カンケンテクノ株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

カンケンテクノ株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

この記事では、カンケンテクノ株式会社(以下、カンケンテクノ)の採用情報を知りたい方やエントリーシートの書き方で悩んでいる就活生に向けて、カンケンテクノに適したエントリーシートの書き方を解説します。

カンケンテクノのエントリーシートの書き方や自己アピールの方法を、実際の記載例とともに紹介します。

さらに、企業が求める人物像選考における重要なポイントも解説しますので、カンケンテクノの内定を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

カンケンテクノの概要

カンケンテクノとは

出典元:カンケンテクノ株式会社

 

はじめにカンケンテクノは、どのような企業なのか、どのような製品を作っているのかを簡単に紹介します。

カンケンテクノとは

カンケンテクノは、地球の環境保全に取り組んでいる会社です。

創業は1978年で、長年にわたり磨き続けた技術とノウハウに最新の技術を加えながら、製品づくりを続けています。

世界で環境問題への関心が高まっていることもあり、幅広い業界でカンケンテクノの製品が使われるようになりました。

具体的には、以下のようなものの開発や設計、製造、そして販売を行っています。

カンケンテクノの事業
  • 半導体等の先端テクノロジーを用いて、製造工場から排出される可能性のある有害性ガスを無害化
  • 温室効果ガスの排出の抑制装置の開発
  • 製造業種において排出の可能性のあるVOC排出の抑制装置の開発

製品は、「先駆的な技術」であると評価され、オゾン層保護・地球温暖化防止大賞で優秀賞を受賞した経験があります。

社内に提案箱を設置することで、一人ひとりの意見を大切にし、従業員全員で製品を作り上げていく姿勢を大切にした会社です。

これからも世界に目を向け、「世界一の大気環境保全装置メーカー」を目指すことを目標に掲げています。

 

カンケンテクノの採用難易度

カンケンテクノの採用難易度は高いといえます。

2025年度の採用予定人数は6~10名と、少ない人数です。

この採用予定人数は過去3年間で変化がありません。

過去3年間の実際の採用実績を見ても、2022年度は9名、2021年度は5名、2020年度は9名と予定人数の範囲内に収まっているか、むしろ少ないことが分かります。

定着度に関しても、2022年度、2021年度ともに100%で離職率も低く、働きやすい企業であることがうかがえます。

各種休暇制度や福利厚生が整っていることも、働きやすさの理由の一つでしょう。

また、カンケンテクノの採用実績のある大学を見てみると、全国の大学からの採用がある一方で、国公立大学や有名私立大学が名を連ねています。

採用人数の少なさと採用実績のある大学から見ても、採用難易度は高いといえます。

しっかりとした対策を行うことが狭き門を突破し、採用のチャンスをつかみとる鍵となるでしょう。

カンケンテクノの採用大学

カンケンテクノの採用大学

カンケンテクノの採用大学の実績は以下の通りです。

過去の採用実績のある大学を見ると、全国の大学、大学院から採用していることが分かります。

国公立に加え、私立大学からも採用されており、学歴フィルターは存在していないと考えられるでしょう。

<大学院>
大阪市立大学大学院、九州大学大学院、近畿大学大学院、神戸大学大学院、佐賀大学大学院、滋賀大学大学院、立命館大学大学院、龍谷大学大学院、早稲田大学大学院など
<大学>
愛知学院大学、秋田大学、大阪経済大学、岡山大学大学院、京都大学、慶應義塾大学、工学院大学、東京大学、鳥取大学、同志社女子大学、同志社大学、龍谷大学、早稲田大学など

 

採用実績のある大学群を見ると、東京一工から摂神追桃まで、非常に幅広い大学群から採用されているのが分かります。

しかし、先述したとおり、カンケンテクノの採用実績は毎年わずか10名弱です。

学歴フィルターが存在しないと言っても、採用人数が少ないことには、狭き門であることに変わりありません。

誰でも平等にエントリーシート選考を突破できる可能性があるとともに、ライバル数は非常に多いのです。

そのため、エントリーシートでは他の就活生との差別化を図り、企業を分析をおこなった上で、しっかりと対策しておくことが求められます。

カンケンテクノの採用を獲得するためには、求められる人材や、カンケンテクノがどのような採用をおこなっているのかなど、自分自身がマッチできるポイントを探すことも重要となるでしょう。

 

以下の記事では、学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カンケンテクノが求める人材とは?

カンケンテクノは「地球の未来を共に考えられる人材」を求めています。

具体的には、以下に紹介する5つの目的を持った人材です。

  1. 環境問題に興味がある
  2. モノづくりがしたい
  3. グローバルに活躍したい
  4. 専門知識を活かしたい
  5. 社会貢献がしたい

 

カンケンテクノが作り出す製品は、現在世界的に問題となっている地球温高やカーボンニュートラルなどの環境問題を解決する一助となるものです。

環境問題に興味があり、世界を視野に入れたものづくりがしたいと考える就活生にはうってつけの環境であるといえます。

また、最先端のテクノロジーを用いたカンケンテクノの製品は、一貫した自社生産が特徴です。

商品の開発から設計、納品後のアフターサービスまでを行い、お客様に寄り添う姿勢を大切にしています。

カンケンテクノは、誰かの悩みを解決したい、社会貢献がしたいという強い思いを持った就活生を求めているといえるでしょう。

また、カンケンテクノは世界規模で社会に貢献しています。

中国や台湾、タイやアメリカなど世界各国に子会社を設けているため、グローバルな活躍が期待できる人材も求められていると考えられます。

既存の考えだけでなく、「発想豊かで新たなモノづくりに挑戦し、地球全体の社会に貢献したい」「専門知識を活かした社会貢献に理解を示す」など、カンケンテクノが求めている人材をよく理解することが大切です。

エントリーシート対策として、企業分析から読み取れるカンケンテクノの求める人材と自分の強みや理想が、どのようにマッチするかを意識しておくと良いでしょう。

 

カンケンテクノの採用方向性の違いは?

カンケンテクノでは、技術系、営業、製造スタッフ、管理系の4つの職種で採用募集がおこなわれています。

エントリーシートでは、各職種に見合った志望動機や、どのような採用が行われているのかを研究することが大切です。

技術系では、機械や電子機器の設計、技術開発やサービスエンジニアなど、スキルの高さが求められる職種となっています。

また、営業部門との連携も必要であるため、技術スキルだけでなく、コミュニケーションや論理性が求められると考えられます。

営業では、新規開発営業も含め、課題解決に向けた発想力や、既存の顧客との人間関係を築くためのコミュニケーション能力が必須だと言えるでしょう。

就職後、製造スタッフになると、大気環境保全装置の組立や配膳業務の経験をもとに、適性が判断されます。そのため、技術などのスキルを吸収する力を持つ人や、ポテンシャルが高く率先して業務に携われる人が求められると推測できます。

管理系では、会社の経営軸として経理に携わります。職場環境や人事制度など、社員との関わりが増えるため、論理的思考やコミュニケーション能力が求められると言えるでしょう。

カンケンテクノでは、どの部署でも企業の基礎である「専門知識を活かして、様々な環境問題を解決する一助となるモノづくりがしたい」という気持ちが求められています。

どの部門でも共通しているのは「モノづくりに懸ける熱い思い」と「お客様のために」という部分です。

カンケンテクノでは、モノづくりへの強い思いを持った人材を求めていると考えられるでしょう。

 

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

企業は、エントリーシートから、主に以下の3点を判断しています。

  1. 就活生が企業に適しているか
  2. 入社後に活躍できる人材か
  3. 自分の思いを分かりやすく、相手に伝えられるか

 

企業によって事業内容が全く異なるため、求めている人材も異なります。

企業は、エントリーシートに記載された過去の経験や自己PRから、就活生の価値観を読み取り、自社に適した人材かを見極めているのです。

企業が求める人物像は、各社の採用サイトに記されている場合がほとんどです。

エントリーシートを書く前に、必ず確認しておきましょう。

また、企業は志望動機から、就活生が入社後に活躍できるかを読み取ります。

「なぜ入社したいのか」という志望動機だけでなく、「入社後、どんな力を活かしたいのか」という、将来的なイメージまで考えてから、記入するのがおすすめです。

企業側にとって、就活生の入社後の姿が明確になれば、プラスのイメージに繋がります。

さらに、ビジネスシーンにおいては、文章や言葉を用いて自分の思いを的確且つ簡潔に、相手に伝えなければいけない場面が度々訪れるでしょう。

企業はエントリーシートという文字数の限られた場所を通して、就活生の文章力や論理的思考力を見ているのです。

エントリーシートは「質問に対して的確な回答か」、「相手に伝わる文章になっているか」を意識し、記入しましょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートを書くときは、結論から書き始めると、簡潔に説得力が増す文章を作れます。

ぜひ以下の順番を意識して記入してみてください。

  1. 最初に要点や結論、主張を提示する
  2. その理由を書く
  3. 理由を強調するために具体例やデータを用いる
  4. 最後に再び要点や結論、主張を強調する

 

この記入方法は、PREP法と呼ばれる文章構造です。

この方法を用いると、自分が言いたいことを簡潔に、そして論理的に相手に伝えることができるのです。

また、PREP法は、文章が分かりやすくなるだけでなく、最後に要点を強調することで相手に伝えたいことが印象に残りやすい文章を作れます。

以下にPREP法を用いた文章を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

結論:私の強みは、行動力があることです。

理由:学生時代にはバイトリーダーを経験しました。

具体例:当時、客足が減りつつあった店の状況から、どのようにすれば客足が伸びるのかを自分なりに分析し、社員に提案を行いました。お客様目線に立ったPOP作成をしたことにより、少しずつ客足が伸び、社員からも感謝されたことがあります。

再結論:このような経験を活かし、入社後も状況を見極め、自分に何ができるのかを常に考え、お客様のために行動し続けていきたいと考えています。

カンケンテクノの価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートを書く上で大切なのが「志望動機」です。

エントリーシート選考の通過率を上げるために、「なぜこの企業を選んだのか」、「なぜ、ここで働きたいのか」を明確にするのが重要なポイントとなります。

カンケンテクノの企業理念を調べ、しっかりと意図を理解した上で、エントリーシートに取り入れてみましょう。

たとえば、カンケンテクノであれば、「未来環境を創造するカンケンテクノ」を企業理念として挙げています。

これらの言葉や内容をエントリーシートの中で取り入れるとよいでしょう。

加えて、「自分がカンケンテクノに入社したあかつきには、どのような取り組みがしたいのか」「自分のもつ専門知識を活かし、どのような新しい提案ができるのか」を示すのもおすすめです。

「なぜ、それがカンケンテクノでないとできないのか」という部分を強調し、企業に伝わるように説明することで、入社したいという強い思いを文章に込められます。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートでは、就活生の文章力や論理的思考が見られています。

もちろん、各設問に対する内容もチェック対象ではありますが、「それぞれの文章が正しい構造か」、「意図が伝わる文章か」という観点からも、企業は確認しています。

カンケンテクノの内定を目指すなら、まずはエントリーシートの選考を突破しなければなりません。

エントリーシートを提出する前には、文章の構造や展開を見直しておきましょう。

また、エントリーシートにおける企業の設問には、各項目ごとの回答で以下のように分類されています。

設問選考基準
志望動機モノづくりへの熱意や意欲、環境問題への関心、社会貢献
過去の経験専門知識や信頼感、行動力、社会貢献
未来目標環境問題への解決と社会貢献、相手の思いを汲み取る力
価値観社会貢献や挑戦
その他学び続ける力

 

エントリーシートを記入するときには、各設問で企業がどのようなポイントに注目しているのかを意識しましょう。

 

