新卒で入った会社を半年だけど退職したい。退職する前に考えるべきポイントとは?

おすすめ記事

新卒で入った会社を半年だけど退職したい。退職する前に考えるべきポイントとは?

はじめに

「新卒で入った会社を半年だけど退職したい」そう考えている方やもしくは「会社に入る前だけど、何かのきっかけで半年ほどでも会社を辞められるのかな?」と疑問を抱いている大学生がこの記事にたどり着いているのではないでしょうか。確かに最近では転職の流れが来ていますが半年という期間は感覚的には短いような印象を受けるでしょう。たくさんの準備をして時間をかけてやっとのことで入った会社を半年で辞めてしまうのはもったいないと思うかもしれません。ただいやいや働いていても自分のためにはならないのも事実です。なので本記事では実際は新卒で入った会社を半年で退職してしまう人はどのような理由で辞めることが多いのか、退職するメリット、デメリット、考えておくべきことなどを紹介していきますので、参考にしてみてください。

1.新卒で入った会社を半年で辞める理由

ではまず新卒で入った会社を半年で退職する主な理由を挙げていきます。感覚としては「そのような人は少ないのかな?」と思ってしまいがちですが、結構多いです。半年ではなく入社してから1年のデータにはなるのですが、だいたい10人に1人くらいは毎年一年を待たずに退職をします。ではその人たちはどうして退職を選択するのでしょうか。理由を見ていきます。

 

1-1.理想と現実で違った

 

会社の雰囲気や仕事内容など自分が入る前に考えていた仕事のイメージや会社が就活生に見せていた側面と実際に働いてみて感じる、やっていることが違ったケースがあります。やはり人は自分の期待から大きく外れてしうとその時点でやる気を失ってしまうことが多いですし、特に就活の時に企業の人が語っていたイメージと実際が違うと幻滅してしまうことがあるでしょう。また仕事の内容も大切で、例えば自分がマーケティングの仕事をゴリゴリとやってみたかったのに実際にやっているのは事務作業みたいなことになってしまうとモチベーションが続きません。すると入社して半年であっても退職をすると言うことがあります。

 

1-2.給料が少なく、残業が多かった

 

給料が少なく、残業が多いと言うのも退職をする理由の1つとしてあります。例えば給料面で言うと自分の入社前の想定では「〜くらい毎月もらえるから〜くらいの家賃の家に住んで、これくらいの趣味に使えるお金があるな」としていても、実際に手取りでもらえる額との差があり、その差にモチベーションが続かないこともあります。また残業も同じで実際に入社してみたら定時は6時なのに業務量が非常に多く毎日2、3時間残業をする必要があって帰るのが遅くなってしまうことや先輩や同期が帰らないと自分も帰ることができないような雰囲気で必然的に仕事場にいる時間が長くなってしまうことがあります。すると本来自分が仕事の時間外でやろうと思っていて趣味や学びの時間が取れなくなってしまいそのストレスが退職しようと思うきっかけにもなり得ます。

 

1-3.自分のやりたいことではなかった

 

入社した当初はよかったものの実際に手を動かしてやっていくと本来自分がやりたかったことではなかったと言うことがわかってくるケースもあります。もちろん仕事は自分の生活するためのお金を稼ぐという意味で基本的なことにはなるのですが、そこにやりがいや、自分のやりたかったことを求めて入社していた人が「自分のやりたかったことではないな」と感じてしまうとお金云々よりも「自分はこの仕事をやっていく必要があるのか?」と言う疑念を抱いてしまい、そのまま退職をするケースがあります。新卒で会社に入って仕事を行うということは社会人経験がないので今まではその仕事がどういうものなのかということは知らず、イメージでしか仕事を選べていません。なので実際に働いてみた時に自分のイメージと現実の差に幻滅してしまうことがよくあります。

 

1-4.精神的、肉体的にキツくなってしまった

 

いざ仕事を始めてみると今までの授業の寸前に起きてそのまま授業に駆け込んだり、友達に代筆を頼んだりしていた大学生活から一変、毎日6時に起きて、1時間かけて電車に乗って、夜は次の日の為に12時には寝るというような、大学生の時とかけ離れた生活に辛くなってしまうこともあります。もしくは毎日の業務量や職場で人間関係に疲れてしまい、精神的、肉体的にガタがきてしまうと言うこともあり得ます。

 

