ロッテのエントリーシートの対策法を徹底解説

ロッテのエントリーシートの対策法を徹底解説

2024/6/21更新

はじめに

この記事では、ロッテへの就職を望む方々に対し、エントリーシートの執筆に関する不安を解消するための指南を提供しています。

ロッテ特有のエントリーシートで効果的に自己アピールする方法から具体的な記述例に至るまで、明瞭かつ容易に理解できるように説明しています。

さらに、ロッテが求める人材像や選考過程での重要なポイントについても詳細にアドバイスしていますので、ロッテの内定を目指す就活生にとって貴重な情報源となるでしょう。

ぜひ、この記事を最後までご覧ください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

ロッテの概要

ロッテとは

出典元:ロッテ 本社ビル

 

まずはロッテとはどんな企業なのかを簡単に紹介します。

ロッテとは

ロッテは、1948年に在日韓国人第一世の武雄氏によって東京で設立された菓子メーカーです。

会社名は、ドイツの文豪ゲーテの作品「若きウェルテルの悩み」に出てくるヒロイン「シャルロッテ」が由来です。

世界中の人々から、永遠の恋人のように愛される企業を目指したいという創業者の願いが込められています。

企業のスローガンは「お口の恋人」です。

ロッテは板チョコやアイスクリームなどの製品を手掛け、パイの実やコアラのマーチなど、日本国内でトップクラスの生産能力を持つ菓子工場を運営しています。

また、1990年にはプロ野球チーム「千葉ロッテマリーンズ」を創設しました。

企業構造としては、日本のロッテホールディングスがグループの頂点にあり、韓国ではロッテホールディングスが約19%の株式を保有するホテルロッテが資本の中核を担っています。

 

ロッテの採用難易度

ロッテの採用倍率は公表されていませんが、リクナビでのプレエントリー数と実際の採用人数から推測すると、約3,219倍という極めて高い倍率になるでしょう。

年々採用人数が減少しているため、倍率は上昇しています。

ロッテは人気のある有名企業で採用人数も限られているため、採用の難易度は非常に高いです。

ロッテの採用大学

ロッテの採用大学の実績は以下の通りです。

大学の難易度はあまり関係なく、全国から幅広く採用しているため、いわゆる学歴フィルターはないと考えられます。

<大学院>
筑波大学、東京工業大学、早稲田大学、北里大学、津田塾大学、関西学院大学
<大学>
横浜市立大学、横浜国立大学、山口大学、桜美林大学、学習院大学、上智大学、東京農業大学、日本大学、法政大学、関西学院大学、近畿大学、同志社大学、龍谷大学

 

採用実績のある大学を見ると、大学の難易度はバラバラのため、学歴ではなく個人を重視していることが伺えます。

以下の記事に学歴フィルターに関する内容を記載しているので、ぜひ記事を参考にしてください。

ロッテが求める人材とは?

ロッテが求める人材

ロッテのポリシーは、顧客を最優先に考え、時代を超えた魅力的な商品やサービスを提供することです。

この目標を実現するためにも、ロッテは創造力、情熱、そしてビジョンを持ち続ける人材を求めています。

具体的には、自ら新しいアイデアを思いつき、それを形にできる能力、どんな困難も乗り越えようとする強い意志、そして将来の展望を見据え、必要な行動を先取りできる洞察力を持った人を求めているのです。

これらの価値観に共感し、自立精神を持って行動を起こし、チャレンジを恐れず一貫して努力を続けられる人物を望んでいます。

 

ロッテと他社との採用方向性の違いは?

ロッテの70年間はイノベーションの歴史でした。

常に新しい価値を追求し、一歩先を行く提案をすることがロッテの核です。

これを「ロッテノベーション」と称し、製品だけでなく、日本の食文化や食習慣に革新をもたらすことを目標としています。

ロッテは、企業活動の中心に「ユーザーオリエンテッド」、「オリジナリティ」、「クオリティ」という3つの精神を置き、これらを核に時代と共に成長し続けることを求めています。

他社との採用方向性の違いは、特にイノベーションをDNAとする人材を重視していることです。

具体的には、既成概念に囚われず、未来を見据え、新しいビジョンを描ける能力を持つ人材です。

これは、単に製品の開発に留まらず、社会や時代と共創し、新たな価値を創造する大きなチャレンジを楽しめる人材を表しています。

対照的に、多くの他企業はより即戦力を求める傾向があり、現在の業務スキルや経験に重点を置く場合が多いでしょう。

企業によっては特定の職種や専門性に特化した採用活動を実施する場合もありますが、ロッテは広い視野を持ち、多角的に企業全体の進化を促せる人材を求めていることが特徴です。

ロッテは総合スイーツカンパニーとしての地位を固め、将来も「お口の恋人」として親しまれ続けることを目指しています。

 

