エア・ウォーター株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

エア・ウォーター株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/06/22更新

はじめに

この記事では、エア・ウォーター株式会社(以下、エア・ウォーター)への就職を目指している方へ向けて、エントリーシートの書き方のポイントについて詳しく解説します。

特にエア・ウォーターならではのエントリーシートでのアピール方法から実際の記載例まで、明確かつ分かりやすく紹介します。

また、エア・ウォーターが求める人材の特徴や、選考情報の重要なポイントについても詳しくアドバイスしていますので、エア・ウォーターの内定を目指す就活生は、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

エア・ウォーターの概要

エア・ウォーター株式会社ロゴ

出典元:会社情報 | エア・ウォーター株式会社

初めにエア・ウォーターとはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

エア・ウォーターとは

エア・ウォーターは、1929年9月24日に設立された日本の大手化学企業で、本社は大阪市中央区南船場に位置しています。

同社の事業の原点は、社名に冠した空気(エアー)と水(ウォーター)であり、これらのかけがえのない地球の資源を活かして事業を創造し、社会や人々の暮らしに貢献することを目指しています。

エア・ウォーターは、産業ガス、化学品、医療、エネルギー、農業・食品、物流、海水、エアゾールなど多岐にわたる事業を展開しており、特に産業ガス事業では日本の三大産業ガスメーカーの一つとして知られています。

同社は、産業ガスの供給を原点に事業を広げ、ものづくりの現場で活躍する産業ガスやケミカル、人々の生命を支える医療、くらしにかかわるエネルギーや農業・食品、さらには物流、海水、エアゾールなど、多彩な製品やサービスを提供しています。

エア・ウォーターグループは、これらの多様な事業を「デジタル&インダストリー」「エネルギーソリューション」「ヘルス&セーフティー」「アグリ&フーズ」という4つの事業領域で展開しています。

また、同社はSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを具現化し、地域の課題を解決に導く新たな事業の創出にも取り組んでいます。

エア・ウォーターの採用難易度

エア・ウォーターの採用難易度は比較的高いとされています。

これは、同社が多岐にわたる事業領域での成長を目指しており、優秀な人材を求めているためです。

全国の主要大学から幅広く採用を行っています。特に、理系の学部出身者が多く採用される傾向にあります。

採用人数は年度によって異なりますが、毎年一定数の新卒を採用しています。

エア・ウォーターの新卒採用倍率は高めです。

これは、同社が求める専門知識や技術力を持つ人材が限られているためです。

特に、産業ガスや化学品、医療機器などの分野での専門知識が求められるため、応募者の中でも競争が激しい状況になっています。

特定の大学出身者のみを優遇する「学歴フィルター」は存在しないとされています。

これは、同社が多様なバックグラウンドを持つ人材を求めているためです。

したがって、学歴に関わらず、自分の専門知識や経験をしっかりとアピールすることが重要です。

エア・ウォーターの採用大学

エア・ウォーターの採用大学の実績は以下の通りです。

難関大学からの採用が多く、いわゆる学歴フィルターが存在していると考えられます。

<大学院>

東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学

<大学>

東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京工業大学、東京理科大学


採用実績のある大学を見ると、最低でもMARCHレベルの大学となっており、最難関大学と呼ばれる偏差値の高い大学の出身者が多いです。

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

エア・ウォーターが求める人材とは?

エア・ウォーターが求める人材とは?

結論から言うと、エア・ウォーターは、多様な事業領域での成長を支えるために、専門知識と技術力を持ち、柔軟性と持続可能性への意識を持つ人材を求めています。

エア・ウォーターの採用メッセージや新卒採用サイトからも、その求める人材像が明確に示されています。

求める人材像
  • 専門知識と技術力
    エア・ウォーターは、産業ガスや化学品、医療機器などの技術的な専門知識を持つ人材を重視しています。
    これらの分野での専門知識が、エア・ウォーターの多岐にわたる事業の成長を支える基盤となるためです。
  • 柔軟性と多様性
    エア・ウォーターは、多様な事業領域での経験や知識を持ち、変化に柔軟に対応できる人材を求めています。
    これは、同社が多岐にわたる事業を展開しているため、異なる分野での知識や経験が重要となるからです。
  • 持続可能性への意識
    エア・ウォーターは、SDGs(持続可能な開発目標)に基づく事業運営を行っており、環境保護や社会貢献に対する意識が高い人材を歓迎しています。
    持続可能な社会の実現に向けた取り組みを重視しているため、これに共感し、積極的に関与できる人材が求められています。

エア・ウォーター各社の採用方向性の違いは?