1-5.他にやりたいこと、行きたい会社ができた

 

自分が新卒で入った会社ではできないようなやりたいことや、他に転職したいなと思うような会社ができた為に退職したいと考えることも1つの理由になります。例えばもともと自分の本当にやりたいことが見つかっていない状態で就活をして、就職したけれども色々と経験していく中で自分のやりたいことが明確になってそれをやっていきたいと思ったり、インターネットや知人の紹介で新しくいきたい会社ができると新卒で入った会社でも退職したいなと思うことになります。もちろん新卒で入った会社で自分のやりたいことややらなければいけないことができていればいいのですが、人生はいつどこで、何に出会うのか、何を感じるのかがわかりません。そのためこの理由もよくあるものと言えます。

2.新卒で入った会社を半年で辞めるメリット

では新卒で入った会社を半年で退職するメリットはどこにあるのでしょうか?具体的に紹介をしていきます。

 

2-1.精神的に良い

 

やはり「辞めたいな〜」と思いながら仕事をしていると表情に出てしまいますし、モチベーションも続かないです。なのでそれであればいっそ退職をしてしまった方が精神的にもいいことでしょう。また「辞めたい」と思って仕事をしても成長することはできませんし、何より成果が出しにくくなってしまうので会社にも迷惑です。また同期や後輩、先輩までもその空気感を察して気を使うかもしれませんしいいことはありません。そうであれば早めに辞めてしまった方が自分のためにも周りのためにもいいでしょう。これがまず新卒で入った会社で、半年であっても退職をするメリットになります。

 

2-2.時間の無駄にならない

 

上記で解説したように「辞めたいな」と思いながら仕事を続けていてもいいことはありません。しかももっとも難点は限られた自分の時間を無駄にしてしまっていることになります。なので時間の無駄だなと感じるようであればすぐに辞めて、新しいことを探した方が自分の人生にとってはいい選択になる可能性が高いです。そう言う意味でメリットが1つ挙げられます。

 

2-3.新しい環境でリフレッシュした気持ちになれる

 

会社を辞めて転職をするのか、もしくは独立をするのか、または休憩をとるのかは自分次第なところはありますが、環境が変わると自分の気持ちもスッキリします。そこで新しい人や機会との出会いがあるかもしれませんし、より成長できるかもしれません。特に環境は大切で環境が人を変えると言っても過言ではありません。また休憩をする場合であっても「本当は自分は何がしたいんだっけ」と落ち着いて考えることで新しい自分の追求ができるかもしれませんし、エネルギーをためて新しい職場で一気に活躍することができるかもしれません。なので新しい環境でリフレッシュすることができるというメリットが挙げられます。

 

2-4.給料が上がる可能性がある

 

なかなか入社して半年で退職してからでは難しいかもしれませんが、給料が上がる可能性があります。もし新卒で入った会社でも結果を残すことができていたり、たくさんの人脈が形成できていたり、特殊なスキルを身につけていたりすることで転職しやすかったり、今より給料やそのほかの条件がいいような会社に入社することができます。ただその場合は同じような業界や職種になりがちなので自分がやめる理由がその会社や風土、一緒に働く理由がある場合はいいかもしれません。

 

ここまでは新卒で入った会社でも転職した方がいいメリットを紹介してきましたがいかがでしょうか?おそらくほとんどの人が退職に関してネガティブなイメージばかりを想像していたかもしれませんが、実はそんなことなく自分にとっても会社にとってもいい判断である可能性があります。ただ一方で物事には表と裏があるようにデメリットもあるので紹介していきます。

3.新卒で入った会社を半年で辞めるデメリット

ではここからは新卒で入った会社を半年で辞めてしまうデメリットに関して解説していきたいと思います。

 

3-1.転職しにくい可能性がある

 

1つ目は転職しにくい可能性があります。というのも「しっかりとしたスキルや実績がなく評価に値しない」「半年で諦めてしまう人材だと言うイメージ」があげられます。「しっかりとしたスキルや実績がなく評価に値しない」のは半年仕事をしていただけでは、ましてや新卒であると一層、自分にスキルや実績が身についていない可能性があります。一方で企業としては中途として採用するなら即戦力を求めており、新卒としてなら逆に何も癖の付いていない真っ白な人材を欲しいと思っています。その意味でその期間で辞めてしまうと次の企業が見つかりにくいというデメリットがあります。なのでもし「転職するかもしれない」と思っていているのであれば、その会社でできることはしっかりとやっておいた方が自分の為になります。

