桔梗屋のエントリーシートの対策法を徹底解説

桔梗屋のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/25更新

はじめに

この記事では株式会社桔梗屋への就職を目指しているものの、エントリーシートのライティングに不安を感じている方へ向けて、エントリーシートの書き方のポイントについて詳しく解説しています。

特に桔梗屋ならではのエントリーシートでのアピール方法から実際の記載例まで、明確かつ分かりやすく紹介しています。

また、桔梗屋が求める人材の特徴や、選考情報の重要なポイントについても詳しくアドバイスしていますので、桔梗屋の内定を目指す就活生は、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

桔梗屋の概要

桔梗屋とは

出典元:桔梗屋

 

初めに桔梗屋とはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

桔梗屋とは

桔梗屋は、山梨県にあるお菓子メーカーです。「桔梗信玄餅」が有名な商品で、他にも様々なお菓子を販売しています。

従業員数は約930名で、クララ館やハイジの村などの関連事業も多く行っています。

募集している職種は製造、営業、事務、販売などです。自分の特性に合わせて桔梗屋で働けます。

各地で培われた専門知識と経験を活かし、多様なニーズに応えることで、高品質なサービスを提供し続けています。

桔梗屋の採用難易度

桔梗屋の採用難易度は標準的と言って良いでしょう。採用大学を見ても、様々な大学からの採用があります。山梨の方では大きい企業ですが、特筆して難しいというわけではありません。

主に山梨県周辺の大学からの応募があります。偏差値が高いところからの応募もありますが、平均的です。しっかりと対策していけば、採用にも近づけるでしょう。しかし募集人数は少ないので、ある程度の対策は必要です。

桔梗屋の採用大学

桔梗屋の採用大学の実績は以下の通りですが、山梨県周辺の大学が多く、いわゆる学歴フィルターはあまり存在していないと考えられます。

<大学院>
不明<大学>
山梨英和大学、目白大学短期大学部、目白大学、山梨大学、山梨英和大学など

 

採用実績のある大学を見ると山梨県周辺の大学が多いです。桔梗屋を志望する人は遠方からの応募もあるでしょう。

様々なレベルの大学があり、偏差値の高い大学もありますが、特に偏差値はあまり気にしなくて良いでしょう。

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

桔梗屋が求める人材とは?

結論から言うと、桔梗屋のパーパスに共鳴し、その価値観に沿って行動できる人材を求めています。桔梗屋の経営理念は次のとおりです。

『地球上でもっともお客様を飽きさせない企業であること。伝統や、既存の価値観を大切にしながらも、常に新しい視点、切り口でお客様を「あっ」と驚かせる場であること。』それが桔梗屋の目指すものとあります。
パーパスやビジョンなどは非常に重要視される内容なので、改めて参照ページから確認してください。
各採用プロセスにおいても、就活生と求める人材像がマッチングしているか否かをよく確認していることが分かります。

また、職種によっては入社前に必要な知識やスキルは入社時に必須ではありません。しかし、職種によっては資格などが合ったほうが有利です。例えば、経理なら簿記の資格など。しかし、営業や製造、事務、販売などそこまで必要な資格はありません。

 

桔梗屋各社の採用方向性の違いは?

桔梗屋は、新卒採用において異なる「求める人材」を掲げています。

桔梗屋の求める人材は次のとおりです。

桔梗屋の求める人材
  • 自分の仕事にプライドを持つことができるひと
  • 正直で勤勉なひと
  • 仲間を思いやり、やる気のあるひと

桔梗屋では自分の仕事に誇りを持って取り組める人、正直で仕事や勉強にも精一杯取り組める人、人間関係を良好に築け、やる気のある人を求めています。

職種によってはスキルが高い人、直ぐに一定の仕事が可能な人を求めています。経理なら簿記、販売委員なら販売士などの資格を取っておくと良いでしょう。入社時の知識やスキルは必須ではなく、会社で働きながら仕事内容を見につけていくことも可能です​​​​。

 

桔梗屋の本社ではなく、販売員などの仕事で、東京の百貨店などの店舗で働きたいという人もいるでしょうが、桔梗屋の採用方針は基本的に変わりません。そのため桔梗屋の企業理念や求める人物像を一度確認しましょう。

また、各種社会保険、退職金制度、ワークライフバランス支援制度などの福利厚生が充実しています​​。

選考ステップやスケジュールに関する詳細は、桔梗屋のホームページなどで案内されています​​。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

エントリーシートで企業がチェックしているポイントを紹介します。

ポイントの概要

エントリーシートでは、企業が就活生の能力や性格が自社にマッチしているかを重点的にチェックしています。

企業は、就活生がどのような人物であるか、そして自社でどのように力を発揮できるかを知りたがっています。

これは、個々の能力や性格が、企業の文化や仕事にどうフィットするかを見極めるためです。

また、就活生がその企業で働くモチベーションが十分かどうかも重要なポイントです。

常に高いモチベーションで働ける社員は、より良いパフォーマンスを発揮し、企業に貢献する傾向があるからです。

そして、「なぜ他の企業ではなくその企業を志望したのか」という点も明確に示す必要があることを覚えておきましょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは結論から書き始めると説得力が増します。

以下の順番を意識すると良いでしょう。

  1. まず結論を提示する
  2. 結論に至った理由を書く
  3. 理由を強調するために具体例を用いる
  4. 最後に再び結論を強調する

 

この方法で書くことで、どのようなテーマに焦点を当てているかが伝わりやすく、かつ論理的な構成であるため読み手の理解が深まります。

以下の例文を参考にしてください。

結論:私が食品業界を志望する理由は2点あります。

理由:1点目は、周囲を巻き込みながら問題解決できる私の強みは食品業界でも発揮されると考えるからです。

具体例:私はバイトリーダーとして塾の運営を行っています。運営においては、問題共有する場を設けたり、生徒との個人面談を担当することで諸問題を解決してきました。

結び:この強みは食品業界でも発揮できると考え、食品業界を志望します。

理由:2点目は、幅広い業界に深く携わることにより様々なスキルを吸収し、成長したいと考えているからです。

具体例:現代ではコロナウイルスやIT、グローバル化により日々社会が激しく変化しています。その変化に適応し、活躍していくためには自身の能力を高めていくことが不可欠です。食品業界では安定した企業や一般消費者をお客様とし、課題解決のための様々な提案や、ニーズを満たすため日々インプットできる環境にあるため、志望理由にマッチしています。

結び:そのため、自身の成長できる環境があるという点から食品業界を志望しています。

桔梗屋の価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートで大事なポイントの一つでもある「なぜこの会社を選んだのか」を明確にすると、通過率が上昇するでしょう。例えば桔梗屋であれば『地球上でもっともお客様を飽きさせない企業であること。伝統や、既存の価値観を大切にしながらも常に新しい視点、切り口でお客様を「あっ」と驚かせる場であること。』であったり、その他バリューやビジョンだったりを文章の中で取り上げましょう。

もちろん上記のような基本理念が必ずなければいけないわけではありません。例えば桔梗屋は特に「桔梗信玄餅」などの人気商品があり、それも評価されています。その強みが桔梗屋にはありますが、どうして桔梗屋を選んだのかなどをエントリーシートなどで伝えることが可能です。

大事なのは数あるファームや代替可能業界がある中で、なぜ「桔梗屋」を選ぶのかを論理的に説明することです。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートの位置づけに関しては、主に就活生の論理的思考力を試しているセクションと捉えるのが良いでしょう。

勿論文章の内容も評価の対象になっているものの、一番は文章の構造に問題が見られないかであったり、論理展開に問題がないかを最も注目しています。そのため、企業に提出する前に必ず論理展開や文章構造の見直しをすることを推奨します。

また、設問別に企業が見ている点は以下のように分類されます。

 

(a) 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)

(b) 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)

(c) 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)

(d) 価値観系(見られている点:個性的か、性があるか)

(e) その他(長所・研究内容)

 

設問で見られている点を意識して、エントリーシートの対策をしましょう。

また、対策をする上で必要な情報がエントリーシート対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

桔梗屋の選考においてエントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

桔梗屋を志望する理由

志望動機

桔梗屋を志望する理由をご記入ください。

【記載例】

人を笑顔を引き出す仕事に就きたいと考えていた。その中で御社は、美味しさ、楽しさ、美しさ、そして健康を提供している点。そして、和菓子だけでなく、様々な事業展開を行っていることから多くの場面でお客様と接し、笑顔を作り出すことができると思ったから。

ポイント:どうして桔梗屋に入りたいのかが書いてあります。

 

食品業界希望者のエントリーシート(桔梗屋以外)

志望動機

食品業界、当社を志望する理由をご記入ください。

【記載例】

寿司屋のアルバイトのお正月の勤務でお寿司を注文しに来たお客様への対応で、「ここのお寿司無くして新年は迎えられない」という言葉を頂いたことが、私が食に関する業務に携わりたいと考えるきっかけとなった。

その上で[お客様第一主義]の姿勢を以て[世界の人々の笑顔を未来につなぐ]ことを掲げる貴社の理念に共感した。「食を通じて人々の生活を豊かにする」という私自身の夢を貴社でなら実現できると考え志望するに至った。

ポイント:どうして食に関する仕事がしたいと思うようになったか書いてあります。

 

食品業界希望者のエントリーシート(桔梗屋以外)

志望動機

食品業界、当社を志望する理由をご記入ください。

【記載例】

「◯◯」という貴社の志に強く共感するからです。

私は◯◯の利用を実現させたいと思っています。しかし、近年漁獲量は減少しており、今後の資源確保は重要な課題です。

そこで、未利用の魚種も含む様々な魚類の養殖に取り組みたいと考えています。また、インターンシップで買い付けの難しさや面白さを感じられたので、買い付けにも携わりたいと思っています。

さらに、「◯◯」という貴社の理念に貢献したいです。1人暮らしで、忙しく自炊ができない時はおいしい冷凍食品に大変助けられています。

そこで、便利でおいしい商品の開発を通して世の中の人の役に立ちたいと思っています。

ポイント:企業理念に共感して応募したということが書かれています。

 

食品業界希望者のエントリーシート(桔梗屋以外)

志望動機

食品業界、当社を志望する理由をご記入ください。

【記載例】

私が御社のインターンを希望する点は3つあります。一つは味の素の「おいしさと健康で、食卓と社会を豊かにする」という企業理念に共感したためです。私は幼い頃から食に興味があり、料理や食べることが大好きでした。また、健康的な食生活が重要であると考えており、食の力で人々の健康に貢献したいという思いがあります。味の素は、こうした私の想いと合致する企業であると考えています。 一つは味の素のグローバルな事業展開に魅力を感じたためです。私は学生時代にアメリカに留学し、異文化の中で生活する中で、グローバルな視点で物事を考えることの重要性を学びました。味の素は、世界130以上の国と地域で事業を展開しており、グローバルに活躍できる機会が豊富にあると感じています。 一つは味の素の社風に惹かれたためです。味の素は、社員一人ひとりが自ら考え、行動する「開拓者精神」を大切にしている企業です。私は、自分のアイデアを形にするために積極的に行動し、チャレンジする姿勢を尊重しています。味の素の社風は、私の価値観と合致しており、安心して働くことができると感じています。 味の素のインターンで、私は味の素の事業や社風をより深く理解し、将来の自分のキャリアを描くための指針を得たいと考えています。また、実際に業務に携わることで、自分のスキルや適性を磨き、社会で活躍できる力を身につけたいと思っています。

ポイント:最初に3つ理由があると書かれていて分かりやすいです。

 

食品業界希望者のエントリーシート(桔梗屋以外)

志望動機

所属しているゼミ・研究室での内容を詳しく教えてください。

【記載例】

私は栄養に関する研究を行っています。栄養といっても、普段耳にする三大栄養素ではなく、ビタミンやミネラルのようにわずかな量でありながら健康を維持するために必要な微量栄養素を扱っています。具体的には〇〇という、〇〇の〇〇に着目しており、〇〇として摂取することで〇〇が上昇するのではないかという研究を行っています。動物に対する作用は徐々に明らかになってきており、今後は実際にヒトが摂取した際の効用についても確認したいと考えています。将来的に機能性食品としての商品化を目標にしており、これが実現できれば人々の健康の一助となり社会に貢献できるのではないかと考えています。

ポイント:どんな研究を大学で行ってきたか、またどう社会に貢献したいかが書かれてあります。

 

自己PR

・自己PR(何かご自身でやり遂げた経験を具体的にご記入ください)(400字)

【記載例】

私の強みは、困難な課題に対しても粘り強く取り組み、最後までやり遂げる力です。

その強みを発揮した経験として、大学時代に所属していたボランティアサークルでの活動が挙げられます。

サークルでは、地域の子どもたちを対象とした学習支援を行っていました。

ある時、ある子どもが勉強になかなか集中できずに困っていました。

その子どもは、家庭環境が複雑で学校でもいじめを受けていたのです。

私は、その子どもとじっくり話をし、信頼関係を築きました。

その結果、その子どもの表情は明るくなり徐々に勉強に集中できるようになりました。

この経験から、困難な課題に対しても粘り強く取り組み、最後までやり遂げる大切さを学びました。

また、相手の課題や悩みを理解し、その人にとって最適な解決策を導くことができることも学びました。

この強みを活かして、◯◯職として、お客様の課題を解決し、社会に貢献していきたいと考えています。

ポイント:最初にパラグラフを述べて結論ファーストで展開している点は評価できます。また、時系列に順序だてて、かつ端的に表現している点は評価ポイントに該当するでしょう。しかし上記の文章では「ボランティア活動」の成果が必ずしもコンサルタントに応募する根拠とはならないので、エントリーシートが通過したとしても面接時に深堀りされる可能性があることを念頭に置きましょう。

まとめ

この記事では、桔梗屋の会社概要やエントリーシートの書き方について解説しました。

桔梗屋は山梨県にあるお菓子メーカーです。桔梗信玄餅が有名で、他にも様々なお菓子を販売しています。高品質な商品をお店を使う消費者に渡しています。

桔梗屋では、『お客様を「あっ」と驚かせる場であること。』を存在意義として掲げており、この精神に共感できる人材を求めています。

特に、桔梗屋では仕事に誇りを持って取り組み、誠実さがある人を求めています

エントリーシートを書く際は、これらの価値観に沿った内容を心掛けることが重要です。

この記事が、桔梗屋の内定に一歩近づくための参考になることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!