就活で趣味の手芸を活かす方法は?ポイントや活かせる企業まで徹底解説

就活で趣味の手芸を活かす方法は?ポイントや活かせる企業まで徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

「手芸」という趣味は就活でアピールになるのでしょうか。

「趣味は?」と聞かれて、「手芸です!」と答えるのは、なんだか気が引ける就活生もいるでしょう。

手芸は一見、仕事とは関係ないように思えますが、そんなことはありません。

実は、手芸の経験はあなたの就活を有利に進めるための「隠れた武器」になる可能性があるのです。

手芸が趣味の就活生が抱える悩みや疑問を解消し、手芸の経験を最大限に活かして就活を成功させるためのヒントをお伝えします。

この記事は以下のような方に向けて書いています。

対象
  • 手芸を趣味としてアピールしたいと考えている
  • 手芸を通じて身につく、ビジネスで役立つスキルを知りたい
  • 手芸の経験を履歴書や面接で効果的にアピールする方法を知りたい
  • 手芸のスキルを活かせる、意外な業界や職種を知りたい

この記事を読めば、手芸を就活でアピールすることへの自信が持てるようになるでしょう。

そして自分の強みを活かせる企業を見つけやすくなります。

あなたの手芸の腕前が企業の採用担当者の目に留まり、内定を勝ち取るための決め手になる可能性もあるのです。

この記事を最後まで読み、手芸の趣味を就活の武器に変えましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

結論から言うと、手芸の経験は就活において、あなたの魅力を最大限に引き出す強力な武器となります。

一見、手芸と就活は関係ないように思えるでしょう。

しかし、手芸を通じて得られるスキルや経験は、ビジネスシーンで求められる能力と密接に繋がっています。

手先の器用さ、集中力、忍耐力、創造性、デザイン力、計画性、段取り力、問題解決能力、コミュニケーション能力などです。

これらは手芸を通じて自然と身につくスキルであり、同時に、企業が求める人材像にも合致するでしょう。

あなたが手芸を通じて培ってきた経験やスキルは、就活を成功へと導く大きな力になります。

就活に役立つ「手芸」から得られるスキルと強みとは

就活に役立つ「手芸」から得られるスキルと強み

まずは、手芸を通じて得られる6つのスキルと強み、そしてそれらが就活でどのように役立つのかを解説します。

「手芸なんて就活に関係ないでしょ?」と思っている学生は、ぜひ参考にしてください。

手先の器用さ

手芸は指先を繊細に動かし、素材を正確に扱う作業です。

例えば、編み物なら編み目の均一さ、刺繍なら針目の美しさ、洋裁なら縫い目の正確さが求められるでしょう。

このような経験を通して、手先の器用さが自然と磨かれていきます。

手先の器用さは、製造業や医療・福祉、美容業界など、幅広い職種で活かせるスキルです。

集中力と忍耐力

一つの作品を完成させるには、長時間にわたる集中力と細かい作業を根気強く続ける忍耐力が必要です。

特に、複雑なパターンの編み物や緻密な刺繍に挑戦した経験により、これらの能力は大きく向上するでしょう。

集中力と忍耐力は、研究開発、事務職、IT業界など、根気強く取り組む姿勢が求められる職種で高く評価されることがあります。

創造性とデザイン力

手芸は、自分のアイデアを形にする創造的な活動です。

作品のデザイン、色の組み合わせ、素材選びなど、一つひとつの選択が作品の個性となります。

また、既存の作品を参考にしながら自分なりのアレンジを加えることで、デザイン力も磨けるでしょう。

創造性とデザイン力は、広告代理店、デザイン事務所、ゲーム業界など、クリエイティブな発想が求められる職種で活かせるスキルです。

計画性が身につき段取り上手になる

手芸には材料の調達から制作スケジュールの管理までの工程があります。

そのため、計画性と段取り力が求められる活動です。

特に、複数の作品を同時進行する場合や、イベント出展に向けて作品を制作する際には、これらの能力が重要となるでしょう。

上手に計画や段取りできる能力は、プロジェクトマネジメント、イベント企画、営業など、効率的な業務遂行が求められる職種で必要とされるスキルです。

 問題解決能力

手芸をしていると、思い通りに作品が仕上がらないことや、途中でトラブルが発生することもあるでしょう。

そんな時、原因を分析し、解決策を考え出す問題解決能力が試されます。

また、失敗から学び、次に活かすことで、さらなる成長に繋がることもあるでしょう。

問題解決能力は、すべての業界・職種で求められる非常に重要なスキルです。

コミュニケーション能力

手芸の趣味は、作品を通じて自分の想いを表現し、他者と共有するコミュニケーションの機会となります。

作品をプレゼントしたり、SNSで発信したり、イベントで販売したりすることで、さまざまな人と交流できるでしょう。

その結果、コミュニケーション能力を高めることができるのです。

コミュニケーション能力は、接客業、営業、広報など、人と関わる仕事で特に重要視されるスキルです。

このように、手芸は多岐にわたるスキルを習得できる経験です。

これらのスキルは、業種や職種を問わず、社会で活躍するために必要な能力ばかりでしょう。

もしあなたが手芸を趣味としているなら、ぜひその経験を自信を持ってアピールしてください。

それでは、以下で具体的なアピール方法を解説していきます。

手芸を履歴書・エントリーシートでアピールする方法

手芸の経験から得られるスキルや強みが、就活でどのように役立つかイメージできたでしょう。

ここでは、実際に手芸の経験を履歴書やエントリーシートでアピールする方法について解説していきます。

履歴書やエントリーシートは、企業にあなたを知ってもらうための最初のステップです。

手芸の経験を効果的にアピールし、面接に繋げましょう。

自己PR、趣味・特技欄での記載例は次のとおりです。

記載例
  • 自己PR:「手芸を通じて培った集中力と計画性を活かし、御社で活躍したいと考えています。
    学生時代にハンドメイドアクセサリーを制作・販売し、1ヶ月で100個以上の売上を達成した経験があります。
    この経験から、目標達成に向けた計画立案と実行力を身につけました。」
  • 趣味・特技欄:「趣味は手芸(編み物、刺繍、洋裁など)です。
    学生時代には手芸サークルに所属し、作品展示会やバザーを開催しました。また、SNSで作品を公開し、フォロワー数1,000人を達成しています。」

上記のように、具体的な数字を加えて説明すると効果的です。

具体的なエピソードでアピールするポイント

具体的なエピソードには、例えば以下があります。

エピソード例
  • 成果
  • プロセス
  • 学び

作品の完成度や販売実績、コンテスト入賞など、具体的な成果を数字で示しましょう。

また、材料選びやデザイン、制作過程での工夫や努力についても説明してください。

手芸を通じて何を学び、どのように成長したかを具体的に伝えることも重要です。

趣味の手芸で実績がある場合のアピール方法

ただの趣味だけに終わらず、手芸を通してさまざまな実績を作った学生もいるでしょう。

実績がある場合は、履歴書やエントリーシートに作品の写真を添付したり、オンラインポートフォリオのURLを記載したりすることで、スキルやセンスを視覚的にアピールできます。

特にデザイン性の高い作品や技術力の高さが伝わる作品は、効果的です。

手芸作品を販売した経験

手芸作品を販売した経験は、就活において強みになります。

マーケティングや販売戦略、顧客対応、SNS運用、収支管理などを具体的にアピールしてみましょう。

このスキルは、営業やマーケティング、企画、広報、ECサイト運営などの職種で活かせるスキルです。

手芸教室やワークショップの開催経験

教室やワークショップの開催経験も、就活においてアピールするべき経験です。

企画力や指導力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、集客力などは立派な強みになります。

教育関連やインストラクター、イベント企画、営業、広報などで活かせるスキルです。

手芸関連のコンテストで受賞した経験

手芸でコンテストなどに受賞した経験があれば、アピールするべきです。

受賞した結果だけでなく、目標達成能力や競争力、プレゼンテーション能力、作品制作スキルなどをアピールできるでしょう。

このスキルは、デザイナーやクリエイター、企画、マーケティングなどで活かせます。

趣味の手芸を面接でアピールする方法

趣味の手芸を面接でアピールする方法

面接は、履歴書やエントリーシートに書ききれなかったことを、より詳しくアピールするチャンスです。

手芸の経験を活かして、面接官に好印象を与えましょう。

趣味の手芸に関する質問への回答例

なぜ手芸が好きなのですか?」という質問には、「手芸は自分のアイデアを形にできる創造的な活動だからです。完成した時の達成感が大きく、ストレス解消にもなります。」という回答例があります。

「手芸で最も苦労したことは何ですか?」という質問には、「○○という作品を作る際に△△という問題が発生しましたが、□□という方法で解決し、無事に完成させることができました。」といった具体的な例を挙げると良いでしょう。

「手芸の経験は、仕事でどのように活かせますか?」という質問には、「手芸で培った集中力と計画性を活かし、御社の業務に貢献したいと考えています。例えば、プロジェクトのスケジュール管理や、細かい作業が求められる業務に自信があります。」と答えると良いです。