 

3-2.給料が下がる可能性がある

 

上記でも説明しているようにスキルや実績がない状態で転職をしようと思うとなかなか難しいです。特に条件(給料やボーナス、労働時間)などで交渉しにくい立場になってしまいます。そこで起こりがちなのが新卒で入った会社よりも給料が下がってしまうことがあるということです。タイミングを間違ってしまうと自分のやりたいことではあるけれども給料が低くて生活が苦しい、もしくは自分がやりたいような仕事の求人がないと言う現実を突きつけられると言うデメリットもあります。

4.新卒で入った会社を半年で辞める前に考えるべきこと

もちろん確固たる決意や意思があればいいと思うのですが、そうでなく迷っている場合には考えて欲しいことがあります。勢いだけで退職しようと思うとあとあと後悔することもなくはありません。なのでメリットとデメリットを理解した上で下記のことを考えてみてください。

 

4-1.次の会社で何ができるのか?本当に合っているのか?

 

ある程度次にいきたい会社や職種が見つかったら自分は「そこで何ができるのか?」「それは本当に自分にあっているのか?」と問いてみてください。実際新卒で入った会社はそれができていなかったから自分の想像と現実とのギャップなどによって退職しようと思ってしまったわけで、それがしっかりと考えられていないと同じような結果になってしまうこともあり得ます。もし自分だけでは判断ができないのであれば友人や先輩などに相談してみるのもありだと思いますし、プロの転職エージェントに話をしてみるのも1つの手段です。

 

4-2.今の会社での交渉の余地がないのか?

 

もちろん自分にスキルや実績が付いていて市場での価値があるのであれば転職はしやすいのですが、なかなかそうもいきません。なので一旦転職のことから離れて、今いる自分の会社に交渉の余地がないのかを考えてみてください。会社にはたくさんの部署や職種があると思います。その中で自分がやってみたいことや、こうしたいなどを人事に相談してみると部署を異動できる可能性があったり、他の職種に変えてくれたりします。会社としてもせっかく育ててきた貴重な戦力が抜けてしまうのはそれまでにかけたコストや時間が無駄になってしまいますので交渉の余地は全然あります。

 

4-3.何が嫌で何が良かったのか?

 

新卒で入った会社が何がよくて何が嫌だったのかを明確にしておくことも次の転職先を探す上での基準を作ることができます。何も分析せずに転職をしてしまうとまた同じような結果になってしまいかねません。なので「辞めたい」と思ったことをいい経験として捉えてそこから自分が何を学んで、次にどう活かしていくかを建設的に考えることが大切になってきます。

まとめ

まずは転職する前に冷静に考えよう!

 

いかがだったでしょうか?現状、転職を考えている会社員の方やこれから就職をする大学生は「こう考えればいいのか」と言う糸口を掴むことができたでしょうか。結論を言うと確固たる意思があればすごくいい決断になると思います。一方で「どうしようかな、辛いし辞めよっか」と勢いでやめようとしているのであれば待った方がいいです。なぜ辞めたいのか、どうしていきたいのか、今の状況で改善できることはないかなどを分析して冷静に一度考えることがいいと思います。と言うのも実際問題、新卒だとなかなかスキルや経験も付いていないでしょうし、辞めてしまってから転職先を探そうと思うと苦労する人がほとんどです。ただ自分の人生なので自分が生きたいように生きるのがこれからの生き方ですし、自分の人生の幸福感に繋がりますからね。

 

上京を志す、非大卒の君へ

大学に通ったかどうか。

たったそれだけの違いで、
その後の何十年も続く社会人生活のスタートが違う。

それが現実。
この現実にめげず、挑戦しようという君を
全力でサポートし、ともに戦うために
「ジョーカツゼロ」は生まれた。

ジョーカツゼロは非大卒の第0新卒を応援するサービスです。

 

LINE登録はこちらから!

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 東京で就活する地方学生とは?メリット・デメリットなど
  • ガクチカでアルバイトの経験は書いていい?その際のテクニックは?
  • 就活の相談をするメリットとは?オススメできない相談相手も

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2020年1月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    就活ではコートの選び方に注意すべき!マナーやおすすめのブランドも紹介します

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    【自己分析】無料!ストレングスファインダーより面白い診断ツール集!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー