【就活コート】色・丈・デザイン・ブランド|着こなしのマナーとは?

【就活コート】色・丈・デザイン・ブランド|着こなしのマナーとは?

2022年3月29日更新

はじめに

昼間は暖かいとはいえ、

夜はコートが手放せない季節がやってきましたね。

 

就活生にとっては、

まさに就活本番が近づいてきました。

 

そんな中、

このような疑問を抱いた方もいるのではないでしょうか?

 

「コートの色は、やはり気にした方が良いのだろうか?」

「コートのデザインは、どんなものが良いのだろう?」

「面接時はいつコートを脱ぐ(着る)のだろうか?」

 

そこで本記事は

就活のコートの種類や面接時のマナー、おすすめのブランドまで、

丁寧に解説していきます。

 

就活で使うコートについて知りたい方は、必見です!

 

上京を志す地方学生ならジョーカツ

 

首都圏の学生ならスタキャリ

1.就活でのコートの色やデザインは?

就活では、どんな色やデザインのコートが良いのでしょうか?

 

・コートの色

・コートの素材

・コートのデザイン

・コートの丈

・コートの機能

 

この4つの観点から見ていきましょう。

 

 

1-1.就活のコートの色

 

コートの色は、スーツに合わせるのが基本。

派手な色は、就活ではやめておきましょう。

 

色でいうと、あまり華美でない落ち着いた色、

 

・ブラック

・グレー

・ブラウン

・ベージュ

 

などのを選択するのがベターです。

カジュアルすぎないフォーマルな印象の色を選ぶようにしましょう。

 

 

1-2.就活のコートの素材

 

正直、コートの素材に関してあまり決まりはありません

そのため、素材が持つ特性で判断する方がいいです。

 

例えば、

ナイロンやポリエステルであれば軽くて、防水性が高いですし、

コットンやウールであれば防寒性が高いです。

 

時期やその日の天気に合わせて、

コートを選ぶことができると良いですね。

 

 

1-3.就活のコートのデザイン

 

基本的には「トレンチコート」もしくは「ステンカラーコート」を選んでおくと就活では無難です。

 

◯トレンチコート

肩当てやベルトがついているコートのこと。

特に、就活中の女性には鉄板。色はベージュが基本ですが、ネイビーなどもあります。

比較的薄手なので冬は寒いかもしれませんが、マフラーを巻くなど工夫すると良いでしょう。

 

トレンチコート(出典:TOMORROWLAND

 

 

◯ステンカラーコート

後ろ襟が高く、前が低く折り返しているビジネス用途のコート。

特に、男性のビジネスマンがよく着ています。

 

首元までカバーしてくれるので防寒性は高いですし、

社会人になっても長く着られますので、

男性であれば一着は持っておいて損はないでしょう。

 

ステンカラーコート (出典:FARFETCH

 

 

1-4. 就活のコートの丈

 

さて、悩みがちなコートの丈についてですが、

男女ともに、スーツのジャケットよりも長ければ問題がないとされています。

 

あまりに長すぎるのも問題ですが(アパレルなど、個人のセンスが問われる業界であれば別ですが)、

上記を目安として押さえておけば大丈夫です。

 

女性の場合は膝丈ぐらい、

またはスカートよりも少し短めのショート丈などでも良いでしょう。

 

 

1-5.就活のコートの機能

 

本社が入ってるビル内に入った時。

面接室に入り、椅子に腰掛ける時。

就活ではコートをたたむシーンがたくさんあります。

 

そのため、

シワがついてしまうとシャツなどと同様、

人事に与える印象はあまり良くありません。

 

コートの中には、

あらかじめシワ防止機能があるもの、もしくはシワがつきにくいものなどがありますので、

コート選びの際の参考にすると良いでしょう。

2.就活にはNGなコート

ダウンコートやダッフルコート、

モッズコートなどはカジュアルな印象を与えてしまうので、

ビジネスシーンでは適切とはいえません。

基本的には、フードがついているものは避けた方が無難でしょう。

 

 

ダウンコート(出典:UNIQLO

 

 

ダッフルコート(出典:amazon

 

 

モッズコート(出典:WEAR

 

就活は、服装など

基本的な社会人マナーも全て見られています。

 

「ちょっとカジュアルかな?」

と感じたら、やめておいた方が良いかもしれませんね。

 

3.就活でのコートに関するマナー

それでは、

実際にコートを着用する際の、気をつけるべきマナーについて解説します。

 

・コートを脱ぐタイミング

・コートを着るタイミング

・コートのたたみ方

 

について、見ていきましょう。

 

 

3-1.コートを脱ぐタイミング

 

コートは、建物に入る前に脱ぎましょう。

そもそも、コートなどのアウターは、室内で着用するものではありませんね。

 

大きなホールなどがある複合ビルなどであれば別ですが、

エスカレーターやエレベーターの近くであったり、人の往来が結構あったりすると、ビル内での着脱は迷惑になってしまいます。

 

やはり、ちょっと寒いかもしれませんが、

コートはビルの外で脱いだ方がスマートであると言えます。

 

 

3-2.コートを着るタイミング

 

コートを着るタイミングは、脱ぐタイミングと一緒。

「ビルの外」が基本です。

 

たとえビルの1階であっても、面接関係者がいないとも限りませんので、

やはり建物の外での着脱は徹底しておきましょう。

 

 

3-3.コートのたたみ方

 

コートを脱いだら、片腕にかけて移動しますよね。

その際に、コートのたたみ方が非常に重要です。

 

実は勘違いしている方も多いのですが、

コートの裏面が外側になるように畳むのがマナーなのです。

 

難しく聞こえるかもしれませんが

コートの襟首についているタグが表面になるよう、裏返せばOK 。

 

背中側から二つ折りにしてしまうのは間違いですので、

下の図を見て、正しいたたみ方をマスターしておきましょう。

 

(出典:JOBSHIL

 

 

また、コートは畳んでカバンの上に置くことが基本です。

そのため、

カバンは自力で立つものを選択する必要があるでしょう。

 

 

関連記事

コートの持ち方,鞄の置き場所は?スマートな立ち振舞いの仕方を解説!

知らないとまずい?就活の基本的なマナーとは?

4.就活でのコート着こなし術

さあ、コートを選んだ後は着こなしに関してです。

 

・コートの丈の長さ

・ボタンの留め方

・マフラーの合わせ方

 

について、見ていきましょう。

 

当然、メンズとレディースで変わってくるので

それぞれに分けて解説していきます。

 

 

3-1.就活でのコート着こなし術 メンズ編

 

 

・ボタンの留め方

 

ボタンを留めるのは大丈夫ですが、

1番下のボタンは留めないことが一般的です。

 

 

・マフラーに関して

 

マフラーは、コートの色に合わせて選びましょう。

 

あまりに明るい色だったり、

派手に柄が入っていたりするような目立つデザインのものは、

ビジネスシーンにマッチしているとはいえませんね。

 

また、基本的にマフラーはオフィスに入る前に取り外しカバンの中に入れるので、薄手のマフラーの方が便利です。

 

関連記事

ネクタイは就活で印象を変える!知っておくべきポイントとは?

 

 

3-2.就活でのコート着こなし術 レディース編

 

 

・ボタンとベルトに関して

 

レディースの場合は、

ボタンだけではなくベルトもついている場合が多くあります。

 

基本的に、

ボタンを閉める際はベルトも閉めるようにしましょう

 

ボタンはしまっているのに、だらしなくベルトが垂れ下がっていると

だらしない印象になってしまいますし、

 

ボタンは空いているのに、ベルトだけ閉まっていると

コーディネートとしてはありなのかもしれませんが

ビジネスシーンとしては不適切です。

 

ですので、ボタン・ベルトは締めるのであれば、

両方ともきっちりと締めるようにしましょう。

 

ただし、一番下のボタンは開けるようにします。

 

また、ボタンを閉じない場合は

ベルトを背中側で蝶々結びにし、清潔感あるスタイルを心がけましょう。

後ろ姿もマナーの1つです。

 

 

・マフラーに関して

 

メンズの場合とは違って、

女性はある程度の明るさと華やかさも必要になってきます。

 

ですので、コートかマフラーのどちらかに、

顔周りが明るくなる色を持ってくるようにしましょう。

 

具体的には、

・明るい色のコート+暗い色のマフラー

・暗い色のコート+明るい色のマフラー

を意識すると、良いコーディネートになるでしょう。

 

 

4.就活のコートのおすすめ3大ブランド

ここまでどのようなコートが良いかについての解説してきましたが、

「そんな条件に合うコートは持ってない!」

という方もいるのではないでしょうか。

 

そんな皆さんのために、

就活にオススメのコートのブランドとして、

・スーツカンパニー

・スーツセレクト

・AOKI

・ユニクロ

この4つ紹介します。

 

4-1.スーツカンパニー

 

就活では定番のスーツブランド。

就活向けのシンプルなデザインのコートを、多く取り扱っています。

 

また、防水加工、防寒性など機能的な側面でも

非常に心強いブランドといえます。

 

メンズ・レディース問わずオススメのブランドです。

 

 

4-2.スーツセレクト

 

就活生にはお馴染みのスーツブランドかもしれませんね。

スーツと一緒にコートも合わせて購入してしまう、

というのも1つの手段です。

 

また、細身のデザインが多いので、

そのようなデザインを求めている方には良いでしょう。

 

 

4-3.AOKI

 

非常に有名な、紳士服ブランドですね。

少々お値段が張るのがネックですが、

「花粉症対策」や「スリム仕立て」など高い機能性は担保されています。

 

 

4-4.ユニクロ

 

こちらは、就活スーツなどは扱っていませんが、

ベーシックでスタンダードなデザイン、かつお値段も1万5,000円以内と比較的安価であるため、

就活生にのお財布事情でも手が届きやすいといえます。

 

ユニクロ トレンチコート

▲ユニクロ トレンチコート(¥12,900)

(出典:ユニクロ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬の就活で、必須アイテムであるコート。

 

色や素材、デザイン、着る際のマナー、着こなし方、オススメのブランドについてご紹介してきました。

 

【本記事のまとめ】

・色はブラックやグレー、ブラウン、ベージュが基本。デザインはトレンチコートまたはステンカラーコートが無難

・コートの着脱は、建物の外が基本。移動するときは、コートの裏地を表側にし、片腕にかける

・ボタンとベルトは、片方だけ留めるのではなく全て留め、清潔感あるコーディネートを心がけること

・オススメブランドはスーツカンパニー、スーツセレクト、AOKI

 

 

これらのポイントについて、

「知らなかった」

という方がほとんどなのではないでしょうか?

 

就活を機に、今のうちにビジネスマナーを身につけてしまうと社会人になってから非常に楽ですので、

これらのポイントは押さえておきましょう。

 

本記事が、就活のコートに関する疑問を解決できていれば幸いです。

 

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
上京就活ch編集部

上京就活ch編集部

上京就活ch編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!