フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

おすすめ記事

フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

1.フェルミ推定とは

みなさん、「フェルミ推定」を知っていますか?

 

外資コンサルティングファームの選考で課されることで有名ですよね。

 

とはいえ、

結構知らないことも多いのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、

フェルミ推定がどのようなものか説明した後、

例題の紹介や簡単なやり方・解き方を解説していきます。

 

本記事を読むことで、

フェルミ推定についての体系的な知識を取得することが可能です。

 

1-1.フェルミ推定とは

 

先ほども記述したように、

フェルミ推定は外資系コンサルティングファームの選考で課されることで有名です。

 

では、フェルミ推定とはなんなのでしょう。

 

Wikipediaによると、

「実際に調査するのが難しいようなとらえどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に論理的に推論し、短時間で概算すること」

です。

 

なんだか難しそうですね。

 

もう少し噛み砕くと、

「地球上に鉛筆が何本あるか」

という問いを、

論理的に推定してください。

 

というような感じです。

 

このように、

調べようもないお題を論理的に答えていく能力が求められます。

 

ちなみに余談ですが、

別名「フェルミの問題」とも呼ばれ、

1938年にノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミに由来しています。

というのも、フェルミ自身がこのような概算を得意としていたからです。

 

1-2.なぜフェルミ推定なのか

 

では、なぜ企業は学生に対してフェルミ推定を課すのでしょう。

 

結論、

学生の思考力や知的好奇心などを測るために用いられることが多いです。

 

特に先述したコンサルティングファーム、

あるいは一部のベンチャー企業でも出題される場合があります。

 

このような企業では、

答えの存在しない問題に対して考え抜く知的好奇心や思考体力であったり、

複雑な問題から課題を見出すために全体を俯瞰する能力などが求められます。

 

そのような能力を把握するのには、

フェルミ推定が良いだろうということです。

 

では、答えのないフェルミ推定ではどのように学生を評価しているのでしょうか?

 

結果で評価することが難しい以上、

過程で評価するほかありませんが、

基本的に以下の4点が重視して評価されます。

 

・仮説を立てる力

・問題を俯瞰して、課題を見出す力

・取り組む姿勢や思考体力

・コミュニケーション能力

 

それでは、それぞれ簡単に解説していきます。

 

・仮説を立てる力

 

フェルミ推定で重要な要素の1つが仮説です。

 

フェルミ推定では、

非常に与えられる情報量が少ない中で、

数値を計算することが求められます。

 

同様に、

ビジネスにおいても明確な課題がなく、

限定された情報の中で仮説を立てる力を求められるケースが多くみられます。

 

このように仮説を立てて仕事に取り組めるかどうか、

を評価しているともいえるでしょう。

 

・問題を俯瞰して、課題を見出す力

 

問題を俯瞰し、課題を見出す力も評価されます。

 

ある仕事を達成するために、

複数の課題の中から、

どの課題を解決すべきかを考える力が非常に大切です。

 

もちろん、

目の前にある課題を全て解決できれば、

仕事自体は上手くできるかもしれません。

 

とはいえ、実際問題として、

全ての課題を解決できる時間が与えられないことがほとんどです。

 

フェルミ推定でも同様に、

限られた時間の中で、

どの課題が重要かを判断する必要があります。

 

効率的に質の高い仕事をできるかどうかが評価されている、

ともいえるでしょう。

 

・取り組む姿勢や思考体力

 

当たり前かもしれませんが、

取り組む姿勢や思考体力といったものも評価されます。

 

フェルミ推定では、

限られた時間、

限られた情報量

の中で最適な解を導く必要があります。

 

そのような厳しい状況でも、

妥協することなくベストの解のために考え抜くことができるか、

も重要な評価ポイントとなってきます。

 

・コミュニケーション能力

 

コミュニケーション能力も重要です。

 

ただ、ここで確認しておきたいのは、

コミュニケーション能力の意味です。

 

ここでの意味合いとしては、

いわゆる大学生のイメージするような、

「コミュ力が高い」

意味合いではありません。 

 

「相手の話をきちんと理解した上で、

自分の意見を論理的に相手に伝える力」

のことを指します。

 

つまり、

上手く喋る力だけでなく、

聞く力であったり、

聞いたことを理解する力も非常に大切です。

 

そして、

そのコミュニケーション能力を使って、

面接官や他の就活生と有意義な議論ができるかを評価しています。

 

相手の話をしっかり理解した上で、

建設的な意見を述べることが重要です。

2.フェルミ推定の例題

フェルミ推定がどのようなもので、

なぜ企業が実施するのか、

について解説しました。

 

ここではもう少しイメージを広げるために、

実際に例題を紹介していきます。

 

・世界中にある全ての鉛筆の数は何本か?

 

全くイメージできませんよね。

 

例えば、

世界中の人が鉛筆を1ダースずつ持っているとしたら、、、

12×70億人で一応答えは出ます。

とはいえ、在庫もあるので不十分ですね。

 

あなたなら何本と答えますか?

 

・日本全国のコンビニ弁当の年間売上はいくらか?

 

こちらもすぐに答えるのは難しいかもしれませんが、

きちんと順を追って考えることができれば、

全くどうしようもない問題ではありません。

 

店舗数×コンビニ1店舗当たりの年間の弁当売上

を求めることができれば、

答えがわかります。

 

例えば、

自分の地元である人口20万人の市にコンビニが50店舗あったと仮定します。

ということは、

 

全国の人口:20万人 = 全国のコンビニ数:50店舗

この比で一応、全国のコンビニの数を推定できます。

 

あとは、コンビニ1店舗あたりの売り上げを計算すればいいですよね。

 

こんな感じで計算していきます。

 

ここでは具体的なイメージを掴んでもらうことができれば十分です。

3.フェルミ推定のやり方・解き方

それでは、

フェルミ推定のやり方を説明します。

 

1.問題の要点を掴む

2.公式を作る

3.公式に当てはめる数字を作る

.計算

 

ざっくり並べるとこのような手順となります。

それでは簡単に解説していきます。

 

1.問題の要点を掴む

 

問題の論点を掴まなくてはなりません。

ここでの判断がフェルミ推定では最重要といえるでしょう。

 

要点は主に、

・人口…人口あたりでいくつか推定できるもの         ex)コンビニ、スーパー

・個人…個人の属性による問題

ex)スカートの売り上げ、パソコンの売上

・世帯…世帯当たりいくつかの問題

ex)電子レンジの数、掃除機の数

・面積…面積あたりいくつあるか

ex)マンホールの数

・需要…需要と供給が釣り合っているという前提にもとに解く問題

ex)タクシー、ホテルの数

・特殊…上記以外のケース

ex)戦闘機の重量はいくらか

 

このように特殊以外のものは、

要点を掴むことで回答にグッと近づきます。

 

2.公式を作る

 

次は公式を作ります。

 

要は、

「この数字とこの数字がわかれば答えが出るよね」

という段階に持っていく作業です。

 

上の例題だと、

 

店舗数×コンビニ1店舗当たりの年間弁当売上

です。

 

3.公式に当てはめる数字を作る

 

ここも非常に重要なパートです。

 

ここの数字の正確さで答えが大きく変わってきます。

 

先ほどの掴んだ要点をもとに、

自分なりの仮説を作っていきましょう。

 

4.計算

 

計算します。 

桁数が大きな数字になるので計算ミスに注意しましょう。

 

ざっくりと抽象的にやり方を解説しました。

 

特に、

1の要点を掴むこと、

3の公式に当てはめる数字を作る

これら2つの作業は非常に難しいです。

 

難しいからこそ評価もされるので、

しっかり取り組みましょう。

まとめ

フェルミ推定を通じて論理的思考力のアップを!!

 

フェルミ推定をイメージできるようになりましたでしょうか?

 

「難しい」

「大変そう」

「めんどくさそう」

 

そのようなイメージを持った方も多いことでしょう。

 

もちろん、

企業側も無理難題であることは十分に承知しています。

 

それでも、就活生がどのようにして、

無理難題に立ち向かうかを知りたいわけです。

 

もし、フェルミ推定を課されたら、

諦めることなく自分の精一杯を出し尽くしましょう。

 

そして、何よりフェルミ推定に真剣に取り組めば得るものも多いです。

 

コンサルティングファームやベンチャー志望以外の方も、

論理的思考能力を養うチャンスだと思って、

就活の機会に取り組んでみても面白いと思います。

 

論理的思考力は、

面接ではもちろん、

社会に出てからも役に立つ機会はきっとあるはずです。

 

キャリアアドバイザーならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 新卒でベンチャー企業に入社するって実際どうなの?
  • 学歴が就活に与える影響とは
  • 新卒で入社した会社だけどもう仕事辞めたい!どうしたらいい?

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年11月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  3. 3

    ごく普通の、しがない地方大学生が、 就活でとことん学んだこと。

  4. 4

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  5. 5

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活におすすめな5つの理由

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー