【企業研究】スミセイ情報システムの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

【企業研究】スミセイ情報システムの就職難易度・採用大学・選考対策を徹底解説

2024年2月27日更新

はじめに

スミセイ情報システム株式会社は、大阪府大阪市に本社を置き、住友生命保険の子会社で情報システム業界に属します。

本社は大阪府大阪市淀川区と東京都新宿区にあり、営業所は江東区深川に清澄営業所があります。

住友生命グループのITUNES戦略を実現することを目的に、情報システムの企画や開発を支援しています。

 

この記事では、スミセイ情報システム株式会社の分析を行い、基礎知識や社風、選考対策などを解説していきます。

IT関連の業界に関心が深く、スミセイ情報システムに就職しようと考えている就活生は、以下のような疑問や悩みをお持ちでしょう。

  • スミセイ情報システムの仕事内容が気になる
  • スミセイ情報システムの就職難易度を知りたい
  • スミセイ情報システムの選考対策として何をすれば良いかわからない

 

情報システム以外の業界については、以下の記事で概観しているので、ぜひご覧ください。

【業界研究ガイド】業界一覧

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

この記事の結論

結論をいえば、スミセイ情報システムの就職難易度は、IT業界の中では高めです。

選考方法にはエントリーシートがなく、会社説明会に参加し、グループ討議や座談会を経て面接で最終決定がされます。

このため、能力よりも人物像や仕事に対する熱意を重視していることがわかります。

採用大学の偏差値帯が広いため、企業研究をきちんとしてから選考に臨むと内定が取れるでしょう。

 

入社へのスタートラインは会社説明会に参加し、職場の雰囲気や仕事内容などを知ることから始まります。

また、面接に進むためには適性検査やグループ討議、座談会もあるため、初対面の人と話し合い、課題に対する答えを導き出すことが必要です。

募集されている職種はシステムエンジニアで、システム導入に関するすべての業務を担当します。

お客様や取引先の企業から信頼されるよう目標を決め、仕事に対する熱意を持って取り組むことが必要です。

この記事では会社の概要や就活に参考になる情報を紹介しますので、最後まで読んでから対策しましょう。

スミセイ情報システムの概要

スミセイ情報システム

出典元

スミセイ情報システム株式会社

会社概要

スミセイ情報システム株式会社は、システムの開発や運用管理、コンサルティングを中心に、ネットワークの設計や運用などを手がける企業です。

情報サービス事業を通じて新たな価値を創り出し、社会の発展に貢献することを理念として定めています。

スミセイ情報システムは、生命保険業務管理システムの「ゆうゆう生保」や融資管理システム「ゆうゆう融資」などの設計や開発を担っています。

1971年5月に設立されてから1973年にソフトウェアの開発、1979年に事務機器などの販売を開始し、2022年にはDXプラットフォームの「insNext」をリリースしました。

 

目的や用途に合わせて以下のシステムを開発し、業務を効率化できるように支援しています。

・ワークフローの「「皆伝!」シリーズ」

・人事の「総合HCMソリューション」

・ERPの「ERPソリューション」

・CRMの「CRMソリューション」

・システム基盤の「インフラソリューション」

 

スミセイ情報システム株式会社は、住友生命グループで培った保険金融の専門スキルを活かし、顧客主義で新たな事業に挑戦し社会に貢献しています。

また、IT環境の変化や働き方改革などで起きる課題やITのニーズに対応し、お客様に寄り添えるパートナー企業として挑戦しています。

スミセイ情報システムはIT業界にも属しています。

ライバル企業である第一生命情報システムとほぼ同じ売上高のため、同じ立ち位置といえるでしょう。

 

参照ページ

当社の取り組み スミセイ情報システム株式会社

iroots search(スミセイ情報システム) 

各事業所別の売上規模

スミセイ情報システム株式会社の2022年度の総売上高は340億0279万円で、純利益は41億7664万円でした。

売上はシステム開発、運用管理、SI事業、ERP事業、ネットワークの設計や運用、アウトソーシング、セキュリティサービスで構成されています。

それぞれの項目別の詳細は公表されていませんが、2022年3月期決算公告では346億6122万円で、純利益が55億6121万円のため前年比は6億6千万円の減少でした。

 

参照ページ

スミセイ情報システム 2023年3月期決算公告

各事業セグメントの解説

スミセイ情報システムの主な事業セグメントは以下の通りです。

 

事業部門製品
生命保険生命保険業務管理「ゆうゆう生保シリーズ」
融資融資管理「ゆうゆう融資シリーズ」

企業融資管理「ゆうゆう融資(企業向け)」

個人融資管理「ゆうゆう融資(個人向け)」

社内融資管理「ゆうゆう融資 社内融資」

資産運用資産運用管理「SLC-XNET支援サービス」
ワークフローワークフローシステム「皆伝!シリーズ」

経費や旅費の精算「皆伝!ワークフロー」

勤務管理「皆伝!勤務管理」

マイナンバー管理「皆伝!マイナンバー」

人事総合HCMソリューション

「POSITIVE」

「STAFFBRAIN」(中堅企業向け)

ERP・CRMERPソリューション

CRMソリューション「ALIVIO-CRM」

クラウド型CRMソリューション「SAP Customer Experience」

システム基盤インフラソリューション

 

スミセイ情報システムは生命保険だけでなく、企業のお金や人材をサポートするシステムを幅広く開発しています。

また、時代の流れの変化に合わせたシステムを開発し、業務を効率化できるようにサポートしています。

融資管理システムは企業や個人、社内にも対応し、導入からビジネスの立ち上げ、運用支援までサポートします。

 

資産運用は金融庁のシステム監査基準に準じ、新規構築やクラウド、アウトソーシングを支援します。

間接業務の無駄を省き、法律で定められた内容に従ったワークフローです。

業務改善コンサルティングで最適なシステムを構築し、人事における幅広い業務をサポートしています。

インフラソリューションはお客様の要望に合わせ、IT基盤の構築から運用、保守、セキュリティ、業務系システム基盤のコンサルティングを行います。

以上のように、企業にかかわる業務をサポートし、時代の変化に対応できるよう挑戦しています。

 

参照ページ

スミセイ情報システム株式会社 ソリューション・製品

【スミセイ情報システム】で働いている社員は?

平均勤続年数は?

スミセイ情報システム株式会社の社員の平均勤続年数は、約17. 9年です。

社員の平均年齢は41.7歳で業界トップクラスです。

スキルアップすると給料が上がり、社員研修などサポートが充実しているため離職者は少ないでしょう。

 

平均年収は?

スミセイ情報システム株式会社の平均年収は、openworkに登録している正社員51人の回答によると567万円です。

ただし、年収の範囲は302万円〜1080万円なので、エンジニアやSEの平均年収(547万円)より高くなります。

初任給は、2025年の募集要項では大卒で22万5,000円、大学院卒で23万5,000円であるため平均的です。

しかし、入社後の努力次第で上がるでしょう。

 

平均残業時間は?

スミセイ情報システム株式会社の平均残業時間は、一ヶ月あたり16.7時間です。

不要な残業をせずにプライベートを充実させるように考慮されています。

しかし、近年では業務が増えているため長くなっています。

基本的に休日出勤がなく計画的に働きやすく、IT業界の平均残業時間は23.2時間と比べると短めです。

 

平均ボーナス額は?

スミセイ情報システムの平均ボーナス額は、ホームページに記載がないため不明です。

しかし、スミセイ情報システムの賞与に関する情報は、募集要項に毎年6月と12月にあることが記載されています。

インターネット上の情報からでは分かりませんが、新人の頃は平均より安く、努力次第で上がると考えられるでしょう。

 

どんな文化なの?

スミセイ情報システム株式会社は社員の成長や活躍の支援を強化し、教育研修や自己研鑽支援などをサポートします。

業界トップクラスの若手研修をしてIT技術に興味を持たせ、業務に必要な資格を取るために必要な費用を支給するなど、人材育成に取り組んでいます。

 

また、上司と面談して目標を決めて達成できるようにすることを習慣づけ、評価されて成長すると給料がアップします。

自分らしいワークスタイルを決め、性別や年齢に関係なく束縛されずに仕事しやすい環境を作っています。

市場価値が高いSEになるチャンスとチャレンジの場を提供し、住宅手当や退職金制度など、福利厚生が充実しているためやりがいを感じるでしょう。

 

参照ページ

リクナビ2024 スミセイ情報システム株式会社

スミセイ情報システム株式会社 採用FAQ

スミセイ情報システム株式会社 募集要項

キャリタス就活 スミセイ情報システム株式会社

就職偏差値・難易度および業界での立ち位置

競争が激しいIT業界の中での、スミセイ情報システムの立ち位置をご紹介します。

売上高を競合他社と比較すると、スミセイ情報システムは平均より下です。

逆に、平均年収は競合他社より多くなります。

なぜなら勤続年数が長くスキルに応じて収入が増えているからです。

 

理由として、以下の要因があると考えられます。

  1. 業務を幅広く手掛けていること:システム導入に関する提案やコンサルティングだけでなく、設計、開発、保守、運用管理まで対応するためコストがかかり売上高に響いています。
  2. 働く環境が良いこと:教育研修や自己研鑽支援を通して社員をサポートし、やりがいを感じる雰囲気を作ることで平均勤続年数が長くスキルに応じて年収も上がっています。
  3. まだまだ成長中の企業であること:企業の成長のために多くの業務を手掛けているため、投資金額が多くなり売上よりも社員の育成に力を入れていることが分かります。

 

以上の要素により、スミセイ情報システムは社員のスキルを上げやすい雰囲気を作っています。

売上高は平均より低めですが、年収は高めで社員を大切にしていることが分かります。

参考までに競合3社の情報もまとめてみたので、ご紹介します。

 

会社名売上高(2022年)平均年収就職偏差値・難易度社風
スミセイ情報システム340億0279万円567万円52女性の割合が多く働きやすい
T&D情報システム486万円486万円51保守的な組織体制
第一生命情報システム302億円506万円55オープン&フラット
三菱総研DCS695億円704万円59保守的

【スミセイ情報システム】の新卒募集要項

以下に、スミセイ情報システム株式会社の新卒募集要項を表にしました。

 

各項目詳細
職種総合職(システムエンジニア)
給与(2025年4月入社 初任給実績) 大学卒:225,000円 -院了:235,000円 

備考:通勤手当、時間外手当、在宅手当、住宅手当、役職手当ほか

賞与年2回(6月、12月)
研修制度教育研修(共通教育、学びの場など)、ハッカソン・技術サークル、自己研鑽支援(チャレンジ奨励制度)、キャリア形成サポート(キャリア相談・各種ワークショップ)、ワークライフバランス推進ほか
福利厚生同好会、全国各地厚生施設、総合リゾートクラブ、リロクラブ、子育て支援策、慶弔金制度、退職金制度、財形貯蓄制度ほか

 

給与は通勤手当や在宅手当、役職手当などもあり、賞与は年に2回あるためモチベーションが上がる仕事です。

ちなみに初任給は大卒で22万5,000円、大学院修了で23万5,000円となります。

賞与は、モデル年収を参考にすると2回分で30万円〜45万円になると考えられるでしょう。

 

研修制度が充実しており、キャリア形成をサポートしてくれるため、仕事を通してステップアップが期待できます。

福利厚生は住友生命グループのため充実しています。

子育てや慶弔金など、仕事以外のサポートがあるため安心です。

システムエンジニアとしてスキルアップし、新しいことにチャレンジしたい人に向いている企業だといえるでしょう。

 

モデル年収は1年目が317〜336万円ですが、30代で600〜800万円、40代で700万円〜です。

勤続年数が長くなれば上がるでしょう。

社員の成長や活躍の支援に力を入れ、女性が育児をしながらでも働けるようにサポートしています。

求める人材

スーツ姿の男性

スミセイ情報システム株式会社が求める人材は、ホームページで以下のように定めています。

・「一流のICTプロフェッショナルとして活躍したい」という強い意志を持った方

このため、以下の3つの項目に当てはまるか確かめて応募するようにしましょう。

 

1.向上心がある

応募する時点での知識やスキルを問わないため、入社してから研修や職務経験を通してスキルアップしたいと考えている人に向いています。

 

2.応募するための条件を満たしている

大学や大学院の2025年卒業見込みの方や、卒業後3年以内の方に限定されます。

 

3.システムエンジニアとして新しいことに挑戦したい人

システムエンジニア職のみ募集し、スキルアップしたあとは営業部門や一般管理部門に異動することもあるため、新しいことに挑戦したい方に向いています。

 

以上のように、スミセイ情報システム株式会社は研修を通してスキルアップできる企業です。

入社時に知識やスキルがなくても、一流のシステムエンジニアになるようサポートしてくれるでしょう。

選考は会社説明会や適性検査、グループ討議、座談会があり、個人面接、役職者面接へと進んでいきます。

目標を決めて向上心があることをアピールしましょう。

IT業界に属する他社と異なる採用フローは、エントリーシートがなく、会社説明会から始まるところです。

 

仕事内容や会社の特徴などを説明し、面接を通して候補者を絞り込みます。

システムエンジニアは需要が高くなることが予想されるため、志望動機や目標を定めて貢献できることをアピールしましょう。

そうすれば採用される可能性が高まります。

新卒採用のフォロー

スミセイ情報システムの新卒採用は、以下のように一次選考から四次選考まであります。

採用活動はエントリーシートがないため、会社説明会に参加し、面接で適性があるか確認されます。

スミセイ情報システムの仕事内容がマッチするかどうか、会社説明会でご自身でも判断しておきましょう。

選考方法は書類ではなく面接が重視されます。

そのため、入社後の目標や仕事に対する熱意を伝えられるように対策を講じてください。

 

スミセイ情報システムの経営理念には、「三者繁栄の理念に基づいて情報サービスを通して新たな価値を創り出し社会の発展に貢献する」とあります。

このため、関係する企業や人とつながり合うことにやりがいを感じる人物が求められるでしょう。

 

①一次選考 会社説明会Ⅰ、適性検査

スミセイ情報システムに応募するためには、会社説明会に参加し、採用担当から会社の特徴や仕事内容などを聞くことです。

会社の特徴を詳しく知ってから適性があるか判断できるのがメリットです。

適性検査は会社説明会の後になるため、参加する前に会社の特徴や仕事内容などを確かめ、どのような人物が求められるか把握し臨みましょう。 

 

②二次選考 会社説明会Ⅱ、グループ討議、座談会

二次選考は、採用担当者が業務内容に適性があると判断した方に、会社説明会で前回より詳しく説明し、その後グループ討議や座談会が行われます。

グループ討議や座談会ではコミュニケーション能力が確認されるでしょう。

 

スミセイ情報システムの理念に基づいて、関連する企業や社会に貢献できるか評価される場です。

初めて顔を合わせる人と話せなければ、スミセイ情報システムの業務ができないため、人見知りだと自覚している方は改善の努力をしましょう。

共同作業が向いているか確認されるため、グループ討議や座談会で同じ目標に向かって話し合い、最適な方法を導き出すことが大切です。

 

③三次選考 個人面接

三次選考では、採用担当の社員が二次選考を通過した方に対して1対1の形式で行われます。

自己紹介や仕事に対する熱意を聞かれるでしょう。

面接はオンラインで和やかな雰囲気の中で実施されます。

会社説明会で顔を合わせた社員(マネージャー職)が担当する場合もあります。

 

質問される内容は、IT業界に興味を持った理由や、学生時代に頑張ったことなどです。

過去の経験をIT業界でどのように活用するか話せるようにしておきましょう。

採用後に成長できる人材か確かめられるため、最初に目標を決めておき、入社後のビジョンをイメージしてから熱意をアピールしてください。

 

④四次選考 役職者面接

四次選考は大阪本社での役職者面接になります。

就活生に対し、勤続年数が長いベテランの社員2名が担当するでしょう。

第一印象や話し方などで会社に合っているか判断されます。

 

