就活でアピールできる!おすすめ特技一覧はこちら

就活でアピールできる!おすすめ特技一覧はこちら

2024年1月27日更新

はじめに

就活では自分をアピールするために、特技があるのがベストです。

特技と言われてもどんなことを言えばいいのかわからない就活生に向けて、こちらの記事でおすすめの特技一覧をご紹介します。

エントリーシートや面接でもアピールできる特技をいくつかご紹介しますので、自分にあった特技を見つけましょう。

これから特技を身につけたいと思っている方、就活に有利になる特技が知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

就活における特技の重要性

就活 特技

就活において特技は非常に重要です。

特技を持っておくと有利に働くことが多く、特技の有無で最終選考を通過できるかが左右されることがあります。

就活において何もできないよりも何かできて、特技を持っている方が圧倒的に有利です。

まずは特技の重要性をチェックしておきましょう。

特技の重要性は大きく分けて3つあります。

自己アピールに繫がる

特技は自己アピールに繋がります。

どのような人間なのかを判断する重要な材料となり、特技を持っている人を優先して採用するケースも少なくありません。

特技がある人とない人であれば、ある人の方がアピール力は高いでしょう。

特技から人柄が判断されることは多く、最終選考で”特技の内容が魅力的だったから、他の選考者ではなくあなたを選んだと言われることもあります。

最終選考で他の参加者と悩まれた時に、いかに自分自身の印象を残しておけるかは、特技にかかっているといってもいいでしょう。

特技を作る際には、自己アピールとして使える特技を選んでください。

話題になる

特技は面接の際に話題にされることが多いトピックです。

特技から話が広がることも多く、面接官とのコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

会社に対してどのように貢献できるか、PRポイントを作りやすくなるのも特徴です。

面接前に雑談を通じて特技を聞かれることもあり、そこでコミュニケーション能力が図られています。

アイスブレイクとして特技を聞く企業もあります。

面接に気楽に臨めるよう配慮するために、あえて就活生の特技の話をするのです。

特技の話題で困らないように、複数言えるようにしておくと安心でしょう。

特技がないなら作れば良い

特技が現在ないとしても、諦めることはありません。

今は特技がなくても、これから作れば問題ないのです。

特技は簡単に作れます。

また、自分で気がついていないだけで、すでに特技を持っているケースもあるでしょう。

自分に向いている特技を見つけて、就活前に特技を作ってください。

特技は経験年数で図れるものではありません。

もちろん経験年数が物を言う特技もありますが、アピールの仕方を少し変えれば、経験年数が長い人より強烈な特技をアピールできます。

特技をこれから作る方は、まずはどんな特技が就活において有利かぜひチェックしてください。

その上で、自分に向いていそうな特技を選びましょう。

特技を作るときのポイント

特技をこれから作る方に向けて、ここからは特技を作る時のポイントを解説します。

何でも特技になるわけではありませんが、下記のことに注意しながら特技を作ることができます。

ある程度のレベルに達しておく

特技と言っても、素人に毛が生えた程度の技術や知識しか持ち合わせていない場合、心証が悪くなる可能性があります。

ある程度の知識や技術、経験を持っていることを特技にしておくと、面接で話題になっても安心です。

必ずしもプロフェッショナルなレベルである必要はありません。

ある程度のレベルに達していれば、特技と言っても差し支えないでしょう。

これから特技を作る方は、定期的にその特技に向き合える時間を作れるかどうか、勉強できる時間を設けられるかどうかで特技にできるか判断してください。

特技によっては経験年数がどんなにあっても、実力が伴っていないと何の役にも立たないものがあります。

特定の言語が特技の場合、面接官に得意な方がいればその場で実際にやり取りするよう指示される可能性もあります。

そのため、実践できるようにある程度のレベルに達していなければなりません。

言語に限らず、その場で実証できる特技の場合、その場でやって見せる必要があるかもしれないことを考慮しておきましょう。

資格など分かりやすい形で取得する

資格取得などのように、目に見えてわかりやすい形で特技を作るのもおすすめです。

〇〇の資格を持っていますと話題にするだけでも話が盛り上がる可能性があります。

資格取得を趣味にしている方も多く、資格取得そのものを特技としてアピールするのも一つです。

ただし、〇級などある程度ランクのある資格の場合は、最低限特技として誇れる程度のランクを持っている必要があるでしょう。

一定のランクに達していない資格は、特技としてみなされないどころか、その程度の内容を特技として提示することしかできない人だと勘違いされてしまいます。

せっかくの特技をマイナス要素にみられないためにも、資格でアピールする際にはランクに気を付けてください。

自分が取得している資格の平均は、どの級からなのか確認しておきましょう。

英語関係の資格でも、企業によって優先順位が異なる場合があります。

英語検定、TOEICなど様々な英語関係の資格がありますが、受ける企業はどの資格のどのくらいのレベルを優先しているか調べておきましょう。

英語関係のみならず、IT関係の資格など、面接でアピールできる資格の種類は豊富です。

余裕があれば、関連する資格をできるだけ多く取得し、アピールポイントを増やしましょう。

希望職種に合わせた特技取得がおすすめ

これから特技を取得する方は、希望職種に合わせた特技を取得するのがおすすめです。

海外の取引先とのコミュニケーションを行う機会が多い職場なら、英語などの外国語を特技にしている就活生は採用されやすくなります。

また、経理など数字を扱う部署を志望しているなら、簿記をはじめとした数字関係のスキルを証明できる資格があると有利でしょう。

事務系の職種を志望しているなら、PC関係の特技を持っていると有利です。

自動車運転免許の資格が必須の会社もあります。

企業や希望職種によっては、求人情報に資格取得が記載されている場合もあるので事前に確認しておきましょう。

面接の段階で資格をとっていないといけないところもあれば、入社後でも構わないところもあるので、事前のチェックが欠かせません。

企業が特技を訪ねる理由

就活 特技

企業が就活生の特技を尋ねる理由はいくつかあります。

企業の真意を理解して特技を用意すると、面接などでふいに特技を聞かれても慌てずに済むでしょう。

面接時にマイナスの印象を与えないように心構えしてください。

企業が特技を尋ねる理由は、以下の通りです。

人柄を知るため

その人がどのような特技を持っているかを知ることで、どのようなことに興味を持ち、どんなことができるのかなど、人柄を判断する材料になります。

特技がないと答えるよりも、○○が特技だと答えた方が、思考や努力をアピールできるでしょう。

特技を持つことは、自分自身を知ってもらうポイントの一つです。

もちろん、企業は特技だけで人柄を判断するわけではありません。

特技について話している時の態度や表情なども見ています。

特技について話す様子で、その人がどんなことを大切にしているのか、どんな気持ちでいるのかを確認できるから聞いているのです。

この場合、どちらかというと特技の内容よりも、特技を話している就活生自身が判断材料です。

自社に合った人材か知るため

企業は就活生の特技を知ることで、会社に向いている人材か判断するためにも聞いています。

何かしら特技を持っているだけでプラスになることもあれば、自社とは関係ない特技では何もプラスにならない場合があります。

特技の詳細を聞いてくる企業には、より丁寧に答えると加点評価されるでしょう。

特技一つで判断されるわけではありませんが、面接官と似たような経験や似たようなスキルを持っている人がいた時、特技で最終判断が下されることは少なくありません。

最終選考で悔しい思いをしないためにも、特技を身につけておきましょう。

アイスブレイク

特技を判断材料としてではなく、あくまで箸休め、アイスブレイクとして尋ねる企業もあります。

企業がアイスブレイクの意味で尋ねているなら、気軽に答えて構いません。

ですが、自分を知ってもらう良いきっかけには変わりないので、ある程度好感度の高い返答は準備しておきましょう。

アイスブレイクとして特技が聞かれる理由は、あくまでリラックスして面接に臨めるように、面接官が配慮するためです。

アイスブレイクが目的の場合、特技の内容より、特技を話している姿が楽しそうかどうかがチェックされるでしょう。

特技を話すときの人間は素が出やすく、その人の本質が見えやすくなります。

そのため、人柄を判断する材料として利用されることもあるのです。

特技は面接の質問として出てきやすいので、事前に準備しておいて損はありません。

アピールに最適なおすすめ特技紹介

ここからは就活中の方に向けて、自己アピールに最適なおすすめ特技一覧を紹介します。

現在特技を持っていない方は、こちらの特技一覧をチェックして自分に合う特技を検討してみてください。

スポーツや楽器など学生時代にしていたこと

サッカーや野球、テニスなどのスポーツをはじめ、吹奏楽やブラスバンド、その他、学生時代にサークル活動などをしていたことを特技としてアピールしましょう。

学生時代から携わっている場合は、数年間その分野について勉強していることになります。

知識と技術をある程度持っているので質問に答えやすいですし、学生時代にしていた経験は話が盛り上がりやすいです。

そのため、面接時のアピールとしても最適でしょう。

他にもピアノやギターなどの楽器、登山、将棋や囲碁、演劇や漫画、サイクリング、陸上などが特技として話題に上がりやすいです。

しかし、ご自身が参加していた部活やサークルがあれば、そちらをアピールするのでも構いません。

個人で活動していたことがあれば、そちらを踏まえて経験をアピールするのも効果的です。

学生時代の経験をアピールするなら、大会名や賞の話を出すとより良いアピールとなります。

ただやっていたと話すだけでは関心を持たれないので、具体的にどんなことをして、どんな経験があってどんなことを学んだのかまで話せると理想的です。

際立った大会出場経験がなくても、表現次第では十分特技といえるでしょう。

長年携わっている特技ならとくに、それだけ長くやっていること自体がアピールになります。

取得資格に即した特技

簿記3級以上、TOEICなど、資格があるならその資格内容に合った特技をアピールしましょう。

資格があれば、ある程度の技術や知識があることが証明できます。

資格はエントリーシートや履歴書などにも記載可能です。

資格取得に合わせて特技をアピールすると説得力が増すため、特技を伝えるために資格を取得するのも一つです。

人気の資格でおすすめなものは他にも、MOS、ITパスポート、社会保険労務士、公認会計士など様々です。

ただし、資格はできれば入社後も役に立つものだと有利です。

経理や事務関係の仕事ならPC関係スキルや経理関係のスキルなど、職種に合わせて資格取得をしましょう。

取得難易度が高い資格であればあるほど、特技として注目されやすくなります。

応募する企業に合わせて資格取得をするのもいいですが、将来的に別ジャンルの仕事にも挑戦したいというキャリアプランがあるなら、これを機に様々な資格を勉強しましょう。

資格には様々な種類があるので、興味を引かれるまま勉強するのもおすすめです。

資格を取得しておけば将来転職する際にも有利になるので、色々とチェックしてみましょう。

趣味に合わせた特技

好きなこと、趣味に合わせた特技を選んでも良いでしょう。

熱心に取り組んでいることであれば、どんなことでも特技となります。

ゲームや漫画などの遊びでも、特技としてアピールできるでしょう。

大会などに出た実績があるとよりアピール力が上がります。

特にそうした経験がなくても、長年携わっている趣味があれば、その趣味を特技にしてもいいでしょう。

趣味には他にも、ランニング、サウナ、写真撮影、映画鑑賞、読書、料理、カラオケ、ドライブ、温泉、旅行、ダンス、ラーメン巡りなど様々な選択肢があります。

好きなことをアピールしている時、人はいつもより何割増しも輝きます。

就活は自分をアピールする場でもあるので、ぜひ生き生きと特技について語ってください。

特技を身につけるのが難しいなら、趣味に合わせて特技をアピールする方法を考えた方が早い場合もあるでしょう。

アピール次第では無理せず特技を伝えられるのでおすすめです。

スキルアピールができる特技

自身のスキルをアピールできる特技を提示するのも一つの手です。

例えば英語が話せる、法律に詳しい、溶接ができるなど、学生時代に培った何らかのスキルがあれば、アピールしましょう。

ただし、面接を受けている会社に関係ないスキルをアピールしても反応が今一つになる可能性があります。

ですので、できれば企業と関連のあるスキルについてアピールできるといいでしょう。

他にも、中国語などの海外言語、プログラミングなどのPCスキル、デザイン、ライティング、速読など様々な特技があります。

普段自分が特技と意識していないことでも、他の人から見るとスキルと捉えられることもあるのです。

自分のスキルがわからない方は、友人など自分のことをよく知っている第三者に一度聞いてみるのもおすすめです。

まとめ

就活の際に知っておきたいおすすめの特技一覧をご紹介しました。

特技として何を言えばいいか困惑するかもしれませんが、抑えておきたいポイントをチェックしておけば難しいことではありません。

特技を持っていない方でも心配ないので、これからどんな特技を身につけるか、就活先に合わせて検討してみましょう。

上京を志す地方学生ならジョーカツ!

あなたのキャリアを加速させるチャンス!

無料で利用できる快適な個室シェアハウス、

東京までの交通費サポート付き

首都圏の注目企業への就活ならジョーカツ

ジョーカツに無料で相談する

首都圏の学生ならスタキャリ!

理想のキャリアを実現へと導く第一歩!

あなたにピッタリのキャリアアドバイザーを選び、

自分にマッチする優良企業をご紹介

首都圏企業のES添削から面接対策まで、就活ならスタキャリ

スタキャリに無料で相談する

監修者情報

近藤明弘

キャリアアドバイザー

株式会社ニトリに新卒入社。
個人売率ランキングでは全国で10位に入賞するなど、多くの成果を生み出してきた。 2021年より株式会社ナイモノにジョイン。 リクルーティングアドバイザー(RA)とキャリアアドバイザー(CA)の経験を持ち、現在はCAとして急成長中。