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

エントリーシートで企業がチェックしているポイント

ポイントの概要

エントリーシートの目的は、就活生のスキルと性格が企業の文化や求める役割に適合しているかを評価することです。

企業は、就活生が持つ個性や能力がどのように自社の環境内で活かされるかを理解しようとします。

就活生が示す熱意やモチベーションの度合いは、彼らが企業でどれだけ効果的に働けるかを示す重要な指標だからです。

働く意欲が高い人材は一般的に、より優れた成果を上げ、企業の発展に寄与することが期待されるでしょう。

なぜ特定の企業を選んだのかについての明確な理由も、エントリーシートでは重要視されるため、その点もはっきりさせることが大事です。

選考を通過しやすいエントリーシートの書き方

エントリーシートは結論から書き始めると説得力が増します。

以下の順番を意識すると良いでしょう。

  1. 結論を提示する
  2. 結論に至った理由を書く
  3. 理由を強調するために具体例を用いる
  4. 結論を強調する

 

この方法で書くことで、どのようなテーマに焦点を当てているかが伝わりやすく、かつ論理的な構成であるため読み手の理解が深まります。

以下の例文を参考にしてください。

結論: 私が菓子業界を志望する理由は2点あります。

理由: 1点目は、周囲を巻き込みながら問題解決できる私の強みは、菓子業界で最大限に発揮されると考えるからです。

具体例: 私はバイトリーダーとしてカフェの運営を担当しています。

この経験の中で、スタッフ間の問題共有の場を設けたり、顧客との個別対応を行うことで多くの運営上の問題を解決してきました。

結び: この強みを活かせると考え、菓子業界を志望しています。

理由: 2点目は、幅広い消費者ニーズに応じた製品開発を通じて多様なスキルを吸収し、成長したいと考えているからです。

具体例: 現代社会は健康志向の高まりやグローバルな食文化の流入により、日々変化しています。

これらの変化に適応し、新しい商品を開発し続けるためには、自身の能力を磨き続けることが重要です。

菓子業界では、消費者の多様なニーズに応える製品開発やマーケティング戦略を経験できるため、私の成長に最適な環境だと感じています。

結び: したがって、自身の成長を促す環境が整っている点から菓子業界を志望しています。

ロッテの価値観やカルチャーを文章に取り入れる

エントリーシートにおいて「なぜこの会社を選んだのか」を明確にすることは、選考を通過するための重要なポイントです。

ロッテの場合、「私たちはみなさまから愛され、信頼される、よりよい製品やサービスを提供し、世界中の人々の豊かなくらしに貢献します」という企業理念を文章に取り入れると効果的でしょう。

ロッテはこの理念の下、「最も大切な顧客は消費者」という原点を忘れず、常に奉仕の心を持って製品やサービスを提供し、人々の生活を豊かにすることを目指しています。

このような企業価値観やカルチャーに共感し、自分のキャリアビジョンとロッテの目指す方向が一致しているのを示すと、好印象です。

ロッテを選ぶ理由を説明する際には、その企業の理念と自分の価値観がどのように共鳴しているかを論理的に説明しましょう。

 

エントリーシートの位置付け、及び対策方法

エントリーシートは主に、就活生の論理的思考力を評価するための重要なセクションです。

文章の構造の整合性や、論理的な流れがどれだけ整っているかが重要視されるでしょう。

そのため、企業に提出する前には文章の構造や論理展開を慎重に見直してください。

エントリーシートの各設問では、企業が異なる側面を評価していることへの理解が重要です。

具体的には以下のように分類されます。

 

a)志望動機関連の質問では、就活生の情熱や情報収集能力を評価

b)過去の経験に関する質問では、コミュニケーション能力やリーダーシップなどの基本的なスキルを確認

c)未来の目標に関する質問では、大局的な視野や未来への志向、社会への貢献意識を重視

d)価値観に関する質問では、個性や職業適性が評価の対象

e)その他の項目では、長所や研究テーマなどが取り上げられる

 

これらの点を意識し、エントリーシートの各設問に答える際には該当する評価基準に焦点を合わせて回答を準備すると効果的です。

また、対策をする上で必要な情報が下記の記事にまとまっておりますので、そちらもご参照ください。

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

過去のエントリーシートの質問内容と記載例

ロッテの選考において、エントリーシートで問われたことがある質問と記載例を紹介します。

菓子業界のエントリーシート

志望動機

菓子業界を志望する理由をご記入ください。(400文字以下)

【記載例】

私が貴社を志望する理由は2つあります。

1つは、私の専門分野と貴社の業務内容が非常によく合っている点です。

学生時代から食品科学に関する研究に取り組んでおり、特に食品の品質向上と新しい製品開発に関する知識を深めてきました。

今後のキャリア形成では、この経験を活かし、製品開発や品質管理の分野で価値を提供できる人材になりたいと考えています。

2つ目の理由は、貴社の研修制度に魅力を感じたからです。

「一つの専門にとどまらず、多角的な視点を持つ」ことを重視する社風に共感しました。

私は過去に担当したプロジェクトで、専門外の領域の問題が原因で進行が遅れた経験があります。

現代のように変化が激しい市場環境では、問題を全体的に捉え、根本から解決策を提案できる人材が求められます。

そのためには、広範な知識が必要です。

このようなスキルを身に付け、将来的にも実践できる環境に身を置きたいと考えています。

ポイント:

志望理由に対する評価は、全体として非常にポジティブです。

例文にある2つの理由は具体的で、自分のキャリア目標と企業のニーズがどのように一致しているかを明確に説明できているでしょう。

まず、就活生は食品科学に関する専門知識と経験を持ち、これを製品開発と品質管理の業務に活かす意欲を示しています。

自分のスキルと企業の要求を理解し、具体的にどのように貢献できるかを把握していることを示しているため、評価に値します。

また、研修制度に対する熱意も評価が高いです。

就活生は、専門分野に留まらず多角的な視点を持つことの重要性を理解しており「一つの専門にとどまらず、多角的な視点を持つ」という教育方針に強く共感しています。

過去のプロジェクトでの経験から、市場の変化に応じて全体を俯瞰し、問題を解決できるスキルの重要性を認識していることは、好印象です。

自己成長への意欲を持ちつつ、それを具体的な職務経験と結び付けて語ることができているため、企業にとって価値の高い人材と評価されるでしょう。

 

自己PR

・自己PR(何かご自身でやり遂げた経験を具体的にご記入ください)(400字)

【記載例】

私の強みは、困難な課題に対しても粘り強く取り組み、最後までやり遂げる力です。

この強みを発揮した経験として、大学時代に所属していたボランティアサークルでの活動が挙げられます。

このサークルでは、地域の子どもたちに対して学習支援を行なっていました。

ある時、特定の子どもが勉強に集中できないという問題に直面しました。

この子は家庭環境が複雑で、学校でも困難を抱えていたのです。

私はこの子どもと深く関わり、信頼関係を築きながら彼の問題に向き合いました。

その結果、子どもの態度が徐々に変わり、勉強に集中できるようになりました。

この経験から、いかに困難な状況でも諦めずに取り組み、解決に導くことの重要性を学びました。

また、個々のニーズに合わせたアプローチがどれほど効果的かも理解しました。

菓子業界においても、この強みは大いに活かせると確信しています。

製品開発や品質改善の過程で遭遇する数々の課題に対して、私は同様に粘り強い姿勢で取り組むことができます。

例えば、消費者の多様な要望に応える新しいフレーバーや健康志向の商品を開発する際に、試行錯誤を重ねながら最適な解を見出すプロセスは、私のこの強みが直接的に貢献できる場面です。

最終的には、消費者に喜ばれる製品を創出し、社会に貢献していきたいと考えています。

ポイント:

就活生が述べた自身の強みとそれを具体的に活かした経験は、非常に評価が高くなるでしょう。

就活生は困難な課題に対して粘り強く取り組み、解決まで導く力を持っていることが明確に示されています。

特に、地域の子どもたちを対象としたボランティア活動で、個々の問題を理解し、それに対応する方法を見つけ出す能力は、任される業務においても非常に価値があるスキルです。

就活生は人間関係を築きながら問題解決を行う能力があり、これはチームワークや顧客との関係構築においても大いに役立つでしょう。

また、子どもとの信頼関係を築く過程で示した忍耐力と共感力は、菓子業界での製品開発や市場のニーズに応じた製品改善など、さまざまな課題に対応する上で重要な資質です。

就活生の志望動機も明確で、自己のスキルを業界のニーズに合わせて活かす意欲が伝わってきます。

これにより、就活生が持つ能力と企業の求める資質が一致していることが確認でき、非常に期待されるでしょう。

全体を通じて就活生は自己の強みを自覚し、それを効果的にアピールできています。

このアプローチは、企業文化や業務内容と良好にマッチしていると評価できるでしょう。

まとめ

本記事では、ロッテへのエントリーシート作成に関する包括的なガイドラインを説明しました。

ロッテがどのような企業であるかという概要、ロッテの採用過程で求められる人材像、具体的なエントリーシートの書き方、そして効果的な自己PRの方法に至るまで、詳細にわたって解説してきました。

ロッテは革新を重んじる企業であり、創造力、情熱、ビジョンを持つ人材を特に高く評価しています。

エントリーシートでは、これらの要素をいかにして自己の経験と結びつけて表現できるかが鍵です。

自分がロッテの理想とする人材に当てはまることを、エントリーシートで強調できるといいでしょう。

ご自身とロッテとの相性をアピールすることが重要です。

ロッテの強い企業文化と長年にわたる市場での成功を絡めるのもいいでしょう。

自己の価値と企業のニーズがどのようにマッチしているかを明確に示すことが、選考を通過するための大きなポイントです。

また、ロッテの企業理念やカルチャーに共感し、それを自身のキャリアビジョンと結びつけることができれば、選考での成功が一層確かなものになるでしょう。

採用難易度は極めて高いですが、学歴フィルターはないと考えられるため、可能性は十分にあります。

本記事が、これからエントリーシートを準備する際の有益な情報となり、ロッテの一員としてのキャリアを実現する手助けとなれば幸いです。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!