Appier Group株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

Appier Group株式会社のエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

この記事では、Appier Group株式会社(以下Appier Group)への就職を目指しているものの、エントリーシートのライティングに不安を感じている方へ向けて、エントリーシートの書き方のポイントについて詳しく解説しています。

特にAppier Group ならではのエントリーシートでのアピール方法から実際の記載例まで、明確かつ分かりやすく紹介しています。

また、Appier Group が求める人材の特徴や、選考情報の重要なポイントについても詳しくアドバイスしていますので、Appier Groupの内定を目指す就活生は、ぜひ最後までお付き合いください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

Appier Groupの概要

Appier Groupとは

出典元:Appier Group

 

初めに、Appier Groupとはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

Appier Groupとは

Appier Groupとは、人工知能(AI)を活用したビジネス意思決定を支援するSaaS企業です。

2012年に台湾で創業され、現在はアジア太平洋地域、欧州、米国など17カ国に拠点を広げています。

Appier Groupのプロダクトの目的は、企業が顧客の全体像を理解し、好みを把握し、行動を予測することで、ビジネス成果を向上させることです。

Appier Groupは、企業が新規顧客を獲得し、顧客エンゲージメントを高め、コンバージョンを促進するためのAIソリューションを提供しています。

AI技術を駆使して企業のマーケティング活動を広範囲にサポートし、顧客との関係を深化させる革新的なソリューションを実現しているのです。

Appier Groupの採用難易度

Appier Groupの採用難易度は高いです。

その理由は、同社が求める高度な専門知識と技術力にあります。

AI、データ分析、分散処理システムなどの先進分野で活躍するには、卓越したスキルと豊富な経験が必要です。

同社の社員には、グーグルやインテルなどの一流企業出身者や、ハーバード大学やスタンフォード大学のAI研究者が多数在籍しており、その高い水準が採用の難易度を高めています。

また、Appier Groupはグローバルに事業を展開しており、多言語・多文化対応能力が重視されるため、基本の言語は英語です。

さらに、革新的なアイデアと迅速な対応力が求められ、高い適応力と柔軟性も必要とされるため、採用難易度は高いことが予想されるでしょう。

Appier Groupの採用大学

Appier Groupの採用大学の実績は、インターネット上では確認できませんでしたが、採用難易度は高いことが予想されます。

そのため、学歴フィルターが存在する可能性は高いです。

しかし、エンジニアリングやマーケティング・PRなどの職種で求人募集を行っており、適切な選考対策を行えば採用されるチャンスは十分にあります。

自分の強みを的確にアピールし、Appier Groupが求める人物像に合致することを示すことで、採用への道は開かれるでしょう。

 

<大学>
インターネット上の情報では確認できませんでした。

 

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

Appier Groupが求める人材とは?

Appier Groupが求める人材

結論から言うと、Appier Groupは同社のパーパスに共鳴し、その価値観に沿って行動してくれる人材を求めています。

パーパスやビジョンなどは非常に重要視される内容なので、改めて参照ページから確認してください。

Appier Groupでは、多様な文化と価値観を尊重し、以下の3つのバリューを大切にする人材を求めています。

オープンなコミュニケーション

Appier Groupは、率直でオープンなコミュニケーションを求めています。

多国籍なメンバーが集まる環境で、異なるバックグラウンドを持つ人々が効果的に協力するためには、明確で直接的なコミュニケーションが欠かせません。

オープンマインド

Appier Groupはオープンでフラットな社風を持ち、自由な発想と柔軟な思考を歓迎します。

そのため、社員は自分の意見を自由に表現し、他者の意見にも耳を傾けることが求められます。

多様な視点を持ち、変化を恐れずに新しい挑戦を受け入れる姿勢が、組織の成長と革新を支える基盤です。

アンビシャス(向上心)

向上心を持ち、自己成長を追求する人材が、Appier Groupにおいて非常に重要です。

社員一人ひとりが高い目標を持ち、自分のスキルや知識を絶えず磨き続けることで、企業全体の成長に貢献します。

Appier Groupでは自己啓発のためのサポートや機会を提供し、社員がプロフェッショナルとして成長できる環境です。

Appier Groupはこれらのバリューを実践し、多様性を尊重しながらグローバルな視点で事業を展開しています。

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

企業はエントリーシートから、就活生の能力や性格が自社にマッチしているかを重点的にチェックしています。

企業は就活生がどのような人物であるか、そして自社でどのように力を発揮できるかを知りたがっています。

これは、個々の能力や性格が、企業の文化や仕事にどうフィットするかを見極めるためです。

また、就活生がその企業で働くモチベーションが十分かどうかも重要なポイントです。

常に高いモチベーションで働ける社員は、より良いパフォーマンスを発揮し、企業に貢献する傾向があります。

そして、「なぜ他の企業ではなくその企業を志望したのか」という点も明確に示す必要があることを覚えておきましょう。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは結論から書き始めると説得力が増します。