エア・ウォーターは、多岐にわたる事業領域を持つ総合化学メーカーであり、各事業会社では採用方針に若干の違いがあります。

しかし、全社的に「すべての人と社会のために」という企業理念の下、社会貢献に意欲的な人材を求めている点は共通しています。

エア・ウォーター株式会社(本体)は、「挑戦と創造」の価値観を掲げ、イノベーションを生み出す意欲とチャレンジ精神を持つ人材を重視しています。

多様な事業領域を支える基盤として、幅広い専門性と高い学習意欲を持つ人材を歓迎します。

入社後は、各事業領域に関する知識とスキルを身につけるための研修が用意されています。

エア・ウォーター防災株式会社は、安全・安心な社会の実現に貢献する防災事業を展開しています。

危機管理意識が高く、社会の安全に真摯に取り組む姿勢を持つ人材を求めています。

防災に関する専門知識は入社後に習得できるため、学部や専攻は問いません。

エア・ウォーター・マッハ株式会社は、産業ガスの製造・販売を行う会社です。

化学や工学の専門性を持つ人材を中心に、産業ガスの安定供給に尽力できる人材を求めています。

お客様との良好な関係構築に必要なコミュニケーション能力も重視されます。

エア・ウォーター農業開発株式会社は、農業・食品関連事業を担う会社です。

農業や食品に関心が高く、これらの分野で新たな価値を創出したいという意欲を持つ人材を歓迎しています。

農学や食品科学の専門性は歓迎されますが、必須ではありません。

これらの事業会社に共通しているのは、エア・ウォーターグループの理念に共感し、社会貢献への意欲を持つ人材を求めている点です。

また、いずれの会社も、学部や専攻は問わず、多様なバックグラウンドを持つ人材を受け入れています。

入社後は、各社の事業に関する知識とスキルを身につけるための教育制度が整っており、社員の成長を支援しています。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

エントリーシートで企業がチェックしているポイントについてまとめてみました。

チェックポイント
  1. 応募者の能力・スキルが自社の求める人材像に合致しているか
    企業は応募者の持つ能力やスキルが、自社の業務内容や求める人材像にマッチしているかを見極めようとしています。
    専門知識や資格の有無、過去の経験や実績なども重要なポイントです。
  2. 応募者の性格・パーソナリティが自社の文化に合うか
    企業は応募者の性格やパーソナリティが、自社の企業文化や価値観とフィットするかどうかを確認しようとしています。
    チームワークを重視する企業なのか、個人の力を活かせる企業なのかなど、企業側の特性に応募者の性格が合うことが求められます。
  3. 応募者のモチベーションの高さと仕事への熱意
    企業は応募者が自社で働くことへの熱意やモチベーションの高さを重視しています。
    その企業で働きたい理由や、仕事に対する意欲が明確に伝わるかがポイントです。
  4. なぜ他社ではなくその企業を選んだのかが明確か
    応募者が多くの企業の中からなぜその企業を選んだのか、他社にはない魅力は何かを明確に示せているかも大切なポイントです。
    企業の特徴をよく理解した上で志望動機を述べられているかが評価されます。
  5. 自己分析や自己PR が具体的で説得力があるか
    応募者自身の強みや弱み、それまでの経験から得たことなどが、具体的かつ説得力を持って記載されているかもチェックポイントです。
    抽象的な表現ではなく、具体例を交えた自己 PR が求められます。

以上のように、エントリーシートでは応募者の能力・適性が企業とマッチするか、企業で働く意欲や熱意が十分かなどが重点的に評価されています。

企業研究を十分に行った上で、自身の経験やスキルを活かせる具体的な PR ポイントを押さえることが、書類通過のカギとなるでしょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは、自分の強みや経験、志望動機を明確に伝える重要な書類です。

選考を通過するためには、以下のような書き方をすると効果的でしょう。

効果的な書き方
  1. 冒頭で自分の強みや熱意を明確に述べる
    エントリーシートの冒頭で、自分の強みやその企業で働きたい熱意を明確に述べることで、読み手に強いインパクトを与えることができるでしょう。
  2. 具体的なエピソードや経験を交えて説明する
    自分の強みや熱意を裏付けるために、具体的なエピソードや経験を交えて説明しましょう。
    抽象的な表現ではなく、具体例を用いることで説得力が増します。
  3. 企業との関連性を意識して書く
    自分の強みや経験が、志望する企業の業務内容や求める人材像とどのように関連するかを意識して書くことが大切です。
    企業の特徴をよく理解した上で、自分の強みを活かせる点を明確に示しましょう。
  4. 簡潔でわかりやすい文章を心がける
    エントリーシートは簡潔でわかりやすい文章で書くことを心がけましょう。
    読み手に内容が正確に伝わるよう、余計な情報は削ぎ落とし、ポイントを絞って書くことが重要です。
  5. 最後に改めて志望動機を強調する
    エントリーシートの最後に、改めて志望動機を強調しましょう。
    なぜその企業で働きたいのか、自分にどのような貢献ができるかを明確に伝えることで、強い印象を残すことができるでしょう。

以上のように、エントリーシートでは自分の強みや経験、志望動機を論理的かつ具体的に述べることが重要です。

冒頭で強みや熱意を明確に示し、具体例を交えて説明し、企業との関連性を意識して書くことで説得力のある内容になるでしょう。

最後に志望動機を改めて強調することで、選考通過への第一歩を踏み出せるはずです。

以下の例文を参考にしてください。

結論:
私がエア・ウォーター株式会社を志望する理由は2点あります。

理由:
1点目は、多様な事業領域で培った私の専門性と柔軟性を、エア・ウォーターの幅広い事業展開の中で発揮できると考えるからです。

具体例:
私は大学で化学を専攻し、研究や実験を通じて専門知識を深めてきました。
また、学生団体での活動では、異なる背景を持つメンバーと協力しながらプロジェクトを成功に導いた経験があります。

結び:
エア・ウォーターは産業ガスから医療、エネルギー、農業まで多岐にわたる事業を展開しており、私の専門性と柔軟性を発揮できる最適な環境だと考えています。

理由:
2点目は、エア・ウォーターの「すべての人と社会のために」という企業理念に共感し、社会に貢献したいと強く願っているからです。

具体例:
エア・ウォーターは産業ガスや医療ガスの供給を通じて、ものづくりや人々の健康を支えています。
また、環境負荷低減に向けた取り組みにも力を入れており、持続可能な社会の実現に貢献しています。

結び:
私もエア・ウォーターの一員として、社会インフラを支え、人々の生活の質を高める事業に携わることで、社会に貢献したいと考えています。

以上の2点から、エア・ウォーター株式会社を志望しています。
貴社の一員として、自らの専門性と柔軟性を発揮し、社会に価値を提供し続けたいと強く願っています。

エア・ウォーターの価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートを書く上で、エア・ウォーターの価値観やカルチャーを文章に織り込むことは非常に重要です。

同社の企業理念である「すべての人と社会のために」を理解し、自分の経験や志望動機にどのように結びつけられるかを明確に示すことで、選考通過の可能性が高まるでしょう。

例えば、エア・ウォーターは「人と自然の調和」を重視し、環境に配慮した事業展開を行っています。

この点に着目し、自分の環境問題への関心や、持続可能な社会の実現に寄与したいという思いを述べることができるでしょう。

また、同社は「挑戦と創造」を大切にし、常に新たな価値の創造に取り組んでいます。

自分のチャレンジ精神やイノベーションへの意欲を、この価値観と結びつけて表現することで、企業とのマッチ度の高さをアピールできるでしょう。

さらに、エア・ウォーターは多様な事業領域を持つ企業として知られています。

産業ガス、医療、エネルギー、農業など、幅広い分野で活躍していることを踏まえ、自分の専門性や関心分野がどの事業領域と関連するかを示すことも効果的です。

自分のスキルや経験が、同社のどの分野で活かせるかを具体的に述べることで、入社後のビジョンを明確に伝えることができるでしょう。

最終的に、なぜ数ある企業の中からエア・ウォーターを選んだのかを、同社の価値観やカルチャー、事業領域と関連付けて論理的に説明することが重要です。

自分の強みや将来のビジョンが、エア・ウォーターの理念や方向性とどのように合致するかを明らかにすることで、説得力のあるエントリーシートを作成することができるでしょう。

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートは、就活生の論理的思考力や文章構成力を評価するために重要な役割を果たしています。

企業は、応募者の文章の内容だけでなく、論理展開や文章構造にも注目しています。

つまり、エントリーシートは、応募者の考えをいかに論理的かつ説得力をもって表現できるかを試すツールだと言えるでしょう。

対策方法

論理展開と文章構造の確認

エントリーシートを提出する前に、必ず論理展開と文章構造を見直すことが重要です。

自分の主張が明確で、論理的に展開されているか、文章構造に問題がないかを確認しましょう。

第三者に読んでもらい、フィードバックをもらうのも効果的です。

設問の意図を理解する

エントリーシートの設問には、企業が応募者のどのような点を評価しようとしているのかが隠れています。

設問の意図を理解し、求められている内容を的確に答えることが重要です。

 

(a) 志望動機系:企業に対する熱意や情報収集能力を示す

(b) 過去の経験系:コミュニケーション能力、リーダーシップなどの一般的な資質をアピールする

(c) 未来目標系:大局観、未来志向、社会貢献への意欲を表現する

(d) 価値観系:自分の個性やコンサルタントとしての適性を示す

(e) その他(長所・研究内容):自分の強みや専門性をアピールする

具体例を用いて説得力を高める

エントリーシートでは、抽象的な表現ではなく、具体的なエピソードや経験を交えて説明することが重要です。

自分の主張を裏付ける具体例を用いることで、説得力が増し、印象に残るエントリーシートになります。

簡潔でわかりやすい文章を心がける

エントリーシートは、簡潔でわかりやすい文章で書くことを心がけましょう。

冗長な表現や難解な言葉は避け、読み手に内容が正確に伝わるように留意することが大切です。

 

以上のように、エントリーシートは就活生の論理的思考力や文章構成力を評価する重要な書類です。

企業の意図を理解し、論理展開と文章構造に気を配りながら、具体例を交えて簡潔に表現することが、効果的なエントリーシート対策となるでしょう。

また、対策をする上で必要な情報がエントリーシート対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

エア・ウォーターの選考においてエントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

コンサルタント職のエントリーシート

自己PR

自己PRについて

【記載例】

私の強みは、多様な分野での専門知識と柔軟なコミュニケーション能力です。

この2つの強みを融合させ、エア・ウォーターの事業拡大と社会貢献に尽力したいと考えています。

大学では化学を専攻し、特に環境浄化技術について深く研究しました。

水質汚濁の原因物質を特定し、効果的な浄化方法を開発した経験から、専門知識を実社会の問題解決に活かすことの重要性を学びました。

エア・ウォーターの環境関連事業では、この専門性を発揮し、持続可能な社会の実現に貢献できると確信しています。

また、学生団体の代表を務めた経験から、多様なバックグラウンドを持つメンバーとコミュニケーションを取り、チームを成功に導く力を身につけました。

エア・ウォーターの多岐にわたる事業領域では、各部門の専門家と協力し、シナジーを生み出すことが求められます。

私の柔軟なコミュニケーション能力は、部門間の橋渡し役となり、イノベーションを促進する原動力になると考えます。

以上の2つの強みを活かし、エア・ウォーターの事業拡大と社会課題の解決に全身全霊で取り組む所存です。

専門性と柔軟性を兼ね備えた人材として、貴社の発展に尽力したいと強く願っています。

ポイント
  • 冒頭で自己PRの内容を明確に述べ、結論を先に提示している
  • 化学の専門知識と、学生団体での経験から得たコミュニケーション能力という2つの強みを具体的に説明している
  • 自分の強みがエア・ウォーターのどの事業領域で活かせるかを明確に示し、企業との関連性を意識している
  • 最後に再度、自分の強みを活かしてエア・ウォーターに貢献したい意欲を強調し、締めくくっている
  • 全体的に簡潔でわかりやすい文章構成になっており、読み手に内容が正確に伝わるよう配慮されている

ガクチカ

・ 学生時代に力を入れたこと(400字)

【記載例】

学生時代に最も力を入れたのは、化学研究と学生団体でのプロジェクト活動です。

この2つの経験を通じて、専門知識を深めるとともに、リーダーシップとチームワークの重要性を学びました。

化学研究では、水質浄化技術の開発に取り組みました。

実験の計画から実施、データ解析まで一連の過程を主体的に進め、研究成果を学会で発表しました。

困難な課題に直面した時も、粘り強く向き合い、解決策を見出す力を身につけました。

この経験から、専門知識を実社会の問題解決に活かすことの重要性を実感しました。

学生団体では、環境啓発プロジェクトのリーダーを務めました。

多様な専攻のメンバーをまとめ、各自の強みを活かしながらプロジェクトを成功に導きました。

意見の相違や進捗の遅れなど、様々な困難に直面しましたが、メンバーとオープンにコミュニケーションを取り、課題を乗り越えました。

この経験から、リーダーシップとチームワークの大切さを学びました。

これらの経験で培った専門性とリーダーシップを、エア・ウォーターの事業拡大と社会課題の解決に活かしたいと考えています。

化学の知識を環境関連事業に活かし、リーダーシップを発揮して部門間の連携を促進することで、イノベーションを起こし、社会に価値を提供し続けます。

ポイント
  • 学生時代に力を入れた2つの経験を明確に述べ、結論を先に提示している
  • 化学研究と学生団体でのプロジェクト活動について、具体的なエピソードを交えて説明し、それぞれの経験から学んだことを明らかにしている
  • 専門知識とリーダーシップという2つの強みを、エア・ウォーターの事業にどう活かせるかを具体的に示している
  • 最後に、自分の強みを活かしてエア・ウォーターで実現したいことを述べ、志望動機につなげている
  • 文章全体が論理的に構成されており、読み手に内容が明確に伝わるよう工夫されている

まとめ

この記事では、エア・ウォーターの企業概要や求める人材像、各事業会社の採用方針の違いについて解説しました。

エア・ウォーターは、産業ガス、医療、エネルギー、農業など多岐にわたる事業を展開する総合化学メーカーであり、「すべての人と社会のために」という企業理念の下、社会インフラを支え、人々の暮らしに貢献することを目指しています。

このような背景を持つエア・ウォーターでは、高い専門性と学習意欲、チャレンジ精神とイノベーションマインド、コミュニケーション能力とチームワーク、社会貢献への意欲を持つ人材を求めています。

特に、「挑戦と創造」の価値観に共感し、常に新たな価値の創造に努める姿勢が評価されます。

また、「人と自然の調和」を重視し、環境に配慮した事業活動を行うことで、持続可能な社会の実現に貢献したいという意志を持つ人材が求められています。

エントリーシートを書く際は、これらの価値観やカルチャーを文章に織り込み、自分の経験や志望動機と結びつけて表現することが重要です。

この記事が、エア・ウォーターへの内定獲得に向けた一助となることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!