面接官の興味を引くようなアピール方法

面接で相手の興味を引くようなアピールをするためには、次の3つのポイントを参考にしてください。

ポイント
  • 具体的なエピソードを加えて話す
  • 作品を持参する
  • 企業の仕事内容や社風と関連付ける

何度も繰り返しますが、面接で「趣味」をアピールする場合は具体的なエピソードを交えることが重要です。

自分本位で話していると思われないよう、具体的に身についたスキルやそれをどう活かすかを説明する必要があります。

また、面接官の許可を得られた場合は、作品を持参する方法も有効です。

事前に作品を持参しても良いか、面接官に確認しておきましょう。

許可を得た場合も、大きすぎるものや壊れやすいものは避け、コンパクトで丈夫なものを選ぶといいです。

さらに、趣味の手芸をアピールする場合は、企業の事業内容や社風と結びつける必要があります。

単なる自己紹介ではないため、手芸をアピールすることで、どのようなメリットがあるのか考える必要があるでしょう。

例えばアパレル企業であれば、「手芸で培ったデザインセンスを活かしたい」、教育関連企業であれば「手芸を通じて得たコミュニケーション能力を活かしたい」というように、具体的なアピールを心がけてください。

手芸のスキルを活かせる企業と出会う方法

手芸のスキルを活かせる企業と出会う方法

手芸のスキルや経験は、特定の業界や職種だけでなくさまざまな場面で活かせることをお伝えしました。

では、具体的にどのような企業であなたの「手芸」経験が評価されるのでしょうか?

アパレル業界

ファッションが好きで洋服作りに携わりたいという方には、アパレル業界がおすすめです。

仕事
  • デザイナー: 流行を先取りしたデザインを考案し、形にする仕事です。
    手芸で培ったデザイン力、創造性、色彩感覚が活かせます。
  • パタンナー: デザイナーのアイデアを元に、型紙を作成する仕事です。
    手芸で培った手先の器用さ、正確性、空間把握能力が求められます。
  • 生産管理: 商品の生産計画を立て、工場との連携や品質管理を行う仕事です。
    手芸で培った計画性、段取り力、コミュニケーション能力が活かせます。
具体的な企業
株式会社ワールド国内外に多数のアパレルブランドを展開する大手アパレル企業。
20代~30代女性をターゲットとしたブランドが多く、トレンドに敏感な感性が活かせる環境。
オンワード樫山株式会社長い歴史を持つ大手アパレル企業。
メンズ・レディースウェアから子供服、雑貨まで幅広い商品を展開。

 

ファッション業界

ファッション業界には、アパレル業界よりもさらに幅広い仕事があります。

仕事
  • バイヤー: 海外や国内の展示会で商品を買い付け、販売戦略を立てる仕事です。
    手芸で培ったトレンド把握能力、美的センス、交渉力などが活かせます。
  • MD(マーチャンダイザー): 商品の企画、生産、販売までをトータルで管理する仕事です。
    手芸で培った企画力、マーケティング能力、コミュニケーション能力が求められます。
  • プレス: メディアやインフルエンサーに商品を紹介し、ブランドイメージを高める仕事です。
    手芸で培ったコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、情報収集能力が活かせます。
具体的な企業
株式会社ビームス国内外の人気ブランドを取り扱うセレクトショップ。
独自の視点でセレクトされた商品は、感度の高いファッション愛好家から支持されている。
ユナイテッドアローズ株式会社高感度なファッションアイテムを提案するセレクトショップ。オリジナルブランドも展開しており、洗練されたデザインが特徴。

 

インテリア業界

手芸が好きな方は、デザインにも興味がある方も多いでしょう。

インテリアに興味がある方は、インテリア業界で活躍できる可能性が高いです。

仕事
  • インテリアコーディネーター: お客様の要望に合わせて、家具や照明、カーテンなどをコーディネートする仕事です。
    手芸で培った空間把握能力、色彩感覚、素材選びの知識が活かせます。
  • テキスタイルデザイナー: 壁紙やカーテン、クッションなどの布地をデザインする仕事です。
    手芸で培ったデザイン力、色彩感覚、素材の知識が求められます。
具体的な企業
株式会社ニトリ家具・インテリア小売の大手企業。
手頃な価格帯でありながら、デザイン性や機能性に優れた商品を幅広く取り揃えている。
サンゲツ株式会社壁紙、床材、カーテン、椅子生地など、インテリア素材の総合メーカー。
国内トップシェアを誇り、高品質な商品を提供。

 