以下の順番を意識すると良いでしょう。

  1. 結論を提示する
  2. 結論に至った理由を書く
  3. 理由を強調するために具体例を用いる
  4. 結論を強調する

 

この方法で書くことで、どのようなテーマに焦点を当てているかが伝わりやすく、かつ論理的な構成であるため読み手の理解が深まります。

以下の例文を参考にしてください。

結論:私が情報・通信業界を志望する理由は、AI技術の進化とその可能性に強い興味を持っているからです。

理由:特に、AIは情報・通信業界においてデータ解析、自動化、予測分析など多岐にわたる応用が可能であり、企業の競争力を高める重要な要素と考えています。

この技術は、業務の効率化や顧客体験の向上に大きく貢献するため、非常に魅力的です。

具体例:例えば、大学時代に参加した研究プロジェクトでは、AIを用いた画像認識技術の開発に携わり、医療分野での診断精度の向上に寄与しました。

具体的には、大量の医療画像データをAIで解析し、早期発見が難しい疾患の検出率を向上させるシステムを開発しました。

この経験を通じて、AIの持つ潜在能力とその実世界での応用可能性を強く実感しました。

また、インターンシップでは、AIを活用したマーケティング分析ツールの開発プロジェクトに参加し、顧客行動の予測精度を向上させるアルゴリズムの改良を行いました。

このプロジェクトを通じて、AIがビジネスの意思決定に与える影響の大きさを学びました。

結論:以上の経験から、AI技術を活用して新たな価値を創造する情報・通信業界でのキャリアに強い意欲を持っています。

この業界での挑戦を通じて、AIの進化とその可能性をさらに追求し、多くの人々に役立つソリューションを提供していきたいと考えています。

Appier Groupの価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートで大事なポイントの一つでもある「なぜこの会社を選んだのか」を明確にすると、通過率が上昇するでしょう。

Appier Groupであれば、「一貫して顧客と歩調を合わせる、顧客中心の精神」であったり、その他バリューやビジョンだったりを文章の中で取り上げるといいです。

もちろん上記のような基本理念が、必ずなければいけないわけではありません。

約10年分のセールスとマーケティングのデータを蓄積・分析してきたAppier Groupの強みと、自分のやりたいことや将来のビジョンをマッチさせた文章を作成してもいいでしょう。

大事なのは、数ある会社や代替可能業界がある中で、なぜ「Appier Group」を選ぶのかを論理的に説明することです。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートの位置づけに関しては、主に就活生の論理的思考力を試しているセクションと捉えるのが良いでしょう。

もちろん文章の内容も評価の対象になっているものの、一番注目されるのは、文章の構造や論理展開に問題がないかです。

そのため、企業に提出する前に必ず論理展開や文章構造の見直しをしておきましょう。

また、設問別に企業が見ている点は以下のように分類されます。

  1. 志望動機系(見られている点:熱意、情報収集能力)
  2. 過去の経験系(見られている点:コミュニケーション能力、リーダーシップなど一般的な資質)
  3. 未来目標系(見られている点:大局観、未来志向、社会貢献性)
  4. 価値観系(見られている点:個性的か、コンサルタント適性があるか)
  5. その他(長所・研究内容)

 

設問で見られている点を意識して、エントリーシートの対策をしましょう。

また、対策をする上で必要な情報が以下の対策記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

Appier Groupの選考においてエントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

Appier Groupのエントリーシート

志望動機

・Appier Groupを志望する理由をご記入ください。(500文字)

【記載例】

結論:私がAppier Groupを志望する理由は2つあります。

理由:Appier Groupが掲げる「AIをもっとシンプルに ソフトウェアはよりスマートに」というビジョンに共感しています。

具体例:AI技術が一般的に難解とされる中、誰もが簡単に使えるAIの普及を目指している点に、企業の先見性と社会貢献の意識を感じました。

結び:私は大学で情報工学を専攻し、AIに関する研究に取り組んでおり、この技術を通じて多くの人々の生活を豊かにしたいという思いがあります。

Appier Groupならば、その思いを実現できると確信しています。

理由:次に、Appier Groupのグローバルな視点でのイノベーション追求に魅力を感じます。

創業から10年で、アジア太平洋地域を超えて、グローバル企業として成長し続ける姿勢は、常に新しい挑戦を恐れずに進化し続ける企業文化を象徴しています。

私自身も海外留学経験を通じて、多様な文化や視点に触れる中で、新しい発想やアプローチを学びました。

具体例:大学時代、私はAIを用いたデータ分析プロジェクトに参加し、企業のマーケティング戦略の改善に貢献しました。

このプロジェクトを通じて、AI技術が企業の経営判断にどれほど有益であるかを実感しました。

Appier Groupのように、データ主導のソリューションを提供する企業であれば、私のスキルを最大限に活かせると考えています。

結び:Appier Groupのグローバルな企業文化の中で、私の国際的な経験と視野を活かし、より良い未来のためのイノベーションを実現していきたいです。

このように、Appier Groupのビジョンと企業文化に深く共感し、自身のスキルと経験を最大限に活かせると確信しています。

ポイント:

結論を明確にする

エントリーシートの冒頭に、なぜその企業を志望するのかという結論を明確に書きましょう。

これにより、読み手に最初に強い印象を与えることができます。

例えば、「私はAppier Groupに志望する理由は二つあります。」といった形で、簡潔に述べることが重要です。

 

理由を具体的に説明する

結論に続いて理由を説明しましょう。

企業のビジョンや文化に対する共感、自分の経験やスキルがどのように企業に貢献できるかを詳しく書きます。

ここでは、具体的なエピソードや実績を盛り込み、説得力を高めることが大切です。

 

具体例を挙げる

プロジェクトや留学経験など、実際に取り組んだ事例を挙げることで自分のスキルや能力を具体的に伝えることができます。

例えば、「AIを用いたデータ分析プロジェクトに参加し、企業のマーケティング戦略の改善に貢献しました。」といった実例を紹介するのです。

このように、エントリーシートを書く際は結論を明確にし、理由を具体的に説明し、具体例を挙げることで、説得力のある文章を作成できます。

 

自己PR

・自己PR(学生時代に熱中して取り組んだこと)(500字)

【記載例】

結論:私が学生時代に最も熱中して取り組んだのは、AIを活用したプロジェクトでのデータ分析とその応用です。

この経験を通じて、問題解決能力とデータ駆動の意思決定力を養いました。

理由:大学の研究室での活動を通じて、AI技術の可能性に触れ、その発展と普及に強い関心を抱きました。

特に、データ分析を通じて得られる洞察が、どれだけ企業や社会に貢献できるかを実感しました。

AIを活用することで、複雑な問題をシンプルに解決する手法に魅了されました。

具体例:私の研究テーマは、環境データを用いた予測モデルの構築でした。

具体的には、気象データと地域の環境データを組み合わせて、都市部の大気質を予測するモデルを開発しました。

このプロジェクトでは、データ収集から前処理、モデル構築、評価まで一貫して担当しました。

この経験を通じて、AIとデータ分析の力を実感し、それをより簡単に、より多くの人々に利用してもらいたいという思いが強まりました。

結び:Appierの「AIをもっとシンプルに ソフトウェアはよりスマートに」というビジョンに深く共感しています。

私の経験とスキルは、Appierが目指すデータ主導のソリューション提供に貢献できると確信しています。

未来を形にするイノベーションの一翼を担い、Appierと共に成長していきたいです。

ポイント:

結論を明確にする

最初に結論を述べることで、読み手にあなたの強みや成果が何であるかを一目で伝えることができます。

例えば、「私は○○に熱中し、その結果○○を達成しました」といった形で簡潔にまとめるといいです。

 

理由を具体的に説明する

なぜその活動に熱中したのか、その背景や動機を明確にすることであなたの情熱や価値観を伝えることができます。

「なぜその活動に取り組んだのか」「どのようなきっかけで始めたのか」といった点を具体的に述べることが大切です。

 

具体例を詳しく述べる

具体的なエピソードや成果を挙げることで、あなたの行動力や問題解決能力を具体的に示すことができます。

どのような課題に取り組み、どのようなプロセスを経て成果を上げたのか、具体的な数字や実績を交えて説明しましょう。

これらのポイントを押さえて、わかりやすく魅力的な自己PRを作成してください。

まとめ

この記事では、Appier Groupの会社概要やエントリーシートの書き方について解説しました。

Appier Groupは、人工知能(AI)を活用して企業の意思決定を支援するSaaS企業です。

2012年に設立され、AIの民主化を目指しています。

Appierのプロダクトは、企業が顧客の全体像を把握し、嗜好を理解し、行動を予測することを可能にしてくれるでしょう。

その結果、より良いビジネス成果をもたらす意思決定ができるのです。

現在、世界17拠点に展開し、1600社以上の企業がデジタルマーケティングにおけるDXを推進するためにAppier GroupのAI技術を利用しています。

Appier Groupの特徴は、「顧客第一主義」に基づく経営方針です。

ITを通じて顧客の業務効率化と企業成長を支援することに注力し、社員とパートナー企業の満足度向上を追求しています。

エントリーシートを書く際は、これらの価値観に沿った内容を心掛けることが重要です。

この記事が、Appier Groupの内定に、一歩近づくための参考になることを願っています。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!