個人面接で質問された内容について、追加で様々なことが聞かれるでしょう。

内定が出たら必ず入社するかも確認されるほか、就職活動の状況も聞かれる可能性があります。

他社を同時に受けて選考待ちの場合でも入社したい気持ちをアピールし、ライバルの就活生と差をつけましょう。

採用大学

真剣な表情の就活生 女性

スミセイ情報システムの採用大学を一部抜粋しました。

最難関大学から標準的なレベルの大学まで幅広く、学歴フィルターはないと考えられます。

<大学>

青山学院大学、大阪市立大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、金沢大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、京都女子大学、京都大学、法政大学、北海道大学、明治学院大学、明治大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

 

以上のように、全国各地の大学から採用されており、1位は同志社大学、2位は関西大学です。

しかし、スミセイ情報システムは新しいことに挑戦する企業のため、学歴はさほど気にしなくていいでしょう。

学歴に関わらず、応募書類や面接を通してアピールすると採用される可能性があります。

エントリーシートがなく、合同説明会に参加してから数回の面接で決めるため、学んできたことより入社してからの目標を明確にしてやる気をアピールしてください。

就職偏差値・難易度

ここまでの内容を踏まえて、スミセイ情報システムの就職偏差値・難易度を見ていきましょう。

結論としては、偏差値・難易度は非常に高いといえます。

 

理由として以下の3点が挙げられます。

・採用倍率が具体的に公表されていないため対策をしにくい

・学歴フィルターがないため応募者が集まり競争率が高くなる

・エントリーシートがないため会社説明会と面接で決められる

 

会社説明会に参加してから適性があるか確かめましょう。

適性があると判断したら、入社してからの目標を決めて採用担当者にアピールしましょう。

スミセイ情報システムに関する情報は少ないため、具体的な就職偏差値や難易度が不明ですが、協調性やコミュニケーション力を求めているといえます。

内定を獲得するためには資格や能力ではなく、仕事に対する熱意や将来性が求められます。

就職偏差値・難易度については以下の記事も参考にしてみてください。

 

参照ページ

【24卒・25卒最新版】文系・理系・公務員別就職偏差値・難易度ランキング

就活の教科書 スミセイ情報システム

就活会議 スミセイ情報システム

まとめ

スミセイ情報システムはIT業界に属しますが、システムエンジニアとして開発や運用管理、コンサルティング、ネットワークの設計や運用なども行います。

このため、スミセイ情報システムで働くためには仕事に対するやる気や熱意、向上心が求められ、エントリーシートがなく、面接を重視していることが特徴です。

 

学歴や入社時の資格や経験などを重視する企業ではありません。

そのため、本気でシステムエンジニアとして貢献したいと考えて選考に臨めば、採用される可能性があるでしょう。

スミセイ情報システムを受けるなら、まずは会社説明会に参加し、面接対策をしっかり行って選考に臨みましょう。

 

競争が激しいIT業界の中で、スミセイ情報システムの立ち位置はどうかというと、売上高を競合他社と比較すると平均より下です。

平均年収は競合他社より多いですが、それは勤続年数が長く、スキルに応じて収入が増えているからです。

理由として以下の要因が考えられます。

  1. 業務を幅広く手掛けていること:システム導入に関する提案やコンサルティングだけでなく、設計、開発、保守、運用管理まで対応するためコストがかかり売上高に響いています。
  2. 働く環境が良いこと:教育研修や自己研鑽支援を通して社員をサポートし、やりがいを感じる雰囲気を作ることで平均勤続年数が長くスキルに応じて年収も上がっています。
  3. まだまだ成長中の企業であること:企業の成長のために多くの業務を手掛けているため、投資金額が多くなり売上よりも社員の育成に力を入れていることが分かります。

 

スミセイ情報システムは社員のスキルを上げやすい雰囲気を作っています。

売上高は平均より低めですが、年収は高めで、社員を大切にしていることが分かります。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

  • line シェアする
  • twitter ツイートする
就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部

就活ハンドブック編集部です!  就職活動に関しての情報や地方からの上京就活生の役に立てるようなコンテンツを沢山配信していきます!