株式会社湖池屋のエントリーシートの対策法を徹底解説

株式会社湖池屋のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/25更新

はじめに

この記事では、株式会社湖池屋(以下湖池屋)への就職を目指しているものの、エントリーシートのライティングに不安を感じている方へ向けて、エントリーシートの書き方のポイントについて詳しく解説しています。

特に湖池屋ならではのエントリーシートでのアピール方法から実際の記載例まで、明確かつ分かりやすく紹介しています。

また、湖池屋が求める人材の特徴や、選考情報の重要なポイントについても詳しくアドバイスしていますので、湖池屋の内定を目指す就活生は、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

湖池屋の概要

湖池屋とは

出典元:湖池屋

 

初めに湖池屋とはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

湖池屋とは

湖池屋は日本の代表的なポテトチップスメーカーであり、スナック菓子業界で確固たる地位を築いている会社です。

同社は日本産のじゃがいも100%にこだわり、独自の製品展開を行っています。

湖池屋の創業者である小池和夫氏は長野県諏訪地方出身で、諏訪湖のように会社を大きく成長させたいという思いから、「湖池屋」と名付けました。

 

湖池屋は1962年に「湖池屋ポテトチップス のり塩」を発売し、その後1967年に日本で初めての量産化に成功します。

この製品は、青のりとアオサの風味、程よい塩味が特徴で、多くの消費者に愛され続けています。

2022年には発売60周年を迎え、長年にわたり人気を誇るロングセラー商品となりました。湖池屋は、これからも日本のスナック菓子業界をリードし続けることでしょう。

湖池屋の採用難易度

湖池屋の採用難易度はやや高いとされています。

食品業界の就職偏差値ランキングではDランクに位置していますが、その知名度の高さから、多くの就活生にとって非常に魅力的な存在となっているからです。

大手就職サイトのエントリー数は1万人を超えることが多く人気と言えますが、新卒採用枠はわずか20人程度であり、高倍率の選考を勝ち抜く必要があります。

湖池屋の採用大学

湖池屋の採用大学に関する情報は、インターネット上では公表されていません。

ただし、同社が積極的に採用を行っているのは、文系および理系の大学生、大学院生、短大生、専門学校生、高等専門学校生、さらに海外大学の学生も含まれます。

これらのことから、いわゆる学歴フィルターは存在しないでしょう。

<大学>

インターネット上では公表されていませんでした。

 

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

湖池屋が求める人材とは?

結論から言うと、湖池屋のパーパスに共鳴し、その価値観に沿って行動できる人材を求めています。
パーパスやビジョンなどは非常に重要視される内容なので、改めて参照ページから確認してください。

湖池屋が求める人材は「未常識を形にする」情熱を持った人材です。

ポテトチップスを日本で初めて量産化した創業者の精神を受け継ぎ、新たな価値を創出することを目指しています。

湖池屋の社員には以下の特性が求められるでしょう。

誇りとこだわり

自分の仕事に誇りを持ち、細部にまでこだわる姿勢が大切です。

ポテトチップスの製造では、季節や天候によるじゃがいもの変化に対応し、最高の品質を追求しなければなりません。

幅広い好奇心

新しい分野に挑戦し、幅広い知識を持つことが求められます。

新商品開発には、他分野での経験や知識が重要なヒントとなるため、好奇心旺盛な姿勢が必要です。

人間味

人情味があり、情熱を持って仕事に取り組むことが求められます。

頑固さや不器用さも商品や仕事に対する強い思いからくるものであり、これがチームの一体感を生み出すのです。

これらの要素を持つことで、湖池屋の一員として「未常識を形にする」挑戦に共に取り組むことができます。

 

湖池屋各社の採用方向性の違いは?

湖池屋は日清食品ホールディングスの子会社ですが、新卒採用において異なる「求める人材」を掲げています。

日清食品が求める人材は、成長意欲が高く、独自の視点を持つ人です。

創業者の安藤百福が「新しい価値を創造すること」を重視し、同社はその精神を継承し続けています。

そのため、日清食品は常に新しい挑戦を続け、変化に対応できる人材を求めているのです。

成長意欲のある人材

日清食品は、自らの成功体験や現状に満足せず、常に新しいことに挑戦し続ける姿勢を持つ人を歓迎しています。

社員一人ひとりが好奇心を持ち、スピード感を持って自己進化を追求することで、会社全体の成長を支えようとしています。

独自の視点を持つ

安藤百福の言葉「仕事を戯れ化せよ」に代表されるように、日清食品はどんなに困難な仕事であっても楽しむマインドを重視しています。

自分の仕事を楽しみ、クリエイティブな発想を生み出すことで、より良い製品やサービスの提供につなげることが期待されまるのです。

日清食品は成長に貪欲であり、かつ自分らしく仕事を楽しむことができる「HUNGRY & UNIQUE」な人材を求めています。

新たな食文化を創造し、世の中を楽しくするために、一緒に挑戦する人材を求めている会社です。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

企業はエントリーシートから、能力や性格が自社にマッチしているかを重点的にチェックしています。

企業はどのような人物であるか、そして自社でどのように力を発揮できるかを知りたがっています。

これは、個々の能力や性格が、企業の文化や仕事にどうフィットするかを見極めるためです。

また、その企業で働くモチベーションが十分かどうかも重要なポイントです。

常に高いモチベーションで働ける社員は、より良いパフォーマンスを発揮し、企業に貢献する傾向があるからです。

そして、「なぜ他の企業ではなくその企業を志望したのか」という点も明確に示す必要があることを覚えておきましょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは結論から書き始めると説得力が増します。

以下の順番を意識すると良いでしょう。

書き方
  • 結論を提示する
  • 結論に至った理由を書く
  • 理由を強調するために具体例を用いる
  • 再び結論を強調する

この方法で書くことで、どのようなテーマに焦点を当てているかが伝わりやすく、かつ論理的な構成であるため読み手の理解が深まります。

以下の例文を参考にしてください。

結論:私は、食品業界において人々の健康と食の楽しさをサポートしたいという強い思いから、この業界を志望しています。

理由:私が食品業界を志望する理由は、生活習慣病を持つ父の存在がきっかけです。

父が糖尿病と診断されて以来、食事管理が重要となり、食の力が健康に与える影響を身をもって感じました。

食事を通じて健康を改善し、生活の質を向上させることができるという食品業界の特性に強く惹かれました。

また、食品は人々の日常生活に密接に関わるものであり、その品質や安全性に大きな責任を伴う点にも魅力を感じています。

具体例:具体的な経験として、大学時代に栄養学を専攻し、食品の栄養価や健康への影響について学びました。

卒業研究では、低糖質食材を用いた健康食の開発プロジェクトに参加し、製品の企画から試作、評価までの一連のプロセスを経験しました。

この経験を通じて、消費者のニーズに応え、健康をサポートする製品を作ることの難しさとやりがいを実感しました。

結論:私は、これまでの学びと経験を活かし、貴社の一員として人々の健康をサポートし、より豊かな食生活を提供するために貢献したいと考えています。

湖池屋の価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートで大事なポイントの一つでもある「なぜこの会社を選んだのか」を明確にすると、通過率が上昇するでしょう。

湖池屋であれば、「常に安心できる商品を提供し、地球環境、人々の健康、社会的貢献を心掛ける」や、その他バリューやビジョンを文章の中で取り上げるといいです。

もちろん上記のような基本理念が必ずなければいけないわけではありません。

湖池屋は特に、「60年のこだわり」を持った商品作りが評価されています。

その強みを活かし、自分のやりたいことや、将来像にマッチする形で文章を作成することもできるでしょう。

大事なのは数あるファームや代替可能業界がある中で、なぜ「湖池屋」を選ぶのかを論理的に説明することです。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートの位置づけに関しては、主に就活生の論理的思考力を試しているセクションと捉えるのが良いでしょう。

もちろん、文章の内容も評価の対象になっているものの、一番注目されるのは、文章の構造や論理展開に問題がないかです。

そのため、企業に提出する前に必ず論理展開や文章構造の見直しをしておきましょう。

また、設問別に企業が見ている点は以下のように分類されます。

  1. 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)
  2. 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)
  3. 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)
  4. 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか)
  5. その他(長所・研究内容)

 

設問で見られている点を意識して、エントリーシートの対策をしましょう。

また、対策をする上で必要な情報がエントリーシート対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

湖池屋の選考においてエントリーシートで問われたことがある質問と、記載例を紹介します。

志望動機

・湖池屋を志望する理由をご記入ください。(500文字)

【記載例】

結論:私は、湖池屋の独創的な商品開発力とブランド戦略に強く共感し、貴社で働くことを志望します。

理由:湖池屋は常に消費者のニーズを先取りし、独自のアイデアで心の満足度の高い商品を提供しています。

このような姿勢は、他社と一線を画すものであり、私もクリエイティブな発想力を活かして新しい価値を生み出したいと考えています。

具体例:例えば、湖池屋の「ポテトチップス のり塩」は、長年にわたり多くの消費者に愛され続けています。

この商品は、品質の高さと独自の味付けによって、競争の激しい市場で長期にわたり支持されています。

私もこのようなロングセラー商品を生み出し、消費者に喜ばれる商品を提供したいと考えています。

結論:私は、湖池屋の地球環境と社会貢献への積極的な取り組みに深く共鳴し、貴社での活動に参加したいと考えています。

理由:湖池屋は、環境保護や健康に配慮した商品を提供し、社会貢献にも力を入れています。

このような企業姿勢は、私が理想とする働き方に一致しており、自分のスキルや知識を活かして貢献したいと思います。

具体例:具体的には、湖池屋が取り組んでいる「エコパッケージ」や「地域社会との連携プロジェクト」は、持続可能な社会を目指す上で非常に重要な施策だと感じます。

私もこれらのプロジェクトに関わり、環境や社会に良い影響を与える活動を通じて、自分自身の成長と社会貢献を実現したいです。

結論:これらの理由から、私は湖池屋で働きたいと強く願っています。

常に革新を追求し、社会的にも意義のある仕事を通じて、共に成長できることを楽しみにしています。

ポイント:

1.結論を明確に

エントリーシートを書く際には、まず結論を明確に述べましょう。

最初に志望理由を簡潔にまとめることで、採用担当者にあなたの意図を瞬時に理解してもらえます。

結論が明確だと、その後の理由や具体例も説得力を持ちやすくなるでしょう。

 

2. 理由を具体的に

結論に続けて、その理由を具体的に説明します。

この部分では、企業の理念や戦略に共感する点を挙げ、自分の価値観や目標と結びつけることが重要です。

具体的なエピソードや自身の経験を交えると、より説得力が増します。

 

3. 具体例を交える

最後に、具体例を使って理由を裏付けましょう。

具体例は、自分の経験や企業の具体的な取り組みを引用することで、志望動機をより具体的に示すことができます。

あなたがどのように企業で貢献できるかを明確に伝えてください。

これらのポイントを押さえることで、魅力的で説得力のあるエントリーシートを作成できます。

 

自己PR

・自己PR(何かご自身でやり遂げた経験を具体的にご記入ください)(500字)

【記載例】

結論:私は大学時代、サークル活動のリーダーとして新しいプロジェクトを成功に導いた経験があります。

この経験を通じて、リーダーシップやチームワークの重要性を学びました。

理由:サークル活動は私にとって自己成長の場でした。

特にリーダーとしてプロジェクトを推進する中で、メンバー全員が満足できる結果を出すためには、全員の意見を尊重し、協力し合うことが不可欠であると強く感じました。

また、新しいアイデアを積極的に取り入れ、常に改善を図る姿勢が成功の鍵であることを実感しました。

具体例:私がリーダーを務めたサークルは、地域のイベントに参加し、独自の企画を提案することになりました。

当初、メンバー間で意見が分かれ、計画が難航しましたが、私は全員が納得できる解決策を見つけるために、何度も会議を開きました。

最終的には、全員の意見を取り入れた新しいアイデアを実現することができました。

このプロジェクトでは、地元の食材を使った料理コンテストを企画し、多くの来場者に楽しんでいただきました。

この経験から、リーダーとしての役割を果たしつつ、チーム全体の力を引き出すことの大切さを学びました。

結び:この経験は、湖池屋の理念である「独創的で心の満足度の高い商品、サービスを提供する」と一致しています。

私はこの理念を実現するために、常に新しいアイデアを模索し、チームと協力して最高の結果を目指します。

湖池屋の一員として、消費者に安心できる商品を提供し、社会的貢献を果たすことに全力を尽くしたいと思います。

ポイント:

1. 明確な結論を最初に述べる

エントリーシートでは、まず最初に結論を述べることが重要です。

これにより、読み手はあなたの主張や強みをすぐに理解できます。

例えば、「私は大学時代にサークル活動のリーダーとして新しいプロジェクトを成功に導いた経験があります」といった形で、自分の経験や成果を簡潔に示しましょう。

このように結論を先に述べることで、文章全体の構成がわかりやすくなり、読み手に良い印象を与えることができます。

 

2. 理由を具体的に述べる

次に、自分の行動や成果の理由を具体的に説明しましょう。

ここでは、なぜその経験が重要だったのか、どのような課題に直面したのかを詳細に書くことで、あなたの考え方や行動力をアピールできます。

例えば、「メンバー全員が満足できる結果を出すためには、全員の意見を尊重し、協力し合うことが不可欠であると強く感じました」といった形で、自分の思いや行動の背景を具体的に説明しましょう。

この部分では、自分の価値観やスキルが企業の求める人材像と一致していることを示すことが大切です。

 

3. 具体例を用いてアピールする

最後に、実際の経験を具体的に述べることで、自分の強みをより説得力を持って伝えましょう。

例えば、「地元の食材を使った料理コンテストを企画し、多くの来場者に楽しんでいただきました」といった具体的なエピソードを盛り込むことで、自分の行動力やリーダーシップを具体的に示します。

さらに、その経験が企業の理念や求める人材像とどのように関連しているかを結びつけて述べることも重要です。

これにより、企業に対して自分が適任であることをアピールできます。

これらのポイントを押さえて、自分の強みや経験を効果的に伝えることで、企業に対して自分の魅力をアピールしましょう。

まとめ

この記事では、湖池屋の会社概要やエントリーシートの書き方について解説しました。

湖池屋は、独自のブランド戦略を基にしたロングセラー商品や、革新的な商品を提供することで、高い顧客満足度を誇っています。

これによって市場での競争力を維持し続けているのです。

さらに、時代の変化に迅速に対応するため、マーケティング、販売チャネル、生産システム、組織運営において常に新しい経営形態を追求しています。

これらの強みは、湖池屋がグローバルな視点を持ち、持続可能な成長を目指していることに起因しています。

湖池屋が求める人材は、安心できる商品を提供し続けるために、地球環境や人々の健康、社会的貢献を重視する人です。

また、独創的で高品質な商品やサービスを生み出し、顧客の心を満たすことに情熱を持つ人が求められています。

さらに、革新と変革を恐れず、新しい経営形態に適応し、常に前向きに挑戦する姿勢が重要です。

湖池屋は従業員や関係会社、取引先に対しても物心両面の満足を追求するため、協力し合いながら成長していく意識を持つ人を歓迎しています。

エントリーシートを書く際は、これらの価値観に沿った内容を心掛けることが重要です。

この記事が、湖池屋の内定に一歩近づくための参考になることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!