なお、エントリーシート対策をする上で必要な情報は、下記のエントリーシート対策記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてご確認ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

カンケンテクノの選考において、過去のエントリーシート回答例はWEB上では見当たりませんでした。

カンケンテクノはモノづくりを通した社会貢献を目標とした企業で、様々な職種があります。

そのため、ここでは社会貢献を中心にしたエントリーシートの書き方について紹介します。

カンケンテクノのエントリーシート

志望動機

なぜこの企業を志望しているのかを教えてください。

【記載例】

私が御社を志望する理由は、モノづくりを通じ、人々に新たな発見や楽しみを提供したいからです。

私は地域の子どもとの交流ボランティアに参加しています。活動場所である地域の公民館において、数年前から置いてあった手作りのおもちゃが壊れてしまうことがありました。そのとき、自身の知識と今の子どもたちの姿から、そのおもちゃにアレンを加え修理したところ、子どもたちと公民館の職員の方から、お褒めの言葉をいただきました。

私はこの経験から、その時々に合ったものを見極め、自分で作り出す面白さと、相手に喜んでもらえる嬉しさを感じました。

御社では、多種多様な製品を販売しているだけでなく、新たな商品開発も意欲的に行われています。
私は御社で、これからの地球環境を守る製品づくりに貢献したいです。

ポイント:PREP法を用いることで、自分の思いやこれまでの経過が相手に伝わりやすい文章になっています。

また、具体的なエピソードを入れることで、「なぜそのように感じたのか」という理由を明確にし、根拠を持たせることができます。

志望動機だけで終わるのではなく、企業が大切に考えているポイントを随所に盛り込みながら、「このような理由から、入社後はこのような取り組みをしたい」という部分までを記入しましょう。

すると、採用担当者が就活生の入社後の姿がイメージしやすくなるでしょう。

自己PR

・自己PR(何かご自身でやり遂げた経験を具体的にご記入ください)

【記載例】

私の強みは傾聴力の高さです。
大学時代2年間、書店員としてアルバイトをしてきました。

児童書を担当していたので、お子様連れをはじめ、お孫さんや知人のお子様へのプレゼントを買いに来る方が多くいらっしゃいました。
お子様がいらっしゃれば好みも分かりますが、プレゼントの場合は選ぶのに困る方が多いです。

そこで、お子様の年齢や好きなことを伺い、どんなことをして遊ぶのが好きかなどを聞き、こんな本はどうかとご提案したのです。
その結果、お客様には「助かった」と喜んでいただけました。
また、再度ご来店された際、「孫が喜んでくれた」などの感想をいただくこともありました。

この経験から私の強みである傾聴力を活かし、お客様のニーズに合う提案を行い、営業成果を出していきたいです。

ポイント:PREP法を用いることで、論理的に自己PRできています。

アルバイトの経験で得た「傾聴力」を自分が志望する「営業職」とうまく結び付けることで、採用後、どのように会社に貢献できるのかをアピールしています。

また、営業職を目指した理由としても最適解だといえるでしょう。

まとめ

この記事では、カンケンテクノの会社概要やエントリーシートの書き方を解説しました。

カンケンテクノは、半導体などのテクノロジー製品を製造する際に排出されるガスを無害化する、大気環境保全装置の製造、販売をしています。

現在の地球上における環境問題は、世界中から関心が深い事象であり、日本のみならず世界に目を向けた取り組みを行っています。

「環境問題に興味があり、専門的な知識を活かして社会貢献したい」、「世界を舞台に活躍したい」という方におすすめの企業です。

カンケンテクノには様々な業種があり、それぞれ仕事内容は違いますが、「世界一の大気環境保全装置メーカーを目指す」という目標に向かって努力を続ける仲間です。

常に向上心を持ち、お客様の立場に立った傾聴力も評価されるでしょう。

エントリーシートを書くときは、カンケンテクノの価値観や求める人物像に沿った内容を記入するのが大切です。

この記事が、カンケンテクノの内定に一歩でも近づくための参考になることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!