就活で必ず聞かれる!志望動機どうやって書いたらいい?に答えます!

おすすめ記事

就活で必ず聞かれる!志望動機どうやって書いたらいい?に答えます!

はじめに

今就活をしている大学生、これから控えている大学生は「どうやって志望動機を書いたらいいんだ」と頭を悩ませていることでしょう。

志望動機は企業が人を採用する際に「この人を採用したら本当に会社で活躍してくれそうか?」「しっかりと企業に馴染んでくれそうか?」などを判断する材料のために、選考を進めていけばいくほど重要度は増していきます。

特に大手企業の場合などは企業理念や、やっている事業、財務など開示されている情報も多いので企業の方もそれを知っていることが前提として、就活生から提出されるESや履歴書に目を通します。

なので志望動機の欄で曖昧な回答をしたり、的外れなことを書いていると他の準備をしてきて本当に心から入社したいと思っている就活生に内定という数の限られている席を簡単に奪われてしまいます。

 

本当に入りたいと思っていることを表現するためにも、しっかりと志望動機の書き方について学んでいく必要があります。

就活の志望動機の欄は本質的にはテクニックではありませんが、土俵に立つためにはそれ相応のテクニックが必要になってきます。

 

本記事では学生の時に就活で多くの企業に志望動機を出してきて、現在は就活生の志望動機を見ている立場の筆者が効果的な志望動機の書き方について解説していきます。

 

もとより志望動機を具体的に書いていく前に、

企業が就活の際に「志望動機の欄で何を見ているのか」を知っておくことで、どう書けばいいのかのイメージが湧いてきますので理解しておきましょう。

1.企業は志望動機を通して何を知りたいのか?

1-1.就活生と会社がマッチしているかどうか

 

就活で志望動機を書こうとしている段階の就活生であれば「自分はどんな人間」で「どんなことをやりたいと思っているか」ということをする自己分析を当たり前のようにしているでしょう。その上で自分はどのような存在で何をしたいのかが明確になっていきますね。

ただそれは就活生だけではなく、企業も法人として「〜という風土」があって「こういう方向に進んで行きたい」というように、やりたいことやできることが異なってきます。

 

例えば能力はあっても「美容関係のことがやりたい」という学生が「不動産業界」で活躍できるとは限りませんし、そもそも仕事は基本的にはモチベーションを持って、続けなければ成果は出ません。そういう点で、まず企業が見ていることは学生といかにマッチしているかどうかと言えるでしょう

 

1-2.将来活躍できるかどうか

 

企業は志望動機の欄を通して「給料を払ってでも採用する価値があるかどうか」を見ています。

もちろん企業によってどのような学生を採用したいかという要件は異なるので「これがあれば絶対にいい」とは断言できませんが、綿密な準備をして企業のことを知ったり、自分のことを知ったりすることで本気度を図っています。

 

では企業が「就活生と会社がマッチしているかどうか」「将来活躍できるか」ということを理解した上で具体的にどのように就活の志望動機を書いていけば良いのでしょうか?

 

ここからは具体的に書く際のポイントをいくつか紹介し、解説していきます。

2.就活の際の志望動機での4つのポイント

就活の際に書く志望動機にはいくつかのポイントがあります。

本記事ではその中でも絶対に押さえておきたい4つのポイント「自分の仕事選びの軸」「企業の具体的な事業内容・風土」「自分と企業との接点」「その企業でないとダメな理由」を解説していきます。

 

筆者も就活の際、特に大手の場合などはHPや友人などに聞いて調べていました。準備をすることでその後の面接などでスムーズに答えられるようになるので気を抜かずにやっていきましょう。

 

では各ポイントごとに見ていきます。

 

2-1.自分の仕事選びの軸・やりたいことを伝える

 

就活の志望動機で伝えるべきことはその企業がどう自分にとって魅力的なのを伝えなければなりません。

その第一歩として書くべきことは「自分がどのような価値観を持っているのか、何をしたいのか」ということです。

自己分析をして自分が企業を選ぶときや仕事を選ぶ際に大切にしていること、譲れない価値観のことを明記しておくことで企業側も就活生の軸がわかり採用をしようと思うか、思わないかの判断をすることができます。

 

基本的に就活生のレベルではスキルの差はほとんどありません。企業はそれを前提で入社後に育てていこうと採用をします。

長く働いてくれるかどうかはその人がやりたいこと、価値観などが会社とあっているかによって決まってくるので将来活躍できるかを判断する上で大切なポイントとなります。

 

2-2.企業の具体的な事業内容・風土

 

冒頭でも伝えた通り、就活の志望動機の中には企業が具体的どのような事業を行っていて、どんな人たちが働いているのかという風土を理解して応募しているという意欲を盛り込む必要があります。

 

これは就活生が事前にしっかりと自分で情報を掴んで、編集加工することができるのか、数字、文字、人から聞いた情報を自分なりに解釈できる人物であるのかという判断を下すための観点も含まれています。

 

2-3.自分と企業との接点

 

上記で得た「自分の仕事選びの軸・やりたいこと」と「企業の具体的な事業内容・風土」がどう接点を持っているのかを伝えます。

 

簡単な例をあげると

「自分の仕事選びの軸」が人と関わって笑顔にできることで

「企業の主な事業内容」がエンターテイメントだとすると、

自分がその会社に入りたい正当な理由になります。

 

これがないと企業側は長く働いてくれるイメージをも持ちにくく、採用からは遠ざかってしまいますね。

 

2-4.その企業でないと絶対にダメな理由

 

最後になぜその企業でなければいけないのかという理由を伝えることが大切です。

日本や世界にはたくさんの同じような事業を行っている、風土の企業がたくさんあります。その中から自分が「あなたの会社でなければいけない」という明確な理由を盛り込んでおくことで就活の際の志望動機が他にはないオンリーワンになります。

3.志望動機を効果的に伝えるための技術を紹介!

企業の人事の人は毎日何百、何千の就活生の志望動機に目を通しており、目が肥えています。なのでどんなに熱い思いがあって、入りたいと思っていて、情報を持っていても伝わらなければ、読んでももらえません。

 

就活の際の志望動機の書き方には一般的な型があります。それを知っておいて書くのと、知らないので書くのでは圧倒的な差が出てくるのはいうまでもありませんね。

 

なのでここからは具体的な技術を紹介していきます。

 

基本的には「現在」「過去」「未来」を意識して書くことで綺麗な論理的な文章を作ることができます。

 

3-1.「現在」で結論をわかりやすく伝える

 

まず志望動機の欄には「あなたが企業のどこに魅力を感じていて、なぜ入社したいのか」を簡潔に伝えましょう。

 

短ければ短いほどいいです。

というのも何を書くにも、話すときにも一緒ですが聞き手が先に「これから何について書いているのか、話すのか」を知っていることで聞く姿勢ができ、話が入って来やすくなるからです。

 

なのでどうしてもたくさん入社したいと思うポイントを盛り込もうという気持ちはわかりますが、グッと堪えてまとめたり、削ったり、優先順位をつけたりして、短く端的に思いを伝えてみましょう。

 

3-2.「過去」を使ってリアリティーを出す

 

次になぜその企業に入りたいと思っているのかという具体的な理由や根拠を自分の経験をベースに書き出していきましょう。

 

その際には前のステップで考えた「自分と企業との接点」を参考に具体的に文字に落とし込んでいくと根拠となって、説得力が増します。

 

3-3.「未来」を見せて採用させたいと思わせる

 

最後に自分が入社した際にはどう活躍できて、どんな成果を残すことができるのかを伝えて来ましょう。

やはり先ほども述べたように採用活動とは企業にとっては成長のための一つの戦略になります。

そこでしっかりとあなたのやる気や本気度を伝えることで人事に「企業の成長のためにこの人を絶対に採用したい」と思わせましょう。

4.大手企業から10個以上内定をもらった先輩からのアドバイス

筆者の友人の中に誰もが聞いたことのある大手企業から内定を10個以上もらった方がいたので就活の志望動機の書き方のコツを教えてもらいました。

 

その友人曰く3つのポイントがあるそうなのでご紹介します。

 

4-1.嘘は書かない

 

紙だけの志望動機ならいいのですがしっかりとした企業になればなるほど、受けている就活生が多ければ多いほど、面接は必ずあります。

大抵の場合面接は紙に書かれている志望動機をベースに面接があり、深掘りをされます。自分よりも年齢が上の大人、ましてや何千人と就活生を見てきている人事には上っ面の言葉で、嘘を書いていると必ずバレます。

なので事実ベースで嘘のないように書いていきましょう。後々自分を苦しめるのは嘘を書いてしまった自分なので。

 

4-2.様々なパターンで試しに出してみる

 

本命の企業に出す前にいくつかのパターンで他の企業にも出すことをしておきましょう。

すると選考を通りやすい志望動機とそうでないものがある程度別れてくるはずです。それを元にしっかりと修正をしたり、他の人にアドバイスを求めることで説得力のある、強い志望動機になっていくはずです。

 

4-3.自分の価値観や経験で根拠を持たせる

 

自分の独自の価値観や経験を根拠として示しておくと、他の就活生と差別化をはかることができますし、何よりも人事に「こいつは本気なんだな」と感じさせることができます。

何度も書いている通り、就活は「自分」と「企業」の接点がいかに作れるかが大切になってきます。なのでしっかりと自己分析をしてその内容を盛り込んでいきましょう。

まとめ

就活の志望動機はしっかりとポイントを押さえて書こう!

 

いかがだったでしょうか?

「具体的にどうやって志望動機を書いたらいいのか」と頭を悩ませていた就活生はイメージが少しでも湧いて来たのではないでしょうか。

特に大きな企業やたくさんの就活生が入りたいと思うような企業はたくさんの優秀な学生がエントリーします。

その中でしっかりと自分の本気度を示し、自分がその企業でなければならない理由を示すことで、そのほかの大学生と一線を画すことができます。

 

就活はテクニックが先行してはいけませんが、自分のことを効果的に伝え、他の就活生の志望動機の中に埋もれないためには上記で解説したようなテクニックが非常に大切になって来ます。

 

ES対策・自己分析ならジョーカツ へ!

 

様々な業界に精通している専任のキャリアアドバイザーが

あなたの悩み・自己分析・面接対策をとことんサポートします!

実際の面接よりも深掘りできちゃうかも… !?

都内5箇所に完備された完全無料のシェアハウスと交通費支給15,000円で

費用の面も心配なし!

 

LINE登録はこちらから

 

  • twitter ツイートする
  • line Lineで送る
  • 就活面接の逆質問への対策と考え方を解説!
  • 新卒でフリーランスになるのは無謀なのか?メリットとデメリットを比較!
  • フェルミ推定とは?解き方のコツや例題を紹介!

RANKING 人気記事

  1. 1

    【2019年10月最新版】東京にある就活シェアハウスをまとめて徹底比較!

  2. 2

    困った時の救世主!? Airbnbが東京での就活動おすすめな5つの理由

  3. 3

    東京・神田・秋葉原周辺でシャワー利用可能な場所4選

  4. 4

    夜行バス後の朝に利用したい!バスターミナル周辺のシャワー施設・仮眠スペースまとめ!

  5. 5

    スーツケースを持って就活ってアリ?ナシ?東京で就活時に知っておきたい荷物の預け先!

ジョーカツをフォローして
新着記事を受け取ろう!

LINEでエントリー