Sansan株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

Sansan株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

この記事では、Sansan株式会社(以下Sansan)への就職を目指しているものの、エントリーシートのライティングに不安を感じている方へ向けて、エントリーシートの書き方のポイントについて詳しく解説しています。

特にSansanならではの、エントリーシートでのアピール方法から実際の記載例まで、明確かつ分かりやすく紹介しています。

また、Sansanが求める人材の特徴や、選考情報の重要なポイントについても詳しくアドバイスしていますので、Sansanの内定を目指す就活生は、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

Sansanの概要

Sansanとは

出典元:Sansan

 

初めに、Sansanとはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

Sansanとは

Sansanは、名刺や顧客情報、企業情報などを一元管理し、営業活動に役立てるクラウドサービスです。

名刺をスキャンしてデータ化することで正確な顧客データベースを構築し、企業全体での情報共有が容易になります。

これにより、営業の重複や情報漏れが減少し、生産性の向上が期待できるのです。

Sansanの大きな特長は、名刺スキャンの精度が非常に高く、専用スキャナーやスマートフォンアプリを使って簡単にデータ化できることです。

また、Sansanはオンライン名刺の交換にも対応しており、サービス未導入の相手とも名刺交換が可能です。

オンライン商談や展示会で得た人脈をデータベースに蓄積し、有効活用できます。

このように、Sansanは営業活動の効率化と情報管理の強化を実現する強力なツールとして、多くの企業で導入されています。

Sansanの採用難易度

Sansanの採用難易度は高いといえます。

その理由として採用倍率の高さが挙げられるでしょう。

Sansanの採用倍率が10倍で人気があり、多くの就活生が応募しています。

また、Sansanは高い平均年収を誇り、働きがいや待遇の良さが魅力となっているため、多くの優秀な人材が応募してくるのです。

Sansanは革新的なクラウドサービスを提供しており、業界内での評価も高いため、働きたがる応募者は多いでしょう。

Sansanで内定を勝ち取るためには、他の応募者と差別化できるスキルや経験、強い意欲を示す必要があります。

企業の理念やビジョンに共感し、自身の強みをアピールできるかが重要なポイントです。

Sansanの採用大学

Sansanの採用大学の実績は、以下の通りです。

日本のトップクラスの有名大学から、中堅大学まで採用していることがわかるでしょう。

このことから、Sansanの採用に明確な学歴フィルターはないと考えられます。

しっかりとした選考対策を行えば、可能性があるでしょう。

自分の強みをしっかりとアピールし、Sansanが求める人物像にマッチすることを示せば、挑戦する価値は十分にあります。

<大学>
青山学院大学、国際基督教大学、大阪大学、京都大学、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、中央大学、同志社大学、東北大学、横浜国立大学、国士舘大学

 

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

Sansanが求める人材とは?

Sansanが求める人材

結論から言うと、Sansanのパーパスに共鳴し、その価値観に沿って行動してくれる人材を求めています。

パーパスやビジョンなどは非常に重要視される内容なので、改めて参照ページから確認してください。

Sansanが求める人材は以下の通りです。

イノベーションを生み出す出会い

Sansanでは、人と人、企業と企業の出会いがビジネスの進化を促すと考えています。

そのため、新しい出会いを通じてビジネス課題を解決し、イノベーションを起こすことができる人材を求めています。

ビジネスインフラの構築

Sansanのビジョンは、ビジネスのインフラとなることです。

これまで誰も考えなかった新たな道を作り、ビジネス環境を支える存在になるため、未知の領域に挑戦する意欲を持つ人材が必要です。

情熱と取り組み

Sansanが向き合うのは、まだ存在しない新しい「当たり前」を作り出すことです。

そのため、目の前の仕事に情熱を注ぎ、小さな努力を積み重ねることができる人材を求めています。

想像力と体験

体験の当事者としての視点を持ち、実現可能な道を想像できる人材が重要です。

一般論ではなく、本質をついたサービスやプロダクトを提供できる力が必要です。

Sansanはこれらの特性を持った人材を求めており、出会いの力でビジネスの未来を切り拓いていきます。

 

Sansan各社の採用方向性の違いは?

Sansan各社の採用方向性の違い

Sansanは、同じグループ内のクリエイティブサーベイ株式会社とは新卒採用において異なる「求める人材」を掲げています。

クリエイティブサーベイ株式会社が求める人材は、顧客の声を事業成長の原動力に変えられる人です。

デジタル化が進む現代においても、顧客との直接的なコミュニケーションは事業の成長に欠かせません。

CRMやMAツールを駆使し、顧客の属性データや行動データを分析しながらも顧客の声をしっかりと捉え、それを機会に変えることができる人が求められています。

挑戦を楽しみ、チームと共に成長する意欲を持った方が歓迎されるでしょう。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

企業はエントリーシートから、就活生の能力や性格が自社にマッチしているかを重点的にチェックしています。

企業は就活生がどのような人物であるか、そして自社でどのように力を発揮できるかを知りたがっています。

これは、個々の能力や性格が、企業の文化や仕事にどうフィットするかを見極めるためです。

また、就活生がその企業で働くモチベーションが十分かどうかも重要なポイントとなるでしょう。

常に高いモチベーションで働ける社員は、より良いパフォーマンスを発揮し、企業に貢献する傾向があるからです。

そして、「なぜ他の企業ではなくその企業を志望したのか」という点も明確に示す必要があることを覚えておきましょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは結論から書き始めると説得力が増します。

以下の順番を意識すると良いでしょう。

  1. 結論を提示する
  2. 結論に至った理由を書く
  3. 理由を強調するために具体例を用いる
  4. 結論を強調する

 

この方法で書くことで、どのようなテーマに焦点を当てているかが伝わりやすく、かつ論理的な構成であるため読み手の理解が深まります。

以下の例文を参考にしてください。

結論:私は通信業界の急速な発展と、それが社会に与える影響に魅力を感じ、この業界で働くことを強く希望しています。

理由:通信業界は、インターネットやスマートフォンの普及により、世界中の人々や企業を繋ぐ重要な役割を担っています。

この業界の成長は、技術革新に伴い今後も続くと予想され、私自身もその一翼を担いたいと考えています。

特に、通信インフラの整備や新しいサービスの提供を通じて、より多くの人々に便利で快適な生活を提供することに興味があります。

具体例:大学時代に、私はICT技術を学び、卒業プロジェクトとして地域のデジタルデバイドを解消するための提案を行いました。

このプロジェクトを通じて、通信技術が地域社会に与えるポジティブな影響を実感しました。

結論:Sansanが提供する名刺管理サービスは、ビジネスの効率化と人々の繋がりを促進する素晴らしいツールであり、私はこのようなイノベーションを生み出す環境で働きたいと考えています。

Sansanは出会いを通じてイノベーションを生み出し、未来のビジネス環境を変える情熱を持った人を求めており、これらの価値観を持つ企業で、自分の知識と経験を活かしながら社会に貢献したいと思っています。

Sansanの価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートで大事なポイントの一つでもある「なぜこの会社を選んだのか」を明確にすると、通過率が上昇するでしょう。

Sansanであれば、「世界を変える出会いを生み出したい」であったり、その他バリューやビジョンだったりを文章の中で取り上げるといいです。

もちろん上記のような基本理念が、必ずなければいけないわけではありません。

Sansanでは、「名刺情報をできるだけ速く、正確に、低コストでデジタル化できる」ことを掲げています。

その強みを活かし、自分のやりたいことや、将来像にマッチする形で文章を作成しても良いでしょう。

大事なのは、数ある会社や代替可能業界がある中で、なぜ「Sansan」を選ぶのかを論理的に説明することです。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートの位置づけに関しては、主に就活生の論理的思考力を試しているセクションと捉えるのが良いでしょう。

もちろん文章の内容も評価の対象になっているものの、一番注目されるのは、文章の構造や論理展開に問題がないかです。

そのため、企業に提出する前に必ず論理展開や文章構造の見直しをしておきましょう。

また、設問別に企業が見ている点は以下のように分類されます。

  1. 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)
  2. 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)
  3. 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)
  4. 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか)
  5. その他(長所・研究内容)

 

設問で見られている点を意識して、エントリーシートの対策をしましょう。

また、対策をする上で必要な情報が以下の対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

Sansanの選考において、エントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

Sansanのエントリーシート

志望動機

・Sansanを志望する理由をご記入ください。(500文字)

【記載例】

結論:私はSansanでの業務を通じて、ビジネスの出会いを活性化し、イノベーションを推進することで社会に貢献したいと考えています。

これまでの経験を活かし、御社の理念に共感し、共に成長していきたいと強く思っています。

理由1:Sansanのビジョン「ビジネスインフラになる」に深く共感しています。

現代社会では、効率的な情報の共有や人と人とのつながりがビジネスの成功に不可欠です。

私自身、大学でのプロジェクトを通じて、多くの人々と協力し、新しい価値を創出することの重要性を実感しました。

Sansanが提供するサービスは、まさにこの価値を具現化するものであり、私もその一員として貢献したいと強く感じました。

具体例:大学時代に、私はゼミのプロジェクトで新しいマーケティング戦略を考案する際、多様な背景を持つメンバーと協力しました。

各メンバーの強みを活かし、意見を尊重し合うことで、革新的なアイデアを生み出すことができました。

結び:この経験から、Sansanのような出会いを促進するプラットフォームの重要性を理解し、私自身もその一端を担いたいと感じています。

理由2:私はSansanの価値観「仕事に向き合い、情熱を注ぐ」に共感しています。

私は常に目の前の課題に全力で取り組む姿勢を持っており、その結果として小さな成果を積み重ねることが大切だと考えています。

この姿勢は、Sansanの業務においても重要だと思いますし、私の強みでもあります。

具体例2:私はアルバイト先で、顧客対応の改善プロジェクトに取り組みました。

顧客のニーズを細かく分析し、一つ一つのフィードバックに真摯に向き合うことで、顧客満足度を大幅に向上させることができました。

この経験を通じて、地道な努力が大きな成果を生むことを学びました。

結び:このような姿勢を持って、Sansanでも同じように価値を提供していきたいと考えています。

Sansanでの業務を通じて、出会いを軸にしたイノベーションを推進し、社会に新たな価値を提供する一員として貢献したいと考えています。

ポイント:

結論を最初に明示する

文章の冒頭で結論を述べることは、読み手にあなたの意図を明確に伝えるために非常に重要です。

結論を先に述べることで、あなたの主張が一目で分かりやすくなるでしょう。

例えば、「私はSansanでビジネスの出会いを活性化し、イノベーションを推進することで社会に貢献したいと考えています。」といった具合です。

 

理由と具体例をセットで示す

結論を補強するために、具体的な理由とそれに基づく具体例をセットで述べましょう。

理由を説明する際には、自分の経験やスキルがその企業でどのように活かせるかを明確にすることが大切です。

また、具体例を加えることで、あなたの主張が現実に基づいたものであることを示し、信頼性を高めることができます。

 

自分の価値観や経験を企業の理念に結びつける

企業が求める人物像や価値観に自分の経験や価値観を結びつけることで、あなたがその企業に適していることを強調しましょう。

具体的なエピソードを交えると良いです。

 

これらのポイントを押さえてエントリーシートを書くことで、意欲や適性をより効果的に伝えることができ、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

 

自己PR

・自己PR(人生で一番苦労したことと、それを乗り越えたエピソード)(500字)

【記載例】

結論:私が人生で最も苦労したことは、大学2年生のときに所属していたサークルでの新規プロジェクトの立ち上げでした。

この経験を通じて、私は困難に立ち向かいながらもチームを導き、成功に導く力を養うことができました。

理由:このプロジェクトは、サークルの活動内容を広げ、新しい参加者を募ることを目的としていました。

しかし、メンバーの意見が分かれ、方向性が定まらず、プロジェクトは一度頓挫しかけました。

そこで私は、リーダーシップを発揮し、全員が納得できる形でプロジェクトを進めることが重要であると考えました。

具体例:まず、全員の意見を集め、共通の目標を見出すためのディスカッションを重ねました。

その中で、それぞれのメンバーが抱える不安や問題点を洗い出し、それに対する解決策を一つひとつ考えました。

特にコミュニケーション不足が大きな課題となっていたため、定期的なミーティングを設定し、進捗を共有することで透明性を保ちました。

例えば、デザインが得意なメンバーにはポスター作成を任せ、イベント企画が得意なメンバーにはスケジュール管理を担当してもらいました。

このようにして、チーム全体が一丸となり、プロジェクトを進めることができました。

最終的には、多くの新規参加者を迎え入れることに成功し、サークルの活動の幅を広げることができました。

この経験を通じて、私はリーダーシップや問題解決能力を大いに向上させることができました。

結び:Sansanは、「出会いからイノベーションを生み出す」ことを使命とし、新しいビジネスの道を切り拓いています。

私もサークル活動を通じて、困難を乗り越え、メンバーとの出会いから新しい可能性を見出す経験をしました。

Sansanのビジョンに共感し、私の経験を活かしてさらなるイノベーションを創出していきたいと強く感じています。

ポイント:

結論

まず、自己PRでは最も伝えたい結論から始めましょう。

例えば、「私が人生で最も苦労したことは〇〇です」と具体的に述べます。

 

理由

その経験がなぜ重要だったのか、理由を説明してください。

この部分では、問題の背景やあなたが直面した課題を詳細に記述します。

 

具体例

具体的なエピソードを通じて、どのように問題を解決したかを示しましょう。

特に、あなたの行動や工夫、結果を具体的に書くことが重要です。

この部分であなたのリーダーシップや問題解決能力をアピールしましょう。

 

共感ポイント

企業の理念やビジョンに触れ、自分の経験がどのように共感するかを述べると、企業への適応力や理解度をアピールできます。

この構成を意識して、論理的でわかりやすい自己PRを作成しましょう。

まとめ

この記事では、Sansanの会社概要やエントリーシートの書き方について解説しました。

Sansanの特徴は、名刺情報を高精度でデータ化し、顧客や社内情報を統合できる点です。

AIと手入力により99.9%の正確さで名刺をデジタル化し、メール署名から得た情報も統一して管理します。

この一元管理により名刺の有効活用が可能になり、ビジネスの効率化と情報共有が促進されるのです。

また、Sansanはまだ存在しない新しい「当たり前」を作り出すことを掲げています。

そのため、目の前の仕事に情熱を注ぎ、小さな努力を積み重ねることができる人材を求めています。

エントリーシートを書く際は、これらの価値観に沿った内容を心掛けることが重要です。

この記事が、オービックビジネスコンサルタントの内定に一歩近づくための参考になることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!