つパレスホテルを上回ります。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは約40の国内拠点を持ちますが、そのうちの1社が国内トップ20に入る売上高を叩き出しており、その点からはいかにIHG・ANA・ホテルズグループジャパンが国内外の観光客に支持されているかが分かります。

また社風に差が出ており、ANAインターコンチネンタルホテルは外資系企業の「多様性の尊重・実力主義」な風土があり、一方日系大手のパレスホテルは「協力的」な文化を持ちます。

帝国ホテルは業界10位の売上高で、その「体育会系」な社風は、長い間日本のホテル業界を代表する立ち位置にいることができる要因の1つと考えます。

採用大学

亜細亜大学、桜美林大学、大妻女子大学、関西外国語大学、神田外語大学、関東学院大学、群馬県立女子大学、上智大学、聖心女子大学、専修大学、東京外国語大学、東洋英和女学院大学、獨協大学、法政大学、武蔵大学、明海大学、明治学院大学、麗澤大学、早稲田大学、日本大学、福岡女学院大学、淑徳大学、立教大学、東海大学、西武文理大学、拓殖大学、秀明大学

※2023年度採用実績(大卒):7名

 

引用:ザ・ホテリエ・グループ赤坂(株)(ANAインターコンチネンタルホテル東京)の新卒採用・会社概要 | マイナビ2024 (mynavi.jp)

 

採用大学を見る限り、ANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の採用に学歴フィルターは「ない」と言えます。

難関大学から中堅大学、そして専門学校や短期大学まで幅広く採用を行っているためです。

ホットニュース

2023 ワールドトラベルアワーズ受賞を受賞

ANAインターコンチネンタルホテル東京は、世界有数の旅行・観光企業に贈られる「2023 ワールドトラベルアワーズ」を受賞しました。

ワールドトラベルアワーズは世界の観光産業のサービス向上や業績アップを目的に1993年に設立され、「旅行業界のアカデミー賞」とも称されます。

ANAインターコンチネンタルホテル東京は中でも「Japan  Leading Business Hotel 2023(日本のホテル業界を先駆けていくホテル)」として2023年に選ばれ、3年連続の受賞を達成。

またANAインターコンチネンタルホテル東京に加え、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートをはじめとして、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが運営する多くのホテルが旅行業界における様々な賞を受賞しています。

すでに大衆から高い支持を受けていますが、今後はさらに顧客を満足させるためにどのようなサービスに挑戦していくのか注目が集まります。

 

参考:ホテル概要 | ANAインターコンチネンタルホテル東京 (anaintercontinental-tokyo.jp)

世界の名誉あるトラベルアワードをW受賞|ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのプレスリリース (prtimes.jp)

まとめ

本記事では、【企業研究】IHG・ANA・ホテルズグループジャパンの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説というテーマで就活生に役立つ情報をまとめました。

今回はその中でもANAインターコンチネンタルホテル東京(ザ・ホテリエ・グループ赤坂株式会社)の紹介となりましたが、人気企業なのに採用人数が少ないため、就職難易度の高い企業であることが分かりました。

しかし難易度が高いといっても、自身ができる事前の対策をしっかりと行っておけば十分に内定のチャンスがあると考えられるため、有意義な社会人生活にしていくためにも粘り強く就活に力を注いでいきましょう!

この記事を参考にしてくれた学生の方々が、志望する企業から内定をもらえることを祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

上京を志す地方学生ならジョーカツ

首都圏の学生ならスタキャリ

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。