教育業界

手芸の楽しさを伝えたい、子供と関わる仕事がしたいという方には、教育業界がおすすめです。

仕事
  • 手芸講師: 手芸教室やカルチャースクールで、手芸の技術を教える仕事です。
    手芸で培った技術力、指導力、コミュニケーション能力が活かせます。
  • 保育士: 保育園や幼稚園で、子供たちの成長をサポートする仕事です。
    手芸で培った創造性、子供への理解、手先の器用さが活かせます。
具体的な企業
株式会社ヴォーグ学園全国に手芸教室を展開する大手企業。
洋裁、編み物、刺しゅうなど、幅広いジャンルの講座を開講しており、初心者からプロを目指す方まで、さまざまなレベルに対応。
株式会社ポピンズ保育事業を中心に、教育・介護事業を展開する大手企業。質の高い保育サービスを提供しており、働く女性の支援にも注力。

 

クリエイティブ業界

自分の作品を多くの人に届けたいという方は、クリエイティブ業界に挑戦してみましょう。

仕事
  • デザイナー: グラフィックデザイン、Webデザイン、プロダクトデザインなど、デザイナーはさまざまな分野で活躍できます。
    手芸で培ったデザイン力、創造性、色彩感覚が活かせるでしょう。
  • クラフト作家: オリジナルのハンドメイド作品を制作・販売する仕事です。
    手芸で培った技術力、創造性、表現力が活かせます。
具体的な企業
株式会社フェリシモ「毎月一つワクワクお届け」をコンセプトに、オリジナル商品を開発・販売する通信販売会社。
手芸キットや雑貨、アパレルなど、幅広いジャンルの商品を展開。

 

手芸のスキルは、これらの業界・職種以外にもさまざまな場面で活かせます。

あなたの「好き」や「得意」を活かせる仕事を見つけるために、ぜひ積極的に企業研究を進めてみましょう。

企業分析や業界研究については、以下のページも併せて参考にしてください。

手芸以外の趣味を就活に活かすヒント

本記事では、手芸に焦点を当てて解説してきました。

しかし、もちろんどんな趣味でも、その経験から得られたスキルや強みを就活でアピールできます。

ここでは、趣味を就活に活かすためのポイントを解説します。

趣味から得られたスキルや経験を棚卸しする

まずは自分の趣味を振り返り、そこから得られたスキルや経験を書き出してみましょう。

例えば、下記のようなスキルが挙げられます。

スキル
  • スポーツ: チームワーク、リーダーシップ、目標達成能力、体力、精神力
  • 音楽: 表現力、感性、集中力、協調性、リズム感
  • 読書: 語彙力、読解力、知識、情報収集能力、想像力
  • 旅行: 行動力、計画性、コミュニケーション能力、異文化理解、語学力
  • 料理: 手先の器用さ、段取り力、創造性、味覚、衛生管理
  • ゲーム: 論理的思考力、戦略的思考力、情報処理能力、反射神経、チームワーク

趣味と仕事との関連性を考える

次に、書き出したスキルや経験が仕事でどのように活かせるかを考えてみましょう。

例えば、下記のようなスキルが挙げられます。

スキル
  • スポーツで培ったチームワークは、プロジェクトチームでの協働に活かせる
  • 音楽で培った表現力は、プレゼンテーションや顧客対応に活かせる
  • 読書で培った知識は、情報収集や分析に活かせる
  • 旅行で培った異文化理解は、海外事業展開に活かせる
  • 料理で培った段取り力は、業務の効率化に活かせる
  • ゲームで培った論理的思考力は、問題解決に活かせる

このように、趣味で得られたスキルや経験は、仕事で求められる能力と繋がっていることが多いです。

企業の社風や求める人物像とのマッチングを意識する

趣味をアピールする際は、企業の社風や求める人物像に合っているかを見極めることも重要です。

アピールするポイント
  • 活発でチャレンジ精神旺盛な社風: スポーツや旅行など、アクティブな趣味をアピール
  • 創造性や個性を重視する社風: 音楽、美術、デザインなど、芸術的な趣味をアピール
  • 知的好奇心や探究心旺盛な社風: 読書、歴史、科学など、知的な趣味をアピール

このように、企業の社風や求める人物像に合った趣味をアピールすることで、入社後のミスマッチを防ぐことに繋がります。

趣味のアピールは、企業の社風や求める人物像に合っているかを見極めることが重要です。

企業研究をしっかり行い、趣味が活かせる企業を見つけましょう。

まとめ

本記事では、就活で「手芸」の趣味を活かす方法について、具体的なスキルやアピール方法、企業とのマッチングなど、多角的に解説しました。

手芸で養ったスキルは、アパレル業界やファッション業界、インテリア業界だけでなく、製造業、IT業界、教育業界など、幅広い業界・職種で活かすことができます。

もしあなたが手芸を趣味としているなら、その経験を自信を持ってアピールしましょう。

あなたの「好き」や「得意」を活かせる企業と出会い、理想のキャリアを手に入れられることを願っています。

あなただけの強みを最大限にアピールし、納得のいく就職活動をしてくださいね。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!